株式会社朝日広告社のロゴ写真

株式会社朝日広告社

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(25件)
  • ES・体験記(3件)

朝日広告社の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

2件中2件表示
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 朝日広告社を志望する動機、理由を書いてください。
A. A.
モノの価値を引き出す仕事をしたいと考え、御社を志望します。私は大学でスポーツ新聞サークルに所属し、記者としてスポーツの魅力を伝える活動をしていました。そこで感じたのは「世の中にはまだ自分の知らない価値あるものがあふれている」ということです。メジャー競技だけでなく、男子バレーボールやアイスホッケー、日本拳法などのマイナー競技の面白さを肌で感じ、それらの魅力をどうにかして多くの人に知ってもらいたいと思い試行錯誤の日々を過ごしました。その経験から、文章だけでなく、多様な手段でメッセージを発信できる広告制作の仕事に興味を持ちました。記者としてスポーツで味わった喜びや悔しさ、感動を伝えるために磨いてきた能力を生かし、世の中に知られていないモノと人、企業と人をつなげる橋渡し役になりたいと考えています。 続きを読む
Q. 今の自分に足りないところ、または強化したいと思う点は何ですか?
A. A.
「周囲を巻き込んで進む力」 所属するサークルの活動の一環でバレーボールのインカレに向けた特集冊子を制作した際、編集長だった私は一人で作業を背負い込んでしまいました。細部までこだわりたいという思いから全てのレイアウトを自分の力でやりたいと感じてしまったのですが、自分が思っていることを正確に伝えられる力があれば作業を分担して効率良く進めることができたと思います。反対に、言われたことを正確に理解して期待された通りに実行する力も付け、チームとして最善の結果を出せる人間になりたいです。 続きを読む
Q. あなたが広告会社の新卒採用面接官だったらどのような人を採用したいと考えますか?
A. A.
「独りよがりではなく、フォア・ザ・チームに徹せられる人」自分の意志・主張も持ちつつ、仲間と連携してチームでひとつの最適な答えを導き出すためのピースになれることが大切だと思います 「世の中の動きに敏感な人」今、人々が何に関心を持ち、どんなものが心を動かしているのか理解していなければ、人の心をつかむ広告は作れないと思います 「最後までこだわり抜ける人」代理店として会社や商品を受け持つ責任があるため、妥協せずにこだわり抜ける人がクライアントの信頼を得られると思います。 続きを読む
Q. 「ワークライスバランス」についてあなたはどう考えますか?
A. A.
ワークライフバランスを守るために考えるべきことは「何を尊重し、何を犠牲にするか」だと思います。時間が限られたものである以上、仕事に熱中すれば趣味にかける時間は限られたものになりますし、自分の時間を尊重すれば、仕事では重要な役割を任されることは難しくなるかもしれません。そこで大事なのは、本人の意志が尊重されることであり、何にも縛られずにときに応じて仕事と生活の重視する方に時間を費やせるように選択肢が用意されている会社が、ワークライフバランスを大切にしている会社であると考えます。 続きを読む
Q. 部活・サークル活動、趣味・スポーツ、アルバイトなどについて書いてください。
A. A.
私は大学でスポーツ新聞サークルに所属し、体育会の部活動に取材をして同じ大学に通う仲間の活躍を伝えることに情熱を注いできました。中でも、全10大学のスポーツ新聞部と合同でバレーボールの特集冊子を2000部発行したことが最も力を入れて取り組んだ活動です。文章と写真の組み合わせで情報を伝えることに面白さを感じ、今後さらにその道を追求していきたいと思うきっかけになりました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 朝日広告社を志望する動機、理由を書いてください。
A. A.
私は、広告というコミュニケーションを通して人々の行動のきっかけを作りたいと思っています。広告は固定概念に阻まれることのない可能性に満ち溢れているため、人々にあらゆる方向から影響を与えることが出来る最強な手段であると考えます。貴社はお客様に寄り添い、それぞれに合った広告を提案することで価値を創出しています。また、消費者の行動のきっかけを確実に作るために、狙ったターゲットの注目を集めています。私は学生時代、俺のスパニッシュでアルバイトをしていました。そこで大切にしていたことは状況に関わらず、お客様の立場を重視することです。この経験活かしながら、貴社の一員としてお客さんに寄り添うことを心掛けていきたいです。 続きを読む
Q. 入社後の希望職種を書いてください。
A. A.
Q. 今の私に足りない、または強化したいと思う点は何ですか。
A. A.
私に足りないものは「駆け引きをする力」です。プロテニス選手の錦織圭選手は世界のトッププレーヤーの中で身長などのハンディはあるものの活躍を続けています。それは「攻め」「守り」の駆け引きがうまいことが大きな要因になっていると考えます。私は日本テレビでアルバイトをしている際に取材で一歩踏み込むことができるようになるまで時間がかかりました。私はこの経験を活かし、メリハリのついた駆け引きが出来るようになりたいです。 続きを読む
Q. 5. あなたが広告会社の新卒採用面接官だったらどのような人を採用したいと考えますか。
A. A.
私が面接官だったら、「先見性を持っている人」「何故を突き詰めることが出来る人」を採用したいと考えます。広告は、人の行動のきっかけを作ることで未来の当たり前を作ることができるものです。「どうしたらそれに興味を持つのか」など様々な方向から考え、固定概念に囚われない斬新な提案が出来る人に将来なるべく、常にアンテナを張っている人が良いのではないかと考えます。 続きを読む
Q. 「ワークライフバランス」についてあなたはどう考えますか
A. A.
日照時間の長い夏場に朝方勤務を推進し夕方を有効活用できるようにする「ゆう活」を政府は推進しています。確かに、早起きをすることは健康にも良い上に、夕方以降自由に時間を使えるのであれば自分の時間を以前より多く設けられるでしょう。しかし、今のまま残業がある状況でこの「ゆう活」が始まると、遅寝早起きで今以上に睡眠時間が減ってしまうという危険もあるのではないでしょうか。現在当たり前になっている働き方を変えることはとても困難だと私は考えます。 続きを読む
Q. 部活・サークル活動、趣味・スポーツ、アルバイトなどについて書いてください。
A. A.
サークル活動:早稲田大学公認テニスサークル(三年次コーチ) 趣味・スポーツ:スポーツ観戦、テニスをすること アルバイト:日本テレビ放送網株式会社 リサーチャー(2年間)   俺のスパニッシュ・俺のやきとり(1年間) 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
2件中2件表示