株式会社エイジェックのロゴ写真

株式会社エイジェック

  • 2.0
  • 口コミ投稿数(649件)
  • ES・体験記(4件)

エイジェックの本選考体験記

本選考体験記

6件中6件表示 (全2体験記)

企業研究

オフィスワーク職
20卒 | 武蔵大学 | 女性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A. 正社員派遣という特殊な働き方であるため、事前に、どういった企業と繋がりを持っているのか、派遣後のサポートの内容などについて、ホームページを通して調べ、具体的にイメージしておくことが重要。また、ホームページだけでは分かりにくい企業についての疑問は、説明会で解消するこ...

志望動機

オフィスワーク職
20卒 | 武蔵大学 | 女性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A. 就職活動をしていくなかで、自分自身の持っているスキルが圧倒的に足りていないと感じました。その中で、御社の働きながら自分の可能性を広げることができるという点に魅力を感じ、ぜひ御社で社会人としての経験を積みながら、できることを増やしてみたいと思い、志望しました。御社の...

1次面接

オフィスワーク職
20卒 | 武蔵大学 | 女性   内定入社
Q. 大学時代に頑張ったことはなんですか
A. A. 私が大学時代に一番力を入れたことは、サラダ専門店での接客のアルバイトで、バイトリーダーを務めたことです。リーダーを務めた当初は、従業員同士の連携もうまくいかず、指示の出し方も曖昧だったため、お客様を待たせてしまうこともありました。そこで、社員の方の指示の出し方を参...

企業研究

コミュニケーション職
19卒 | 山口県立大学 | 女性   内定入社
Q. 企業研究で行ったことを教えてください。
A. A.
まずは、人材サービスについて他の企業と比較することが必要です。エイジェックは、他社と異なるアウトソーシングという形をとっています。人材サービスと言えば、企業や個人に対する課題発見や提案を行うコンサルや人材紹介などを行っている会社が多いです。しかし、エイジェックは、正社員として社員が企業に派遣されるという仕組みです。この仕組みを理解していないと、派遣社員と勘違いしてしまう人がいるかもしれません。そこの仕組みと、どういう形で李悪が出ているのか、会社の流れを見るべきです。 千人千色というキャッチフレーズがあるくらい、いろんな職種や企業で仕事を経験することが出来るため、具体的にやりたいことが決まっていない人、いろんな会社で働きたい人、多くの経験をしたい人はあっていると思います。逆に、一つの会社で上り詰めていきたい、この仕事だけがしたいと明確に決まっている人は合わないと思います。資格や専門職を学ぶ講座や勉強する環境は大いになり、資格をとると報奨金もでます。AI化していく社会の中で、専門職や資格を持っていたら、一生職に困らない、育児休暇から戻ってきても働けるということを会社の方はアピールしています。働いていく中で、自分で専門技術を身につけることで、転職もできる可能性があると思います。 しかし、入ってから勉強しなければ、キャリアアップにもつながらず、まじめに努力していける人が向いていると思います。また、説明会や面接でも、毎回きちんと誓約書があり、履歴書の情報を使用することを同意する、などきちんと本人に確認してくれます。また、将来どういう風になりたいかという夢や目標は必ず聞かれます。そのために、なぜこの会社である必要があるのか、という点をしっかりと説明する必要があります。 あとは、自分の長所をよく研究し理解して、どの職種なら活かせるかをアピールすることも大事です。自分がやりたい職種よりも、現在当たり前にできているような特技や普段やっていることから、職種を選んだ方が、面接も通りやすいと思います。 続きを読む

志望動機

コミュニケーション職
19卒 | 山口県立大学 | 女性   内定入社
Q. 志望する理由を教えてください。
A. A.
私がエイジェックを志望する理由は、様々な企業で多様な仕事を経験できるからです。 私には、将来キャリアウーマンとしてバリバリ働くという夢があります。ここで言うキャリアウーマンとは、成功や失敗など多くの幅広い経験をし、説得力のある自立した女性のことです。私は就職活動を行う際に、なるべく多くの仕事を経験できる職場がいいと思っていました。そこで、この会社のキャッチコピーである「千人千色」を見て、この会社なら、自分だけのキャリアプランをもって、多様な働き方をできる、そしてそんな働き方を応援してくれる職場ではないだろうかと感じました。様々な企業で働くには、自分の能力を磨き、いろんな会社で働いてほしいと思ってもらう必要があります。 そのために、資格や専門性を身につける努力を欠かさず、コツコツ地道に頑張っていきたいです。私は、学生時代、国際交流や地域活動を行い、異なる文化や多様な人種と触れ合う中で、柔軟性を培ってきました。異なる価値観を持つ者同士、意見が衝突することも多々あり、違いを間違いとせず、違いを楽しむことを心がけてきました。そうしたどんな状況や人にも対応する柔軟性を発揮して、コミュニケーション職として、人に対応するプロフェッショナルになりたいです。自分という価値を提供することで、自分だけの提案やアイデアを出し、お客様に対応していきたいです。 続きを読む

1次面接

コミュニケーション職
19卒 | 山口県立大学 | 女性   内定入社
Q. 学生時代一番頑張ったことは何ですか。
A. A.
私は、学生時代、国際交流や地域活動など、人と関わることに一番力を入れました。特に、シンガポールへの短期留学や自宅をホームステイ先にして、韓国人を招いたり、中国人の方を観光案内したりなど、様々な国際交流活動を行いました。中でも、山口の商店街を活性化するために、地元の老舗和菓子店とコラボして、カフェを運営することになりました。ターゲットを若者や子供に絞り、常務と話し合い、和菓子の形や色を限定でアレンジして販売しました、どうやったら若い世代にも和菓子を食べてもらえるかを考え、カフェの内装や販売方法も工夫しました。ドリンクとセットで売り、和菓子のお皿やコップの柄もかわいらしく、インスタ映えするような見栄えのものにしました。そうすることで、目標の100食を売り上げ、評判も良かったです。地元の高齢者の方や若い世代、地元企業の方々と交流し、話し合うことで、成功したと思います。この経験から、人と交流して様々なアイデアや意見を聞き、行動を起こすことで、新しいものを生み出すことが出来ると学びました。 続きを読む
6件中6件表示 (全2体験記)