三菱商事株式会社のロゴ写真

三菱商事株式会社

  • 4.3
  • 口コミ投稿数(1305件)
  • ES・体験記(134件)

2020卒 三菱商事 総合職の通過ES(エントリーシート) No.28681

20卒 本選考ES

総合職
20卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. これまでの学⽣⽣活の中で挙げた実績や経験を教えてください。   学業、部活動、サークル、趣味、ボランティア、インターンなど何でも結構です。
A. A.
⼀年間の海外留学後、競技チアリーディングサークルに復帰し幹部学年として組織に貢献した経験。 競技チアリーディングサークル初の校内単独公演にて、集客担当として同期とともに周囲を巻き込んだ経験。 幼少期に住んでいたアメリカ合衆国の価値観を再度学びたいと感じ、ワシントンDCへ⼀年間の留学をした経験。 ⾃⾝の語学⼒と好奇⼼旺盛さを活かし、数々の友⼈と趣味である海外旅⾏に没頭した経験。 続きを読む
Q. チャレンジングな⽬標を定め、その達成のために諦めずに取り組んだ経験について、教えてください。結果の成否によらず、あなたが⼯夫・努⼒したことや、取り組みのプロセス等、具体的に記してください (設問(1)で回答した経験の中から説明してください)。
A. A.
⼀年間の海外留学後、競技チアサークルへ復帰し幹部学年として活動した事です。⼤組織の代表となり苦難を乗り越えてきた同期の姿に刺激を受け、⾃分も必ず団体に貢献したいという強い責任感を感じた事が取り組みの理由です。⻑期間のブランクにより技術⾯は勿論、⼀組織の幹部として⼼⾝ともに鍛え上げられた同期との⽴場の差に苦しみました。そこで⾃分の⽴場や強みを上⼿く利⽤した貢献⽅法を考え、主体的に動く事で解決を試みました。⼤会チームの活動に勤しむ同期には⼿が回らない新⼊⽣チームの指導や育成を⾏い、技術⾯を補う為⾃主練には必ず参加し、留学前より担当していた演技曲編集を 復帰後も数多く⼿がけました。周りからは感謝され、部員の信頼を得る事にも繋がり、同期との差に悩む事も気づけば無くなりました。初開催の校内単独公演で集客のリーダー役を務め、最後の⼤会ではノ ーミスで演技を終え、努⼒が形としても表れた良い経験です。 続きを読む
Q. 周囲と協⼒して、困難な状況に⽴ち向かった経験について、教えてください。 その過程であなた⾃⾝の意志・決断で⾏動した点も含め、具体的に記してください。 (設問(1)で回答した経験の中から説明してください)。
A. A.
⼤学の競技チアサークルで幹部学年の際に、初開催を決めた学内単独公演です。前例が無い事に加え、年4回もの⼤会や様々なイベント出演等、伝統的な年間スケジュールが固定される中での挑戦は無謀だとコーチや先輩後輩との衝突があり、同期全員で周囲をいかに上⼿く巻き込むか悩み続けました。また個⼈的には集客担当係として座席管理や宣伝活動を⾏いましたが、部内で⼀番の懸念点が集客⾯であった 為、プレッシャーを感じました。 同期⼀⼈⼀⼈が⾃分の係に責任を持ち、連携を取り⼯夫を凝らし、組 織や⼈の為に真摯に取り組み乗り越えました。例えば私は半年前からの逆算スケジュールを組み、他部署と連携した宣伝活動に趣向を凝らし、来場者の希望に応じ柔軟に座席を組みました。徹底して団体の為に動く事を貫く姿勢が周囲に響き、チケット宣伝に部員全員を巻き込む事が出来ました。結果、会場の座席の9割超を埋める事に成功し、公演は⼤盛況となりました。 続きを読む
Q. あなたが三菱商事で成し遂げたい夢、または⼿掛けてみたいビジネスについて、教えてください。
A. A.
私の夢は、様々な価値観を持った⼈と関わる事で、既存の概念に囚われない新しい価値を世の中に⽣み出し世界規模で貢献をする事です。幼少期からの海外経験と体育会系サークルの活動より培った、多様 なダイバーシティを持った⼈々の考え⽅を柔軟に受け⼊れられるという⾃分の強みを活かし、⼀社会⼈として世界中の⼈々の⽣活を豊かに出来るような仕組みを考え、発信したいと考えています。その為グローバルな環境で働く事が出来るのは勿論、幅広くバランスの取れた事業を展開し豊かな社会の実現を⽬指す貴社でこの夢を成し遂げたいです。 続きを読む
Q. あなたらしさが最も表れている写真(できるだけあなた⾃⾝が写っているもの)を2枚添付し、それぞれのエピソードを説明してください。
A. A.
1.サークルの単独公演に来てくれた沢⼭の友⼈との写真です。前列中央で花束を持っているのが私です。 真摯に物事に打ち込み、サークル内外問わず周囲を巻き込む事の出来る⾃分の強みがよく表れていると感じました。 2.メキシコに旅⾏をした時の写真です。好奇⼼旺盛な性格を活かし、特技の英語と挑戦であったスペイン語を⽤いて現地の⽅と多く触れ合いました。⼀緒に旅⾏した友⼈にも⾮常に楽しんでもらえた良い思い出です。 続きを読む