東京電力ホールディングス株式会社のロゴ写真

東京電力ホールディングス株式会社

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(1468件)
  • ES・体験記(47件)

東京電力ホールディングスのインターンのエントリーシート

インターンの通過エントリーシート

8件中8件表示
男性 22卒 | 東京外国語大学 | 男性
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。(300字)
A. A. 私には世の中にとって今そして将来も必要不可欠な会社で働きたいという目標があり、インフラ業界を志望している。そこで日本最大のエネルギー会社として安全かつ廉価なエネルギーを一都八県に届けている公共性を持つ貴社に興味を抱いた。また多様な事業において海外への進出も実現して...
Q. 学生時代に目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」など踏まえて教えてください。(300字)
A. A. 私のチャレンジは初心者として大学の硬式野球部に入部したことだ。当初周りとの実力差は大きく、1年次は1試合のみの出場に終わった。そこで当時チームの課題であった攻撃面に特化することで出場の可能性が広がると考え、控え選手からの脱却という目標を掲げた。 ・練習時にマネー...
男性 21卒 | 上智大学 | 女性
Q. インターンシップを志望した理由
A. A. 御社のインターンシップを応募する理由は二つあります 第一に、発電の効率化や、発電ロスなどの課題について考えたいです。安価にエネルギーを供給し人々の生活を豊かにしたいとの思いが強いからです。 ニュージーランドでは月3~4万円もの電気代が当たり前です。そこでの短期...
Q. 学生時代に目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」などを踏まえて教えてください。
A. A. 私は、「継続は力なり」との言葉を胸に刻み、大学時代の部活動と勉強の両立に力を入れて取り組みました。特に辛かったことは部内で一番身長が低かったこと、さらに高校時代はほかの部活動に所属していたため実質未経験者レベルだったことでした。私は大学一年次の目標として「レギュラ...
男性 21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。(300文字以下)
A. A. 志望理由は、「人々の暮らしを支え、豊かにしたい」という想いが貴社の業務を通じてどのように実現できるかを確かめたいからだ。私は、震災の経験からこの想いが芽生えた。特に、生活の基盤であるエネルギーならば人々の暮らしに貢献できるのではないかと考え、大学ではエネルギー工学...
Q. 学生生活で目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」などを踏まえて教えてください。(300文字以下)
A. A. 私は、大学入学時に「学業成績を維持する」を目標に立てた。入試で最高得点を収めた私は、入試成績に満足することなく、その後も成績を下げたくないと考えた。私は、成績を維持するために各講義で与えられる課題を通して講義の理解に務めた。その際に、積極的に図書館に通うことで課題...

20卒 インターンES

エナジーパートナー
男性 20卒 | 芝浦工業大学 | 男性
Q. 学生生活で目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」などを踏まえて教えてください。 【全角400文字以内】
A. A.
私は卒業研究を大学生活の集大成と捉え、学年約110名の内3名だけが選ばれる「卒業研究優秀講演賞」を受賞するという目標を立てました。そのために、週に一回行われるゼミに向けて、自ら率先して先輩との議論の場を設け、研究の内容を精緻なものにしていきました。また受賞のためには、「研究内容を分かりやすく説明すること」も重要だと考え、先輩と研究の要点やスライド構成を確認し合い、発表に反映させました。そして、同じ研究室の仲間にゼミを通して発表内容に対する理解度を確認し、客観的な意見も取り入れるようにしました。最終発表では発表時間が限られるため、録音した音声を聞きながら練習を重ね、聞きやすさを兼ね備えた発表を目指しました。その結果、本番では緊張で早口になることもなく、説明すべき全ての要点を時間通り発表できました。また、卒業研究優秀講演賞の受賞は逃しましたが、私が所属する研究室内で1番高い講演点を頂きました。 続きを読む
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。 【全角400文字以内】
A. A.
私は、日本経済の中心である首都圏に電気を安定供給し、社会を大きく支えている貴社に魅力を感じたため、インターンシップを志望します。私は、高校生の時に東日本大震災に遭い学校に避難していましたが、その夜には電気が復旧しました。復旧した際は、避難していた皆から拍手が起きるほどで、その時「電気の存在は大きく、人々の生活・心を明るく支えているものなのだ」と私は改めて感じました。 現在、東日本大震災や電気・ガスの小売自由化を契機として、エネルギー業界は変革期にあると考えています。その中で業界の先頭を走る貴社において、これからの課題に対する戦略を立てることはとてもやりがいを感じることだと考えています。 故にインターンシップで、電力自由化を模擬した戦略シミュレーションを経験することで、貴社における業務の在り方や電力市場の捉え方を認識したいと考えています。そして、貴社の一員として働く際に活かしたいと考えています。 続きを読む
男性 20卒 | 芝浦工業大学 | 男性
Q. 学生生活で目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」などを踏まえて教えてください。 【全角300文字以内】
A. A.
私は卒業研究を大学生活の集大成と捉え、「優秀講演賞の受賞」という目標を立てました。そのために、毎週のゼミに向けて自ら率先して先輩との議論の場を設け、研究内容を精緻なものにしていきました。また受賞のためには、「研究内容を分かりやすく説明すること」も重要だと考え、先輩と研究の要点やスライド構成を確認し合い、発表に反映させました。最終発表では発表時間が限られるため、録音した音声を聞きながら練習を重ね、聞きやすさを兼ね備えた発表を目指しました。その結果、本番では説明すべき全ての要点を時間通り発表できました。また、優秀講演賞の受賞は逃しましたが、私が所属する研究室内で1番高い講演点を頂きました。 続きを読む
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。 【全角300文字以内】
A. A.
私は、日本経済の中心である首都圏に電気を安定供給し、社会を大きく支えている貴社に魅力を感じたため、インターンシップを志望します。私は、高校生の時に東日本大震災に遭い学校に避難していましたが、その夜には電気が復旧しました。復旧した際は、避難していた皆から拍手が起きるほどで、その時「電気の存在は大きく、人々の生活・心を明るく支えているものなのだ」と私は改めて感じました。インターンシップでは、人々が生活する上で必要不可欠である電気がどのようにつくられるか、またその現場では、社員の方がどのような想いで従事しているかを学び、知識をより深めることで、実際に貴社で働く際に活かしていきたいと考えています。 続きを読む
男性 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。 400
A. A.
私は全国の町歩きが好きで、マイナーな良い所を紹介し、知られざる価値を人々に広めているのですが、個人で取り組んでいるため、効果は限られます。そこから、より多くの人々に価値を提供できる仕事に携わりたいと考えるようになり、中でも、社会インフラを支え、社会に大きなインパクトを与えられる仕事に興味を持つようになりました。貴社は人々の生活に欠かせない電力を供給されておられ、今日では電力自由化による競合の出現によって、新しい形の事業の進め方があると感じております。新しい事業の進め方を体感したいと考え、戦略シミュレーションコースを志願致しました。貴社のインターンシップを通じ、電力ビジネスに事務系としてどのように参画していけるのか、また、電力自由化とった新しいビジネスモデルにどう対応し、どのように付加価値をつけ、お客様にどう提供していくのかを学び、今後仕事をする上での思考力を身につけたいと考えております。 続きを読む
Q. 学生時代に目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」など踏まえて教えてください。400
A. A.
 アルバイト先の映像授業を扱う塾の生徒数を倍増させた事です。母体である予備校が経営転換により全国の校舎を閉め、その影響で生徒数が減少していました。私はその塾でチーフチューターをしており、生徒数の回復させる方法はないかと考えました。チューター間で会議を開き、生徒を呼び込む為の対策を練りました。結果、塾の強みの訴求が不十分でした。強みを伝えられれば生徒さんの心を掴めると考え、映像授業の良さと費用対効果を押し出せる資料を作り、説明時に用い、生徒さんを入塾に導くという目標を立てました。それに付随し、体験生の情報共有を徹底し、科目・志望校別で受講講座を面談の上で提案したところ、親近感と信頼の相乗効果の手応えを感じました。結果、入会率が13校中1位になり、受験生が12名から11名増えました。私はこの経験から、課題を、力を合わせて解決させていく事の難しさと、自分でも問題を改善できるという自信を得ました。 続きを読む

18卒 インターンES

事業戦略コース
男性 18卒 | 東京大学大学院 | 女性
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。【全角400文字以内】
A. A.
志望理由は、電力・エネルギー業界および貴社について理解を深め、自らの適性を知るきっかけとしたいからである。私は福島第一原発事故を受けて原子力国際専攻へ進学し、原子力安全について研究している。しかし一方で電力・エネルギー業界全体の構図や今後の事業者の在り方について考えたことは少ないため、このインターンシップを通じて電力・エネルギー業界および貴社について理解を深めたい。また、自分が働くという側面においても、事業者として責任を持ち楽しく仕事ができる環境なのか、インターンシップを通じて肌で感じ、見極めたいとも考えている。学びたいことは、電力・エネルギー業界についてのアカデミックでない視点である。事業者という学者の世界とは違う側面から考えることで、大学や、学生としての自分の現在の立場を客観的にとらえ、視野を広げるとともに今後の研究にも生かしていきたいと考えている。 続きを読む
Q. 学生時代に目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」など踏まえて教えてください。 【全角400文字以内】
A. A.
私は女子ラクロス部の主将として、目標「二部昇格」、スローガン「総力戦」にチャレンジした。基づいた考えは、真の意味で二部にふさわしいチームをつくるというものである。これは、前年度に実力不足による敗戦が続き、幹部とその他の人々の間での責任転嫁といった信頼関係の乱れも生じ、三部降格したことを踏まえている。目標として二部奪還という案もあったが、三部降格という結果は実力相応だと感じたため、私たちの代では目指せる限り最高の結果を目指すこと、実力・チーム力ともに磨いたうえで二部に行きたいという思いから上記のような目標、スローガンとした。実行した内容は、チームで一番大事にするプレーを決めて全員で注力したり、ミーティングで意見交換の場を増やしたり、個人的には1人1人と毎日話すよう心掛けるなどして、チームの一体感を高める努力をした。結果としてチームがまとまり、目標を達成することができた。 続きを読む

18卒 インターンES

総合職(技術系)
男性 18卒 | 名古屋工業大学大学院 | 女性
Q. 当社のインターンシップを志望した理由とコースで学びたいことや身に着けたいことを教えてください。(全角300文字以内)
A. A.
私が貴社を志望した理由は、人々の生活や産業の発達に必要不可欠である電力を国内最大規模で日本経済の中心である首都圏へ安定に供給しており、社会に大きく貢献している点に魅力を感じたためです。 インターンシップでは、エネルギー業界の現場を実際に体験することで、知識のみならず、現場目線での業界を詳しく学びたいです。特に原子力発電コースでは、今まで学んできた化学を活かせる場面や自分に足りない知識を明確にし、新たな視点や知識を身に着けたいと考えました。また、発電所で働く方々と接することで、ゆたかで快適な環境の実現に貢献するための電力の安定供給への熱い想いなどを直に感じ、今後のキャリア形成に役立てたいです。 続きを読む
Q. 学生生活で目標をもってチャレンジしたことについて、「目標を立てるにあたって基づいた考え」「実行した内容・結果」などを踏まえて教えてください。(全角300文字以内)
A. A.
私がチャレンジしたことは、「学業とアルバイトの両立」です。私は塾講師のアルバイトで高校生の担任講師を任されており、平日にも週4日ほど勤務しておりました。講師という立場から多くの高校生を支えていく中で、自分の将来も大切に考えるようになり、この目標を立てました。実際に、毎日の空き時間で講義の復習やレポートを行う習慣をつけました。また、友達も誘って勉強することで、疑問をなくすことを心がけました。結果、テスト期間もアルバイトのシフトを一度も減らすことなく、大学4年生時にはプログラム内で5位以内の成績を収めて大学院の推薦権を獲得し、アルバイトでは重要な仕事を任されるなど、信頼も得ることができました。 続きを読む
8件中8件表示