東京電力ホールディングス株式会社のロゴ写真

東京電力ホールディングス株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(1480件)
  • ES・体験記(56件)

東京電力ホールディングスの本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

技術営業
21卒 | 大阪市立大学大学院 | 男性
Q. あなたの短所を教えてください。
A. A. 責任感や努力家が強い反面、自分で抱え込もうとする一面があります。私は昔からリーダーや主将を務めることが多く、その分周りを引っ張っていかなければならないと意識しすぎてしまい、全てを自分で抱え込もうとしてしまいます。その結果、必要以上に時間がかかってしまうことや、上手...
Q. なぜ、技術営業を志望しているのか。
A. A. 私は大学に入学してから、現在まで○○○○という飲食店でホールアルバイトをしています。そこで、平均客単価を上げるために追加の1品をオススメすることを徹底しました。そこで、お客様のニーズを見極め、聞き出し提供することで満足していただき、お客様から直接感謝の言葉を言われ...

20卒 1次面接

技術職
20卒 | 電気通信大学大学院 | 女性
Q. 挑戦したこととそれに対してどのようにアプローチしていきましたか。
A. A.
私は研究活動を通して、目標達成のために、研究内容の提案を行い結果を出すことに努めました。実験後は細かい実験手順や結果を詳細に記録するだけでなく、自分の活動内容についても振り返り反省点を考えました。振り返りの中で、自分の欠点や問題点がなにかに気が付きました。研究室のメンバーへ実験の報告を積極的に行うことで足りない欠点を補い、今後の懸念点や問題点の発見への視点を学びました。研究活動の中で互いに議論を交わすことで徐々に自身の研究を客観視し問題点の洗い出しや失敗の回避が出来るようになりました。この経験から、自分ひとりで何かに取り組むだけではなく、周囲を巻き込みながら解決へアプローチする大切さを学びました。 続きを読む
Q. 大学での活動以外で頑張ったことを教えてください。
A. A.
私は、アルバイトをしている塾で「生徒ひとりひとりに合わせた指導を通して成果を出し、自信をつけさせること」に最も力を注ぎました。生徒の中には勉強が苦手で、宿題をしたり頭が良くなることに対してなんのためにするのか意味を見出せなくなる人がいます。勉強に対してやる気を削ぐことなく、成績が上がったという実感を感じれるよう、生徒のもつ問題や課題を見つけ勉強プランを提示し質を上げることに取り組みました。生徒の普段の生活の様子を気にしたり、それに合うようなプランを提示したり、他の先生と情報共有を密に行うことで効率を上げ、定期テストの全体の平均点数を倍にすることを達成しました。個々に合った目標をみつけ、ひとりひとりに合わせた勉強を続けていくことで、成績を上げるというモチベーションをつくることがいかに重要かを学びました。 続きを読む

20卒 1次面接

技術職
20卒 | 法政大学大学院 | 男性
Q. 学生時代に最も頑張ったこと。
A. A.
私が学生時代最も打ち込んだことは聞く人の視点を意識した発表を行うことです。大学の研究室では月に1回進捗報告会がありますが、私の研究は大学の先生の分野外であり、内容をあまり理解してもらえませんでした。そこで、わかりやすい発表にするために、実験結果を示す前に基本的な理論から説明を始めるスライドづくりを意識し、2日前には完成させ先輩にフィードバックをしてもらうこと、前日には発表練習と想定質問への準備をすること、発表後に感じた修正点を来月以降に活かすことに取り組みました。それを1年以上繰り返し続けた結果、先生や先輩からの質問や助言も増え、自分の研究に活かすことができるようになりました。同じ1回の発表でも、事前準備を細かい点まで行うことで、相手に伝わる発表となり、様々な視点で考えることができるようになると実感しました。この経験で得た説明力は、学会での質疑応答で活かせました。 続きを読む
Q. なぜ風力事業が第一志望か
A. A.
理由は大きく二つあります。一つは、貴社の説明会に参加した際に、再生可能エネルギーの中でも、最近風力事業推進室が作られ力を入れていることに興味を持ったからです。それは自分が現在行っている鉄鋼材料の腐食の研究を通じて、火力発電により生じるSOxやNOxといった有害のガスが構造物の老朽化を進める要因であることを学んだので、クリーンなエネルギーを使って発電することが重要と感じるようになったためです。二つ目は、私は将来海外で働いてみたいからです。2002年より関係会社のユーラスエナジーホールディングスを通じて、欧州、米州、日本・アジア太平洋で再生可能エネルギー事業を展開している貴社なら可能と考えました。 続きを読む

18卒 1次面接

技術職
18卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. あなたの性格について具体的なエピソードを交えて説明してください。
A. A.
私は、向上心を持ち、自らが設定した目標を達成することができます。学部時代は、自らの研究に対してより深い考察をするために必要な専門知識を習得するために、資格取得に力を注ぎました。授業やサークル、アルバイトと資格勉強を並行して行うのは大変でしたが、優先順位をつけ計画的に勉強した結果、合格することができました。修士時代には、国内だけではなく、自分の専門分野に対して海外からの視点で学びたいということと修士研究への独自性の追求のために単身で研究留学を行いました。日本人が一人もいない環境で、生活などすべてにトラブルが発生しましたが、目標を見失わずに主体的に行動した結果、研究に対して良い結果が得られ、新しいアイデアを提案することができました。 続きを読む
Q. 学生時代にどのような挑戦をしたか、また目標設定はどうしたか。
A. A.
私は学部時代の4年間、学園祭実行委員会に所属しており、学園祭の最終日に行われる後夜祭企画のひとつである○○企画の運営に携わっていました。私は、学園祭の終了後に行われる学園祭来場者アンケートで、「○○企画は学内生向けになっており盛り上がりに欠ける」という意見が多いことから、その原因を分析し、企画の単調化による間延びが原因ではないかと考えました。そこで、私はこの間延びを解消し、学内外問わず多くの方に楽しんでもらえる○○企画を考案することを目標として活動しました。その後、企画に対し様々な工夫をし、魅力的な企画を考案・実行した結果、前年度より盛り上がり、来場者アンケートで学園祭No.1企画に選ばれることができました。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 福島大学 |
Q. 大学時代のアルバイトの経験を当社に入社したらどう生かせるか教えてください
A. A.
「塚田農場」という居酒屋で、ホールスタッフとして働いています。わたしは「すべてのお客様にご満足いただけるサービスを提供する」という目標を設定し、特に外国人のお客様への対応に尽力しました。宗教上の理由などから、食べられるものが限られているお客様に、メニューにない料理をキッチンの方と相談して提供したり、英語の簡単な接客マニュアルを作成し、お店全体の質の向上に貢献しました。決してあきらめないという私の長所は、困難な廃炉の場面でも生かせると思う。と答えました。 続きを読む
Q. 聞かれると予想していた質問はあるか?またその回答は?
A. A.
柏崎刈羽原発を再稼働すべきだと思います。4年後にオリンピックを見据え、今後電力需要の高まりが予想される中で、止めておくメリットがないからです。原発は二酸化炭素を排出しないので、環境にも優しいですし、今は利益を出していないのに、維持費ばかりがかかっている状況だからです。と答えました。新潟の人の安心はメリットではないのかという質問に対しては、それは感情論だと思います。やはり、新潟の人には直接、原発の安全性をデータを示して何度でも説明し、理解を得られるよう努力すべきと答えました。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 千葉大学 |
Q. エントリーシートの中で大会委員長を務め、部員と共に大会運営を行ったとありますが、部員をまとめるために何か工夫したことはありますか。
A. A.
はい、仕事の振り分けやスケジュール管理を徹底しました。一つの作業に遅れが出ると、次の作業に影響を及ぼすため、仕事を頼んだ部員と何度もやり取りを行うことで、スケジュール通りに進んでいるかどうかを確認しました。また、大会委員長が大会までの準備の流れに関して知らないことがあってはいけないと思い、前回大会委員長の方や、かつて同じ大会の委員長を務めたOBの方に何度も取り合って疑問をなくすように努めました。多くの立場の方と関わり、プロジェクトをまとめ上げたことを強調した。 続きを読む
Q. あなたが学生時代に学んだことを東京電力でどう活かすことができますか。
A. A.
建築を学ぶ上で「建築は人々の行動すべてに関わるものなので、生活すべてが建築の学び場である」と考え、常に周りの人の考えやニーズをくみ取ろうとしてきました。そのため、お客様の求めるニーズを察知する癖がこの大学中に身についたと自負しております。今現在の研究テーマは建築構造なので、設備の知識を主に扱う御社とは少し異なることを学んでいますが、4年間で培った建築に対する思いは、必ず役に立つと思っております。エントリーシートから一歩踏み込んだ質問ばかりで、この問いに関しては抽象的な答えしか話せなかった。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 慶應義塾大学 |
Q. 学生時代がんばったこと
A. A.
私は学部3年の時,100名規模のテニスサークルの役員を務めていました。週5回の練習に加え,合宿・部内戦などさまざまなイベントがありましたが,中でも夏合宿は一大イベントで,1週間という長丁場で行われるため,1年生にとっては一生の思い出になると言っても過言ではありませんでした。合宿では6つの班に分かれ,練習は班ごとに行われるのですが,私は班長としてその内の1つを任されていました。以前より「下級生に楽しんでもらえるサークル運営」を目標に掲げていた私は,この合宿を通して部員同士の親睦を深め,1年生にうちのサークルを好きになってもらいたいと考えていました。事前準備はしっかり行ったつもりでしたが,実際には思うようにいきませんでした。私の班の1年生は普段練習にあまり参加しない子が多かったため,なかなか心を開いてくれないことが一番の問題でした。「何とかして楽しんでもらいたい」と, 2年生や4年生,OB・OGなどさまざまな方から意見をもらい,副班長である同期の役員と共に徹夜で練習を考える日々が続きました。考え抜いた末,私は,ボレーやスマッシュなどボールがネットを越えやすい簡単なメニューを中心に練習を組みました。また,それまでは私一人で班の進行や盛り上げを行っていたのですが,私が至らない所は副班長や2,4年生にもフォローしてもらいました。すると少しずつ心を開いてもらえ,最終的にはどこよりも仲の良い班を作ることができたと自負しております。役員を終えるとき,その時の1年生から「夏合宿が一番楽しかった」と言ってもらえ,私の目標であった「下級生に楽しんでもらえるサークル運営」は達成されたと考えております。 続きを読む
Q. 上記の経験を当社でどう活かせるか
A. A.
上述した経験を通して,私は「課題に真摯に向き合い,対策を考えること」と「仲間と協力して目標を達成すること」の大切さを学びました。原発事故により失われた信頼を取り戻すため,東京電力は福島の復興や原発再稼働に向けた安全対策の徹底など,多くの課題を抱えています。また,2016年には電力の小売全面自由化が控えており,貴社の事業環境は今後大きく変化していきます。このように大きな変革期を迎えている貴社において,課題に真摯に向き合い,仲間と共にこれからやってくる新たな時代の波を乗り越えていくことで,信頼の回復および貴社の更なる発展に貢献できると考えております。 続きを読む