Img company noimage

株式会社日立製作所

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(2943件)
  • ES・体験記(77件)

2016年卒 株式会社日立製作所の本選考体験記 <No.677>

2016卒株式会社日立製作所のレポート

年度
  • 2016年度
結果
  • 2次面接
内定先
  • 戸田建設
  • 富士通
大学
  • 早稲田大学

選考フロー

説明会(3月) → 説明会(4月) → ES+SPI(7月) → 1次面接(8月) → 2次面接(8月)

企業研究

日立製作所は三菱電機やNECなど競合他社が多い。大きく分類すれば、かなりの企業が競合他社となる。また、行っていることも多岐にわたり、企業研究が難しいのが現状である。業界地図で大まかなことを調べ、...

志望動機

私には「人々に喜びや驚き、新たな価値を創造したい」という想いがある。これは上述のイベントの際、私たちの努力や工夫によって笑顔を創出できた経験に起因する。貴社は、ITとインフラ事業の融合により幅広...

1次面接 通過

形式
学生 2 面接官 1
面接官の肩書
営業
面接時間
45分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

面接官は話している内容というよりは、どんな人間なのか、どんな人柄なのかを見ている。つまり、入室の場面からが勝負である。最初のあいさつでその後の印象は全然違ったものになると感じた。はきはきと、自信...

面接の雰囲気

面接官は女の方で、とても優しかった。控室から移動する際も、緊張をほぐすように話しかけてくれて、圧迫のイメージはない。また、面接も王道の面接をしてくれて、応えやすかった。また、あいずちもすごい打っ...

1次面接で聞かれた質問と回答

自分のセールスポイントは?

私には、ニーズをくみ取り、適切な対応をとる力がある。幼い頃から、学級委員長や、高校の部活の部長、サークルでは幹事長など、リーダーとして従事することが多かった。その中で常にその強みが発揮されてきた。例えば、幹事長として、人数が減少傾向にあったサークルの実情を、原因把握に努め、SNSを活用したPR...

もっとも一生懸命に取り組んだことは?

学生交流を目的とした1000人規模の運動会イベントの運営に携わり、本番に行う競技を企画する競技班のリーダーとして従事した。当初、多数の班員は「成功を収めた去年と同じ競技でいい」と意欲が低かった。そこで「現状維持は衰退」の目標を掲げ、「意識改革」を決意。前年の参加者へのアンケートの実施や、会議に...

2次面接 落選

形式
学生 1 面接官 2
面接官の肩書
営業
面接時間
30分
面接の合否連絡方法
メール

評価されたと感じたポイント

2次面接は1次面接ほど優しくない印象。また、自分は終わった後に絶対に通過したと思っていたが、落ちてしまったため、手ごたえは関係ない。面接官がいい反応をしてくれていても油断は禁物である。過去のこと...

面接の雰囲気

学生1人に対して面接官が2人のため多少の威圧感はあるが決して圧迫ではない。しかし、1次面接よりは、愛想がいいとは思えなかった。よって、1次面接と同じイメージで臨むと、痛い目にあう可能性がある。だ...

2次面接で聞かれた質問と回答

今後、社会人としてどんなことを成し遂げたいですか

社会に貢献し、人々の生活をより豊かにしたい。ICTサミットが開催され、IoTやクラウド技術を様々な産業に生かせば、社会をより豊かにできると提言された。貴社は、その豊かな社会の実現に重要な役割を担うと考える。具体的には、ビックデータやセンシング技術の向上などによって、人々の距離を近くしたい。地方...

希望分野を選んだ理由は

人々の生活に情報通信技術が必要不可欠となった今日、情報・通信システムの社会に与える影響は大きいものと考える。私には、社会により大きな影響を与えたいという想いがあり、この職種が合致していると考える。高性能、高信頼なIT基盤に支えられたソリューションやサービスの提供を行う、この職種なら、私の強みで...