三井住友信託銀行株式会社のロゴ写真

三井住友信託銀行株式会社

  • 3.0
  • 口コミ投稿数(1172件)
  • ES・体験記(228件)

三井住友信託銀行の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

138件中1〜20件表示
男性 21卒 | 明治大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れたことを教えてください。400文字以内
A. A. 学習塾で生徒増加を目的とし、飛び込み営業を行ったことです。私は大学入学と同時に設立間もない個人経営の学習塾でアルバイトを始めました。学習塾の目標人数は50人でしたが1年目終了時に30人もおらず、経営は赤字でした。私は経営の一員という自覚を持ち、経営を立て直したいと...
男性 21卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 学生時代に力を注いだことを教えてください。
A. A. 私は所属していた野球サークルの新歓に力を注ぎました。具体的には副会長兼企画長として、新歓の立案、実施を中心になって行いました。立案の段階では、たくさんの新入生を入れ、サークルとしての規模を大きくするためにはどのような企画がいいか、サークルの仲間が考えたものをまとめ...

21卒 本選考ES

全国職(FMコース)
男性 21卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 学生時代に力を注いだ事を教えて下さい。
A. A. 勤務先でのコンペティションで上位に入ることです。私の働く店では、会員制度があり、その獲得数をコンペで競っています。私はレジ担当で、より多く会員を獲得し、上顧客を増やす役割がありました。しかし、初めは獲得数を増やせず、順位も下位でした。そこで、まず会員制度についての...
Q. 資産運用業務(FMコース)を志望する理由を教えてください。
A. A. 自身の大学における学習を活かすことができ、資産運用業務を通して、顧客資産を効率的に育て、間接的ではありますが、人生100年時代における老後資産の確保に貢献したく思い、その為の専門性を初期から身に付け、早期に活躍したい為です。大学の講義で投資に興味を持ったことをきっ...

21卒 本選考ES

受託・マーケット運用
男性 21卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. これまでに最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。 ※(50文字以内)
A. A. 個別指導塾でのアルバイト
Q. その内容について教えてください。 ※(400文字以内)
A. A. 私は個別指導塾で講師としてアルバイトをしていました。その塾には受験に向けて一生懸命頑張る生徒もいれば、勉強が嫌いでやる気のない生徒など様々な生徒がいました。私はこのような様々な生徒に授業をしていく中で、同じ教科の同じ単元を教える際にも、その生徒の個性に合わせ、教え...
Q. 選考時業務チャレンジに応募される方は、学生時代に学んだことを当該業務でどのように活かせるかという観点を含め、応募理由を記載してください。(400字以内)
A. A. 私は研究を通じて培った数理的素養を活かした仕事をしたいという理由から、貴社の受託・マーケット運用業務に関わりたいと考えています。私は大学院で確率解析と呼ばれる分野について研究をしています。確率解析とは不確実性のある現象に対する数学的理論であり、私は純粋数学的観点か...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 京都大学 | 女性
Q. 学生時代力を入れたこと
A. A. 私は所属する○○部において、部の総合力を上げるため、唯一の最上回女子選手として後輩の女子部員の活躍の環境を整えた。○○は男女関係なくレギュラーが選ばれる競技であり、体格で不利な女子は選ばれにくく、率先して取り組むべき課題であった。 第一に技術を後輩に還元した。体...

21卒 本選考ES

総合職Aコース
男性 21卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 学生時代に最も力をいれたこと
A. A. 私が大学で最も力を入れて取り組んだことはサークル活動です。2回生の秋学期から1年間サークルの代表となり、総勢150名のチームを運営しました。メンバー全員とコミュニケーションを取ることを一番に考え、何度もアンケートを取り、その結果を練習やメンバーに反映できるように努...
Q. 興味のある分野
A. A. 不動産 個人 受託
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に苦労したこと、それをどう乗り越えたか?
A. A. 3年生から新たに始めたゼミ活動でのディベートです。 最初は、ゼミ生同士がお互いに遠慮し合い、議論が進みませんでした。これを乗り越えるために、ゼミ長として、ゼミ生同士の友好関係構築と、ディベートよりも相手の意見を尊重できるグループディスカッションの提案を行いました...
Q. 学生時代に頑張ったことは何ですか?
A. A. 野球サークルで東京ドーム出場を目指した事です。 この東京ドーム出場は困難であり、毎年予選で敗退していました。その現状に目を向けた際、試合の大事な場面でのミスによる失点が敗因ではないかと私は分析し、投手力向上と野手の守備力向上が必要だと考え、改善に取り組みました...
男性 20卒 | 南山大学 | 男性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだこと。(400文字以内)
A. A. 独学で簿記2級FP2級宅建外務員MOSの資格を取得したこと。2年次に1ヶ月間台湾に留学をした際、私の専属パートナーとなった台湾人の将来に対しての「姿勢」に感化された。帰国後自分の将来を考え、人で勝負でき様々な人、企業に直接大きな影響を与えることができる銀行員になる...
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。 (200文字以内)
A. A. 大学入学と下宿という2つの大きな環境の変化。これから大学で上手くやっていけるか、一人で生活していけるかという精神的不安が私を苦しめました。下宿先が学生マンションだったため、私は隣に住む学生に挨拶をしに行き、その子と気持ちを共有し良好な関係を築くことでこれを乗り越え...
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。 (200文字以内)
A. A. 1年次にクラスの代表者として、友達の協力を経て、終わりを締め括るパーティを成功させたこと。教授の許可を得て最後の授業を自由に使っていいことになり、自分が企画を任されました。皆を楽しませれる方法を一人で考えるのは良くないと思い、仲の良い友達に相談し、内容の立案、景品...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れて取り組んだこと。
A. A. 「アメリカンフットボールにおいて、後輩のミスによる選手の怪我を0にしたこと」です。当時、30人の選手のうち3人が、後輩のミスにより怪我をしていました。私はこれを0にするために、後輩のミスを減らすことに尽力しました。この経験で最も苦労したことは「後輩に指導した内容を...
Q. 新たなことを始めた時や、環境の変化が起きた時に、苦労したこと、それをどう乗り越えたか。
A. A. 「老人ホームでのボランテイアにおける高齢者の方とのコミュニケーション」です。なぜ苦労したのかというと、私は同年代の方としかコミュニケーションをとってこなかったからです。これを、「相手のことを観察し、一人一人に合った対応をする」ことで乗り越えました。趣味や考え方が異...
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験。
A. A. 「コンビニエンスストアでのアルバイトにおけるアプリ普及活動」です。なぜやりがいを感じたかというと、「仲間と協力してモチベーションを維持した」からです。アプリ普及は、お客様個人がダウンロードするものなので、成果が目に見えくいです。そこで私たちは、「お店の連絡帳に、そ...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

Gコース
男性 20卒 | 中央大学 | 男性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。(400字)
A. A. 個別指導塾のアルバイトです。私の長所である計画性を発揮することで担当していた中学生徒を高校合格へ導きました。志望校のランクを下げることになり失意の生徒に対して、受験勉強に対するモチベーションを取り戻してもらったうえで、継続的に勉強してもらう方法を思索しました。まず...
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えて ください。(200字)
A. A. ○○大学の三年次編入試験です。編入試験は二年次の秋に行われるため大学生活と平行して試験勉強を行わなければならないので、僅かな時間でも有効活用する必要がありました。そこで、私の長所である計画性を発揮して一日ごとの細かなスケジュールを立て、効率的に試験勉強に取り組みま...
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。(200字)
A. A. ゼミで学内外のプレゼン大会に参加したことです。タクシー産業の復興をテーマに、チームでプレゼン大会へ出場しました。ゼミ内だけでは満足な時間を得られないことから自主的に全員で集まり、タクシーの知識、統計の知識、資料作成の知識とメンバー全員が自分の長所を発揮し意見を出し...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. 学生時代頑張ったことに関して内容を教えて下祭(400文字)
A. A. ○○の時間帯責任者の仕事です。私の所属する店舗では常連で来てくださるお客様が多い店舗です。しかし満足度が低下してしまい、サービス改善の必要性を感じました。まず私は従業員とお客様とのコミュニケーションが少ないことに気づき、原因が自信のなさであると考えました。そこで、...
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。 (200文字)
A. A. 新たな人間関係を築くにあたり、自分の価値観を相手に伝えることに苦労しました。私は相手の立場を考えて配慮できることを強みであると感じている為、新たな相手の価値観を受け入れることに困難は感じませんでした。一方で、自分の主張を伝えて相手に受け入れてもらえない事が最大の恐...
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。(200文字)
A. A. テニスサークルの新入生歓迎担当として組織改革を行いました。退会者が非常に多い事が課題となっており、上級生の一部としか話す機会がない事で疎外感を感じさせてしまっていた事が原因でした。そこで1年生を含めた全員をチームに編成し、上級生と常に接する環境作りを提案しました。...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 一橋大学 | 女性
Q. 学生時代に周囲と協力してやりがいを感じた経験(200字)
A. A. 学園祭運営委員会で、〇〇大学の受験対策本を作った。それは原稿から印刷まで全て手作業で、20人でP.170の冊子を1600部、わずか1か月で完成させる必要があった。そこで平日は家が近い人中心に24時まで、休日は全員で一日中作業した。協力して作業を進めたおかげで、無事...
Q. 新しいことを始めた時の苦労とその乗り越え方(200字)
A. A. 苦労したことは、正しいフォームを身に着けることだった。〇〇では日常生活で使わない筋肉をうまく動かす必要がある。しかし私は元々筋肉が少ない体質のため、なかなか正しいフォームで弓を引くことができなかった。そこでノルマとして定められている回数よりも多く練習に参加し、自宅...
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと(400字)
A. A. 私は所属する部活の分断を1つにまとめた。我が部は1部昇格という高い目標で活動しているためモチベーションの高い人が多い一方、〇〇が点数を競う競技であるため個人の優劣が見えやすく、点数だけで人を判断する傾向があった。そしてその傾向が強まってから点数が伸び悩む人を中心に...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 首都大学東京 | 男性
Q. 学生時代に最も力を入れた取り組んだことについて教えてください。(400文字以内)
A. A. 私は寿司屋のアルバイトでキッチンスタッフを担当しました。 駅前の店舗であったため、お客様の来店に波があり仕事にも緩急が生じてしまう点に困難を抱えました。 ある日、混雑状況で注文が殺到し提供が遅れてしまった結果、注文のキャンセルを受けました。 自分が一生懸命作...
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。(200文字以内)
A. A. 準硬式野球部で主将に就任しました。前年度リーグ優勝を経験した主力メンバーがごっそり抜け、30人規模となり選手層が薄くなる状況で、メンバーの活動に対する「意識のばらつき」を感じました。私は「全員の力で目標を達成したい」と思い、「ミーティング」に注力しメンバーの意識の...
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。(200文字以内)
A. A. 準硬式野球部で遊撃手として守備の要を担いました。最小失点で防ぐため細かいプレーに焦点を充て守備力の強化を図る中で、自分の意見を積極的に発信しました。練習や試合を振り返り、議論を交わし、課題に特化した練習を行い、少しずつできることを増やしていきました。「リーグ優勝」...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

Aコース(地域型)
男性 20卒 | 青山学院大学 | 女性
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと
A. A. 私が学生時代に頑張ったことは、ゼミナール活動です。 3年生の12月に行われた、他大学との合同論文発表大会のために、約半年間、研究をし、論文作成を行いました。私のグループは女性3人、男性1人の4人グループだったのですが、あまり親しくない人同士のグループでした。また...
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたか
A. A. 私は小学校と中学校で、吹奏楽部に所属していましたが、高校生になり、運動部であるソフトテニス部に入りました。今まで運動をあまりしてこなかったので、体力もなく、テニスのセンスもあまりありませんでした。しかし、自分で運動部への入部を決めたので、辞めることはせず、休みの日...
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験
A. A. 私は、ゼミナール活動での論文作成にやりがいを感じました。 4人グループでの活動で、その4人グループが3組ある計12人のゼミナールでした。グループごとで論文内容は異なりますが、お互いが行き詰った時には、意見交換をし合いました。時間をかけて、みんなの案が詰まった1つ...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 北海学園大学 | 女性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。(400)
A. A.
カフェでのアルバイトです。新店舗ならではの知名度の低さによる集客率と売上目標未達成という問題を抱えていました。 そこで同期のメンバーと話し合い、お客様満足度向上のために2 点の目標を掲げました。 第一にリピート率を上げるためにお客様とのコミュニケーションを大切にする。第二には、ご注文時にお客様のお好みの味をヒアリングし、コーヒーのカスタマイズおよびそれに合うフードをご提案することです。 その結果、集客率と売上は徐々に上昇し、私はフードの売上を競う期間において「店舗個人売上個数1位」になりました。 私は更なる目標として、お客様の多様なニーズに応えるためには商品知識を深めることが必要だと考え、コーヒーアドバイザーの資格を取得しました。 この取組から、仲間との連携と行動およびお客様の気持ちに共感し、ご要望を引き出すための傾聴こそが質の高い仕事につながる事を学びました。   続きを読む
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。 (200)
A. A.
カフェアルバイトでは、全てがゼロからのスタートでした。お店の雰囲気作り、接客、商品の作り方、初めての経験ばかりで最初は失敗の繰り返しでした。 そのため、お客様からのご苦言も少なくはありませんでした。 そのような時、同期の仲間と支え合い、優しく前向きな社員の方に学び、共通の達成感を味わいたいと思い自主学習を行いました。その結果現在では、新メンバーを指導する立場となるまで成長することが出来ました。 続きを読む
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。 (200)
A. A.
中学時代の部活動です。入部当初から部内の雰囲気は険悪であり退部率が高い状況でした。そこで、自身が最高学年になった際、定期的なミーティングにより、学年を超えた意見交換の場を設け後輩の不満なども積極的に引き出すようにしました。 その結果、退部率はゼロとなり後輩のサポートあってか、初めてブロック優勝をする事ができました。 この経験からコミュニケーションの大切さ及び自ら発信し行動する事の重要さを学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

地域限定型
男性 19卒 | 同志社女子大学 | 女性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。
A. A.
私は人見知りをする性格だったため、この自分を直すために、接客のアルバイトをに力を入れました。初めは人見知りゆえの緊張で思うように接客できないこともありました。しかし、人見知りを自分から直していかないといけないと思ったので、自分なりの接客方法を考え、実行するようにしました。そうすることでだんだん人と話す楽しさを感じることができ、人見知りが改善されてると思うようになりました。また、接客もお客さまに褒められることが増えたので、自分に自信が持てるようになりました。この経験を通して私は自ら行動をする大切さを学ぶことができました。 続きを読む
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。
A. A.
人見知りを直すのに苦労しました。アルバイトで、お客様に声をかけられてもうまく話せず、怒られたこともあり、悔しい思いをしました。一時は本当に辞めたいと思ったこともありましたが、自分を変えるためにあえて接客業を始めたので、自分の接客力を上げていこうと思いました。例えば、お客様が店内で困ってるようだったら自分から積極的に声をかけたり、お会計の際は自分から話題を振って、お客様と少し会話をしたりすることからはじめました。そうすることで自分の人見知りが改善されていってると感じることができました。 続きを読む
Q. 周囲と協力して活動したさいに、やりがいを感じた経験について教えてください。
A. A.
高校での球技大会でバスケットボールのキャプテンになり、皆で賞を貰えたことです。初めはチームワークがあまり良くなかったので、キャプテンとしてできることを考えました。昼休みにメンバーを集めて練習をしたり、他のチームと練習試合を行うことで、徐々にチームワークが良くなっていき、本番では2位になることができました。キャプテンとしてチームのために行動できたことがやりがいに感じました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 北海道大学 | 男性
Q. 学生時代力をいれたことは何ですか?
A. A.
自らの身体のハンデを乗り越えて競歩に打ち込んできました。大学で競歩を続ける上で私の「壁」となったのが、0歳の頃から患っているアトピー性皮膚炎でした。大学から競歩の練習で歩く距離が増え、炎天下で大量の汗をかくようになったことで、激しい痒みに悩まされました。痒みが原因で、競歩において失格の有無も左右する非常に重要な「歩型」が崩れ、時には練習を中断しなければならないほどでした。私がこの状況を練習メニューの組み方を変えることで乗り切りました。夏場、気温が高くなる時期は高校時代のように短い距離の練習(月間250km前後)、気温が下がる時期に長い距離(月間400km前後)の練習と、時期によって練習の距離を変えました。この自分の身体的ハンデに合わせた練習で、目標の日本選手権に出場することができました。この経験から自らの境遇を言い訳にせず、精神的にも身体的にもタフに目標に邁進する大切さを学びました。 続きを読む
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。
A. A.
3年生の夏に福岡市の屋台について新しいゼミの研究のために取材しました。屋台の店主や客や市の職員にヒアリングする中で、課題であったのが相手の気持ちを上手く引き出せる質問を考えることでした。そこで私は質問の具体性を高め、また相手と信頼関係を構築することに努めました、結果、取材を重ねるにつれて相手の答えやすい質問を投げかけられるようになりました。失敗を糧に成功へと繋げていく修正力を学ぶことができました。 続きを読む
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。
A. A.
熱意で人を引っ張っていくことです。高校2年生の秋、県高校駅伝のメンバーが足りず競歩専門の私も駅伝のメンバーにくわわりました。しかし怪我に苦しむ人も多く、メンバーがどこか駅伝出場を諦めている状態でした。そこで私は気持ちの面で部員を引っ張ることを考えました。駅伝の練習に出る頻度を増やし、また練習後の部員が集まる反省で「駅伝に出たい」という目標を共有し、熱意で部員を引っ張っていきました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

19卒 本選考ES

総合職Aコース
男性 19卒 | 愛知県立大学 | 女性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。 
A. A.
その他/学内プロジェクト 続きを読む
Q. その内容について教えてください。 ※(400)
A. A.
●●県●●市の瓦企業の製品紹介記事を英語で作成したことです。このプロジェクトでは、企業様が実際に使う記事を責任もって書き上げようと努力しました。その中で一番難しかったことは、ペアと協力して一つの記事を書いたことです。 二人で書くことによって、英語表現の違いや文脈が合わなくなる懸念がありました。そのため、それらを未然に防ごうと主体的にペアに働きかけました。まず、英語表現の違いを防ぐために、事前にルールを発信し、それに合った言葉選びをしました。次に、情報共有を徹底しました。進捗状況確認や、自分が調べた情報を伝え、それが英語の情報であれば日本語で要約し、相手が早く理解できるよう工夫しました。さらに、アメリカ人とオーストラリア人の先生にも協力してもらい、助言を頂きました。その結果、最終的に納得のいく記事に仕上がりました。私の責任感ある積極的な行動がこの結果に繋がったと考えます。  続きを読む
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。 ※(200)
A. A.
私は三年生の時、●●県庁主催の環境活動に挑戦しました。4人のチームメンバーは外国語と情報科学部から二人ずつ参加していて、知識範囲の違いから、互いの話を理解できずにいました。初めての他学部との協同で戸惑いましたが、リーダーとして自分が分からない部分を積極的に聞くことで質問しやすい環境作りをしたり、分かり易い企画書でチームの理解促進に努めました。新しい環境では積極的に自分から動くことを心がけています。 続きを読む
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。 ※(200)
A. A.
瓦製造企業の製品記事を書いた時にやりがいを感じました。6人のチーム全員で協力して日本語の記事を書きました。それぞれが自分一人では思いつかない意見を持ち合わせていて、最終的には洗練された記事に仕上がりました。役割分担比を個人の予定に応じて変える等、助け合って取り組んだ結果、最終プレゼンで一位を獲得しました。衝突もありましたが、乗り越えた時に絆がうまれ、チームプレイのやりがいを感じました。 続きを読む
Q. あなたの趣味についてお聞かせください。 ※(100)
A. A.
私の趣味はベースギターを弾くことです。高校でフォークソング部に所属した時に始めて、今年で7年目です。忙しい日にも毎日必ず少しでも練習したり、空き時間には音楽を聴いてフレーズを取り入れています 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

Gコース
男性 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 大学時代に力を入れて取り組んだこと
A. A.
私は長期インターンシップに最も力を入れて取り組みました。活動内容は企業に対する営業で、電話でのアポイント取りと訪問を行っています。また、30人在籍しているインターンシップ生のリーダーを務めています。当初は法人への営業目標を達成できなかったため、現状を分析してチームのメンバー目線に立って課題解決することを意識しました。目標が達成できない原因を噛み砕くと、重要な課題は目標数値達成への執着心が足りない点とチームの結束力が足りない点でした。前者の課題克服のため、私がメンバーの出勤日に業務内容の報告を義務付け、1日単位での目標と現実の差を明確にして、チームに目標数値を意識させました。後者の課題克服のため、月に1度のミーティングによって考えを共有する機会を設定し、チームの行動指針を設けることでメンバーの仲間意識を高めました。その結果、現在は1日の目標架電数200件、訪問数5件を達成できています。 続きを読む
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。
A. A.
私が環境の変化に苦労したことは大学2年の夏にオーストラリアへ留学した際に、「なりたい自分」と「留学先での自分」とのギャップに苦しんだことです。私以外のルームメイトは英会話が流暢で、時々彼らの輪に入れていないと感じていました。また、場に適した発言を意識するあまり発言量が減ってしまい、バイタリティを持ち続けるという目標を見失っていました。しかし、発言を繰り返して失敗することで会話の術を学ぶことができると考えて、まずは量的に発言して振り返りをすることで定着を目指しました。具体的には、授業外の時間でも積極的に外国人に話しかけ、会話中に分からなかった単語を当日の夜に復習しました。そして、翌日にその単語を使った会話を実践するというサイクルを繰り返しました。このような生活を続けた結果、積極性と会話力が向上しました。そして帰国日に大勢の留学生に見送られた時に挫折を乗り越えられたと実感できました。 続きを読む
Q. 周囲と協力して活動した際のやりがい
A. A.
私は高校時代に体育祭の実行委員を務めていました。具体的な活動は大型のポスターを製作して掲示することです。その際、予算等の制約がある中でいかに大きく美しいポスターを作れるか、また周囲と企画を練りあげて顧問の先生を納得させることが大変でした。しかし、体育祭が終わった後にポスターが掲示されている様子を目の当たりにしたこと、そして参加者からポスターが良いという意見をいただけたことにやりがいを感じました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 千葉大学 | 男性
Q. 大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。 ※ その内容について教えてください。 ※(400文字)
A. A.
大学新聞の立ち上げとその運営に携わり広告営業を担当しました。千葉大学には大学新聞社は存在しておらず、大学の変化を広く伝え、学生が自分の大学について考える機会を持てたらと思いったのがきっかけです。新聞を発行したことも、取材をしたことも、営業もしたこともなく全て0からのスタート。私の関わった広告営業では、当初は大学周辺の企業への飛び込みを行いましたが、断られる場面が多々有りました。そこで、どんな企業が本音では大学生にアプローチしたいと考えているのか、大学生協内での販売品目の調査や、新入生や在学生の普段の購買行動に着目し周囲への聞き取り調査を踏まえ、まだ大学生との接点を持つことが出来てないもののニーズの存在する業種、企業を洗い出しました。その後会内で提案内容も精査し、企業が広告を出向する利益について読者層のデータも活用しながら検討し、提案したことで成約に結びつけることが出来ました。 続きを読む
Q. 新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。(400文字)
A. A.
大学新聞の第一号発行に一番苦労しました。5人という小規模の人数で組織を立ち上げてから第一号を発行するまで2ヶ月という短い時間しかなくいかに効率的に必要な業務をこなしていくかが課題でした。第一に行ったことは未整備だった発行までのロードマップ整備です。取材、記事執筆、編集、印刷、広告営業、大学当局との交渉など同時に複数の業務を進める必要があり、各業務に関して日単位でのスケジュールを設定することにしました。この段階ですでに当初の発行予定日に間に合わないことが判明し、企業や大学当局への説明も必要でした。このため、企業の方や当局から発行出来るのか不安を抱かれる結果となり、内部でのスケジュール管理の徹底だけでなく外に対しても、連絡を密に取り合うようにし信頼関係を構築していくことで、発行に対して信用して頂きまた協力していただけ無事第一号の発行にこぎつくことが出来ました。 続きを読む
Q. 周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください(400文字)
A. A.
環境イベントの実行委員会に参加した経験です。毎年約1万人が来場するイベントで、実行委員会には県庁・市役所を含めて多様なバックグラウンドを持つ方が参加されていました。この中でボランティアの募集を担当し、その多くの方から求められている内容についてじっくり話を聞きそれに応えていく、また私からは若年層への広報について意見を述べるなど、それぞれの役割に応じて活動し無事開催できた際にはやりがいを感じました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
138件中1〜20件表示