Img company noimage

株式会社大和総研ホールディングス

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(1件)
  • ES・体験記(4件)

株式会社大和総研ホールディングス

社員・元社員による会社の評価

データがありません

社員の口コミ・評判

株式会社大和総研ホールディングスの口コミ・評判

社員、管理職の魅力

投稿日:2014年11月29日
回答者:
  • 20代後半
  • 男性
  • 6年前
  • アプリケーション設計(オープン系・WEB系)

社員と管理職の関係については良い方ではないかと思う。人柄やスキルは人によるところがある。どこの企業も同じだと思うが、良い上司がいれば悪い上司もいる。基本的...

  • 仕事のやりがい(0件)
  • 年収、評価制度(0件)
  • スキルアップ、教育体制(0件)
  • 福利厚生、社内制度(0件)
  • 事業の成長・将来性(0件)
  • 社員、管理職の魅力(1件)
  • ワークライフバランス(0件)
  • 女性の働きやすさ(0件)
  • 入社後のギャップ(0件)
  • 退職理由(0件)

みんなの就活速報

会員番号:29258さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2016年5月31日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
メール即日
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

コメントはありません。

会員番号:21174さん / 文系

1次面接通過した学生の就活速報

投稿日:2016年5月28日
面接官/学生
面接官 1人学生 1人
連絡方法
電話1週間以上
雰囲気
和やか
質問内容
なぜこの会社か?なぜこの業界か?学生時代のエピソード将来やりたいこと自己紹介(自己PR)

コメントはありません。

インターン情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • インターン体験記

本選考情報(ES・体験記)

  • エントリーシート
  • 選考体験記
Img square es

株式会社大和総研ホールディングス

企業名: 大和総研ホールディングス/コース・職種: SE職

通過
Q.  あなたが学生時代に力を入れて取り組んだこと、また、そこから得たことについて教えて下さい。(全角記入) 400文字以下
A.  私は、学部入学時から現在にかけて5年間、数学と英語の個別指導講師を務めています。私は生徒の学習習慣そのものを見直すことで、学習支援を行いました。 当初、週に1度の指導の際にただ問題を教えることだけに終始していましたが、それだけでは生徒の成績が上がりませんでした。その原因は、塾に通っているだけで意識変革にはつながっていないことでした。 そこで私は生徒の学習習慣そのものを見直し、学習計画を提案・実行することで、トータルで成績向上の為の支援を行うスタイルを確立しました。私の授業では、生徒の疑問点の解消を中心に行い、学習進捗の状況確認や計画の見直しを行いました。  この経験から、変革を起こす為には全体を俯瞰したソリューションを考案する必要があることを学びました。その際にお客様と一緒になって課題に取り組む必要があり、またその為の信頼関係構築や計画・実行力を鍛えることができました。
Img square es

株式会社大和総研ホールディングス

企業名: 大和総研ホールディングス/コース・職種: 総合職システムコース

通過
Q. あなたが学生時代に力を入れて取り組んだこと、また、そこから得たことについて教えて下さい(全角記入) 400文字以下。
A. 私は大学二年生から就任した、出身高校テニス部のヘッドコーチに力を注ぎました。ヘッドコーチ就任当初の部活はやる気ある部員と部活軽視の部員が対立して部が崩壊しかけていました。私は部の結束を取り戻すため、「鬼コーチ」として部員全員を強制的に真面目に部活に取り組ませることと、目標の統一という二つの策を実行しました。鬼コーチとして嫌われ役を演じることで、部員の不満の矛先は私に向き、同じ苦しみを共有する部員間の結束は深まりました。その上で、ミーティングを重ねて部の目標を全員が出場する学習院高校との定期戦の勝利であると説きました。これにより、テニスは個人種目でありながら、全員が一つの目標に向けて当事者意識を持って取り組むようになり、翌年の定期戦でも勝利しました。私は元来控えめであり、相手の良いところを素直に吸収する人間です。しかしこの経験を通じて、必要な場面では自信を持って強気に振る舞う力を得ました。
Img square es

株式会社大和総研ホールディングス

企業名: 大和総研ホールディングス/コース・職種: 総合職システムコース

内定
Q. あなたが学生時代に力を入れて取り組んだこと、また、そこから得たことについて教えて下さい。(全角記入) 400文字以下
A. 高校1年生から6年間すき家のアルバイトをしています。エリア唯一学生で夜帯の店舗責任者を務めていました。その中で特に自店舗の黒字化に注力しました。黒字化する過程で①日々のコミュニケーションによって信頼関係を築く大切さと②多角的な視野を持つ重要性を学びました。私の店舗は大学1年生の2月に赤字に転落しました。初めは人件費や水道代のコスト削減に取り組みましたが、抜本的な改善には至りませんでした。そこで、収益増大のために他店にヘルプとして働くことや、他店の従業員のお話を伺うことで「自店の特徴」を分析しました。すると私の店は①お客様層が広い②店内や駐車場の敷地が広い③回転率が低いことが分かりました。そこで社員や自店の従業員に、お子様向けの「オリジナルメニューの導入」と、お年寄り向けの「座席増設」を提案し導入しました。その結果お客様も増え、7月に「収益が20%増加」し黒字化に成功しました。

会社情報

基本データ
会社名 株式会社大和総研ホールディングス
フリガナ ダイワソウケンホ-ルデイングス
URL http://www.dir.co.jp
本社所在地 〒135-0041 東京都江東区冬木15-6
電話番号 03-5620-5501
FAX 03-5620-5603