株式会社コーセーのロゴ写真

株式会社コーセー

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(554件)
  • ES・体験記(49件)

2018年卒 株式会社コーセーの本選考体験記 <No.3812>

2018卒株式会社コーセーのレポート

年度
  • 2018年度
結果
  • 1次面接
内定先
  • 三井住友カード
  • みずほ銀行
  • エイチ・アイ・エス
  • サンリオエンターテイメント
  • マーキュリー
  • ネオキャリア
  • ジャルカード
  • D2C
  • ジェーシービー
  • 日本旅行
大学
  • 関西大学

選考フロー

説明会・セミナー → ES → 筆記試験 → グループディスカッション → 1次面接

企業研究

今までKOSEのスキンケア化粧品を使ったことがなかったので、実際に使用してみてその効能であったりを実感してみた。 またその商品についてこだわっている部分などを探るためにホームページを中心に情報収集を行った。 また実際に百貨店などにも足を運び、どのような効能があるか、どういったことを売るにしているのかをお客さんに扮して美容部員さんに聞きに行った。 またそこで美容部員の方にはなるがどのような系統を採用しているか見極めていた。 またスキンケアだけでなく化粧用品(メイク用品)に関しては、自分自身も使っていたものであったためこういったコンセプトで出していると思うが、こういった印象を受けたなどお客様目線での話もできるようにしておいた。

志望動機

私は化粧品のもつ「人を幸せにする力」を通じて、多くの人々に影響を与えたいという思いから御社を志望いたします。「今より美しい自分」に出会えた時、やる気や活力に繋がり、そしてその力には無限の可能性があると日々実感しています。そんな無限の可能性を含んだ化粧品産業で多くの人に影響を与えたいと感じました。貴社は幅広いターゲット層に対して「ONE BY KOSE」「雪肌精」など多種多様な商品を生み出されておられます。そしてそのために、質・マーケティングを徹底されていると感じました。自身もサプライズの中で「その人」のためのプランを考え提供することが好きで、今まで何度も成功させてきました。その経験を活かし、より多くの人に「一人一つの化粧品」を届けることができる場所であると感じています。

グループディスカッション(5名)

テーマ

男性の育休取得者を増やすためには、どうしたらいいか。

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

積極的に話しているのか、そのように考えているのか、などを見られていたように思う。 そこまで話していなくても自分で何かを考えてポジションについていれば問題ないように感じた。

1次面接 落選

形式
学生 1 面接官 1
面接官の肩書
不明
面接時間
20分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

自分なりのエピソードをしっかりと伝えることができた点が評価されたと思います。 ただ、KOSEの良さであったりなぜ資生堂じゃなくてKOSEなのかぐらいまで言えないとライバルも多いため厳しいと思いました。

面接の雰囲気

話し方は優しそうだったが、常に黒いファイルを見ているため落ち着かなかった。 またエントリーシートからも質問されるため、しっかり覚えておかなくてはならない。

1次面接で聞かれた質問と回答

10年後どのような社会人になっていたいかをESに書いたことから説明を加えて教えてください。

「あの人みたいになりたいなあ」と後輩の成長にも繋がる人材になることです。 「面白い・楽しい」だけでなく、目標としてもらえるためには自分自身がはっきりとプランを立て実行しなければならないと考えます。 インプットを行い続ける中で、10年後に「自分の企画した化粧品」を生み出すことを一つの目標とおいておりそれを成し遂げたいと考えております。 具体的には、40代向けの「年を取ることを楽しみに」できる新しいブランドを作りたいと考えています。高齢化によって増加していく40代・50代がもっと元気になれば、20代・30代も年をとることを楽しめ社会全体が活発化すると考えます。 常に夢と目標の両方をもち、実現に向かって具体的に行動を起こしている31歳でありたいです。

あなたが今までにしたした自分ならではの出来事を教えてください。

自分の誕生日に「逆サプライズ」をしたいと考え、ターゲットを家族に実行しました。その時のに①全員の予定を悟られることなく合わせること②全員が楽しいと感じることが挙げられました。サラリーマンの父とパートの母、高校生の妹に不自然に思われることなく予定を合わすために自分自身の予定を悟られることのないように全員に日にちをあけてもらいました。次に高校生の妹は遊園地などが好きでしたが母親は人が多いところが苦手で父親はおいしいものを食べ温泉に入りたいというバラバラな欲求だったためホテルと交通を別で抑えで抑え比較的近い場所、そして人が少ない遊園地を見つけその場所に決定しました。事前に調べていた欲しかったプレゼントも渡すことができ見事成功させることができました。