就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
本田技研工業株式会社のロゴ写真

本田技研工業株式会社

  • 3.8
  • 口コミ投稿数(1822件)
  • ES・体験記(108件)

本田技研工業の志望動機

志望動機

33件中1〜30件表示

21卒 志望動機

総合職
21卒 | 立命館大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A. 貴社の「世界一じゃなきゃ日本一じゃない」というスローガンや,「ワイガヤ」のように活発に議論が行われる社風に非常に魅力を感じました.加えて,自動車だけでなく二輪,パワープロダクト,ジェット,ロボットなど様々な技術と市場を持っており,自動車業界への影響力が大きい貴社で...

21卒 志望動機

総合職
21卒 | 明治大学 | 女性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A. 移の制約を無くし人々の可能性を広げるという夢の実現は既存の事業を続けても、新車を作っても恐らく達成することができず、相応の仕組み=コト作りは必要不可欠です。この夢を実現する為のコト作りを行うには2つの要素が必要だと思います。「遊び心」と「人の感覚」です。新しいもの...

21卒 志望動機

技術職
21卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A. 私が本田を志望する理由は、二点あり、1つ目は、技術力を非常に大切にしている社風に惹かれたからです。御社の社員の方との座談会で、今後の自動車の電動化についてや、内燃機関の将来について熱く議論させていただき、貴社の社員の方々が他社と比べて技術により強い興味関心を持って...

21卒 志望動機

技術職
21卒 | 長崎大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A. 仕事を通して人に寄り添う親しみやすい乗り物を創り、人々に喜びや幸せを与えることが私の夢です。私は趣味でバイクに乗るようになったことがきっかけで、乗り物は移動手段としての単なる道具ではなく、様々な場所で大切な人との思い出を共有させてくれる人の「パートナー」だと考える...

21卒 志望動機

総合職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A. 貴社の車が世界中で走っている、そんな未来を創りたいです。 私は昨年、〇〇へ一年間の留学をしました。初めての海外生活は、見慣れた“日本のモノ”が生活の中にない、全く異なった環境でした。そんな時にときおり貴社の車を見かけるたび、貴社の車が世界で評価されていることを実...

21卒 志望動機

技術系総合職
21卒 | 大阪大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A. 見た目や乗り心地など、すべての点で人を魅了できる車を開発し、多くの人を喜ばせたいからです。 私はマジックショーで会場を沸かせた経験や、次の年にサークルの会長として2年間途絶えていた市民ホールでのマジックショーを復活させた経験から、仕事でも人を喜ばせることでやりが...

20卒 志望動機

事務系総合職
20卒 | 東京大学 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社の社風と事業内容を学び、私の想いを叶えることができると確信したため、貴社を志望しました。 これまでに、世界一厳しい排ガス規制に適合するエンジンや燃料電池車の開発、ホンダジェットの事業化に成功するなど、創業者のDNAを継承した「チャレンジ・スピリット」溢れる貴社の社風に魅力を感じています。 また、貴社のモノづくりの原点は、「人の気持ちを研究すること」にあり、製品・技術を通じた社会貢献を目指す姿勢にも共感しています。 貴社は今後の重点事業として、電気自動車や燃料電池車等による「CO2ゼロ化」、自動運転による「事故ゼロ化」の実現に加え、クルマのIoT化によるモビリティ・サービスにも積極的に取り組み、事業を通じて社会課題の解決を目指しておられます。 また、長年ホンダ車を愛用する利用者の立場として、貴社の持つ世界トップレベルの洗練された車両デザインと快適な空間を生み出す内装デザインは、クルマを持つ喜びにつながっています。 このデザイン力は、モビリティ・サービスにおいて「人の気持ちを満たす」魅力ある「サービス・デザイン」にも通じるものであり、他社と差別化できる強みの一つだと感じています。 続きを読む

20卒 志望動機

技術職
20卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は技術で人を幸せにしたいという想いが根底にあります.これをエンジン開発に携わり,人々に乗り物を運転する楽しさを伝えることで実現したいです.その実現の場として御社を志望したのは,夢を高く持ち,挑戦し続ける御社なら私のこの想いを実現できると思ったからです.御社の挑戦は枠にはまらない考え方や独自の技術で,マスキー法をクリアしたCVCCエンジンや今までの常識を覆したVTEC エンジンといった革新的な製品を生み出してきたことを業界研究を通じて知りました.そして,これら製品を生み出してきた挑戦の根底には,世のため人のため,技術で人々の暮らしを豊かにしたい,面白くしたいという想いがあるのだと実感しました.その想いは今を生きる社員の方々へ受け継がれていることをインターンシップや個別説明会を通じて私の心に伝わってきました.そのような方々と一緒に働き,共に夢を追いかけ,私の想いを実現したいと思ったため,御社を志望しました. 続きを読む

20卒 志望動機

技術系
20卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
理由は2つあります。1つは、御社の夏のインターンシップやOB訪問を通じて、社員の方一人一人の熱意を感じたからです。インターンでひとつ意外だったのが、社員の皆さまがいわゆる車オタクの方ばかりではないことだったのですが、例えばカメラの認識に携わる社員の方がカメラの認識について熱く語ってくれたように、みなさんが自分の仕事に誇りを持っていることが感じられ、自分もそんな風に働きたいと考えました。もう一つは、ワイガヤに代表される熱く議論する御社の風土です。自分が今後携わりたいこれからの車の開発は、自動化や電動化、コネクティッド化など多くの分野の人や部署と熱い相談や議論が必要だと考えており、また御社のワイガヤイベントにも参加させていただいて、このような議論をしながら開発がしたいと考えました。 続きを読む

20卒 志望動機

技術職
20卒 | 東京電機大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
自動車は多くの技術が組み合わさることにより作られているものであり、その中の一つの分野のみに詳しいだけでは自動車全体としての価値や完成度の向上を目指すことは難しいと考えています。ホンダでは社員一人ひとりが関わる技術範囲は狭くなく、多くの技術分野について携わることができ、全体を考えられる大きな利点があります。このことはモノづくりを突き詰める上では非常に重要であると考えております。また、自動車事故ゼロの社会を目指すためには、4輪のみ安全性を高めても意味がなく、2輪についてもより安全にしなければならないと考えております。交通に関わる人モノ全体を考えて事故ゼロを目指すために考えなければならない。これらの観点から、最も自分の夢を実現するために適した場所であると感じたためホンダを志望した。 続きを読む

20卒 志望動機

総合職
20卒 | 茨城大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
 私は、ホンダで新たな時代を切り開くモビリティを開発したいので志望しました。   私は今冬にHondaのインターンシップに参加しました。そのインターンシップは、EVのドライブユニットの開発実習を行い、それと共にこれからの自動車の在り方を考える内容でした。それに参加することで、私は「物事の価値を固定化してはならないこと」を学びました。例えば、EVが消費者に求められていなければ、いくら良質なものを開発しても販売数は伸びません。その考えを拡張した「消費者が本当に求めるもの」を考えることが重要であると感じました。そして、今の時代のスマートフォンのような、消費者が本当に求めるものを創り上げることができれば、その結果として人々の生活が豊かになり付加価値がつくと思います。私はそれをMobilityとして創りたいです。  私は、子供の時から「動くもの」が好きでした。そして、大人になるにつれ自分の手で「動くもの」を創りたいと考え、物理学を学んできました。これからは、Mobilityを自分の手で創り、それにより人々の生活が豊かに変化する。そのような、Mobilityで新しい時代を創ることを、私は成し遂げたいです。 続きを読む

18卒 志望動機

技術系総合職(4輪)
18卒 | 横浜国立大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私はたくさんの人々に楽しんで乗ってもらえるモビリティを開発したいと考えたためです。私は、小さいころから車が好きで現在でも車を所持しており、ドライブ等に出かけています。しかしながら現在の若い世代においては、車に対して興味が薄れている傾向にあると感じており、私の周りでも車に興味を抱かない、運転をしたくないという人が多くいます。そこで、幅広い世代の人々に喜んでもらい楽しんでもらえる車づくりをしたいと考えるようになりました。私は仕事を通じて、まずは、運転することが楽しい車、エネルギーコストなどの維持費を抑えた車の開発に携わりたいと考えています。さらに、貴社における様々なモビリティの開発ノウハウや技術を生かし、陸上だけでなく、海や空を走ることができるモビリティを生み出したいと考えています。御社であれば、このような自由な発想のもと私の夢を実現できると感じ、志望しました。 続きを読む

18卒 志望動機

総合職
18卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
最も自分が情熱をもって挑戦できるモノが自動車であり、最も自分が挑戦したいと思う場所がHondaだからです。 自動車業界は今変革期にあります。自動運転やテスラ、トランプ政策などの荒波に対し、私は日本の基幹産業として絶対負けたくないと思い、この業界に挑戦したいと考えています。また私にとってクルマはただの移動手段ではなく、快適な空間を与えながらも人命に関わるインフラです。だから私はクルマが好きで、情熱をもってクルマを作りたいと考えています。 貴社は私にとって夢を実現できる最適の企業だと確信しています。理由は事業と風土でそれぞれ「挑戦」しているからです。 事業面では、クルマに限らず複数の事業を持つことで、ASIMOから応用したライディングアシストのような、相乗効果によるイノベーションを創出しているからです。また最近では日立製作所やソフトバンクなどの他業者との技術提携を組み、更なる技術向上に挑戦していると感じました。 風土では、やはり夢を持ってモノづくりを行う、そして常にやりたいことは挑戦させてくれる環境であるとOBの方に伺いました。また一方で三現主義に基づき、しっかりと地に足をつけた姿勢もあるという二面性に、技術への責任感を感じました。そして何より説明会やOB訪問で出会う全ての従業員が、HondaとHondaの製品を愛してやまない姿に、自分もこの中の一員になりたいと強く思い志望しました。 具体的には、私の強みである「異なる価値観を理解する力」を活かしながら営業として働きたいです。十二分にあるグローバルな環境で、他部署との連携から新しいクルマを生み出し、人々の満足に貢献したいと考えています。 続きを読む

18卒 志望動機

技術職
18卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私はモノ作りから世界の人々に自分の関わった製品や技術で安全と安心を届けたいという夢があります。その方法として自動車社会に事故の無い世界を作りたいと思います。私は以前、十字交差点で左側から軽トラックに追突される交通事故にあいました。その時はとても恐怖を感じました。今は問題なくハンドルを握れますが、十字路交差点ではまた追突されてしまうのではないかと思ってしまい、左側を見るのに少し抵抗と恐怖があります。このような思いは追突した相手側にもあると思います。この経験から私は世界中の車に乗る人にこのような恐怖は味わってほしくないと思い、今後ドライバーの認知ミスによる交通事故を無くしたいと考えています。そこで私は走行安全制御技術をどのような状況下でも完全に人や車を認知できるように向上させ、このような交通事故を完全に無くしたいと思います。そのために自分一人の考えだけではなく、同じ思いを持ち合わせた人々とチームを組み、私は色々な技術者の方々と本音でぶつかり合い、議論する中で技術を向上させ、交通事故の無い世界を作りたいと思います。 私はこれまで様々な学問を学んできました。自分の枠にとらわれず色々なことを学び挑戦していきたいと思い、学部3年次までは物理学科で物理を学び、4年次からはリチウム電池の材料研究を行い、現在は核融合の研究を行っています。この経験から自分の殻に閉じこもらず、常に挑戦する志が大切であることを学びました。 また私はアルバイトでベネッセ進研模試の採点リーダーをやってきました。その中で私は異なる意見をまとめて全員が納得できる結果を導き出す力を培いました。採点リーダーの業務の1つに採点基準作成があります。主に記述問題の採点基準を作成する際に他のサブリーダーと採点基準に関して意見が衝突します。そこで私が常に注意していることは、問題の意図や解答の軸を念頭に置き、まずみんなの意見を聞き、解答の大筋から離れていないか、なぜそのような意見に至ったかなどを聞くようにしています。そうすることでそれぞれ皆の意見の核となる部分が見え、その部分を中心に議論を進めていくことで全員が納得できる基準を作成できました。 これらの経験から、色々なことに挑戦していく志と周りの意見を上手く調整することを活かし、アプローチしていきます。 私が実現の場としてHondaを志望する理由は2つあります。一つ目は貴社のモノづくりに対する思いに共感したためです。3月12日にHonda Human Liveに参加し、そこで社員の方から「ホンダではどのような技術が人に好かれるかを軸に開発を行っている」と聞き、単なる技術革新ではなく、どう人の生活に役立てるかを軸にしていることから、私の夢である自分の関わった製品や技術で安全と安心を届けることが出来ると考えました。 二つ目は貴社の社風です。以前OB座談会にてワイガヤを経験させていただきました。そこでは1つのお題に対し、自分とは全く違う意見を周りの人たちは持っており、そこにはみんなそれぞれ独自の発想を持ち、そういう人たちと意見を交わしより良いアイデアを出していくことを実感し、アイデアは人の数だけ存在し、それをいかに上手くまとめるかが重要であることが分かりました。この経験より貴社でなら自動車メーカーという枠組みに囚われず自由な発想でモノづくりが出来ると考えました。 以上の理由により貴社を志望し、自動車社会に事故の無い世界を作りたいと思います。 続きを読む

18卒 志望動機

技術職
18卒 | 東京大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私は、夏に貴社のインターンシップで○○の部門に配属していただき、○○について体験させていただきました。そこで感じたのは、貴社ならシミュレーションの自動化が実現できるということです。インターンシップでよく三現主義という言葉を聞きましたが、シミュレーションのみで設計を行うというのは一見、三現主義に相反しているように思われます。しかし、シミュレーションを完成させる段階で実際のものと比較することは最も重要で、社員の方も重要視していることが感じられました。また、個人の想いを聞いてくれる会社だとも感じました。上司から言われたことをやるだけではないということです。私が貴社に入社してやりたいことを、きちんと説明し合理的だと納得してもらえれば、夢を実現できると思っています。 続きを読む

18卒 志望動機

技術職
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
上記に記載した私の想いを貴社が実現できる企業だと感じたからです。その上で貴社を志望する理由は2つあります。1つ目は、「会社の利益」よりも「人のため」にモノづくりをし、圧倒的な情熱をもって全員が仕事に取り組んでいることです。実際に多くの社員の方々とお話をさせていただきました。そこで、一人一人が常に課題を持ち限界に挑戦する姿勢や自分自身の研究に自信を持ち情熱を注いでいることを感じました。私にも多くの方にクルマの魅力を伝えたいという強い想いがあり、貴社の環境でならこの想いを実現できると思ったからです。2つ目は、多くのことに挑戦できることです。貴社は四輪車、二輪車、船舶、汎用機、飛行機、ロボットといったあらゆる機器で人々を魅了し続けています。これは、積極的に挑戦できる環境がなければ実現できません。社員の多くの方から貴社は挑戦させてくれる環境が整っていることを伺いました。情熱を持った一人一人が製品に対して情熱を注いでいるから魅力が生まれるのだと納得しました。私も貴社の挑戦できる環境で私の情熱を注ぎこんだ製品で人々を魅了し、豊かな日本社会にしたいという想いが実現できると思い、貴社を志望致します。 続きを読む

18卒 志望動機

技術系
18卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が貴社を志望したのは、貴社の作る製品に強く惹かれたからです。私が初めに貴社に関心を抱いたのは、国際福祉機器展でHonda歩行アシストを目にしたときです。それまでは「車の会社」というイメージが強かった貴社が、高齢者や障害者を対象にした機器を作っているということが私には衝撃的でした。その後、貴社の福祉車両がユーザーに高い評価を得ていることや、アシモの技術を用いたUni-cubや電動カートのモンパルなどさまざまなパーソナルモビリティを手掛けていることを知りました。貴社の掲げる「自由な移動の喜び」を提供する相手が社会の幅広い人々を対象としており、また実際にその対象者からも満足される製品を生み出していることに感銘を受けました。貴社で働くことができれば、暮らしに不便を抱える人々の要求に合わせた機器を開発でき、すべての人の生活を良い方向へ変えていけるのではないかと考え、貴社を志望しました。 続きを読む

18卒 志望動機

技術職
18卒 | 総合研究大学院大学 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私が成し遂げたいのは「世界で一番安全なバイクを作ること」です。特に、事故を予防する意味での「安全」を究めたいと考えています。大学生になってバイクに乗ろうと考えた際、親に「死なないように気を付けて」と言われました。気になって交通事故の統計を調べたところ、二輪の事故による死亡率は他の交通手段に比べ格段に高い事実を知りました。しかしバイクに乗り始めて、乗り物と一体になり風を切る楽しさに惹かれ、多くの人がこの楽しさを安全に共有できるようでありたい、と考えるようになりました。 これを成し遂げるために、例えばバイクがレーダーで走行先の地形を取得したり、バイク同士が走行情報を共有したりと、情報をもとに事故要因になりそうな箇所を割り出し、回避できるようなシステムを将来に構築したいと考えました。そんな中、貴社のHonda riding assistを知り、「バイクは倒れるもの」という常識を打ち破ったことに驚きました。高い技術力を持ちながら、常に挑戦しそれを具現化できる貴社でこそ、より安全なバイクを作ることができると確信しました。貴社に入社して、人々が安全にツーリングを楽しめるようなバイクを作りたいです。 続きを読む

18卒 志望動機

研究開発
18卒 | 法政大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社が世界で最もモビリティのワクワクを世界に提供している会社だと考えたためです。 その事から、貴社には「技術でワクワクするモビリティ」を開発するという夢を実現できる場があると考えました。 自動車やバイク、飛行機まで様々なモビリティを手掛け、F1への参加も行っている貴社はモビリティの楽しさや価値を追求し続けている会社だと考えています。 自動車においては近年、ハイブリッド車や自動運転技術の台頭で環境にやさしい車が増える反面、「走る楽しさ」が脅かされている印象があります。 しかし、私が東京モーターショーで初めて新型NSXを拝見した時に「HVでもこんなに格好いい車を作れるのか」と大変驚きました。 また、自分がNSXを運転している場面を想像しただけでとてもワクワクしました。 その際に、自然環境への配慮をしつつ走る楽しさを両立するという貴社の気概に感銘を受け、私の夢を実現する場があると思いました。 私も貴社では、電気自動車ならではの走るワクワクをお客さんに与えられる自動車を開発したいと考えています。 続きを読む

17卒 志望動機

17卒 | 長崎大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
御社を志望する理由は2つあります。1つ目は、運転する楽しさを妨げず、自動運転に取り組んでいることに魅力を感じたからです。御社の描く自動車の自動運転は、運転手と協働して事故を防ぐという考え方で、支援が目的ということを社員の方からお聞きしました。その技術として「Honda SENSING」と呼ばれる安全運転支援システムがあり、安全を確保しつつ運転する楽しさを妨げないという技術に魅力を感じています。このことから私が成し遂げたいことは貴社でしかできないと思い志望しています。2つ目に、自動車以外の事業にも取り組んでいることです。高度な制御技術やセンサー技術、メカトロニクスなどを融合したロボティクスの最先端技術が活用されている「ASIMO」で培った技術を自動運転技術に取り入れたことで、大きな力を発揮していることを知りました。私が現在研究でセンサーを搭載した自律可能な飛行ロボットを製作しているため、関心を抱きました。このように他の事業にも取り組んでいるからこそ、他メーカーでは開発できない技術を生み出していけると感じたため志望しました。 続きを読む

17卒 志望動機

17卒 | 東京電機大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私の夢は、クルマで人を笑顔にすることです。クルマで人を笑顔にするためには、運転が楽しいこと・乗っていて安心できる必要があります。運転が楽しいのはエンジンが良い(自分にとって)こと、乗っていて安心できるためには安全運転支援システムがなければいけません。ホンダは良いエンジンを作っていることで有名でありまた、壊れにくい製品としても定評があります。良いエンジンのおかげで運転が楽しく、さらにクルマが頑丈なので安心感があります。私は運転支援システムの開発に携わり、クルマで人を笑顔にしたいと考えているので、クルマが頑丈ということは人を笑顔にする上でとても重要な要素です。なので、私の夢はホンダでしか実現できないと考えたため志望いたしました。 続きを読む

17卒 志望動機

17卒 | 和歌山大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
実現の場として御社を志望する理由として3つ挙げます。1つ目は若いうちから夢に向かって挑戦できる環境であると感じた事です。インターン経験より現場の雰囲気が最高の自己研鑽の場であり、素晴らしい社員の方が多いと感じました。インターンシップではクルマの研究開発現場を体感させていただきました。その間に出会った方全員がとてつもなく熱い想いをもって、クルマ作りに立ち向かっていらっしゃる事、そして私が提案した案に真剣に議論して頂けました。御社の環境では、全員が自らの熱意を提案し、互いにぶつかり合いながら成長していくことが可能であると考えており、若いうちから活躍できる、私の夢に挑戦していけると考えています。2つ目に様々な製品について研究されているということです。これからクルマは自動運転、人工都市集中等で様々な姿形に進化していくと考えております。その進化の際に、様々な分野での研究をなさっている御社では高いレベルでの表現を進めていけると考えております。 続きを読む

17卒 志望動機

17卒 | 宇都宮大学大学院 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社なら私の夢である「運転の楽しいクルマ」を開発できると考えたからです。貴社はモビリティに運転の楽しさやドライブに出かけるワクワク感に重きを置いています。また、これまでたくさんの社員の方たちのお話を聞かせていただきましたが、その中で感じたのが本気で仕事を楽しむ姿勢です。他人に強制されているわけでもなく、本気で自分のやりたいことをやり、最高の結果を出すためにあらゆる手を尽くす社員の方々の姿を見て、貴社なら楽しいクルマをつくれるという確信に変わりました。そんな貴社だからこそぜひ入社し、若者のクルマ離れの解消という夢をチーム一体となり、自らの手で実現させます。 続きを読む

17卒 志望動機

総合職
17卒 | 中央大学 | 女性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
上記に掲げた夢を一番実現できる企業ではないかと感じたためです。貴社は、自動車だけでなく、バイク、船舶、汎用機、飛行機といったあらゆる乗り物をエンジンで動かし人々を魅了させ続けています。さらにはロボットまでも動かしおり、次のホンダは何を魅せてくれるのかということを考えた時、「それは感動によって人々の心を動かせる製品」ではないかと私は思いました。このような人々を驚きや感動に導く製品はきっと世界共通であり、貴社製品はより世界に広まっていくのではないかと思います。日本だけでなく世界各国でホンダの製品が使われるということは、ホンダだけでなく日本の価値も高まるということになり、それによって経済の活性化による豊かな日本社会の実現という夢も果たせると思い、貴社を志望いたします。 続きを読む

17卒 志望動機

総合職
17卒 | 立教大学 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
仕事に誇りを持ちながら、最も多くの人を笑顔に出来ると考えたためです。仕事をモチベーション高く続けていくには、自らも仕事に誇りを持つことが大切だと考えます。私は幼い頃から自動車が好きであり、自動車を造る仕事に憧れて参りました。現在就職活動において人生を振り返り、改めて自分の大好きなブランドのエンブレムを背負い、仕事がしたいと強く感じております。様々な自動車会社がある中でも、貴社はエンジンに強みを持ち、動くものなら何でも動かすという開拓精神あふれる社風があります。実際に、汎用機からジェット機まで、他社にはない幅広さの事業領域を有することから、私の目標であるより多くの人々の笑顔を実現できる環境であると考えました。また貴社で働かれている方々が、皆企業理念を確実に共有し、情熱を持ってお仕事をされている姿に感銘を受けたことも、貴社を志望する大きな理由です。世界中の人々を、自分の誇りに思えるもので幸せにしたい、このように強く感じ、貴社を志望致しました。 続きを読む

17卒 志望動機

技術職
17卒 | 宇都宮大学大学院 | 男性
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
貴社なら私の夢である「運転の楽しいクルマ」を開発できると考えたからです。貴社はモビリティに運転の楽しさやドライブに出かけるワクワク感に重きを置いています。また、これまでたくさんの社員の方たちのお話を聞かせていただきましたが、その中で感じたのが本気で仕事を楽しむ姿勢です。他人に強制されているわけでもなく、本気で自分のやりたいことをやり、最高の結果を出すためにあらゆる手を尽くす社員の方々の姿を見て、貴社なら楽しいクルマをつくれるという確信に変わりました。そんな貴社だからこそぜひ入社し、若者のクルマ離れの解消という夢をチーム一体となり、自らの手で実現させます。 続きを読む

16卒 志望動機

16卒 | 名古屋外国語大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
大好きなバイクの中でも、私はホンダのバイク愛用者であり、大ファンだからです。2年前に購入して以来、愛着をもって乗っていることに加えて、購入前から「エンジンはホンダ」という言葉をよく聞いていました。そんな技術力、さらにブランド力を築き上げた御社の一員として、私のようなホンダファンを更に増やすため、もっとカッコいい、もっといいバイク製品を世界中の人に提供することに貢献したいと思い、志望しました。また、「どうなるかじゃない、どうするか」という御社の社風に共感しました。Honda Human Liveなどで社員の方々の仕事への情熱を感じ、御社でなら自分の考える社会への貢献が実現できると思います。 続きを読む

16卒 志望動機

16卒 | 長岡技術科学大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
私はバイク離れが進む若年層の新規開拓を行い、数十年先、海外のようにバイクが文化的に成熟できるような土壌を作りたいと考えています。若年層の新規顧客にとってバイクのイニシャルコストの高さは購入意欲を削ぐため、市場の活発化のためには低価格帯バイクの重要性が増すと思われます。ここ数年でアジア、日本同時展開の車両が増えてきており,多くのライダーと「楽しい」を共有するという私の夢を実現する絶好の機会だと感じています。世界一のホンダだからこそ,車体それぞれにキャラクターが異なるバイクを多く展開できます。お客様それぞれのとっておきの1台は違いますが、ホンダのエンジニアとして働くことでより多くの人を夢中にさせる1台を世に生み出すチャンスがあると思います。 続きを読む

16卒 志望動機

16卒 | 一橋大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
第一に、貴社の移動に関する製品での幅広さです。貴社は、世界中に2輪自動車や4輪自動車に加えて飛行機までと幅広く移動に関する製品を展開されています。この幅広さをもってすれば私の「移動を快適にしたい」という夢も実現できると考えました。例えば、現在2輪自動車が主流の国でも将来的には4輪自動車の需要が高まるかもしれません。その際に貴社であれば、2輪自動車の販売の経験を踏まえて、本当に求められる4輪自動車を販売できます。この様に、移動を快適にできる手段が多様で、お客様のニーズに寄り添えると考えました。第二に、貴社の考え方に共感しました。私は仕事を通じて世界中の人々の移動を快適にして、更に、日本経済や世界の人々に貢献したいと考えています。この事は非常に困難であると考えていますが、「世の為人の為何かできる事はないか」という貴社のビジョンと一致している部分があると考えており、貴社はこのビジョンに向けて困難でも取り組み続けていかれているので、その中であれば私のビジョンも達成できると思いました。また、私の困難に粘り強さも、困難があっても流れに身を任せるのではなく、自分から努力し続けるという点で貴社の「どうなるかじゃない、どうするかだ」というスローガンに一致すると考え、その面でも共感しました。 続きを読む

16卒 志望動機

総合職
16卒 | 早稲田大学 |
Q. 本田技研工業を志望する理由を教えてください。
A. A.
モノづくりへの強いこだわりと、目標を見据えた行動力を重視する考え方は私が目指す生き方に共通している所があると感じ、貴社でなら仕事と将来やりたいことを重ね合わせて働けると確信したからです。個人が尊重され、考えたことをすぐに実行に移すことができたり、より良い未来を作るために思う存分議論ができる環境の中で、仲間と一丸となって社会をよくするために全力を尽くしたいです。そして、自分自身が本気で魅力を伝えたい製品や技術がなければ私が取り組みたい「モノの魅力を伝える仕事」は成り立ちません。利益だけを追い求めず、二輪車や四輪車に固執せず、あらゆる移動手段から生活の質向上を目指す貴社の事業に可能性を感じました。記者として、自分に妥協を許さず記事や写真の技術を追求することで鍛えた「伝える力」や人の気持ちを汲み取る「取材力」は、貴社が世の中の役に立つために追求した技術を最大限に消費者に還元するために、余すことなく魅力を伝えていく仕事に活かすことができる能力であると考えています。 続きを読む
33件中1〜30件表示