就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
アクセンチュア株式会社のロゴ写真

アクセンチュア株式会社

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(3852件)
  • ES・体験記(247件)

アクセンチュアのインターン面接

インターンの面接

29件中29件表示

22卒 冬インターン 最終面接

2020年10月開催 / 3日 / 総合職
22卒 | 大阪大学 | 女性
Q. なぜこのインターンシップを応募したのか?
A. A. 私がこのインターンシップを志望した理由は、様々な考え方を持つ人たちと協力して、一人一人異なる強みを生かした価値を創造したいと思ったからです。大学のチアリーディング部で部員と協力して一つの演技を作り上げたという経験から、一人一人の違いを生かして全体の完成度を最大限引...
Q. 学生時代がんばったことを教えてください。
A. A. 私は所属するチアリーディング部の練習の効率化を実現しました。私たちの部活では練習中に体力がなくなって集中力が切れてしまい、メリハリのない練習をしていたことが課題でした。そこで私は慣習であった長時間の練習に対して疑問を持ち、練習時間を短くして内容の質と強度を向上させ...

22卒 冬インターン 最終面接

2020年10月開催 / 3日 / ビジネスコンサルタント
22卒 | 奈良先端科学技術大学院大学大学院 | 男性
Q. ケース問題: 日本の首都機能を移転するならばどこが良いか、また、それは何故か
A. A. 首都機能を何故移転する必要があるのか、という観点から考えていこうと思います。首都機能を移転することによるメリットは複数考えられますが、私は地方創生という経済的効果に着目しました。一部の首都機能を地方に移すことで近年問題となっている東京一極集中を解消できるのでは、と...
Q. インターンに応募した理由
A. A. 私の就職活動の軸はテクノロジーを社会実装することで社会に変革をもたらすことです。 私の専門である〇〇も今後の社会に非常に重要なると確信しているため今まで研究を行ってきました。しかし、研究活動を通じ、社会に変革をもたらすにはビジネスとして社会実装することが重要であ...

22卒 夏インターン 最終面接

2020年8月開催 / 3日 / 戦略コンサル
22卒 | 津田塾大学 | 女性
Q. 高校生の海外大学進学率を上げるには?
A. A. シンキングタイムは3分でした。 あまり時間のない中で構造的に話す必要があります。 自分は初めてのケース面接ということもあり、緊張していたうえシニアマネージャーの方から全部やり直しをさせられてしまいましたが通過しました。また、同じ面接官にあたった友人も全部やり直...
Q. 将来のキャリアプランを教えてください
A. A. 将来のキャリアプランはないです。なぜなら、キャリアプランは変わっていくものだから考える必要がないと思っているからです。例えば学生時代には多くの社会人と出会って話を聞く中で、自分の価値観や将来の夢も変化しました。これからも社会に出て今よりも多くの人に出会う機会は増え...

22卒 冬インターン 最終面接

2020年11月開催 / 4日 / エンジニア
22卒 | 名古屋工業大学大学院 | 男性
Q. 今の大学での研究を選んだ理由、AIを使った音声処理に興味を持った理由
A. A. 自分が音楽・楽器が苦手だったため、そのような境遇の人に助ける手立てはないかと考えていた際に、この夢を実現できる研究を行っている研究室を見つけた。また、AIを画像処理なんかの目に見えるところではなく、音声という目に見えないものに応用しているのが面白いと感じ、その中で...
Q. 困難を乗り越えた経験
A. A. 困難は飲食店バイトにおける3ヶ月ごとの社員交代への対応だ。これが原因で、バイトの教育が十分にできず、売上を作る状況を整えられなかった。そこで私は、社員とその責任者にマニュアル作成を提案し、全176ページのマニュアルを作成、バイトの教育を私とマニュアルで自走できる...

21卒 冬インターン 最終面接

2019年10月開催 / 3日 / 和魂偉才塾 コンサルタント塾
21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 日本でIT人材を増やすためにはどうしたら良いと思いますか。
A. A. 日本の労働者を、新卒と中途に分けて考えます。まず、新卒社員に対しては、職業としてITの分野に携わりたいと考える学生を増やすことが重要です。そのために、IT企業が学生と接触する機会を増やすべきだと考えます。また、現在他の分野で働いている人に対しては、給料とやりがいと...
Q. なぜコンサルの中でもアクセンチュアを志望しているのですか。
A. A. 理由は2つあります。1つ目に、アクセンチュアはITを用いた課題解決に強みを持っているためです。私は留学中、宅配サービスや配車アプリなどさまざまなITツールに生活を支えられました。このように身近な課題を解決してくれるITに無限の可能性を感じています。2つ目は、グロー...

22卒 冬インターン 最終面接

2020年10月開催 / 4日 / ソリューション・エンジニア
22卒 | 北海道大学大学院 | 男性
Q. エンジニアの仕事に興味を持った理由
A. A. 私が理想とする働き方の軸である「世の中をより豊かにすること」に大きく関わっているからです。世の中には様々な業種がありますが、それらのほとんどが技術によって支えられています。そのため、エンジニアはものづくりという点で社会を支える基盤を作り、それを支えていると考えてい...
Q. 研究している内容について
A. A. 高専在学中は電子顕微鏡の撮影手法に関する基礎研究として、電子とレーザーとの相互作用を解析するコードの作成を行いました。解析部分は差分法によるもので、計算時間を短縮するために、オープンソースの並列計算コードを改良して使用していました。 大学院進学後は金属材料の科学...

22卒 夏インターン 最終面接

2020年8月開催 / 3日 / 戦略コンサルタント
22卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. あなたの一番大事にしていることは何ですか?
A. A. 取り組もうとしているものが面白いと思えるかどうか、ということを一番大事にしています。私にとって面白いとは、チャレンジングであり、考え成長することが求められるということです。私がコンサルタントを志望する理由もここにあります。 コンサルタントとはどのような状況にも適...
Q. なぜ他のコンサルではなくてアクセンチュアなの?
A. A. 2つ理由があります。一つ目は、コンサルティング会社の中でも特に事業意欲が旺盛な点です。ITに特化している強みを生かして広告業界を攻めたり、クライアントとジョイントベンチャーを作って新しいビジネスを行ったりと積極的なビジネス展開を行っていることに魅力を感じるからです...

21卒 冬インターン 最終面接

2019年11月開催 / 3日 / コンサルタント
21卒 | 関西大学 | 女性
Q. ケース問題の発表の中での質問
A. A. 出されたケース問題に対し、紙に回答する。 それを基に面接官に発表する。 発表を一通り終えたら内容について深掘り、質問、ツッコミ、アドバイスをもらう。 怖くはないです。 それからケースの内容についてフィードバックをもらう。 数量的根拠などは重要視されるので...
Q. ESの内容についての質問
A. A. 他の人にとってアドバイスや参考になるような内容ではないのでさらっと書くが、頑張ったことについて、いつ、どうやって、どのような方法で、どのような結果を得られたのかを答えた。 そのほかには逆質問の時間をいただけたので、アクセンチュアのDNAについての深掘りする質問を...

21卒 冬インターン 最終面接

2019年11月開催 / 3日 / 和魂偉才塾
21卒 | 大阪大学大学院 | 女性
Q. 将来どうなりたいですか?
A. A. 端的に言うと「賢くなりたい」と考えている。個人的には賢さには「答えのある問題を適切に解く力」と「答えのない問題に向き合い続ける力」の2つがあると思っているが、その両面を備えた人間になりたい。(このようなことを言ったのち、自分の専門の話についても触れながらこの話題に...
Q. 学生時代がんばったことを教えてください。
A. A. 部活にて合同練習の質の改善を行った。部には大きく分けてAパートと、Bパートの2つのパートがあるが、ある時この2つのパートの合同練習の質の低下が問題となった。この原因として、パート間の相互理解が足りないために、合同練習中に意見の交換が起こりにくくなっていることが挙げ...

21卒 冬インターン 最終面接

2019年11月開催 / 3日 / ビジネステクノロジーコンサルタント職
21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. コンビニエンスストアの利益を上げるにはどうすれば良いか。
A. A. コンビニで売られている商品の種類を30%程度減らすことです。これにより、発注や陳列といった業務や廃棄リスクを減らすことができると考えられ、経費を削ることで利益を上げることができます。一つひとつの商品を精査すれば、売上にほとんど貢献しておらず、一方で経費を割かれてい...
Q. グループディスカッション選考の反省点はあるか。
A. A. 個人として方法論に徹した結果、コンテンツに対しての意見がおろそかになってしまったことです。グループとしてコンテンツを詰める議論になってしまっており、議論がミクロになりがちだったので、マクロな論点を提示する役割を担いました。その結果、サービスの中身に対する考えが浅く...

21卒 冬インターン 最終面接

2019年10月開催 / 3日 / 和魂偉才塾 ビジネスコンサルタント職
21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. アクセンチュアの和魂偉才塾ビジネスコンサルタント職を志望した理由を教えて下さい。
A. A. コンサルタントを志望して就職活動を行う中で、三日間コンサルタントとして取り組むことが出来る環境に身を投じ、自身のコンサルタントとしての適性を見極めたいから。また、私は文学部に所属しており、普段ビジネスや社会の最新動向について学んだりする機会がないので、アクセンチュ...
Q. 何か話したいことはありますか。
A. A. 長所を話したいと申し出た。私の長所は困難への挑戦を厭わないことだ。どちらか選択する機会があったら必ず難しい方を選択する。今の自分には大変なことも、身を投じたら必ず自分の成長につながるとポジティブに捉えられる。また、自身の2つ目の長所として客観性があげられる。自分の...

21卒 夏インターン 最終面接

2019年9月開催 / 5日 / エンジニア塾
21卒 | 大阪府立大学大学院 | 男性
Q. どうしてIT業界に興味があるのか。
A. A. 学科が情報系のため、プログラミングやIT技術に触れる機会が多かった。その中でプログラミングに楽しさを見出した。プログラマー情報共有サービスで様々な技術に関する記事を読んで実際に自分でコーディングしたり、授業で学んだ技術を自分でコーディングした後に記事を投稿してみた...
Q. エンジニアのイメージは。
A. A. どうしてもブラックな労働環境である印象があります。毎日残業があるのは普通なのかと考えていますが、フレキシブルな働き方が可能であるとも考えています。また、エンジニアはシステム開発がメインの業務ではありますが、チームメンバーや顧客の方々との関わりの中で、コミュニケーシ...

21卒 夏インターン 最終面接

2019年8月開催 / 3日 / 戦略コンサルタント
21卒 | 早稲田大学大学院 | 女性
Q. まず学生が部屋に3人ほど集められケース課題が与えられる。20分間個人で解いたのち、面接官と一対一での議論がある。ある企業の売り上げを1.5倍にあげる施策は?というお題だった。
A. A. ケース面接のセオリー通りに、ロジカルにお題を分解し、課題をみつけ、施策を考え、その施策評価を行なった。個人で準備できる時間が少ないため、面接官との議論の中でどれだけ論理を修正できるかがポイントだと思う。今回は1.5倍にせよ、という具体的な内容だったため、事業規模を...
Q. インターンに応募した理由は?
A. A. ケース面接を終えたあとに、ESにそった質問の時間も設けられていた。 インターンに応募した理由は、戦略コンサルタントの仕事に興味があるため、と答えた。好奇心が旺盛で、いろいろな業界に関わりたいと考えているため、この業種が向いていると考えている。そして、考え続けるこ...

20卒 夏インターン 最終面接

2018年9月開催 / 5日 / エンジニア塾
20卒 | 明治大学 | 女性
Q. エンジニアという仕事に興味を持った理由は何ですか。
A. A.
IT教育のインターンで、中高生にプログラミングを教えています。そこでアプリやWebサイトを作ることによって家族や友人が抱えている課題を解決している周りの大学生に関わったり、課題を解決するプロダクトを作るべく頑張っている中高生のサポートをしたりしてきました。彼らを通してITを味方につければ多様な規模感やレベル感で様々なことが実現可能になることを実感しました。そのため、実際に手を動かしてITによる問題解決に取り組みたいと考え、エンジニアに興味を持ちました。 続きを読む
Q. 開発経験はありますか
A. A.
中高生向けIT教育の長期インターンでSwiftによるiOSアプリ開発とFirebaseやRealm等を使用したiOSアプリのリリース, openFrameworksとc++を用いたアート作品制作, javascriptの教科書制作を中心に行ってきました。また統計解析や社会科学方法論の授業でRとSPSSの学習を行ってきました。 続きを読む

20卒 夏インターン 最終面接

2018年8月開催 / 3日 / 戦略コンサルタント育成プログラム
20卒 | 慶應義塾大学大学院 | 女性
Q. 志望動機を教えてください。
A. A.
私が戦略コンサルタントという仕事に興味を持った理由は、様々な領域の高度な事業課題を解決できる点、つまり幅広い知識を得ることができる思考密度の高い業務内容に魅力を感じたためである。そこで、このインターンに参加することで、その仕事の一部を実際に近い形で経験できると感じたため応募した。インターン期間中に一つでも多くのことを体感し、業務への理解につなげたいと考えている。 続きを読む
Q. 人を上手く説得するためにどのようにしますか。
A. A.
一方的に依頼を押し付けるのではなく、ヒアリングなどを行って相手の立場を理解した上で、「なぜそれをしなければならないのか?」について丁寧に説明する。また、それでも相手の気持ちを動かせなかった場合は、「それをしなかった場合どのような弊害が起こるのか?」ということを伝え、依頼を断るということのリスクを説明する。 続きを読む

20卒 冬インターン 最終面接

2018年10月開催 / 3日 / ビジネスコンサルタント育成コース
20卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 今何か力入れてやってるの?
A. A.
今、大学では組織行動論を専攻するゼミでゼミ長として活動しています。組織論の文献を読むだけでなく、ディスカッションやプレゼンなど実践的なコンテンツを行うことで、机上で終わることなく学んでいます。またゼミで学んだことを実践的に活かすために、組織コンサルティング会社でコンサルタントアシスタントとして長期インターンしています。 続きを読む
Q. なんでうちの会社受けようと思ったの?
A. A.
私は給料が高い会社に行きたいと思っています。なぜなら「価値があるものにはそれに見合う対価を支払うべきである」という私の考えがあり、高い給料をもらっているということはそれだけ市場や社会に対する影響力が大きいことを意味してると思うからです。また、組織コンサルタント会社でコンサルタントアシスタントとしてインターンをする中で、自分に向いているコンサルティングとは何なのか、自分はどの側面から社会を変えていきたいのかを見極めるために、様々なコンサルタント業務を体験してみたいと考えたからです。 続きを読む

19卒 冬インターン 最終面接

2017年11月開催 / 5日 / エンジニア
19卒 | 中央大学 | 女性
Q. エンジニア塾に志望した動機は何ですか
A. A.
1つ目は、サマーインターンシップでAEの部署に配属され、ものづくりに強い興味を持ったからです。社員から話を聞いたり、実際にシステムのレイアウトを考える課題に取り組んだりしたことで、ユーザー層の把握・ユーザーの需要に答える方法の模索・その方法に最先端のITを駆使することが重要だと学びました。そして、もっとものづくりの面白さを実感するためにも、グローバル企業で活躍するエンジニアの着眼点・手法を学びたいです。2つ目は、インターシップを通して、自分の限界に挑戦したいです。貴社のインターンシップは優秀な社員や学生が集まります。その中で切磋琢磨しあうことで自分の限界値を超えたいです。そして、自分に足りないものを知り、今後のステップアップに繋げていきたいです。プログラミングは未経験ですが、誰よりも自己成長への強い貪欲さを持ってインターシップに参加します。 続きを読む
Q. ゼミではどんなことをしていますか。
A. A.
私は英米公法ゼミに所属しています。英米公法ゼミではアメリカの連邦最高裁判所で争われた実際の判例を英文で読み解くことで、法律英語の理解、論理的な思考力を養っています。ゼミの研究から実際に判例を読み解き、比較することで日本にはないアメリカの法律制度の良い点や、悪い点を見つけることができ、実際議論の運び方や、説得力のある論理構造などがとても勉強になります。 続きを読む

19卒 冬インターン 最終面接

2017年12月開催 / 3日 / 和魂偉才塾 ビジネスコンサルタント
19卒 | 名古屋市立大学 | 男性
Q. ケース面接に関して教えてください。
A. A.
ケース面接のお題は「ネットビジネスが流行する昨今で、路面店の売り上げを2倍にせよ」でした。私は、そのお題に対して「定員のブランド化」を提案いたします。まず、路面店の定義は、アパレル店であると仮定しました。そこで、ネットにはなく、店にあるものを考えたときに、「人」が浮かびました。この人の価値最大化を行うことにより、ネットとの差異化が生まれるのではないかと考え、その手法として店員のランク付けなどでブランド化を図ることを提案します。 続きを読む
Q. このインターンシップの志望動機を教えてください。
A. A.
コンサルティング企業での実際の業務内容や働き方を知りたいと考えたためです。最近まで違う業界を見ていた中で、コンサルティング企業を知ったのはついこの間で、私は何もわかりません。そこで、コンサルタントの働き方が最もよくわかるという評判を受けている貴社インターンシップにて、コンサルタントを学び、自分と合っているか確認したいと考えています。 続きを読む

19卒 冬インターン 最終面接

2017年11月開催 / 5日 / エンジニア
19卒 | 東京大学 | 男性
Q. ESに書いたプログラミングの経験について詳しく教えてほしい
A. A.
授業でやった以外に友人と共同でアプリ開発を行った。アプリ自体はJavaの簡素なゲームアプリだったが、独学で学んでいく進め方に慣れると言う意味でいい学習になった。またデータ分析のアルバイトでpythonを用いて解析を行い簡単な機械学習の実装にも携わった。プレッシャーと時間制限のある環境でインプットとアウトプットを同時に行うというのはほかにない体験だった。 続きを読む
Q. アクセンチュア株式会社のイメージを教えてほしい
A. A.
提案から実装まで一貫して携わるITコンサルタント会社であり、コンサルタントもITスキルが求められる。実力主義でロジックさえ通っていれば若い人でも発現しやすい風土がある。近年デジタル分野に力を入れており、その領域ではほかのコンサルティングファームの追随を許さない。時代の流れもあり今一番伸び率のある企業の一つであると思われる。 続きを読む

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 3日 / 戦略コンサルティング
19卒 | 東京大学 | 男性
Q. 雇用の男女格差をどう解消するか
A. A.
答えを紙に書く形式だったので、質問の定義をしっかりと抑え、問題を具体化していきました。 女性の労働人口を増やすためにはどうするかということを多面的な変数を用意して、その変数を変えるにはどのような施策が考えられるかを一つずつ説明しましたが、なぜか面接官のマネージャーはあまり答案に関心がなく、ロジックで詰められるようなことはなかった。 続きを読む
Q. 私の所属する学部とコンサル業界は直接つながっていないように見えるが、なぜ志望したか
A. A.
仮説思考を実際に学んでみると、コンサルティングに限らず、多くの業界で適応する考え方であることがわかった。学部での課題においても、答えが一つに定まりえない性質上、仮説を置いてから常に考えるようにすることで、大枠を短時間で出すことができ、実際の創作活動に多くの時間をさけた経験もあった。常に考え続けざるをえないという環境でファーストキャリアの数年を過ごしたいと思った。 続きを読む

19卒 冬インターン 最終面接

2017年12月開催 / 5日 / エンジニアコース
19卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. コンサルタントとして叶えたい夢
A. A.
私には人生の目標・夢があります。 一人でも多くの人々を幸せにすることです。今の私では自分のこと、家族のこと、親友のことで精一杯です。 いやそれすら、私の力不足で、満足いかないことも過去ありました。 私が一番欲している力は総合的な人間力です。 文系や理系などにとらわれない、コミニュケーション力や対応力、論理的思考力など偏りなくスキルが磨ける仕事としてコンサルタントに出会いました。 なので、コンサルタントで総合的な人間力を高めて、多くの人を幸せにする大規模な案件に携わりたいです。 続きを読む
Q. なぜアクセンチュアのインターンを志望しているのか。
A. A.
三つあります。 一つ目が実力主義だからです。私は仕事選びの際に、自己成長できる職場かどうかを最重要視しています。 評価システムとしましても、はっきりとした実力主義と伺っていますのでモチベーションにも繋がると考えています。 また、若手の裁量権や教育制度などからも自身のスキルアップが期待できると考えました。 二つ目が自由なところです。 自分のキャリアを自分で構築できるところや、実力主義ゆえに自分の好きなように伸び伸び仕事できると考えます。 三つ目が人生が豊かになると考えたからです。 コンサルタントファームの中で最も他業界を相手にコンサルティングをしていると伺いました。 多くの業界に触れられる事と、自分のやりたい事が見つかり続けて、妥協のない人生が送れると思います。 続きを読む

18卒 夏インターン 最終面接

2016年8月開催 / 3日 / 戦略コンサルタント
18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 歩きスマホをなくすための施策
A. A.
歩きスマホが起きる原因をブレイクダウンさせていった。その結果、規制により歩きスマホを防止するには、強い規制をもうけるしかなく、歩きスマホという行為と不釣り合いになってしまうので、非現実できだと考えた。そのため、スマホ自体に歩きながらだと動作できないようにする機能を搭載する、またその研究開発費用を国が助成することが必要だと答えた。 続きを読む
Q. なぜコンサルタントになりたいのですか。
A. A.
時間・資金・労働力の限られたビジネスでは、理論的に優れたアイデアも、成功するとは限りません。そのため、実際のビジネスにおいて実現可能であるか、そして成功するか、を見極める力を身につける必要性を感じます。そこで、社会人になってから効率良く実践感覚を獲得したいと考えます。私は、これらの二つの面で成長することができる戦略コンサルタントの仕事に、興味を持っています。 続きを読む

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 3日 / Strategy consultant Internship
19卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. なぜインターンに参加したいのか
A. A.
戦略コンサルの仕事内容を理解したい、さらにアクセンチュアのカルチャーと、このインターンに参加するような優秀な学生と一緒にグループワークをやってみたいため。このインターンは3日間現役のコンサルタントと同じような課題をチームで徹底的に考えられる環境があると聞いた。そのような環境ならば、上記の目的を達成するのに最適だと考えた。 続きを読む
Q. 学生時代にがんばったことを教えてください
A. A.
過疎化と高齢化が進む地域で、ボランティアをしていたときに、学生メンバーのリーダーとなり、地域の高齢者と学生を結びつけるような新しいイベントを企画・実行・運営したこと。実施に当たっては地域の高齢者の人たち、学生双方が主体的にイベントに関わってもらうように、密にコミュニケーションをとりイベントを成功に導いた。 続きを読む

19卒 夏インターン 最終面接

2017年9月開催 / 3日 / 戦略コンサルタント育成プログラム
19卒 | 京都大学大学院 | 女性
Q. 子供の出生率をあげるためにはどうればよいか?
A. A.
白紙のA4が渡され15分考える時間がありました。その後シニアマネージャーが待つ部屋へと移動し、15分間で考えた自分なりの答えを説明しました。しかし、私の解答は致命的な欠陥が有り、質疑応答ですぐにその欠陥を指摘されてしました。しかし、そこで見放されることはなく、その欠陥を今ならどのように考え直す?などもう一度考えるチャンスをいただきました。そこで、落ち着いて解答することができました。 続きを読む
Q. なぜコンサルタントという職種に興味を持ったのですか?
A. A.
今までの経験から自分に課題解決能力があること、そしてそこに楽しさを見出していることを熱意を持って話しました。具体的には、私が大学時代に取り組んでいたスポーツに課題解決能力が求められていたこと、そのおかげでその能力を磨くことができたこと、そして課題を解決できたことがスポーツの結果としてフィードバックを得ることができ楽しさを感じていたことについて話しました。 続きを読む

19卒 夏インターン 最終面接

2017年8月開催 / 5日 / 和魂偉才塾エンジニア塾
19卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. なぜこのインターンシップに参加しようと思ったのか。
A. A.
エンジニア塾を通じて、「アイデアを現実のモノに替える」プロセスを体験し、自分が目指すべき姿と今の自分のギャップを明確にし、そのギャップを埋めるために今後の大学院での研究活動やその他の活動においてなすべきことへの新しい意識を得たいと考えてる。研究生活では、解析などでプログラミングを使いはするものの勉強や思考に重点を置いているために「アイデア」に偏っているため、実際にグループワークのなかで「モノ」をつくるプロセスを体験し、全体像を知ることで、私が社会に出てIT業界で活躍するまでの具体的な道筋を描くことができるようになると考えている。 続きを読む
Q. リーダーシップを発揮した経験。
A. A.
高校時代に参加していた文化祭の企画で、いままで少数の参加者によって構成されていて閉鎖的だったものを、新たな参加者を巻き込めるような新企画を立ち上げ、企画・広報・運営などをとりしきった。その新企画をするべきだという理由を、論理的に周囲に説明をすることで、さまざまな方面から支援をいただき、今までにない形の企画を成功させることができた。 続きを読む

19卒 夏インターン 最終面接

2017年7月開催 / 3日 / コンサルタント
19卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. インターンシップの志望理由
A. A.
2つあります。1つはまだ就職活動を始めたばかりのため、今のうちに幅広い業界、業種を知りたいためです。その中でも終日型であり、複数日を実際の職場で働くことで得られるものが多いと感じたからです。2つ目に自分の成長につなげるためです。優秀な動機と一緒に切磋琢磨し合うことで自分の実力の理解とともに自己成長にもつながると考え、志望しました。 続きを読む
Q. 今後のキャリアプラン
A. A.
現時点では、どのような業界の会社に入社するか分からないが、若手のうちから大きく成長したいと考えているので、20代の内はバリバリ働ける環境に身を置くことが今後10年のプランです。また、様々な経験を積むことで「0から1を生み出せるような人材」にまで成長し、十分な力が付いたと感じたら独立したいと考えています。 続きを読む

17卒 夏インターン 最終面接

2015年8月開催 / 3日 / 戦略コンサルタント
17卒 | 早稲田大学 |
Q. 日本の労働生産性を上げるにはどうすればよいか。
A. A.
状況として、まず、面接の前に4人1部屋に入れられ、各国の労働生産性を示したグラフが与えられる。それに関する自分の見解を15分程度でまとめたのちに、面接官がいる部屋へ案内された。自分は、労働生産性を1人あたりGDPを労働時間で割ったもの、といった感じで定義した後に、なぜ低いかを、それぞれの変数を固定した場合にどうなるか、といった形で説明し、最終的に分母である労働時間を下げるにはどうすればいいかについて2、3の対策を述べ、各々のインパクト評価を面接官と行った。 続きを読む
Q. なんでコンサルがいいの?
A. A.
自分は、社会問題をビジネスで解決するベンチャーに所属し、将来的には、何らかの個別の社会問題をビジネスで解決できるようになりたいと考えています。そのため、社会がどのように動いているか、どのような仕組みを作れば解決に導けるかといったことに興味があります。その点で、社会をできるだけ俯瞰して見られるように、経営という最も抽象度の高いビジネスにおける領域に若いうちから触れたいと考えました。他業界であれば、経営に関わる問題を扱うのに20年程度かかってしまうので、経営課題を解決する領域に早く関わることのできるコンサル、銀行に興味を持ちました。しかし、銀行であると、融資をする際などに、必ず、回収できるかどうか、が考慮に入り、必ずしも顧客に対してベストな解決策を提示できないのではないかと考え、コンサルを志望しています。その中であれば、どの会社でもかまいませんが、アクセンチュアは、自分が興味を持って、長期でインターンをしてきたIT領域に非常に強く、自分は強く魅かれました。 続きを読む

17卒 冬インターン 最終面接

2015年10月開催 / 3日 / 和魂偉才塾
17卒 | 京都大学 |
Q. 次にオリンピックを開催するならどこがいいか?
A. A.
定義として「日本で、次回招致を行うならどこか」というものを置いた。結論としては「愛知県」という解を出した。理由は地理的な観点として物流、交通、観光の3点に地の利があるということを推した。また、ヒッチハイクにて見た愛知県の現状から活性化を期待できる旨を話すと評価が高かった。 続きを読む
Q. 志望動機はなんですか
A. A.
競争環境として最適であるから。大きくてフラットな組織なので、自分の意見がいいやすい(意見を持つことが求められる)組織であると考える。また、グローバルなファームゆえ案件も多く、日本と世界を上流からみることができ、蓄積された知があるから。 続きを読む

17卒 夏インターン 最終面接

2015年7月開催 / 3日 / コンサルタント
17卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 志望理由
A. A.
2つあります。1つはまだ就職活動を始めたばかりのため、今のうちに幅広い業界、業種を知りたいためです。その中でも終日型であり、複数日を実際の職場で働くことで得られるものが多いと感じたからです。2つ目に自分の実力を知るためです。優秀な動機と一緒に切磋琢磨し合うことで自分の実力の理解とともに自己成長にもつながると考え、志望しました。 続きを読む
Q. 今後のキャリアプラン
A. A.
現時点では、どのような業界の会社に入社するか分からないが、若手のうちから大きく成長したいと考えているので、20代の内はバリバリ働ける環境に身を置くことが今後10年のプランです。十分な力が付いたら独立したいと考えています。 続きを読む
29件中29件表示