Img company noimage

千代田化工建設株式会社

  • 3.9
  • 口コミ投稿数(174件)
  • ES・体験記(24件)

2016年卒 千代田化工建設株式会社の本選考体験記 <No.1256>

2016卒千代田化工建設株式会社のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • クボタ
  • 日揮プラントイノベーション
  • コマツ
  • ソフトバンク
  • 旭硝子
  • 住友重機械工業
  • 横河電機
大学
  • 電気通信大学大学院

選考フロー

説明会(6月) → ES(6月) → 1次面接(6月) → 2次面接(7月)

企業研究

プラントエンジニアリング会社の中でも、千代田化工建設で働きたい理由を明確に説明できるようにすることを目的として企業研究に取り組むべきだと思う。技術総合職の中でも専門分野ごとに様々な職種があるため...

志望動機

計装制御のエンジニアとして、海洋資源開発や水素供給事業等の新規事業に関わっていきたい。スケールの大きなプラントの建設プロジェクトを通じて、人類が抱える様々な課題を解決し、エネルギーの安定供給を実...

1次面接 通過

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
中堅技術系社員2名
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
電話

評価されたと感じたポイント

他社との違い(特に専業3社)と海外で働く覚悟があるかどうかは必ず聞かれます。他の業界と比較して仕事内容が分かりにくいため、その点もしっかりした考えを持っているかどうかは確認されます。また、海外現...

面接の雰囲気

面接自体は非常に和やかな雰囲気だった。専業3社(日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング)の選考では定番の質問だが、各社の違いとその中で千代田化工建設を志望する理由については説明を求められた。...

1次面接で聞かれた質問と回答

どうしてその職種を希望するのか理由を教えてください。

プラント全体を稼働させるための司令塔の役割を担っている制御システムの設計に携わりたいからです。制御システムの設計は「プラントに命を吹き込む仕事である」と言われているようにプロジェクトの成功の鍵を握る重要な仕事です。さらに計装制御の仕事であれば、自分が大学で専攻したロボット工学に関する専門性の他...

海外勤務に対しての抵抗感を持っていないかどうか。

海外で働く機会が多い会社で活躍したいという思いが強いため、海外勤務に対する抵抗感は抱いていません。学部時代には世界中の国々を1人旅したり、ベトナムの大学に留学したりするなどして、国籍の異なる人々と関わる経験を積極的に積んできました。そのため、入社後はプロジェクトの最前線である海外の現場でも、自...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 5
面接官の肩書
技術系マネージャー4名/人事系社員1名
面接時間
40分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

この選考を通過すれば次が最終面接ということで、入社後に同じプロジェクトで一緒に働くことができる人間がどうかという観点でかなりシビアに見られていたと感じている。面接官とのコミュニケーションを通じて...

面接の雰囲気

質問内容は1次面接とほぼ同様だった。面接官の人数が多いため、最初は緊張するかもしれないが圧迫だと感じることは全くなかった。リーダシップ能力に関してはかなり詳しく説明を求められたのが印象的だった。

2次面接で聞かれた質問と回答

現場で仕事をやっていく覚悟はあるか。

プロジェクトの最前線である現場勤務は、体力的にもかなり過酷だと伺っています。私は体を動かすことが好きで、高校生まではサッカーに取り組み、大学ではゴルフサークルに所属していました。そのため、体力には自信があります。さらに大学での研究活動を通じて、結果を出すために周囲の人と協力しながらプロジェクト...

どうしてメーカではなく、プラントエンジニアリング会社を志望しているのか。

メーカ以上にプラントエンジニアリング会社の技術者には、専門性だけでなくマネージメント能力が求められると考えています。自分は、若いうちから専門性とマネージメント能力を活かすことができる仕事に就きたいと考えており、その点で魅力を感じています。さらにプラント建設という圧倒的なスケールの中で活躍できる...