就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
アクセンチュア株式会社のロゴ写真

アクセンチュア株式会社

  • 4.2
  • 口コミ投稿数(4202件)
  • ES・体験記(393件)

【21卒】アクセンチュアの冬インターン体験記(文系/コンサルタント) No.10924

アクセンチュア株式会社のインターンに参加した理由や選考フロー、実施期間、当日の形式や具体的な内容、インターン参加後の感想など、体験記の詳細を公開しています。ぜひ、先輩の回答をインターン対策に役立ててください。

2021卒 アクセンチュアのレポート

公開日:2022年3月28日

卒業年度
  • 2021卒
実施年月
  • 2019年11月
コース
  • コンサルタント
期間
  • 3日
参加先
  • 住友生命保険相互会社
  • クイック
  • SMBC日興証券
  • アクセンチュア
  • 東京短資
  • 明治安田生命保険相互会社
  • ヤナセ
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • みずほ証券
  • 三井住友信託銀行
  • KPMG税理士法人
  • NTTファイナンス
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  • 日本総合研究所
大学
  • 関西大学

インターンシップ参加前

このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。

高給取りであること
業界大手であること
外資系企業であること
コンサルティング業界であること
選考直結であること
などである。
特に、インターンシップ参加前、非常に志望度が高かったため、この企業のインターンシップに参加した。

このインターンの選考に受かるため工夫したこと・行った対策・準備・勉強したこと・調べたことを教えてください。また、そのとき参考にした書籍・WEBサイトがあれば教えてください。

本選考よりも倍率が高いと社員の方がおっしゃっており、ケース面接の対策は少しだけしておいた。
他には特に用意しなかった。

選考フロー

エントリーシート → WEBテスト → グループディスカッション → 最終面接

エントリーシート 通過

実施時期
2019年06月
通知方法
メール
通知期間
1週間以上

WEBテスト 通過

実施時期
2019年06月

WEBテストの合否連絡方法
未選択
WEBテストの合否連絡までの時間
未選択

グループディスカッション 通過

実施時期
2019年07月
形式
学生不明 面接官不明
1グループの人数
6人
時間
40分
通知方法
メール
通知期間
1週間以上

テーマ

施策を講じよ

進め方・雰囲気・気をつけたこと

グループディスカッション前にアイスブレイクをしておいた。
また、楽しく進められるように雰囲気づくりを意識した。
いろんな人がいるし、落しあいではなく全員で受かろうの精神を大切にした。

最終面接 通過

実施時期
2019年07月
形式
学生1 面接官1
面接時間
60分
面接官の肩書
シニアマネージャー

通知方法
メール
通知期間
1週間以上

評価されたと感じたポイントや、注意したことを教えてください。

その場でも言われたことだが、
面白い、芯が通っている、論理性がある
などが評価されたと考えている。
また、結論ファーストやシンプルな解答を心掛けていた。

面接で聞かれた質問と回答

ケース問題の発表の中での質問

出されたケース問題に対し、紙に回答する。
それを基に面接官に発表する。
発表を一通り終えたら内容について深掘り、質問、ツッコミ、アドバイスをもらう。
怖くはないです。
それからケースの内容についてフィードバックをもらう。
数量的根拠などは重要視されるので詰めておくといい。
論理性はいうまでもなく必須。

ESの内容についての質問

他の人にとってアドバイスや参考になるような内容ではないのでさらっと書くが、頑張ったことについて、いつ、どうやって、どのような方法で、どのような結果を得られたのかを答えた。
そのほかには逆質問の時間をいただけたので、アクセンチュアのDNAについての深掘りする質問をした。自身の経験したスポーツに例えて答えてくださり分かりやすかった。

逆質問の時間はありましたか?

  • はい
  • いいえ

インターンシップの形式と概要

開催場所
大阪
参加人数
50人
参加学生の大学
国公立や関関同立が中心。 大阪での開催だったのでMARCHは少なかった。九州から参加している学生もいた。
参加学生の特徴
バラバラ。レベルが想像以上に低い学生が多かった。 そのためグループワークが非常にやりにくかった。
報酬
なし

インターンシップの内容

テーマ・課題

とある事柄に関する施策を講じよ

1日目にやったこと

社員紹介、メンター発表、デザインシンキングやロジカルシンキングについての講義、実践、発表など
そして、三日間を通してのワーク課題の発表
グループワークに取り組む。

2日目にやったこと

グループワーク中心。というかひたすらグループワーク。
進み具合がグループによってバラバラだった。
中には、イライラして明らかに雰囲気の悪いグループもあった。

3日目にやったこと

グループワークの最終詰め、発表。
どこのグループもグダグダだったように思われる。
協調性のない人や何もしない人、ついてこれていない人がいる。
発表も、グダグダだった。

発表会はありましたか?

  • はい
  • いいえ

審査員の肩書

プリンシパル、シニアマネージャーなど

優勝特典

なし

インターンシップを通して印象的なフィードバックは何ですか?

社員からのフィードバックは丁寧だった。
評価していただけることももちろんあったが、表面しか見られていないなと感じることも多くあった。
学生のレベルもバラバラだったが、社員のレベルもバラバラだった。

苦しい・大変だと思った瞬間は何ですか?

グループがはっきりいってハズレだった。
何もしないのにやってるフリをしている人、まったく見当外れなことをいう人がおり、やりづらかった。
コンサルティング業界のインターンシップ特有のいい意味でのしんどさよりも、グループワークとしてのしんどさが大きかった。

インターンシップを終えて

インターンシップで学んだこと

正直いって、参加しなければよかった。
夢を壊されたと感じたからである。
この夢というのは空想的な意味ではなく、コンサルタントとしてのマインドの部分であったり、レベルの高さだったり、課題解決能力であったりする。
ただし、裏を返せばネガティブポイントに気づけたので参加した意味はあったのかもしれない。

参加前に準備しておくべきだったこと

この企業に関しては、(もしかしたらこのグループ、このメンターだったからかもしれないが)、表面を取り繕う能力を身につけて、課題解決に勤しむよりも、表面からよく見えるようにすることが重要だった。

本選考で内定が出ると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

早期選考に呼ばれたから。
しかし、上述したようにこのインターンシップに参加したことでこの企業に魅力を感じることができなかった。
それどころか志望度は非常に下がったし、コンサルティング業界にたいするイメージも下がってしまった。
サラリーマンとしては高給取りだが、この企業ではそれ以上に業務に魅力がないと感じた。

この企業に対する志望度は上がりましたか?

  • はい
  • いいえ

またまったく同じになるが、このインターンシップに参加したことでこの企業に魅力を感じることができなかったため。
それどころか志望度は非常に下がったし、コンサルティング業界にたいするイメージも下がってしまった。
サラリーマンとしては高給取りだが、この企業ではそれ以上に業務に魅力がないと感じた。

この企業を本選考でも受験予定ですか?

  • はい
  • いいえ

インターンへの参加が本選考に有利になると思いましたか?

  • はい
  • いいえ

はいと答えるのは早期選考に呼ばれたから、それだけである。
逆にいえば、3日間もつきっきりで評価されたにもかかわらず、それに呼ばれなければ、たかが数時間程度の本選考に一から臨んでも巻き返しは厳しいだろう。

参加後の社員や人事のフォローについて教えて下さい

インターンシップに参加したことは関係なく、OB,OG訪問をする機会が与えられる。
また、評価された学生は早期選考に呼ばれる。

参加前の志望企業・志望業界を教えて下さい

外資系企業、コンサルティング業界、金融業界など。
高給取りかつ実力が評価される企業に行きたかった。
この軸から浮上した就職(雇用者)としては上記の業界が賢明であると判断した。
また、それに加えて業務にも興味があったのでちょうど良かった。
自己成長が期待される業界に身を置くことは、将来的に、これから、本質的な雇用の安定であると考えている。

このインターンへの参加がその後の就職活動にどう影響しましたか?

アクセンチュアはナシだなと思った。インターンシップに参加する前は第一志望であったにもかかわらず、同業他社(BIG4)の方がより魅力的に写った。
そして結果的には、コンサルティング業界のコンサルタントは自身の志すコンサルタントではないと考えたため、他の外資系企業に就職することにした。
天秤にかけて、選択肢を絞った。

同じ人が書いた他のインターン体験記

一覧へ戻る

アクセンチュア株式会社のインターン体験記

サービス (専門サービス)の他のインターン体験記を見る

23卒 | 非公開 | 非公開
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. 食品業界に興味があり、マイナビでいろいろ調べていくうちに見つけ、自身が知らなかった中食業界であることや数少ない対面インターンシップであったことが応募の決め手となった。対面だと会社の雰囲気も感じ取りやすいのではないかと感じた。続きを読む(全112文字)

株式会社日本総研

システム企画・PMコース(1+1day)
23卒 | 非公開 | 非公開
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. インターンシップの日程が複数あり二月にもやっているものであったため。また,参加ににはES選考とグループディスカッション選考があったが内容がESが比較的に軽めであったため挑戦しやすいと感じたため。二日間のインターンシップであるため本選考に何か有利になるのではないかと...続きを読む(全138文字)

株式会社クニエ

コンサルタント
23卒 | 東京大学 | 男性
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. 現在新卒コンサル就職が加熱している中で興味を持った。私自身は就職先として真剣にコンサル会社を考えてはいなかったが、どんなことをしているのかということには少し興味があった。その中でクニエはエントリーシートのみの選考だったため参加した。続きを読む(全116文字)

株式会社セコマ

キャリア形成コース
23卒 | 非公開 | 非公開
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. 主な理由としては、幅広く様々な業界を見てみたいから、他のインターンの選考に落ちていたことから比較的用意に参加できる企業であるから、北海道の身近な企業であるから、社会貢献性が高いから、知り合いがそこで働いているから。続きを読む(全107文字)

株式会社日立コンサルティング

冬インターンシップ1stStep
23卒 | 非公開 | 男性
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. コンサルティング業界に興味を持っていたためです。その中でも、特にメーカー向けのマーケティング支援に興味があり、メーカーを顧客とした案件の多い日立コンサルティングに興味を持ちました。また、本選考直結であったのも理由のひとつです。
続きを読む(全115文字)
23卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. ITとコンサルティング業界に興味があり、コンサルティングファームの中でもITに強みを持っていたので応募しました。また、選考がとても短いことやテストセンターの受験ができること(ほかの企業の練習になる)も応募する理由になりました。続きを読む(全113文字)
23卒 | 非公開 | 非公開
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. 友達が応募すると言っていたので自分も応募してみようと思いました。リクルート系列の会社は多くありますが、それぞれがどのようなことを行っているのかということについては詳しくなかったので、参加する中で詳しく勉強したいとも思っていました。続きを読む(全115文字)

株式会社アインホールディングス

薬剤師仕事体験<インターンシップ>
23卒 | 非公開 | 男性
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. とりあえずインターンに参加したことがなかったので、7月時点で応募すれば行くことができるインターンに応募した。また、薬学部であったため薬局は就活の視野に入っていたのでとりあえず雰囲気を確認してみたかった。続きを読む(全101文字)

株式会社船井総合研究所

1weekインターンシップ
23卒 | 非公開 | 女性
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. 漠然とコンサルタントになりたいと思っていたため、このインターンに参加しました。英語ができないので、国内独立系のコンサル会社を見ていました。就活サイトなどで片っ端から調べていて出会ったのが、船井総合研究所でした。続きを読む(全105文字)

PwCアドバイザリー合同会社

テクノロジーコンサルタント
23卒 | 非公開 | 男性
参加
Q. このインターンに興味をもったきっかけ・参加した理由・参加を決意した基準や理由を本音ベースで教えてください。
A. ざっくり外資系コンサルタントに興味を頂いていた。その中でも顧客との信頼をより大切にしていると感じたPwCアドバイサリーのテクノロジーコンサルタントで、顧客のためのコンサルタント業務を経験したいと思った。続きを読む(全101文字)

アクセンチュア株式会社の会社情報

基本データ
会社名 アクセンチュア株式会社
フリガナ アクセンチュア
設立日 1995年12月
資本金 3億5000万円
従業員数 7,600人
売上高 4441億5800万円
決算月 8月
代表者 江川昌史
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目8番1号
電話番号 03-3588-3000
URL https://www.accenture.com/jp-ja
NOKIZAL ID: 1130242

アクセンチュア株式会社の選考対策