2017卒 三井不動産 総合職の通過ES(エントリーシート) No.10355

業界:
不動産
本社:
東京都
従業員数:
1千人以上2千人未満
URL:
http://www.mitsuifudosan.co.jp/
通過
企業名: 三井不動産/コース・職種: 総合職

2017卒 早稲田大学 商学部(No.10355)

Q

あなたが三井不動産を志望する理由についてお書きください。

A

二点あります。一点目は貴社の方と働きたいからです。これまでお話した方は誰もが気さくで温かな雰囲気を持ち、一方で自分達の大きな仕事に誇りを持って向き合っている姿勢を感じました。私はその社風に惹かれ、この方たちと働きた...

Q

今のあなたを形成するうえでの重要な経験
競った事、失敗した事、成功した事等)についてお伺いします。
以下期間における経験内容の詳細・経緯、またその経験が、
今のあなたの考え方や行動にどうつながっているのかをお書きください。
【1】大学入学までの経験
【1】-a 大学入学までの経験にテーマをつけてください。
50文字以下

A

人生最大の後悔をバネにして人生最大の成功につなげた大学受験

Q

【1】-b 大学入学までの経験の時期(または期間)を具体的にお書きください。

A

2012年4月~2013年3月

Q

【1】-c 大学入学までの経験について取り組んだ理由・背景を入力ください。
150文字以下

A

私は高校のテニス部で引退を懸けた最後の大会では本番で萎縮して力を出し切れず、勝てるはずの試合に負けて引退しました。私は一番負けたくない大会で、一番したくない負け方で引退したことが悔しくて仕方ありませんでした。そのた...

Q

【1】-d 大学入学までの経験の詳細と、その経験が今のあなたにどうつながっているのかをお書きください。
350文字以下

A

試合での萎縮の原因は「負けへの恐怖」だと考え、私は「勝ちへの執念」を常に大切にしました。この意識変革によって自然と行動も伴い始めます。「勝ってやる」という想いの下、まず受験本番から逆算して長期的、短期的な学習計画を...

Q

【2】-a 大学・大学院の学生生活での経験①にテーマをつけてください。
50文字以下

A

「全員で」を信念に、学園祭実行委員会でチーフとしてチームの改革を行った経験

Q

【2】-b 期間

A

2014年2月~2014年12月

Q

【2】-c 大学・大学院の学生生活での経験①について取り組んだ理由・背景
150文字以下

A

私は学園祭実行委員会で観客4000人規模の後夜祭を行う25人のチームのチーフを務めました。前年の活動後のチーム内アンケートで、メンバーの5割が「仕事が少なくつまらなかった」と答えていました。新チーフとして「つまらな...

Q

【2】‐d 大学・大学院の学生生活での経験①の詳細と、その経験が今のあなたの
考え方や行動にどうつながっているのかをお書きください。
350文字以下

A

チーフの裁量の大きさから仕事が偏ったことが原因と考えた私は、まず7人の同期をチームの各担当の責任者に就けて担当毎に3~4人の小チームとして権限を分散させました。私は全体の進捗を常に把握し、負担がかかる人にはフォロー...

Q

【3】-a 大学・大学院の学生生活での経験②にテーマをつけてください。

A

よりよい職場にするために、飲食店のバイトリーダーとして新しいアルバイトの評価制度を打ち出した経験

Q

【3】-b 大学・大学院の学生生活での経験②の時期(または期間)を具体的に
お書きください。

A

2015年8月~2016年3月

Q

【3】-c 大学・大学院の学生生活での経験②について取り組んだ理由・背景
150文字以下

A

私の店舗ではアルバイトの評価を行い、時給に反映しています。しかし、当時は不定期で行われて長い間時給が上がらない人が多く、社員1人による評価で主観的でした。故にアルバイトの不満が募り、退職者も年10人出ました。私は同...

Q

【3】‐d 大学・大学院の学生生活での経験②の詳細と、その経験が今のあなたの考え方や行動にどうつながっているのかをお書きください。
350文字以下

A

現行の方法は本社の指示で10年近く続いている方法でした。その中で私が立てた中期目標は「自店舗に定着させること」、長期目標は「チェーン10店全てに展開させること」でした。私はまずバイトリーダー・アルバイト・社員から意...

Q

あなた自身が働くことを想像した際に、「これだけはこだわりたい」と考えることについて自由にお書きください。
300文字以下

A

チームであり、様々な人と手を取り合うことです。学生時代に学園祭の後夜祭を企画した経験から、チーム全員が活発に意見を出し、ぶつかり合い、違う役割を持って同じ目標に進むことで、1人では決して辿り着かない成果に結実し感動...