Img company noimage

株式会社日立ソリューションズ

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(986件)
  • ES・体験記(18件)

2016年卒 株式会社日立ソリューションズの本選考体験記 <No.1396>

2016卒株式会社日立ソリューションズのレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 内定入社
内定先
  • 日立ソリューションズ
大学
  • 信州大学

選考フロー

ES+SPI(9月) → グループワーク(9月) → 1次面接(9月) → 最終面接(9月)

企業研究

グループワークについてはピースを用いたり、細かく設定された条件が多かったのである程度就活サイトを利用し情報を仕入れた方がよい。また、私は応募したタイミングが遅かったため個性(自分がやりたいことが...

志望動機

貴社を志望した理由としては、システムインテグレーション業界において大きな影響力を持ち、多様な事業分野におけるシステム開発に関わることができると考えた。また、貴社は「新しいことにチャレンジする」と...

グループディスカッション(7名)

テーマ

与えられた条件の中でシステムを設計してみよう

グループディスカッションで採点者に何を評価されていると感じましたか?

会話に参加し、かつリードし、独りよがりになっていないかが重要だったと考える。よく発言したとしていても、押しつけのような議論をしていた人は評価がよくなかったと考える。自分の場合は場を和ませ発言しや...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
開発(SE)/人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
連絡なし

評価されたと感じたポイント

チームで何かを行った経験があるかどうか、またその際の自身の行動について特に重視しているように感じた。その際、システム開発について具体例を持ち出し話したことが評価されたと考える。

面接の雰囲気

基本的に世間話をしながらの和やかな面接で、ESに沿って面接は進行する。チームで何かしたことがあるかを非常に重視しており、深堀された。雑談や笑いなども起こった。

1次面接で聞かれた質問と回答

チームで何かしたことはあるか

私の所属する研究室では学生同士でお菓子の売り買いをしている。しかし学生間でのお金のやりとりはずさんな面があるので在庫管理システムの作成をゼミ形式で行った。仕様書は先輩からの要求をまとめたものでそれを基に設計、開発までを行った。私の役職はリーダーで、主に設計と顧客役(先輩)へのプレゼンを行った。...

人間関係を保つためにどう努力したか

個人スキルの差によって人間関係に亀裂が入っていることは明白だったため、システム開発とは別の部分で関係を深めることを意識した。例えばチームで食事に行ったり、趣味の話などで関係を深めた。さらに、スキル向上のため勉強会をスキルが突出している人に開いてもらい、皆が最低限のタスクはこなせるよう配慮した。

最終面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
役員/人事
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

志望動機については、自分がこの会社に入って何をしたいかをしっかり思い描けているか、または挑戦する意欲があるかが重視されているように感じた。また、勉学以外で何を考え、どんな経験をしてきたかについて...

面接の雰囲気

何事も深くつっこまれる面接ではあったものの、話の流れをしっかりと作ってくれ、回答に詰まった際もこちらが話始めるまで待ってくれた。学生の等身大をみつめているような面接だった。

最終面接で聞かれた質問と回答

数あるメーカー系の中でなぜうちなのか

電機メーカー系SIを多数受けるなかで、貴社は一番挑戦的な社風を持っていると感じた。特に、自分はウェアラブルやインタラクションデザインなどに興味を抱いており、貴社では近年ユーザーインタフェースに力を入れていることを知り、強く志望するようになった。自分が今興味を抱いている技術について特に力を入れて...

あなたが学業以外のことで最も力を入れたことは何か

私は趣味としてイラスト制作を行っており、SNSでの作品発表やコンテストへの応募を主に行っている。しかし、ただネットで見てもらうだけではなく、即売会に参加することでコミュティーを広げ、実際に自分の創作物を手に取ってもらうことの感動を覚えた。

内定者のアドバイス

内定に必要なことは何だと思いますか?

会社が有している事業の内容だけでなく、近年注目されている技術、それに対する自分の意見など準備しておくべき。

内定が出る人と出ない人の違いは何だと思いますか?

自分をしっかりと持っているか。自分が考えていること、その動機をしっかりと相手に伝えられるかが重要。

内定したからこそ分かる選考の注意点はなんですか?

グループワークは発表をするわけではないものの、ピースやカードなどを使ったやや特殊な形態になっている。ただそれに飲まれず大学のゼミのような和やかな空気で進められれば問題ない。