芙蓉総合リース株式会社の内定/通過ES(エントリーシート)一覧

業界:
賃貸業
本社:
東京都
従業員数:
300人以上1千人未満
URL:
http://www.fgl.co.jp
POINT
芙蓉総合リース株式会社のES(エントリーシート)一覧。 通過ESから、内定者のESまで、実際の選考で使われたESの例を参考にしてESを作成してください。

全てのカテゴリに関するエントリーシート一覧

通過
企業名: 芙蓉総合リース/コース・職種: 総合職
エントリーシート

2016卒 慶應義塾大学 経済学部(No.110)

Q

性格や特徴

A

私は責任感がある一方でスピード感に欠ける人間です。私は役職等に関わらず課題に向けて自分の出来ることに全力で挑み、周囲への働きかけや創意工夫を通じて遂行する責任感を強く持っています。一方で、その過程で様々な可能性の考...

Q

学生時代主体的に取り組んだこと、なぜそれに取り組んだか

A

東進衛星予備校の担任助手として生徒情報のデータベース化を提案し実施しました。担当以外の生徒へのサポートが不足していることが最大の課題だと考えた私は、生徒と担任助手の仲を深め気軽に質問や相談が出来る環境が必要だと考え...

Q

働くことの意味および実現させたい夢、なぜそう思うか

A

私は人や社会の役に立つために働き、周囲から絶大な信頼を得て世の中に必要不可欠な存在になることが私の夢です。私は今まで周囲のために行動し、周囲から喜びや感謝の声を聞くことが、何よりも嬉しく生きる活力となっていました。...

Q

1番困難なこと、どう乗り越えたか

A

テニスサークル活動における女子部員の参加率の向上が最も困難でした。女子の練習や試合への参加率が低く、中々声掛けするだけでは参加してくれないため、困っていました。そこで、まず女子部員1人1人と親密になり不参加の理由を...

内定
企業名: 芙蓉総合リース/コース・職種: 総合職
エントリーシート

2016卒 早稲田大学 法学部(No.589)

Q

あなたの性格特徴

A

私は集団に属した際、それぞれの集団の状況に応じて自身の求められる役割を認識し、柔軟に行動するタイプである。これは、幼少の頃に、ピアノ、サッカー、英語など様々な習い事をしていたなかで、それぞれの環境下で多くの人と良好...

Q

あなたが学生時代主体的に取り組んだことは何ですか?またなぜそれに取り組んだか?

A

テニスサークルの会計に着任した後にサークルの運営が赤字状態に陥っていることを知った。会計としての使命感やサークルに何とか貢献したいという思いから財政状況改善という目標を掲げ、会費徴収率の改善と会費回収の新制度導入と...

Q

あなたにとって働くことの意味、および実現させたい目標は何ですか?なぜそのように考えるか

A

会計という誰が全うしても成果が同じ役職で財政状況改善というサークル全体への貢献につながる自分なりの成果を出せた経験から、自分にしか生み出すことのできない価値を提供することで社会に貢献できる仕事を実現したいと考えてい...

Q

今までで一番困難であったことはどのようなことか?それをどのように乗り越えたか

A

会費回収の新制度導入のためには、先輩全員の承認が必要であった。私は一人一人と直接お話する機会をつくり丁寧に説明したが1度で承認は得られなかった。同じサークルのためという意識があっても立場が違えば全く違う意見を持つと...

通過
企業名: 芙蓉総合リース/コース・職種: 総合職
エントリーシート

2016卒 早稲田大学 社会科学部(No.897)

Q

あなたの性格、特徴を教えてください。

A

私は「常に向上心を持ち、努力ができる人間」です。この根拠は、14年間の野球において、努力してきた経験にあります。また、「相手を思いやる心」を大切にしています。理由は損保のアルバイトにおいて、相手の視点で物事を考える...

Q

あなたが学生時代に主体的に取り組んだことを教えてください。また、なぜそれに取り組みましたか。

A

【損害保険会社での電話対応による事故受付業務】大学1年から続けているアルバイトで、入社当初の私はお客様から怒られてばかりでした。そこでお客様から頼られる存在になりたいと考え、「受付スキル向上」、「お客様への気遣い」...

Q

あなたにとって働くことの意味、および実現させたい目標は何ですか。また、なぜそのように考えますか。

A

働くことの意味とは、「誰かのために尽くすこと」であると考えます。働くことでお客様はもちろん、家族や自分まで、多くの人のためになることができるからです。そこで私には、「人々の支えとなりたい」という想いがあります。損保...

Q

今まで一番困難であったことは何ですか。また、それをどのように乗り越えましたか。

A

【底辺から這い上がり、ベンチ入りへ】高校時代、甲子園優勝経験のある強豪野球部に所属していました。入部当初の私の実力は総勢80名の中で底辺でした。そこで、「毎日最後までグランドに残って練習」し、「上手い人と自分を比較...

通過
企業名: 芙蓉総合リース/コース・職種: 総合職
エントリーシート

2016卒 慶應義塾大学 商学部(No.4519)

Q

1. 学生時代主体的に取り組んだこと。なぜ取り組んだのか。

A

ゼミで論文執筆班を団結させたことだ。チームで何かを完成させる達成感を得るため取り組んだ。団結には目標の一致が必要だと考え、班員の想いを探ると、発表を目標にする班員と発表に自信がない班員の士気に差があった。私は「良い...

Q

2. 働くことの意味、実現させたい目標

A

私にとって働くこととは「人々に満足を届けること」だ。下記のバレーボールチームのコーチやサークルの合宿運営などの経験を通じて、周囲の満足が自分自身の充実感に繋がっていることに気が付いた。そこから、学生時代よりも多くの...

Q

3. 今までで一番困難だったこと

A

学外バレーチームのコーチを務めた際、技術不足が原因で選手に不信を抱かれたことだ。自分なりの方法で貢献しようと考え、選手との関係を従来の上下関係から意見交換をする関係に改めようとした。粘り強く対話をするとともに、自主...

4 件中 4 件を表示