就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社大林組のロゴ写真

株式会社大林組

  • 3.6
  • 口コミ投稿数(431件)
  • ES・体験記(52件)

大林組の本選考の面接の質問・回答

本選考面接

  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

21卒 1次面接

エンジニアリング
21卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 長所と何かエピソードがあれば教えてください。
A. A. 私の強みは人との関りの中で課題を解決する力です。具体的には、困難な課題に対して積極的に様々な人と交流して意見交換をし、幅広い視点から課題を乗り越える力があります。今年の4月から、専攻の機械系ではなく、電気系のテーマの研究を行っています。今まで培った知識を別分野に活...
Q. 就活の軸は何ですか?
A. A. 就活の軸は3つあります。 1つ目は、昔からものづくりや設計することが好きであり、また異分野でも積極的に挑戦し、対応する力を活かして、様々な分野の技術に関わりたいと考えていることから「機械や設計の観点から様々な分野に関われる仕事」。二つ目は多くの関係者を巻き込みな...

21卒 1次面接

建築施工職
21卒 | 近畿大学大学院 | 男性
Q. 学業以外で頑張ったことと強みを教えてください。
A. A. 私は学部時代から3年間続けているガソリンスタンドでのアルバイトに力を注ぎました。1年程で社員さんと同程度の作業ができるようになり、新たに入ってくる後輩の教育係を任され、今では社員さんが休みの日の店舗運営を任されるまでになりました。バイトリーダーとして、年末の繁忙期...
Q. 建設業を志望した理由となぜ弊社を志望したか
A. A. 建設業の魅力は自分が関わった仕事が目に見える形で長く後世にまで残り、且つ社会に大きく貢献できることです。また、建設業は団体競技のように一つの大きな目標に向かって多くの人と関わりながら仕事を進め、ものづくりを通して大きな達成感が得られるという点に魅力を感じ建設業を志...

19卒 1次面接

技術職
19卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 専攻は電気電子なのに、なんで建設業を志望しているのですか。
A. A.
私は仕事をするうえで最も大事なものはやりがいだと思っています。電気電子工学科で勉強しているため、周囲の大半は電機メーカーなどを志望していたのですが、電子部品などの細かいモノづくりなどよりも、人々の生活を変えるような大きなものを作る業界のダイナミックさと地図に残る仕事が出来るという点に惹かれたからです。そのために大勢の人を巻き込んで、多くの技術者たちと協力して仕事をすることにも魅力を感じています。人が安全に暮らすためには建設業は必要不可欠であり、当たり前に生活出来ている環境にありがたみを感じています。そして、今度は私自身が安全な環境造りに携わりたいと思ったのも建設業に興味を持った理由に一つです。 続きを読む
Q. 他のスーパーゼネコンじゃなくてうちが第一志望の理由を教えてください。
A. A.
私は自分が働いていて苦じゃない環境で働きたいと思っています。苦じゃない環境で働くには社員の雰囲気などはとても大事だと思っています。学校の先輩や大林組のことについて少し詳しい友人などから、スーパーゼネコンのなかでも大林組の社員は一番フレンドリーという話を聞いたり、実際に学内の企業説明会にお会いした時にお話をさせていただいたのですが、とても話しやすい方が多かったです。また、大林組のOBと個人的にお話をした際も、とても親切にしてくださり、不安に思っていることや疑問に思っていることなどについて、親身に接してくれました。そういった社員と接して、私も働くうえで、このような優しくて、フレンドリーな社員が多くいらっしゃる大林組で働きたいと思いました。 続きを読む

17卒 1次面接

17卒 | 明治大学 |
Q. 建設業(ゼネコン)の魅力は?
A. A.
建設業は、私たちの生活で最も多くの時間を過ごす空間作りに携われます。また、大手ゼネコンでは、その空間作りを考える1人として、住宅事業から、インフラ事業まで幅広く生活の基盤に貢献できることが大きな魅力だと考えます。特に、スカイツリーのような、日本を代表し、私たちの娯楽を生み出す建設に携われることに興味を持ちました。私自身、日本や世界のシンボルになり続ける建物で、生活に娯楽を提供する建設に携われることこそが建設業の魅力だと感じます。 続きを読む
Q. セールスポイントを教えてください。
A. A.
私は、協調性と社交性に富んでいます。初対面、年齢差に関係なく人と接することが出来ます。積極的に相手に話し掛けることで、出来るだけ早く場を和ませ、話しやすい環境を作ることが出来ます。また、相手の意見を尊重し双方が納得して行動できるよう普段から心掛けています。入社後も業務で関わる方々とオープンな関係を築き、よりよい成果を出すことで御社には貢献できると考えています。これが私のセールスポイントとしていることです。 続きを読む

16卒 1次面接

16卒 | 立教大学 |
Q. 学業で力を入れたことを教えてください。
A. A.
私は「リーダーシップ論」に注力してきた。なぜなら大学のある授業のグループワークでリーダーを務めた際に、周りの力を引き出すことが出来ず悔しい思いをしたからである。私はリーダーシップのスタイルやリーダーに求められる能力などの知識を得るだけでなく、ゼミ活動のリーダーに立候補し、実践の場を設けることで理解を深めてきた。ゼミ活動ではメンバー1人1人の目線に立って考え、それぞれに解決策を実行することで、ゼミに対して積極的ではなかったメンバーのやる気を向上させることができ、よい結果を生むことができた。リーダーの実体験を通じて、メンバーの状況を理解しそれぞれに必要な支援をすることの重要性を学んだ。注意したのは、「結論・理由(失敗)・行動・結果」という順番で話し、相手にうまく伝わるように心がけた。 続きを読む
Q. 学業以外で頑張ったことを教えててください。
A. A.
私は15年間チームスポーツであるサッカーをしている。「自分の力を試したい」と考え、留学先のオーストラリアでも約40人の部員がいるサッカークラブに所属した。しかし入団当初は試合に出場できなかった。その状況を打開するために分析をした結果、私の競り合いの弱さが原因であると分かった。何としてもこのチームでレギュラーとして活躍したいと思い、以下を実施した。①週5回のジムでトレーナーを付け、体作りをプロから学ぶ。②練習後にチームメイトに声を掛け、フィジカルトレーニングを行う。③栄養素に気を遣い食事を摂る。以上の3点実施した結果、半年で7kgの肉体改造に成功し、シーズンの半ばからレギュラーの座を勝ち取ることが出来た。注意したのは、数字を用いることで、相手がエピソードを想像しやすいように心がけた。 続きを読む