就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
日本放送協会のロゴ写真

日本放送協会

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(1074件)
  • ES・体験記(111件)

日本放送協会の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

43件中1〜20件表示

22卒 本選考ES

様々な番組の撮影や中継など技術の業務
男性 22卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 志望動機とやってみたい仕事
A. A. 視聴者へ質の高い番組を届けることができると思ったので、貴社を志望します。コロナの影響で旅行ができなくなってしまい、「世界ふれあい街歩き」を観るようになりました。この番組を4K放送で観た時に、実際に旅行をしている気分になり、感動しました。これをきっかけに今まではただ...
Q. 学生時代に取り組んだこと
A. A. ○○のアルバイトで、コーヒーの知識を問う難関の試験に合格しました。私がこの試験に挑戦したきっかけは、試験に合格した先輩方が、自信を持ってお客様へ商品のおすすめをしていた姿に憧れ、自分も試験に合格することで接客に自信を持つことができると思ったからです。試験を受けるに...
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うこと
A. A. 生理用品を入手することが困難な女性が多いという問題に関心を持ちました。私は、中学生の頃、学校へ生理用品を忘れてしまい、生理用品を貸してほしいと誰にも言えずに困った経験があります。1日でも辛いと感じましたが、多くの人がこの辛さを長い期間感じていることを知り、問題の深...
Q. 自由記述欄
A. A. 私がテレビ局のカメラマンを目指すきっかけについて語ります。現在働いている飲食店で、新商品が発売される時に、商品が料理されている様子から提供の様子を撮影し、商品の魅力を伝えるPR動画をつくりました。この動画を見て、実際に食べたいと思い、お店に来てくださるお客様がいる...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 22卒 | 上智大学 | 女性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望の業務)を具体的に述べてください。(400文字以内)
A. A. ドキュメンタリー番組を通して、人々が生きやすい社会作りに貢献したい。そのために、認知されないことで生きづらさを感じている人々への理解や支援となる番組に携わりたい。私は、○○として「○○」と呼ばれる人々をテーマにした○○に携わった。その際、○○の人々は●●をもちなが...
Q. NHKでやってみたい仕事(第2・3希望の業務)を具体的に述べてください。(250字以内)
A. A. 第2志望:高校時代にチアリーディング部に所属していた。その際、外から見るよりとにかく体力と筋力が必要で泥臭い部分がほとんどだと知った。そのため、笑顔の裏に隠された努力を発信したい。また、現在国際政治学ゼミに所属しているため、教育を国際政治と結び付けたコンテンツを創...
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。(300文字以内)
A. A. ○○の○○のシナリオ・イラスト制作。大学1年の冬から現在制作中のものを含め、計○冊に携わっている。当初シナリオを書いた書籍では、「○○関連の書籍は正しく真面目に書くことが一番伝わる」という固定概念を抱いて執筆してしまった。その結果、売上は伸びず、とても悔しい思いを...
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。(300文字以内)
A. A. 「#教師のバトン」というハッシュタグキャンペーンが炎上したこと。文部科学省は、教員に憧れてもらおう、そう考え発信を呼びかけた。これは、現場の実態が行政機関の考えていたものと大きく乖離していたこと、そして教師の負担がかなり大きいことが露見したと考えた。もし、文部科学...
Q. 自由記述欄(300文字以内)
A. A. 私は多くのことに興味を持ち、小学生では○○、中学生では○○部、高校生では○○部に所属した。大学では○○関連の○○のシナリオ制作を行いながら、外国人が集まる居酒屋でアルバイトをしてお客様と交流を深めた。そして常に新しいことに挑戦してきた。例年同じ演技だった○○の公演...
閉じる 質問と回答をもっと見る

22卒 本選考ES

全国職員
男性 22卒 | 京都大学 | 男性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望の業務)を具体的に述べてください。(400文字以内)
A. A. 情報・教養コンテンツの制作 画面の前と世界とを繋げることで、人々の世界観をより豊かにしたいからです。僕は幼少期より世界への関心を持っていましたが、その過程では貴局の番組を始めとする映像が大きな影響力を持っていました。特に宇宙や自然、国際といった教養番組が好きで、圧...
Q. NHKでやってみたい仕事(第2・3希望の業務)を具体的に述べてください。(250文字以内)
A. A. ニュース取材や調査報道 人びとの活動の基盤となるニュースや報道により一層貢献したいです。社会問題について僕らが知っていることの多くはニュースによって初めて顕在化していることは大学で学びました。その事を実感したのは昨年のNHKオンラインカレッジです。用水路の転落事故...
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。(300文字以内)
A. A. 最近関心を持った出来事は宇宙開発への民間企業の参入です。「はやぶさ2」に代表されるように、従来の宇宙開発とその報道は国家的、学術的な側面を中心としていました。しかし、昨今の民間企業の参入は宇宙の捉え方を大きく変えてゆくと思います。例えば先日星出彰彦さんがニュースに...
Q. 自由記述欄
A. A. 物事を同時に並行して進めるのが得意です。留学資金を自弁するために最大5つのアルバイトを掛け持ちしていました。内容もバラバラで、家庭教師、塾講師、接客業、添削などを経験しました。様々な業種に触れること自体、業務時のオペレーション意識を学ぶことができました。加えて、ス...
閉じる 質問と回答をもっと見る

22卒 本選考ES

全国職員
男性 22卒 | 東京外国語大学 | 女性
Q. NHKの志望動機とやりたい仕事(400字)
A. A. 仕事を通じて社会課題解決に貢献するという思いの実現の為志望する。ゼミで○○を学びどの様に○○できるのかを考える中、○○解決には学問的分析だけでなく、土台として存在する社会課題の解決が必要だと感じた。貴会は不偏不党の理念の下で忖度なしに社会課題へ鋭く切り込み、今考え...
Q. 第2,3希望でやりたい仕事について(250字)
A. A. 豊富な資料や取材に裏打ちされた貴会の歴史番組はその情報量もさることながら、「タイムスクープハンター」等その伝え方も非常に魅力的であると感じている。○○でのインターンシップを通じて培った、「相手にとって最もわかりやすく伝える姿勢」を活かして、ただ情報的価値が高いだけ...
Q. 学生時代に取り組んだこと(全角300字以内)
A. A. 大学○○部の活動。個人としては師範資格取得に取り組み、○○係としては前任者が一時〇円を立て替えていた部費枯渇解決に取り組んだ。枯渇状況を会計係の引き継ぎ時に初めて知り、解決には部全体での取り組みが欠かせないと考え第一に問題意識の共有を行った。その上で部長との○○共...
Q. 得意科目など
A. A. 国際法・国際関係学・英語・世界史
Q. 趣味・特技、好きなコンテンツ(番組や映画、本など)
A. A. 絶対音感、史跡巡り、ピアノ演奏、【好きな物】BS世界のドキュメンタリー、NHKスペシャル、映像の世紀
Q. 自由記述(300字)
A. A. 私の強みは不屈さだ。現役時代第一志望に不合格となり一年の浪人に励むも、結果は再びの不合格だった。しかしすぐに現所属大学で出来る事に目を向け新たな目標へと努力を重ねた。その結果学業ではGPA〇〇の達成と同学科〇人中〇人決定される○○への選出、○○部では○○資格取得を...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

ディレクター
男性 21卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望)を具体的に述べてください。 (400文字以内)
A. A. 私は人と社会とを結ぶ懸け橋となり、情報というツールを用いて人々の生活を豊かにしていきたいと考えております。私は「ブラタモリ」が好きで、よく拝見しているのですが、情報が普段の実生活の解像度をあげ、生活をより豊かにするものであるということをこの番組を通して学びました。...
Q. ・第1・2希望区分のいずれかで地域職員を選択した場合、志望した道府県を選んだ理由を、簡潔に述べてください。 ・第2・3希望まで職種を選択した場合、その業務を選んだ理由とやってみた い仕事を具体的に述べてください。 (250文字以内)
A. A. 地域職員として栃木県のを志望した理由は、私自身の生まれ育った栃木県に恩返しをするためです。栃木県と言えば、苺、餃子、日光東照宮ぐらいしか知られていませんが、それ以外にも生糸や焼き物など、まだまだ魅力がたくさんあります。それらを発信し、栃木県を盛り上げていきたいです...
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。 (400字以内)
A. A. 私は放送サークルおいて映画製作に3年間携わってきました。映画撮影自体は大学に入るまでは経験がなかったのですが、元から映画が好きなこと、なにか人とは違うことをやってみたいと思ったこと、大学生のうちにしか出来ないことだと思ったので映画撮影を始めました。私の大学にも映画...
Q. 自由記述欄 (400文字以内)
A. A. 私は就職浪人をしました。それは貴社を受けるためです。去年時の就活では、金融業界を中心に受け、楽天証券様から内定をいただけていました。去年の10月には内定式を終え、本格的に自身のことについて考えた時、自分の中に一つの悔いが残るようになりました。それは、貴社を受けるこ...
閉じる 質問と回答をもっと見る

22卒 本選考ES

放送事業のマネジメント
男性 22卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. ・あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望)を具体的に述べてください。(400文字以内)
A. A. 社会に対して正しい情報提供を行い、人がそれぞれの物差しで物事を捉えられる社会を実現したいからです。大学のゼミナールでの学びを通して、メディアを通して与えられるイメージを通して人々は物事を把握しているということを知り、イメージのもつ影響力の大きさを感じました。そして...
Q. ・第1・2希望区分のいずれかで地域職員を選択した場合、志望した道府県を選んだ理由を、簡潔に述べてください。 ・第2・3希望まで職種を選択した場合、その業務を選んだ理由とやってみた い仕事を具体的に述べてください。(250文字以内)
A. A. 映像制作を志望する理由は、視聴者に与えるイメージに、映像制作の役割は直結すると考えたからです。本当に伝えるべき情報が正しく視聴者に理解されるために、貢献できると考えました。 記者を志望する理由は、人々が知るべき情報を集めることで、認識と事実の乖離を埋めることがで...
Q. ・学生時代に取り組んだことについて述べてください。(400字以内)
A. A. ◯◯でのバイトで売り上げ前年比を連続して◯◯%以上にすることに力を入れています。課題点として、◯◯が建物の奥にあり◯◯に訪れる客数自体が少ないことがありました。そこでバイトスタッフで集まって改善方法を話し合いました。立地の問題上、客数を増やすことは難しいので、現在...
Q. ・自由記述欄(400文字以内)
A. A. 私は●の時、中々隣の席に座っている●人の女の子と親しくなれませんでした。いくら話しかけても、相手にしてもらえず、苦労したという経験があります。それでも懲りずに毎日話しかけ、やっと親しみを持ってもらえるようになりました。口を聞いてもらえるようになってから、「私は典型...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 注力科目・得意分野など,特に力を入れて学んだ科目・得意分野などを入力してください。
A. A. 1、【認知心理学】…心理学に興味を持ったきっかけは、中学生の頃に見た「NHKスペシャル 超常現象」だった。大学では認知神経心理学のゼミに所属している。主に、高次脳機能障害(ex.認知症、失読症、脳卒中)を扱う分野だ。卒論では「共感覚」と呼ばれる症例を取り上げる。実...
Q. 特技・趣味・好きなコンテンツ(例:好きな番組、本、映画、ネットなど)について入力してください。
A. A. ディズニーキャラクターのドローイング、短い距離を走ること/美術館巡り、本屋B&Bでのイベント参加、美味しいカレー屋さんやカフェを探す、セブンイレブンの牛乳寒天を食べる/「サラメシ」「ドキュメント72時間」「駅ピアノ・空港ピアノ・街角ピアノ」、『三月は深き紅の淵を』...
Q. 【第1希望職種・ディレクター】 あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望)を具体的に述べてください。
A. A. 「週刊こどもニュース」や大河ドラマなど、幼少期から親しんできた番組を数多く手掛けているのが貴社だった。また、公共性の高い報道と、個々の視聴者の心に深く刺さるエンターテインメント性を兼ね揃えた「ドキュメント72時間」に強く心を動かされた経験があり、志望している。空港...
Q. ・第2・3希望まで職種を選択した場合、その業務を選んだ理由とやってみた い仕事を具体的に述べてください。
A. A. 【広報】学園祭当日。自身が手がけたポスターに見入り、イベント会場へと歩を進める親子の姿が目に入った。既存の物事を魅力的にPRすることで、誰かの心と行動を変容できる力の大きさを実感。貴社の企業ブランド向上に寄与できるような広報施策を打ちたい(例:年代別ワークショップ...
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。
A. A. 『相手の言葉に敏感になり、その課題に寄り添う意識』をアルバイトで培った。約2年半、駅ナカ雑貨店○○で接客業に尽力。当初はお客様からの要望に狼狽えるばかり。「早くしてよ」との指摘は日常茶飯事。時には根拠の無い不良品のクレームを受けることも。相手の要求に応じられない自...
Q. 自由記述欄
A. A. 中学時代以降、自主的なレポート作成に取り組んでいる。印象に残っているのは、高校2年次の戦争遺跡調査。最初に目を付けた東京都23区内の地下壕は、整備の不十分さや土地所有者の意向により、立ち入りがNGに。現地調査が実現せず、肩を落とした。しかし、旅行先の香川県でも地元...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

デイレクター
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 志望理由、やってみたい仕事
A. A. 私が貴社を志望したのは、視聴者が持つ本当のニーズに柔軟に応えることができる唯一の放送局だと考えたからである。公共放送局である貴社だからこそ、視聴率やスポンサーとの関係などのしがらみにとらわれることなく、誰かが必要としている情報を一心に届けることができるのではないだ...
Q. 学生時代に最も打ち込んだこと
A. A. 私は同期と共に、所属する部のマネージャー組織の再編を行っている。マネージャーは各々が属する役職の中で活動を行うのだが、決まった仕事があまりなく、自身の裁量によって仕事量や部への貢献度は異なる。自分が下級生の時、その役職で代々受け継がれた仕事をこなし、その仕事の必要...
Q. 自由記述
A. A. 私には強みが2つある。それは何事も楽しむ力と他者を巻き込む力である。私は大学受験を 4 か月後に控えた中で、英語 200 点中 3点という点数をたたき出した。しかし第一志望合格が不可能と思われる中でも私は諦めなかった。むしろこれで合格したら面白いネタになると考え、...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

第一希望:記者職、第二:映像制作
男性 21卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 注力科目・得意分野など
A. A. ジャーナリズムゼミでの「関西から見た東京五輪」をテーマにした取材活動
Q. クラブ活動・ボランティア活動
A. A. 放送サークル:主な活動は、大学内でのラジオ放送とコンクールに向けた番組制作。副代表等の役職を2年間務めた。
Q. 特技・趣味・好きなコンテンツ
A. A. 剣道(3段所持)、ギター(バンドや路上ライブの経験あり)、アイドル
Q. 志望理由・やってみたい仕事
A. A. 【第1希望職種】  地域への寄り添いを軸とした番組の制作に魅力を感じるからだ。私には、報道の力で地方創生を行いたいという強い思いがある。そのために、全国に放送局を持つ唯一の公共放送という強みを活かし、この思いを実現させたいと考えている。また、私は公共放送であるN...
Q. 【地域職員および第2・3希望職種を選択した場合】
A. A. ◇第二希望  放送サークルのラジオ制作活動で、どうすれば聞いている人に音だけで伝えられるのかということを追い求めた経験からだ。私自身準キー局の報道フロアの編集ブースで、事務作業のアルバイトを務めながら、編集マンの方が記者と話し合いを重ねながら、誤情報の無いよう素...
Q. 学生時代に取り組んだこと
A. A. ◇放送サークルの副代表として匿名の意見投書制度を設けた  普段の会話から、運営側と一般メンバーの間に、活動に対する考え方という点で乖離を感じた。私は団体の雰囲気と活動の質は比例すると考え、意見をすぐ運営に発信できる制度を設け、風通しの良い団体作りを目指した。 ...
Q. 自由記述欄
A. A. ◇高校と大学で副代表という役職を務めた経験:サークルの運営方針についてのヒアリングや各々が持つ課題の解決を通して、団体全体で目標に向かえる素地を作ることに注力。大学のサークルでは意見投書を制度化した。コミュニケーションを起点に課題を発見する自分の強みと、それを解決...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(記者)を具体的に述べてください。(400文字以内)
A. A. 公共放送を通じてSDGsの達成を促進したく志望する。私はサラエボの国連人口基金に派遣され、広報担当として活動した。その経験から情報発信の意義を再認識し、高い影響力を持つメディアであれば課題解決の促進を牽引できると確信した。その中でも、社会の「見たい」ではなく「見る...
Q. 第1・2希望区分のいずれかで地域職員を選択した場合、志望した道府県を選んだ理由を、簡潔に述べてください。
A. A. 小学生の頃に課外活動で大阪放送局を訪れた経験があり、NHKに関心を持つきっかけとなったため、大阪を選択した。
Q. 第2・3希望まで職種を選択した場合、その業務を選んだ理由とやってみたい仕事を具体的に述べてください。
A. A. 第1志望同様、SDGsの達成に影響力を持って貢献でき、社会課題に取り組む人々の声を届けることができると考え、映像制作・ディレクターを併願する。特に映像制作では、取り上げたい課題を番組として企画することができると伺った。そのため、「予定外妊娠」や「ジェンダー不平等」...
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。(400文字以内)
A. A. 私は海外で多く活動してきたが、クラウドファンディングを行った経験はとくに印象深い。3年次から始まる教育開発学ゼミを前に、実際に途上国の教育を視察しようと考えウガンダの孤児院を訪れた。現地で医薬品が枯渇していることを知り、帰国後、友人4人で12万円を目標にプロジェク...
Q. 自由記述欄(400文字以内)
A. A. 学生時代の学業経験の中で、特に努力して取り組んだことについて記述したい。教育開発ゼミでの研究だ。ゼミ開始時から段階的に学習を行い、実際にネパールの小学校でデータの収集を経て、公立・私立間における違いを分析・研究した。研究した内容は、審査を通過しネパールの国際学会で...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

ディレクター
男性 20卒 | 専修大学 | 女性
Q. 志望理由・やってみたい仕事 
A. A.
【第1希望職種】ディレクター 多くの番組は見ている時は面白いものの、見終わった後に時間を損したと思うことがあるのですが、NHKの番組を見た後にそう感じたことが1度もありません。そのような魅力的な番組をつくっている会社で、番組制作を行いたいと思い志望しました。また初めに地方局で経験が積めるのも良いと思いました。やってみたい仕事はディレクターとして様々な番組をつくることです。その中でも特にやってみたいのが、地方の魅力を伝える旅番組です。なぜなら旅行が好きだからということに加え、まだあまり知られていない地方の魅力を伝えることで、そこへ視聴者に観光に行って楽しんでもらい、さらに地方活性化に貢献出来たらという思いがあるからです。 続きを読む
Q. 志望理由・やってみたい仕事
A. A.
【地域職員および第2・3希望職種を選択した場合】 茨城県を志望した理由は、ハンググライダーをするために毎週行っているので親近感があるということと、北茨城市の移住体験ツアーに参加した際に、そこの魅力に惹かれたからです。また関東ブロックであれば、本部へ異動の可能性があり、活躍の場が広がると思ったからです。映像制作と映像デザイナーを志望した理由は、映像をつくる仕事がしたいと思ったからです。映像制作では、特に自ら企画を立てて、番組編集を行いたいです。映像デザイナーでは、視覚を通して番組を分かりやすく、より魅力的に伝えられるようにしていきたいです。 続きを読む
Q. 自由記述欄
A. A.
私の強みは目標に対して努力を惜しまないことです。それを表す例として中学、高校での部活動があります。陸上競技部で長距離を始めたものの、初めは大会に出させてもらえないレベルでした。そのため、全体練習後に2時間の自主練習をすることにしました。日々自分の限界と戦うことは本当にきつかったですが、その努力が実り、2年生の時には県大会の決勝まで進みました。3年生ではケガをしてしまったため、良い結果を残すことができませんでしたが、その悔しさをバネに高校は陸上競技の強豪校に進学をし、そこで誰よりも多く走ることを心掛け、全国高校駅伝に行くことができました。仕事に対してもこのような姿勢で臨みたいと思います。 続きを読む
Q. 関心を持った社会的な出来事や疑問
A. A.
外国人観光客の増加についてです。基本的に観光客が増えることは、経済的に日本にとって良い事だと思うのですが、特定の観光地に押しかけてしまい、ホテルの予約が取りにくくなったり、バスがいっぱいで住民が乗れないなどの被害が出ていることが気になっています。もっと地方の魅力を発信し、外国人が日本の様々な所へ興味を持って、観光してくれるように仕向けられたら良いのではないかと考えています。 続きを読む
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。(300文字以内)
A. A.
消費増税です。私はこれに反対です。消費税を引き上げることで、消費者に物を買う意欲を損なわせ、経済循環が悪くなるのではないかと考えるからです。また、消費税は生活に必要なものにも課せられているので、経済力に関係なく支払わなければならないという点で、引き上げるべきではないと考えます。私としては、物品税のように物によって税率を変えるのが良いと思っています。生活必需品は低税率で、贅沢品は高税率にすることで、貧困層の保護になりますし、富裕層から多くの税金を得ることができるからです。この方法は国債の増加問題だけでなく、格差社会の問題にとってもプラスになるのではないかと考えます。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだこと
A. A.
多くの経験を積みたいと思い、自分にとって様々な新しいことに挑戦しました。例えば、小説を執筆したり、ハンググライダーを始めたり、家庭教師のアルバイトをやったり、1人で1か月間ヨーロッパを周遊したり、アメリカに3か月間の語学留学へ行ったりしました。その中でも特に力を入れたのが留学です。本来、経済的に留学に行ける状況ではなかったのですが、学校をアダルトスクールにしたり、滞在先を子どもの面倒を見ることと引き換えに提供してもらうなどの工夫をして、費用を20万円以下に抑え、留学を実現させました。このように一見できないと思われたことも、諦めずにあらゆる方法を考えて実行に努めてきました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 中央大学 | 女性
Q. 進路状況
A. A.
北海道放送(4月13日一次選考予定) テレビ北海道(4月8日書類選考結果連絡) スクウェア・エニックス(4月19日セミナー予定) カプコン(4月10日グループワーク予定) ほか 続きを読む
Q. 志望理由と第一希望職種
A. A.
NHKという、公共放送であるがゆえに特定の利益や権力に影響されない放送局で働きたいと考えたためです。例えば民間放送には、資金力や権力のある芸能事務所に所属している人ばかりが出演するなど、放送局と芸能事務所の癒着を感じることが多々ありますが、NHKにはそれがありません。NHKで働く人々が伝えたいと感じたことを真っすぐに視聴者に届けられます。NHKの事業である限り保障されるその公正さが魅力的です。 次に第一希望職種についてですが、私はイベント事業に携わりたいです。イベントは地域を盛り上げる力を持っており、声が大きく人前に出ることが大好きな私は特に司会役としてその企画運営に貢献したいです。 続きを読む
Q. 地域職員志望理由
A. A.
北海道には私が必要だと考えたためです。私は札幌生まれ札幌育ちであり札幌が大好きですがその一方で、一極集中が過ぎると考えております。札幌以外の地域からは札幌もしくは道外へと若者が流出し、札幌以外の地域の未来はあまり明るいものではないように思えます。そこで私が道内の地域職員となり、その地域をイベント事業で盛り上げたいのです。 続きを読む
Q. 第二希望職種とその理由
A. A.
私がディレクターを第2希望に選択した理由は、番組制作も楽しそうだと思ったためです。地域に密着した番組を制作し、その土地の人々が地元をさらに愛することにつなげたいです。 続きを読む
Q. 学生時代取り組んだこと
A. A.
【学業】私が最も真剣に、多くの時間を割いて取り組んだものです。入ったからには多くのことを真剣に学びたいと考え、必須ではない教養科目を履修したり、「単位が取れればいい」ではなく「Aをとる」という心構えで試験勉強に取り組んだりしました。その結果、三年間の平均GPAは3.55という高水準の成果を収められました。 【八王子学生委員会】八王子市の協力を得て活動する学生団体で、主な活動は年二回の祭事の企画や広報誌の発行です。あまり賑やかな雰囲気ではなかった委員会を、私の笑いの力で変えました。 【ゴミ拾いボランティア】ゴミ拾いは最高です。自分が社会に貢献していることを最も実感できる活動であります。 続きを読む
Q. 関心や疑問のある出来事
A. A.
私の最新の疑問は、なぜ男子の部活のマネージャーはほぼ確実に女子なのかということです。甲子園の映像を眺めていて思いました。運動系の部活であれば物を運ぶなどの力仕事も多いでしょうから、場面によっては男子の方がマネージャーに適しているようにも思えますが、なぜかマネージャーは女子ばかりです。マネージャーを志望する男子が全くいないなど、そのようなことは決してないはずです。しかし実際に女子ばかりなのは、「男を応援する(支える)のは女であるべき」という、多くの人々の意識に深く根付いた価値観があるのだと考えています。この風潮がある限り、男子はマネージャーに立候補しづらいのではないでしょうか。 続きを読む
Q. 自由記述
A. A.
志望理由と直接関係するわけではないのですが、NHKのホームページ内を色々と観ていたところ「これでわかった!世界のいま」の「Mrシップのアニメ」を発見し、いくつか拝見しました。面白いです。番組自体は観たことがないのですが、数分のアニメであるため観やすく、難しい説明が苦手な私でも理解しやすい内容でした。なかなかにファンキーな絵柄であり、良い意味でNHKらしくなかったです。 最後に…。私は自己主張が強くあまりに元気溌剌としていて、一見NHKにふさわしくなさそうな人柄です。しかしNHKのホームページを拝見して個性的な方が多いということを知り、私もそのうちの一人として働きたいと強く思いました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望)を具体的に述べてください。
A. A.
公共放送だからこそできる公共の福祉のための放送に技術面から貢献したいと考えNHKのコンテンツ制作技術を志望させていただきました。NHKと民放テレビ局6社のインターンシップに参加し、最も国民生活を豊かにできるのは視聴率にとらわれない番組制作ができるNHKだと感じたためです。私は研究で高速度カメラを用いた動画撮影や、趣味の一眼レフカメラで写真撮影を行っており、物を撮ることの難しさや楽しさ、そしてその表現の幅の広さと視覚から得る情報量の多さを学びました。これらの経験と私の持つ光学の知識を駆使し、カメラマンとして魅力的な映像コンテンツの制作に携わることで、日本の国民生活の向上に貢献していきたいと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。
A. A.
スポーツと音楽に打ち込んできました。高校までは様々なスポーツをしていましたが、特にサッカーでは10年間センターバックとしてチームの司令塔と指導役を務めました。県大会で優勝し地区選抜選手になれたのは個々人の技術以上に、仲間と良好な関係を築けたためだと考えています。大学入学後はバイオリンを始め、唯一の初心者としてオーケストラに入団しました。団内で最も下手だった私は自分の得意な分野で貢献しようと○○の推薦を受け、毎回の演奏会を成功に導くことに従事しました。「スポーツと音楽」、「指導する立場と指導される立場」と異なる視点を経験できたことは貴重な財産になると考えています。 続きを読む
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。
A. A.
NHKがすべての番組をインターネット配信できるようにする放送法改正案の閣議決定に関心があります。若者のテレビ離れが進み、スマートフォンやパソコンでの動画視聴が増えてきている中、放送法によって事業内容が定められていることによってNHKが配信事業に手を出せないままではその使命を十分に果たせないのではないかと不安視していました。放送業界とソーシャルゲーム等のアプリケーションが国民の可処分時間を奪い合っている現在、公共放送のNHKがインターネット事業にどれだけの予算を割くか、また民放各社が共同で立ち上げたTVer等の動画配信サービスとどのように協力していくか、以上の点に関して今後検討していく必要があると考えます。 続きを読む
Q. 自由記述欄
A. A.
私を形作っているのは好奇心と挑戦心です。両親の影響を受けて幼少期から様々なことに挑戦してきたため、好奇心旺盛で何事にも関心を示す性格になりました。自分の好奇心に素直に向き合いスポーツや音楽、研究や趣味に至るまで自ら進んで様々なことを体験しています。将来社会人として働くことを考えると、学生時代の経験は必ずどこかで役立つ時が来ると信じております。また豊かな人生とは挑戦の連続の上に成り立つものだと考え、現在の自分に満足し挑戦をやめて保守的にならないことを意識した生活をしています。これからも好奇心と挑戦心を大切に自己の人間性を高め、周囲にも良い影響を与えられるような人物になりたいと考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 成蹊大学 | 男性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望)を具体的に述べてください。
A. A.
これまでのイメージに捕われない斬新な番組を制作している所に魅力を感じました。私は自分が企画、制作したもので周りの人が楽しんでくれることが一番の喜びであり最も力を発揮できることです。そして将来は自分の作った番組が社会に影響を与えるような、大ヒット番組を作りたいと思っています。その中で貴社は現在バラエティ番組において従来の真面目なイメージから徐々に斬新な企画を放送するイメージと変わりつつあります。世の中も貴社が新しい番組を放送するとなると話題になる今の状況で、私は多くの人の興味を引く斬新なバラエティ番組を作りたいと思っています。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。
A. A.
私は大学のテニスサークルで主将を務めており、1年に一度行われる学内団体戦での優勝を目標に練習に取り組みました。まず優勝のため、例年行っていなかった団体戦に出るメンバーだけでの合宿を企画しました。合宿内では全て私が考えた練習メニューを行い、一日の最後にミーティングをすることで自分の反省だけでなく、他の人にアドバイスをする時間を設けて技術の向上を図りました。合宿が終わった後も、他のサークルと練習試合を組み練習の成果を確かめるような工夫もしました。結果、団体戦では決勝戦で惜しくも負けていまい準優勝で終わってしまいましたが、目標達成のためにチームをまとめ挑戦することができました。 続きを読む
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。
A. A.
インターネットの広告費がテレビの広告費に迫る勢いだというニュースが気になりました。私はこのニュースを聞いた時、貴社においてこの状況はチャンスであると思いました。 貴社は日本で公共放送として広告費ではなく国民からの受信料で収入を得ていることからCMが一切ありません。テレビに広告性が失われつつある今視聴者がテレビに求めるのは番組の質であると思います。そして番組の質という点において貴社は広告無しで時間いっぱい放送できる分、他の放送局よりも内容の濃い番組を届けることができます。 このニュースから、インターネットの発展により貴社の需要はどんどん上がっていくと思いました。 続きを読む
Q. 自由記述欄
A. A.
私は漫才が好きで、TV番組やネット配信で様々な芸人さんのネタを見てきたのですが、最近では自分でネタを書いて友人と大会出場を目指し練習しています。 自分で考えることによりただ見ていた頃よりも漫才の難しさや面白さが分かってきました。今一番考えているのはツッコミです。ツッコミというと「なんでやねん」などを自然と想像してしまう程、ツッコミに関西弁のイメージが強くついており、東京の芸人さんは怒り口調で印象を強めるなど工夫しています。まだ自分で漫才をする時には、怒り口調の演技が難しく練習が必要です。 その中、私が考えて友人と披露した「幼馴染の同級生との恋愛」がテーマのネタは周りからも好評でした。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

ディレクター
男性 20卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. nhk志望理由とnhkでやりたいことを具体的に書いてください。
A. A.
私はNHKディレクターとして、歴史、文化、国際関係の重要性と面白さを伝えたい。「絶対に知らせたいことがある」という思いがNHKの番組からは伝わってくる。「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」というシリーズ番組のスペシャル版が、東日本大震災の半年後に放送された。原発事故への政府対応を含め、明らかに現代日本社会と重ね合わせた番組だと感じた。このような丹念な調査と、「今、国民に伝えなければいけない」という熱い思いの両立はNHKでしかできない。 作りたい番組:「もう一つのシルクロード~中国、ミャンマー、インド秘境の道」「「アイヌ民族否定論」はなぜ生まれたか」「226事件再考 新史料で解明された謎を追う」 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだこと
A. A.
中国の都会から地方まで29都市を訪れ、さまざまな人と交流した。特に印象深かった街は、初中国で行った黒竜江省黒河だ。鉄道駅で列車を待っていると、怖い顔の軍人に突然鋭い口調で職務質問を受けた。パスポートとスマホを見せろという。20分ほどでなんとか解放され安堵していると、再び同じ軍人が近づいてきた。私は緊張した。「ドラえもんは好きか?」予想外の質問だった。「僕はドラえもんが大好き。兵役が終わったら、日本に留学してみたいんだ」怖かった顔が一気に優しく見えた。職業や服装によって、私は勝手に相手の心情まで決めつけてしまっていたことに気づいた。この経験から、私は話者の本心や中身に触れたいと思うようになった。 続きを読む
Q. 最近関心をもった社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください
A. A.
2019年1月7日毎日新聞「はまる若者 自然と相対、リアルな感動」狩猟免許を受ける若者が増加しているというニュース。私自身狩猟に関心があり、昨年8月に免許を取ろうとしたところ、わずか二時間で定員を超え申し込めなかったほど、特に東京では取得志願者が増えている。一方で、単純に免許取得者が増加すれば猟師が増えるというわけではない。あくまでも免許は入口にすぎず、実際に猟師になるには、猟友会に所属し、何年も指導を受ける必要がある。ペーパー猟師を実際の狩りの場へいかに連れていくかが、猟師不足と獣害問題解決のキーになるはずだ。 続きを読む
Q. 自由記述欄
A. A.
私の大学生活は、幅の広い好奇心と行動力に突き動かされたものだった。とデモを見に行くことに目覚めた大学一年生。国会を埋め尽くす安保法案反対デモ、在特会による嫌韓デモ、それに抗議するカウンターデモなどを見に行って観察、勝手にインタビューをしていた。サイゼリアワインにハマった大学二年生。サイゼリアに行くためだけに上海まで渡った。アイヌに興味を持った大学三年生。狩猟の文化を知るために千葉県鴨川で猟師に同行。中国の辺境に恋して休学、留学した大学四年生。北朝鮮、ロシア、モンゴル、ミャンマーとの国境地帯を訪問。ウイグル自治区で警官にスマホ奪われて死ぬかと思った。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

ディレクター
男性 19卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第1希望業務)を具体的に述べてください。
A. A.
私がNHKを志望する理由は、長い時間をかけて深みのある番組作りができるからです。民放とは異なり、企業の影響を受けず、利益だけを追求することもなく、真に世界に発信すべき番組を作ることができる環境に魅力を感じました。ディレクターを志望する理由は、自分の興味あることや伝えたいことを自分なりの演出で放送することができるからです。私は、趣味も多く、色んなことに興味持つ性格なので、色んな分野の番組作りに挑戦したいです。特に、自分の憧れの人に密着取材してドキュメンタリーを製作し、より多くの人にその人たちの魅力を伝えたり、留学経験を活かして海外へロケに行き、より地域に密着し、人との関わりに重点を置いた旅番組を作ったりしたいと考えています。実際に自分の足で色んな人や場所を訪れ、普通では経験できない場所や瞬間に立ち会い、知識と経験を蓄え、幅広い分野に精通したディレクターを目指したいです。 続きを読む
Q. 「NHKのニュースあるいは番組」について考えていることを具体的に述べてください。 ※番組の感想・批評などでも結構です。
A. A.
私と母は、ためしてガッテンで紹介された体操をかれこれ5年以上続けています。ダイエットと運動不足解消のために、母は週3〜4回、私は週1回ほど行なっています。体操をし始めた頃、私はちょうど大学受験の頃で、とても良いストレス発散になりました。今では、体操の後の母との雑談タイムが小さな楽しみでもあります。私は、ためしてガッテンには大きな力があると考えています。様々な体操や、食事、医療の知識、美容情報など、生活をより良くする情報が学校の授業のように分かりやすく解説され、すぐに実践できるコンテンツを提供してくれます。その手軽さとユニークさが私と母のような視聴者の心を掴みます。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。
A. A.
アメリカ留学中にジャズボーカルアンサンブルというボーカルグループに参加したことです。アメリカでしか出来ないことに挑戦し、留学中に何かを達成したい、という想いでオーディションに参加しました。無事合格出来たものの、メンバー間の英語での会話にもついていけず、ジャズの知識もなく、先生にも発音が悪いと指摘され、始めは落ち込んでばかりでした。そこで、授業後のランチ会には必ず参加し必死に会話に入ったり、メンバーを日本食レストラン連れて行ったり、友達に発音を教えてもらったり、ソロパートにも積極的に立候補しました。結果、最後のコンサートではソロだけでなく、リードを歌うことができました。帰国時には、アメリカに来たらいつでも泊めてあげると皆んなに言ってもらえました。 続きを読む
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。
A. A.
私は二重国籍について関心があります。女子テニスの大坂なおみ選手が二重国籍であることから、少し注目される話題となりました。日本では二重国籍は認められておらず、22歳に達するまでに日本かそれ以外の国籍かを選ばないといけません。私はこの制度には反対で、日本でも二重国籍を認めるべきだと思います。グローバル化が進む世の中で、国際結婚や、仕事の都合で海外に移住する家族、はどんどん増えていくと思います。国際結婚の場合だと、父と母どちら側にするのだ、と聞いているようなものです。海外で育った子供に、日本か育った国かを選ばせることは、彼らのアイデンティティーの喪失にも繋がるかもしれません。さらに、日本んで働く外国人の数も今後増えていくと思われます。変化していく社会に逆らっていつまでも「ガイジン」と「日本人」の区別をし続けることは本当に必要でしょうか。そのような考え方を変え、より多様性を受け入れられる社会を作り、二重国籍を認めることは、日本の英語教育の進歩にも繋がると思います。 続きを読む
Q. 「私はこうして”壁”を乗り越えた」をテーマに、あなたの体験に即して述べてください。
A. A.
与えられた機会を楽しみ、精一杯努力することで壁を乗り越えた経験があります。私は大学受験に失敗しました。高校が進学校だったため、大学が始まった直後は、高校の友達の目を気にしたり、下に見られている気がしたり、母からも編入試験を受けるように進められ、プレシャーと申し訳なさも感じていました。徐々に大学での友達ができ始め、大学受験に失敗した人、第一志望として入学した人、大学入試を経験したことがない人、様々な背景や思いを持つ人が同じ場所で授業を受けていることを知りました。そして、そのような背景は関係なく仲良くしてくれる友達の存在のおかげで、大学が楽しいと感じられるようになりました。そこで、高校生の頃からの夢であったアメリカへの交換留学をこの大学で絶対に達成すると決め目標を立てました。目標達成に向け必死に勉強する中で、少しずつ自信も取り戻し、無事に目標を達成することが出来ました。私がその経験から学んだことは、いくら自分が望んでいなかった環境に置かれても、仲間を大切にし、その機会を楽しみ、目標に向かって精一杯努力することで、困難を成功に変えていけるということです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

ディレクター
男性 18卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第 1 希望)を具体的に述べてください。
A. A.
私には「社会にある差別意識を減らす」という目標がある。公共放送局であるNHKであれば、利益に左右されず、社会的弱者と呼ばれる人々の声を聞き、社会に届けることができると考えた。その中でも私は特に、障がい者の声を多く発信したい。大学時代、脚を怪我し3週間松葉杖を使った。ある日カフェに行くと、私の後ろで並んでいた人が「無理して出歩かなくても」と言ったのを聞いた。その時に、差別意識は他者への無知が原因で生じるのではと思った。差別意識を減らすために、自分と違う立場にいる人が、何に困り何を求めているのかを語る番組を制作し、他者の本心を定期的に知る機会を提供したいと考えた。また私は、障がい者が社会と繋がりを持つために、スポーツが重要な役割を果たすと考えている。パラリンピックだけでなく、特別支援学校の部活動や企業のパラアスリート雇用に着目した番組を作り、パラスポーツをより親しみやすいものにしたい。 続きを読む
Q. 「NHKのニュースあるいは番組」について考えていることを具体的に述べてくだ さい。(番組の感想・批評などでも結構です)
A. A.
私はテレビに対し、視聴者の反応が分かりにくく、一方的に情報を伝える媒体という印象を持っていた。しかしお盆の長崎を特集した「ドキュメント72時間」を見て考えが変わった。祖母が長崎におり、17歳までお盆になると長崎に行っていた。番組を通じて長崎の暑さ、爆竹の音や匂いを思い出し、数年ぶりに長崎人の心に触れたように感じた。また当番組を見るといつも、インタビュアーの方がとても優秀なのだろうと思う。テレビに映る人々は、明らかにカメラではなくインタビュアーの方に語りかけ、自然な表情を見せているのが分かる。真摯な作り手がいるからこそ、NHKの番組は人と人とを繋げるパイプの役割を果たすことができているのだと思う。 続きを読む
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べ てください。
A. A.
最近私が疑問に感じたのは、エスカレーターの使用方法だ。母の知人に、病気の後遺症で右半身が麻痺している人がおり、その人がエスカレーターの利用に困っていると聞いた。その人は、エスカレーターに乗るときはいつも、歩かなくてよい左側に立つが、そうすると人が歩いて通る右側に、麻痺している右半身が晒すことになる。隣を通る人の荷物が体に当たるのではないかと、いつも体を縮めているのだという。この話を聞き私は、親子連れの多くは、親が子の手を繋いで横並びで立っていることを思い出した。気になって調べ、エスカレーターはそもそも、歩行せず二人が並んで手すりを持つ前提で設計されていることを知った。止まりたい人・歩きたい人、横並びになりたい人など、エスカレーターという一つの設備に対し、多くの要望がありすぎると感じた。エスカレーターに限らず、社会にある設備や制度は「多様化」に対応すべく日々進化し、どんな人でも使い易いものに変わってきている。しかしその変化に人の心が追いついていないのでは意味がないと思う。自分だけでなく他者も生活しやすいように心遣いをすることでこそ「多様性の認められる社会」が作られるのではないか。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだことについて述べてください。
A. A.
大学時代、競技チアリーディングサークルでの活動に最も力を入れた。二年次より1軍に所属し、地区予選を突破し全国大会に出場した。チームの中では、瞬時に正確な判断を下す司令塔のポジションを務めた。判断を間違えると複数人を巻き込み大怪我に繋がりうるため、責任が大きさに苦しんだこともあったが、周りからの声援を聞き、責任を感じることができるのは自分が信頼されている証だと考えるようになった。三年次には幹部として後輩の指導に尽力した。自分の練習と並行し、新入生を育てることは大変だったが、直接指導することだけが「教える」ということではないと気がついた。練習内外問わず、自分が誠実に取り組む姿勢を見せることで、背中でも新入生に「指導」できるのではと考え「いつ見ても目指したくなる先輩」になることを目標に努めた。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

放送管理
男性 18卒 | 横浜国立大学 | 女性
Q. NHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事(第一志望業務 放送業務マネジメント)を具体的に
A. A.
放送をマネジメントする側として出来る仕事が幅広いと考えたため。岡山育ちの私にとってテレビの影響力は絶大であり、編成の存在を知って以来、自分が考えた戦略に基づき、質に自信の持てる番組を放送・PRしたいと考えている。CMや番組宣伝の少ないNHKは民放に比べて番組の認知度自体が低いため、広報活動によって望める伸びしろが大きい、また受信料で成立しているため伝えたいメッセージを伝えるべき層に向けて発信できると考え、志望している。 入社後は番組の存在に気付いてもらい、番組のイメージづけに繋がるPR活動を行いたい。NHKはシリーズものでも放送時期に差が開くことやそもそもの番組数が多いため、本来見てくれる人でも番組の存在や内容を知らないために見逃してしまうことがある。そのため、短時間で複数番組の宣伝を行えるCMを制作し、こだわった演出や芸能人の起用によって番組本編以外の部分で身近さをアピールしたい。 続きを読む
Q. NHKのニュースあるいは番組について考えていることを具体的に
A. A.
「青の時代 名曲ドラマシリーズ」を観て、NHKだからこその発想力や制作力を感じた。具体的には次の2点である。(1)時代を設定するのではなく、“時代を描いている”点。時代を設定しているドラマは多々あるが、時代そのものを描くドラマはありそうでなかったと感じた。また、セットにもこだわっており、その時代を知識としてしか知らない自分にもひしひしと伝わってきた。(2)ヒット曲や人気俳優を導入に置くことで、幅広い世代をターゲットに出来る点。仕事をテーマとしているが、誰もが知っているヒット曲やタレントを起用することで気軽に視聴出来る。メッセージ性の強さを全面に出すのではなく、広く間口を開ける重要性を再認識した。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだこと
A. A.
フランス語の習得に向けた短期留学。高校生の時から習得の意欲があり、第2外国語の授業で履修した。実際に学んでみてフランス語という言語独特の発音や単語に魅了され、独学でもフランス語検定取得に向けて勉強した。長期留学の参考にするため、大学1年次の春休みに1か月間フランスに語学留学したが、現地では想像以上に喋れずショックを受けた。語学学校の授業やクラスメイトとの会話から、読む以外の能力の欠如が原因と考え、“話す・聴く”能力の向上に特化するため(1)街に多く出掛け、メモを使ってでも英語に頼らずフランス語をつかう(2)ホームステイ先で子供向け・字幕付きの番組を視聴、という対策をとった。日本語と触れる機会を極力なくしたこともあり、1か月後には基本的な会話が出来るようになった。この経験から“課題に対して常に前向きに挑み、与えられた環境を生かすことを意識しながら行動”することで着実に前進していけると学んだ。 続きを読む
Q. 最近関心を持った社会的な出来事や疑問に思う事をあげて、あなたの考えを述べてください
A. A.
コンビニでの無人レジの導入の流れ。人件費削減のため大手コンビニ5社が無人レジを導入すると発表したが、こうした“人から機械にあらゆる労働の担い手が移り変わっていく傾向“には抵抗を覚える。もちろん、コストや安全性、利便性といった面で人間より機械の方が優れているかもしれないが、ただ優れていればそれを取り入れていけばよいのか?といった疑問を持つ。近年、人間関係やご近所付き合いが希薄になったと言われるが、その原因は日常の中で人と触れ合う機会が減ったからではないか。コンビニでの人間関係は深いものではないが、「今日もあの人いる」「いつもありがとうございます」と何となくの関係は築かれる。あらゆる人間関係も最初は挨拶から始まり、浅かった関係が徐々に深まっていく。それが現代になり、問題視され始めているにも関わらず、さらにその機会を減らす動きにて何かしらの考えを持っている人は少ない。技術の発展による快適な生活を追い求めるだけでなく、今までの反省を踏まえて改めて考えてみる場を設けることが大切なのではないかと感じる。そのために公共放送として、視聴者の方に考えるきっかけとなる番組を提供していきたい。 続きを読む
Q. 「私はこうして壁を乗り越えた」をテーマに、あなたの体験に即して述べてください
A. A.
サークルでの冊子制作のシステム改革に向け、周囲の意見を柔軟に受け入れて取り組むことで全員の賛同を得ることが出来た。大学で所属した生協学生委員会LuckyDipにおいて制作している機関誌の編集長を務めた際、ページごとの質のばらつきを問題視し、読者のために改善すべきだと考えた。まず1人ずつと話し合いを行い、その結果からマンツーマンでの指導・制作を提案した。しかし、理系の人の中には学業が忙しく、そのための時間がとれないと否定的な人もいた。私は話合いの結果からこの制作法に自信を持っていたため、彼らを説得しようと考え。(1)本来の目的に立ち返り、“読者目線にとってどうするのが望ましいのか”という観点から説得した点(2)否定的な人たちも取り組みやすくなる様、制作期間をそれまでより長めに設定した点である。その結果、編集メンバーや読者からの評判も向上し、当初否定的だった人達も賛成してくれたため、これ以降もこの制作方法が継続された。この経験を通じて、本来の目的に立ち返り、“その達成のために何をするべきなのか”を常に考えの軸とすることで、異なる立場であっても協力してスムーズに課題解決できると学んだ。 続きを読む
Q. 自由記述
A. A.
継続的な番組視聴の機会をもっと設けていきたい。NHKのディレクターの方とお話しさせて頂き、1つの番組にかけるエネルギーや労力に対して、視聴者の方に見て頂ける場が少ないのではないかと考えた。NHKは比較的再放送される機会が多いが、基本的にテレビは1度流して終わりであり、一部の番組に関してはもっと自由に視聴できる場を広げていくべきだと考える。現状の法制度だとNHKがネットに番組を公開することへの制限は多く、「NHKオンデマンド」も一部を除き有料となっている。しかし、ネットが広く浸透した現代に、この制度自体が合っていないのではないかと考える。制作段階においてネット配信も含めた権利を取得し、受信料を払っている方に対してはネット配信をもっとオープンに出来る様、制度自体を変えていくという意気込みで臨んでいきたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

ディレクター
男性 18卒 | 同志社大学 | 女性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事は
A. A.
一般の人の生き方を地方から全国、世界に伝える番組を作りたいと思うため志望する。 一昨年、滋賀県議員と霞ヶ関のインターンに参加し、地方と都会の生活の差を実感し、地方の現状が都市や中央組織にあまり知られていないと感じた。議員インターンの際に地元に密着した番組を制作しているNHKの方の姿を拝見したことから、子供の頃から多様な生き方を教えてくれたNHKで「地方を伝え、元気にしたい」との思いが強まった。全国に放送局があり、「のどじまん」や「ピカピカ☆日本」「地域魅力化ドキュメント」など幅広いジャンル、コーナーから地域の魅力や問題を伝えるNHKで、地方の人の生き方についてドキュメンタリーで時間をかけて取材したい。琵琶湖の島に行った経験から特に島国の生活を伝えたいと思う。そして、「自分の知らない所でこんな生き方をしている人がいるんだ」という知らない世界知る楽しさを作り、視聴者の方の「見る世界」を広げたい。 続きを読む
Q. NHKについて考えていること、思っていること
A. A.
「あさイチ」は日常に、自分と違う立場や知らない地域、価値観について考える機会を与える特別な番組だ。 「ピカピカ☆日本」で地方の魅力を全国に届け、「女性リアル」で社会が見落としがちな問題を伝える。各コーナーに緩急があり重すぎない。また、視聴者に意見を求める事で「自分事」として身近に考えられる。女性特集では男性の声を増やすとより良くなると思う。 また先日の「有働アナinUSA」では、米国人の政治の考えを調査し、取材対象の番組に対する厳しい批判も放送した。こうした取材対象や視聴者の批判を受け入れる姿勢が信頼あるNHKを形作っていると改めて感じ、番組終了まで議論する所に1秒にかける番組への想いを実感する。 続きを読む
Q. 学生時代取り組んだこと
A. A.
今まで出会うことのなかった立場の人に出会い、自分の視野を広げることに取り組んできた。 主に国内での異文化交流に力を入れた。 留学生のクラスにサポーターとして入り、日本語の指導をしたり、話し合いのリーダーを務めたりした。サウジアラビアなど私が今まで考えることのなかった国で長く過ごした人との出会いは良い刺激になった。そして中国人留学生と会話パートナーになり、各々の自国の文化や政治、歴史教育について議論を重ねると共に、英語や日本語、中国語を教え合った。そこで会話パートナーが自分以上に日本のサブカルチャー等に詳しいことに衝撃を受けた。同時に私は海外のことをあまり知らないことに気付いた。私は日本史を学び直したり、NHK WORLDや海外ドラマを見始めたりして異文化を学びながら、客観的に自分の置かれている文化について考えた。今後は資金を貯め行ったことのない外国に行って、更に知見を広げていきたいと思っている。 続きを読む
Q. 関心を持った社会的な出来事や疑問
A. A.
最近信号ができた道路は、信号があれば防げたかもしれないと言われた交通事故が起こった所だった。「犠牲を無駄にしない」誰かを犠牲にするとこうした文言が見られる。悲劇を繰り返さないために犠牲が出た以上その対策を練るべきだ。死亡事故が起こり、信号がつくのは当然の結果だ。しかし、私は「信号が付いてよかった」だけで本当に良いのか、「犠牲→改善」の流れを我々は何度繰り返すのかと感じ始めた。 電通社員の方が過労自殺して世論が高まり、労基署が動き出し、国は働き方の改善に注力した。同時に今まで声を上げていなかった過労死した方の遺族が、訴訟を起こした。 この様に過労死から戦争に至るまで、日本はこれまで多くの犠牲の上に制度を作り成長してきた。 今後大切なのは事前に苦しい人が声をあげる機会を作る事だと思う。「苦しんでいる人がいる」と伝える事で、同じ立場の人が声を上げ易くなり、違う境遇の人が周囲に目を向けられるようになる。 人を犠牲にしないと気付けない、大企業の問題として話題にならないと、声を出せない人がいる現実は悲しい。NHKには一人ひとりの「声」を、お茶の間に、そして国を動かす人に届ける力があると私は思っている。 続きを読む
Q. 壁を乗り越えた経験
A. A.
個別指導の塾講師のアルバイトで、担当生徒と全く意思疎通が出来ず、結果を残せなかった事は大きな壁だった。 新人の頃は、中退をして塾に来た生徒など、様々な背景を持つ10人の生徒との関係作りに苦戦し、生徒が塾にあまり来なくなったり、全くコミュニケーションがとれなくなったりした。生徒の経験を生かして欲しいと期待され、通っていた教室に勤めることとなったが、何もできない自分に自信をなくした。 しかし、中高生の頃にお世話になった先生方にしてもらったことを自分も還元したいと思ったことを思い出し、生徒や保護者と面談を重ねるなかで、一人ひとりと向き合わないマニュアル通りの授業をしていたことに気づいた。そこで、相手に合わせた授業や会話を徹底した。生徒の趣味を学んで必ず授業前にその話をしたり、漫画が好きな生徒に4コマ漫画を書いて日本史の授業を行う等を続けた。結果、殆どの生徒が個人的な悩みを打ち明けくれたり、あまり塾に来なかった生徒も毎回来るようになったりして全員合格した。私と一緒に働きたいと現在共に働いてくれる方もいる。ディレクターになって取材をする際も、一人ひとりの立場や考えに向き合って行動したいと思っている。 続きを読む
Q. 自由記述
A. A.
子供の頃からNHKがなければ知らなかったであろう人の生き方や考え方を知ったことが、今の私の好奇心に繋がっている。 地方在住の自分が知る世界は限られていたが、大河で学校で習わない過去の人の生き方を知り、72時間ですれ違う人々にそれぞれの人生がある事に面白さを感じた。のどじまんに出た祖母は未だに嬉しそうにその話を語る。大阪に行くと朝ドラの収録を見る。多様な人の生き方を広く伝える力と視聴者を巻き込む親しみ易さはNHKの魅力だ。 大学では報道の問題を学び、伝える事で社会は良くなるかと悩んだ。だが授業でNHKのドキュメンタリー「奇病のかげに」を見て、人の生き方や苦しみを伝える必要性を実感。情報番組から歌番組に至るまで、全番組に社会的意義があると感じた。伝えても社会が直ぐに良くなるとは限らない。だが、NHKでなら少しでも誰かの役に立ち、世界を広げられるような番組を作ることができると私は確信している。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

ディレクター職
男性 17卒 | 東京外国語大学 | 男性
Q. あなたが働く場としてNHKを志望した理由と、NHKでやってみたい仕事を述べてください。400字以内
A. A.
メジャーでないものにも焦点を当ててその魅力を発信していくことができると考えたためです。「学生プレイヤーの活動をもっと知ってもらいたい」と考え参加した学生音楽フェスティバルの運営の経験を通じて、将来も「あまり一般に注目されているものではないが価値のあるもの」の良さを人々に伝えられるような仕事に携わりたいと考えるようになりました。私がNHKでまず挑戦したいのは、ジャズの「即興性」という最大の魅力を伝えるために、SNS等を利用し視聴者の反応を直接コンテンツに反映できる双方向性番組でジャズの魅力を発信することです。「あの曲を、こんなアレンジで聴きたい!」という視聴者のニーズを演奏にリアルタイムに反映することで、視聴者にジャズの魅力を体感してもらいより豊かな音楽体験を提供できるとともに、用意したものを放送する再現芸術としての側面の強かった音楽番組に大きな変革をもたらせるのではないかと考えています。 続きを読む
Q. 第2・3希望の業務を選んだ理由とやってみたい仕事を具体的に述べてください。200字以内
A. A.
趣味のジャズ演奏に取り組む際は、演奏に「自分らしさ」を出すためにどうアプローチするべきか常に考えてきました。この経験から、「その番組らしさ」や伝えたい内容を伝えるにはどんなやり方が一番なのか考える音響デザイナーの仕事に魅力を感じました。NHKの記者に魅力を感じたのは、自分の視点でしか捉えられないような細かい問題にクローズアップし、それを視聴者に伝えるという仕事をやってみたいと感じたためです。 続きを読む
Q. 「NHKのニュースあるいは番組」について考えていることを具体的に述べてください。(番組の批評・感想でも結構です)300字以内
A. A.
視聴者のTwitter上の投稿を表示しそれに番組内で反応する「NHK NEWS WEB」のような、視聴者の疑問や意見に寄り添う形で番組の内容を深めていく手法に大きな可能性を感じています。ニュース番組以外でも、語学学習番組で「じゃあこの表現はどう言うの?」という疑問や、旅番組で「ぜひ私の地元に来て、〜という料理を食べて欲しい!」という要望、情報番組で生活の知恵を共有したりなど、視聴者意見をリアルタイムで紹介しそれに答えるという視聴者参加型ならではの放送手法によって、より多様な視点を視聴者に提供し知識や思考の幅を広げていくとともに、より視聴者の生活に密着した細やかなニーズに訴求できるようになるのではないかと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に取り組んだことや、あなた自身について述べてください。400字以内
A. A.
来場者数1万人規模の学生ジャズフェスティバル実行委員会の総務として、学生ジャズプレイヤーの活躍の場を広げる活動に取り組んでいました。所属サークルであったジャズ研究会での活動を通じ、大学内外で交流した実力のある学生プレイヤーの演奏をもっと多くの人に聞いてもらいたいと考え、「学生によるジャズフェスティバル」を運営する学生団体に参加しました。演奏の機会と他プレイヤーとの交流を求める出演者と、無料で気軽にジャズに触れたいという来場者の性質の異なる両方のニーズを満たしながらイベント規模を拡大していくことが求められる環境では、常に他人に対して積極的に関わっていき関係者のやりたいこと、自分たちに求められていることに真摯に向き合うことを意識していました。この経験から、自分のアイデンティティとは「おせっかい」であること、また「他人のためなら全力で考え行動できること」にあると考えるようになりました。 続きを読む
Q. 最近感心を持った社会的な出来事や疑問に思うことをあげて、あなたの考えを述べてください。500字以内
A. A.
バス事故の多発を受け運転手の労働環境を改善しようという動きがある一方で、同じく人々の命を預かる勤務医の労働環境の悪さに焦点が当てられていないことを疑問に感じています。父は医師ですが、田舎特有の人員不足から、病院に泊まり込みで有事に備える当直の担当以外の日でも深夜2時に呼び出されるようなこともあり、さらに次の日には何もなかったかのように朝早くから出勤し寝不足のまま仕事に向かいます。「給与の高さ」は労働の高度さ・専門性といった要素に対する報酬としては妥当ですが、社会インフラとしての安全性を十分に担保するものではないと考えています。それどころか、給与面での安定性から自らの労働環境の悪さに対するマイナスイメージが相殺されてしまい、現場の労働者からの改善要求も出てこないという構造上の不健全性を生じさせています。バス運転手のような人の命を預かる仕事における労働環境の改善に注目されている現在だからこそ、医師、看護師、LCCのパイロットなど安定的な収入という隠れ蓑の下に劣悪な環境下で生命を扱うことへの危機感を隠してしまった分野にメスを入れ、世間一般の認識を変えていくことが急務であると考えています。 続きを読む
Q. 「私はこうして“壁”を乗り越えた」をテーマに、あなたの経験に即して述べてください。500字以内
A. A.
「学生ジャズフェスティバル」を運営する学生団体において、総務としてイベントを取りまとめた際の経験について述べます。毎年イベントの来場者数が増え会場が手狭になってきたことから、開催地をお台場に変更、出演募集大学も首都圏から全国に拡大し、ステージ数・企画数ともに大幅な拡大を行うことが決定したものの、企業協賛で得られる資金は限られており、かつ1年間で人員を大幅に増やすことは難しく、ステージ設営に必要な機材のコストやそれを取りまとめる運営人材の不足が大きな課題として残っていました。そこで、「出演者ボランティア」という形で機材の提供・音響の担当をしてくれた団体には出演費の減免を行うシステムを考案しました。運営委員会内部では「出演者に余計な負担となってしまうのではないか」との不安から反対の意見も出ましたが、出演者説明会での提案では「安く演奏機会に参加でき、かつ運営を手伝うことで他大学との交流もできる」と好評をいただき多くの団体に制度を利用していただくことができ、結果として費用・人材の両面の課題を解決し全10ステージ・出演700名・来場1万人超の大イベントを成功に導くことができました。 続きを読む
Q. 自由記述欄(あなたの意見・考えや自己PRなど自由に述べてください)350字以内
A. A.
私の強みは、学生ジャズを積極的に振興してきたことで培った「おせっかいさ」と、留学を通じて多様な価値観の中に身を置いてきたことで培った「臨機応変さ」にあります。これらの強みは、自由な視点・手法で視聴者の生活に関わっていくNHKのディレクターでこそ活かすことができる能力であると思います。放送には、視聴者の「観たい!」と思うものだけでなく、その時々の時流をふまえて視聴者自身もまだ気づいていない潜在的なニーズに訴求する新たな価値を創造していくことが求められると考えています。NHKというフィールドで、視聴者の多様なニーズに「臨機応変」に反応し、さらに新たな独自の視点で物事を捉えそれを紹介することで「おせっかい」に視聴者の生活をより豊かにしていける、そんなディレクターになることが私の夢です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
43件中1〜20件表示