AGC株式会社のロゴ写真

AGC株式会社

  • 3.7
  • 口コミ投稿数(566件)
  • ES・体験記(109件)

AGCの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

50件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

生産技術職
男性 21卒 | 岡山大学 | 男性
Q. 1. 創業の精神「易きになじまず難きにつく」を持ち続けているAGCは、これからも新しいことに挑戦していきます。若いうちから一人一人が責任ある仕事を担うため、以下の4つのチカラを持った人を求めています。 この4つの中で自分にあてはまると思うテーマをお選びください  情熱  革新  チャレンジ  インテグリティ
A. A. 情熱 インテグリティ
Q. 上記お選びいただいたテーマに沿って、ご自身で力を入れて取り組んだエピソードを具体的に教えてください。
A. A. 硬式ソフトボール部で「全日本インカレ出場」に向けて日々の練習に力を入れました。私はキャッチャーとしてチームをまとめる役割を担いました。過去のデータから戦略や配球を事前に考え、試合に臨んでいましたが全てがデータ通りにいくことはなく非常に苦労しました。データに全てを頼...
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. ◆学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて(100)
A. A. 所属する○○で、○○として○○人を率いて作品を作ったことだ。
Q. ◆上記活動の目標(100)
A. A. 観客として見た公演に影響されて○○を始めた為、自分も観客を感動させ、影響を与える作品を作りたいという目標があった。
Q. ◆上記活動の内容(300)
A. A. ○○人のうち初心者が半数以上を占め、技術力は例年より低かった。技術力の底上げと観客の心に残る見せ場作りが目標達成に必要だと考えた。そこで初心者と経験者に差が生まれる基礎力の向上、応用を取り入れた作品の山場作りの2点が課題であると考え、下記2点に取組んだ。1.地味で...
Q. ◆上記活動の結果(200)
A. A. 結果、観に来た友人からは「技術に圧倒された、自分もこの団体に入りたくなった」という高評価を得られた。この経験から目標を達成するには我武者羅に取り組むのではなく現状と目標の間にある課題が何かを考え、課題の解決策を考える必要があることを学んだ。
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 22卒 | 東京工科大学 | 女性
Q. 他の人と協力して取り組んだことについて
A. A. 学務課への予算交渉です。サークルを活動する上でサークル費は重要ですが、自分たちで負担するには負担が多すぎ、部費でまかないきれなく、実費で出す人がいるのが現状でした。私は会計に就任したさいに実費をなくしたいと思い、学務課からの予算の使い道を考えました。学務課の予算は...
男性 21卒 | 立命館大学大学院 | 男性
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください。
A. A. 私は、新規開発材料である○○○○○の腐食疲労特性評価を研究しています。○○○○○は○○○○○構造を有し、高強度・高耐食性であるため、機械構造物の高機能化や小型軽量化に有効ですが、繰返し応力を負荷した場合、不働態被膜が破損し破壊起点部となるため、疲労強度が低下する懸...
Q. ご自身で力を入れて取り組んだエピソードを具体的に教えてください。
A. A. 語学力の向上です。私は将来、世界を相手に活躍する技術者になる事を掲げています。それには英語力が不可欠と考え、大学入学時にTOEIC730点突破を掲げました。しかし当初は、苦手なうえにリスニングが経験不足のため、何度受けても実力は伸びませんでした。それでも、「一度立...

21卒 本選考ES

技術総合
男性 21卒 | 同志社大学大学院 | 男性
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください。400
A. A. 母材樹脂と炭素繊維から成るCFRPは、その軽量性と優れた特性から様々な産業で使用されている。CFRPは低速度の衝突により容易に損傷が生じてしまう。外観ではわからないものの内部では様々な損傷が生じており、それにより強度低下を招く。よって上記衝突損傷後の強度を考慮した...
Q. 興味のある職種(第一) 100
A. A. プラントエンジニア 独自の生産設備の開発から設備のメンテナンスまで幅広い業務を経験することができ、裁量権も高いため、ジェネラリストとしての活躍ができると考えたからである。
Q. 興味のある職種(第二) 100
A. A. 製品開発(事業部) 研究職やエンジニア職に比べ、よりお客様に近い立場で業務を行うため、自分の強みを生かしながら手触り感のあるモノづくりができると考えたからである。
Q. お選びいただいたテーマに沿って、ご自身で力を入れて取り組んだエピソードを具体的に教えてください。 400
A. A. 情熱 地域活性化のため地方に行き、お祭りのボランティアに挑戦した。この活動に際し、数ヶ月前から活動の方向性に関してメンバーの意識共有や具体的な活動の検討を行った。活動を行う上で、現地の方がどのようなことに問題意識を持っているかを正しく認識できていなければ、活動の...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて(100字)
A. A. 主将として準体育会庭球部の制度改革に仲間と共に挑んだ。部において、制度改革には現役幹部会とOB会両方からの過半数の賛成が要る。それらを現役生と懇意にして下さるOBと共に乗り越えた。
Q. 上記活動の目標(100字)
A. A. 制度を改革し目標である団体戦での優勝を達成すること。旧態依然の練習制度により生じる高額な練習費の負担に辟易した中心選手が部を去り組織は崩壊寸前。3連覇には彼らを呼び戻すことが不可欠だった。
Q. 上記活動の内容(300字)
A. A. 改革したのは『公平性の観点からレギュラー練習は非レギュラーの目に届かない所で行うべし』という制度。同制度により2万円の会費とは別に、3ヶ月10万円もの練習費を私含めレギュラー達は自己負担していた。改革は想像より困難で、運営幹部の意識改革と前例踏襲主義のOB会の説得...
Q. 上記活動の結果(200字)
A. A. 双方を説得し制度改革を果たした。3ヶ月2万円の費用でレギュラー練習を運営する素地が整い仲間が戻ってきたお陰で悲願の3連覇を達成した。この経験を通して、改革には仲間の協力とキーマンを把握する力が必要だと痛感した。押し潰されそうな重圧を受けながら己を信じ突き進むと、つ...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 九州大学 | 男性
Q. これまでの経験で困難だったこと
A. A. 所属している軟式野球サークルで学園祭に出店をし、代表を務めたこと
Q. その活動の目的、目標
A. A. メンバー全員が主体的に関わりながら準備、出店、運営を協力して行い、バットやボールなどのサークルの備品が買える程の利益を出すこと。
Q. あなたの役割や工夫したことを具体的に
A. A. 私は全体を管理、統括するいわばプロデューサーの役割を担っていた。 10月の学祭に向け5月から準備を開始したが、当初は思うように協力が得られず、出品物や予算、人員管理等の話し合いや準備が進まなかった。 私は原因をメンバーの思いが皆バラバラでまとまりがない事だと考...
Q. その活動の結果やそこから学んだこと
A. A. その結果皆が積極的に意見を出し、主体的に企画に取り組めるようになった。本番は台風で一日中止になり、仕入れ量やシフトの計画が変わるというハプニングにも皆で協力して柔軟に対応でき、バットやボールなどサークルの備品を買うには十分な黒字を出す成功を収めた。 この経験から...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 筑波大学大学院 | 男性
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください。
A. A. 私の研究は、○○によるバイオ燃料電池正極の出力向上である。バイオ燃料電池は、酵素を電極触媒として正極で酸素を還元し、負極で糖やアルコールを酸化することで電力を得る燃料電池である。燃料が自然由来のため持続可能であり、酵素は常温常圧、中性pH付近で活性を持つため生体親...
Q. 上記職種で選択いただいた理由を簡単に入力してください。
A. A. 私は知的財産の観点で研究開発に携わりたいため志望する。特許を出願し自社の技術を守るだけでなく、幅広い知識を活かし開発戦略を立てることで製品を生み出すことに貢献することが目標である。
Q. 上記職種で選択いただいた理由を簡単に入力してください。
A. A. 私は新しい技術によって社会を支えたいため志望する。研究活動で培った知見や研究遂行能力を活かし、貴社の持つ社会に大きな影響を与える技術を発展させ、人々の生活を支えることに貢献したい。
Q. 情熱、革新、チャレンジ、インテグリティから二つお選びいただいたテーマに沿って、ご自身で力を入れて取り組んだエピソードを具体的に教えてください。
A. A. 私が力を入れたことは、卒業研究の有機二次電池の開発である。有機二次電池の研究は、当研究室での前例がなく、一人で学び研究する必要があった。研究の土台がないため電池を組むための材料検討に時間がかかり、卒業研究の時には苦労をした。孤独感や不安、疲労から、もうやめたいとも...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 神戸大学大学院 | 男性
Q. ◆学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて 100文字以内
A. A. 大学3年生の時に、合唱部のテノールパート内でサブリーダーの立場から練習メニューをアレンジし、団結力強化に貢献したこと。
Q. ◆上記活動の目標 100文字以内
A. A. チーム全体の集中力を強化するため。全体練習の際に、テノール部員同士の連携が揃わず練習の進行を止めてしまう問題が蔓延化していたため、表現技能と共にメンタルタフネスを鍛える必要があると考えた。
Q. ◆上記活動の内容 300文字以内
A. A. 集中力のなさの根本的な原因は、基礎体力不足にあると考えた。そこで基礎体力を強化するために、「準備運動と発声練習」のメニューに注力した。工夫した点は2つある。1つ目は、実行時間を20分から1時間に増やしたこと。基礎作りには量が必要であると考えたから。2つ目は、リーダ...
Q. ◆上記活動の結果 200文字以内
A. A. 3ヶ月取り組み続けた結果、以前まで1日10回ほどあった練習の停止がほとんどなくなった。また、パート内の団結力が向上し、演奏会の練習もスムーズに進むようになった。万全の状態で挑んだ演奏会は大盛況。パート別の講評で全員のボイストレーナーから「歴代最強のテノール」と講評...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

技術営業職
男性 20卒 | 広島大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマ
A. A.
FERゼオライトナノシートの合成条件検討および触媒応用 続きを読む
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください。
A. A.
ゼオライトは結晶構造中に分子サイズの細孔を有しており、工業用触媒などとして幅広く利用されています。中でも結晶サイズの小さなゼオライトナノシートは、高い外表面積を有し活性点が多いことから、優れた触媒として期待される材料であります。しかし、ゼオライトナノシートの既存の合成法は、合成システムが複雑であったりコストが高いといった工業化への欠点を有していました。当研究室ではこれまでに、安価な原料を用いた簡便な一段階の合成法によって、極めて高い外表面積を有する新規ゼオライトナノシートの合成に初めて成功しました。そこで私の研究では、まず合成条件検討を行うことでこの新規材料の合成可能な条件範囲の解明および物性値の自在な制御を試みました。さらに、ゼオライトを酸触媒として用いるためにはプロトン交換という手順が必要になるのですが、私は従来法よりもこの新規材料に適した新しいプロトン交換法を検討し、確立しました。 続きを読む
Q. あなたの専攻や研究テーマのキーワードを教えてください。
A. A.
触媒、ゼオライト、無機材料、無機合成、活性 続きを読む
Q. 最も興味のある職種(第1希望)を選択してください。
A. A.
【技術営業】 続きを読む
Q. 上記で選択いただいた理由を簡単に入力してください。
A. A.
私は、お客様をはじめとする様々な人と数多く関わりたいと考えています。お客様・製品・他部門の3つを繋げる要である技術営業は、人との関わりが多くやりがいの大きい魅力的な職種だと感じたため希望します。 続きを読む
Q. 学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて
A. A.
私はアルバイトにおいて、バイトリーダーとして社員の方や他のアルバイトと協力してお客様から寄せられるクレームの減少に取り組みました。 続きを読む
Q. 上記活動の目標
A. A.
毎月複数寄せられていたお客様からのクレームの減少に取り組み、お客様により満足していただける店舗にすること。 続きを読む
Q. 上記活動の内容
A. A.
私はクレーム減少のためには自分一人ではなく店舗全体で取り組む必要があると感じ、まず社員の方に協力を仰いで一緒に何をすべきか議論しました。そこで私は、アルバイトと社員が集まる会議を月に一回行うことを提案しました。私は一部の人間だけではなく皆がミスを減らす意識を持てるようにと考え、その会議で当月の営業での問題点や気づきを一人ずつ発言する機会を設けました。その会議ではアルバイトの皆に協力を呼びかけ、クレーム減少に向けて真剣に取り組む雰囲気を全体で持ちました。社員の方もアルバイトの皆も快く協力してくれ、月に一度ではあるものの全員がクレームを減らすために意見を出せる中身の濃い会議にすることができました。 続きを読む
Q. 上記活動の結果
A. A.
会議を始めてから半年後には、皆の接客の質が一部ではなく全体的に向上して実際に以前から常連のお客様からも「接客がより良くなったね」と声をかけていただきました。そして、一番の課題であったお客様からのクレームは、取り組む前の半数以下にまで減少することができ成果を出すことができました。周りと協力してクレーム減少に取り組めた経験から、多くの人と関わって一つの目標を達成することの面白さや魅力を感じました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

製造エンジニア職
男性 20卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. 研究概要
A. A.
私はカテーテル等の医療機器への応用に向けた電気活性高分子(EAP)アクチュエータの作製を行っています。アクチュエータとは電気などのエネルギーを与えて動作するものです。EAPアクチュエータは両端に電極膜、中央に電解質膜の3層からなり、キャパシタのような構造をとっています。両電極に電圧を印加することで、電解質膜中の陽イオンと陰イオンが両電極に分かれ、両イオンの体積差からEAPアクチュエータは動作します。EAPアクチュエータは生物のような柔らかい動作が実現可能な一方で、複雑な体内を巡るカテーテルへ応用するためには、どのような角度でも曲がり、かつ進んでいかなければならず、そのためには変位量向上が課題です。そこで私は変位量が電極膜の比表面積に依存する点に注目し、電極膜を従来の鋳型により成膜するキャストシートからナノファイバーシートにすることで比表面積を増大させ、変位量向上を目指しています。 続きを読む
Q. 職種選択でその職種に興味がある理由
A. A.
希望職種:製造エンジニア職 一つの製品を量産化するにあたり高品質な製品生産のために中心となり、様々な部門の方々と連携をとって、その方々と同じ目標に向けて協力して仕事を進めていくことに大きなやりがいのある仕事だと感じたため。 続きを読む
Q. 学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて
A. A.
新入生オリエンテーション合宿において、初対面の新入生同士をつなぐ学生ボランティアへの挑戦 続きを読む
Q. 上記活動の目標
A. A.
私の出身学部に入学してきた新入生が参加するオリエンテーション合宿において、新入生が多くの友人を作り、新生活に対する不安を解消できるように先輩学生の私たちがその手助けをすることです。 続きを読む
Q. 活動内容
A. A.
活動内容は「新入生が抱える不安の相談を受けながら、新入生と共に生活すること」です。私たちは責務を全うするため「レクリエーション企画」と「先輩学生として意識すること」の2点を事前に話し合いました。1点目に関して、100人の新入生が全員と話し合う機会を設ける企画を用意しました。2点目に関して、新入生同士の仲を繋ぐためには、私たちが誰とでも楽しく話す場面を見せることが重要と考え、以下を心がけました。「周囲と馴染めない新入生の間に入って話せる雰囲気を作る、また先輩学生同士でコミュニケーションを頻繁に取り、私たちも楽しむこと」、「新入生に気軽に相談しやすい状況を作ること」。以上を念頭に当日へ臨みました。 続きを読む
Q. 上記活動の結果
A. A.
合宿後のアンケートに、合宿で友人が出来、不安が解消されたという感想を新入生全員からいただくことが出来ました。実際に合宿解散後、初めは不安な面持ちで参加していた新入生が笑顔で帰宅していき、アンケートの結果が裏付けられたと思っています。また、後日新入生と学内で会った際も挨拶され、何事にも代えがたい喜びを味わいました。この活動を通して、チームで協力して一つの目標に向けて取り組むことの楽しさを学びました。 続きを読む
Q. 創業の精神「易きになじまず難きにつく」を持ち続けているAGC旭硝子は、これからも新しいことに挑戦していきます。 若いうちから一人一人が責任ある仕事を担うため、以下の4つのチカラを持った人を求めています。 情熱、チャレンジ、革新、インテグリティの4つの中で自分にあてはまると思うテーマをお選びください(複数選択可)
A. A.
情熱、チャレンジ、革新 続きを読む
Q. 上記お選びいただいたテーマに沿って、ご自身で力を入れて取り組んだエピソードを具体的に教えてください。
A. A.
私は準硬式野球部の活動に力を入れて取り組みました。私の部が挑戦したのは、リーグ戦優勝、リーグ昇格といった目標です。しかしこの目標は大きく漠然としています。そこで短期、中期目標を設定し目標を細分化することで、垣根を低くし一つ一つの達成に注力しました。中期目標を「弱みの打撃力向上や犠打等を利用した戦術の強化」とし、さらに練習前に短期目標をチーム内で共有しました。また投手の私は対戦データから、打者や走者との間合いの工夫および新球種の必要性を感じたため、個人目標も定め日々意識して練習しました。新球種の習得は試行錯誤の繰り返しでしたが、絶対習得するという強い思いから己を奮い立たせ、習得にこぎつけました。これらの結果優勝、昇格を果たすとともに昇格後も優勝争いに加わり、本学過去10年間で最高成績を残しました。以上の経験から段階的に目標を定め、達成に向け考え、熱意をもって行動することの大切さを学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 九州大学大学院 | 女性
Q. 学生時代頑張ったこと 100文字以内 テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて
A. A.
○○での大学時代、社会実践部○○を務め、貧困の子供の教育支援をするため、メンバー15人とともに学内でバザーに取り組み、バザーで得た収益金で220冊の本を買って貧困の子供たちに贈ったことです。 続きを読む
Q. 上記活動の目標 100文字以内
A. A.
昨年の1.2倍の売上を上げることをチーム共通の目標としました。また、昨年の経験を振り返り、混雑時間帯において、人手不足で対応が遅いという問題を発見し、人員配置の課題を解決することを目標としました。 続きを読む
Q. 上記活動の内容 300文字以内
A. A.
リーダーである私の主な役割は、組織全体の人員配置と売上向上企画です。昨年の経験から、1. メンバー15人の配置を最適化すること、2. 売上を上げることの2点を心がけました。人員配置を最適化するため、来店客数を予想する必要があると考え、ミーティングで課題を示し、メンバーと人員配置の協議をしました。そこで、私は客層を学生と教職員の家族に分け、それぞれ集まりやすい時間帯と場所に応じて人員配置をすると提案しました。また、売上をあげるため、メンバーと販売状況を確認し、販促企画を立ち上げました。売れ筋商品と売れない商品をセットにしたり、貧困の子供が描いた絵を印刷してプレゼントにしたりしました。 続きを読む
Q. 上記活動の結果 200文字以内
A. A.
私がチームのリーダーとして、チーム全体の売り上げ目標であった1.2倍を超え、売上前年比1.5倍の達成に導きました。また、バザーの収益金で220冊の本を子供達に贈ることができました。その時、ある女の子が「この本が読みたかった、ありがとう」と言って大変喜んでくれました。この経験から、問題意識を持ち、周囲を巻き込みながら行動し、解決策を見つけることの重要性を学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて
A. A.
私は大学〇年から、○○を扱う企業で長期のインターンを行っている。そこで○○という前例のない課題を、インターン生6名のチームで取り組んだことだ。 続きを読む
Q. 上記活動の目標
A. A.
上記の課題のゴールは、お客様のもとに○○していただくことだ。そのゴールに到達するためにチームとして設定した目標は、「お客様にご満足いただける提案を行うこと」だった。 続きを読む
Q. 上記活動の内容
A. A.
上記の課題において、インターン生のチームに任されたのは、お客様へ提案を行う際に用いる提案資料の作成だった。初めてお客様のもとに○○していただくため、どのような資料を作成するべきか手探り状態で検討しなければならなかった。そこで、上記の目標に従い、「お客様にご満足いただける」内容の資料を作成することに決定し、私はチームリーダーとして以下の工夫を提案し、チームとして実行に移した。 ・お客様のニーズを知るためにお客様にヒアリングを実施 ・チームで協議したことをお客様に共有し、お客様のニーズに適しているのかを確認 以上の工夫を実行し、お客様のご要望に応えることができる提案資料の作成に注力した。 続きを読む
Q. 上記活動の結果
A. A.
上記の取り組みから、お客様にご納得いただける提案資料を作成することができたと考えた。実際に私がお客様のもとに出向き、作成した資料を用いて提案を行ったところ、お褒めの言葉を頂けた。その結果、無事に○○していただけた。以上の経験から、お客様のニーズに応え、お客様の満足度を向上させるためには、お客様の立場や生活状況などをきちんと把握し、自分と置き換えて考える必要があるということを理解した。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 明治大学 | 男性
Q. ◆学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて 100文字以内
A. A.
アルバイトです。特に〇〇として、居酒屋の売上向上に力を入れました。〇〇とは、ホール業務の他に毎月改善レポートを提出する役職です。レポートを考える際お客様、スタッフと協力して取り組みました。 続きを読む
Q. ◆上記活動の目標 100文字以内
A. A.
目標として、売上を1,2倍向上させる事を掲げていました。そしてその中でも私は、リピートしていただくお客様の増加を目標としていました。理由として、リピートが長期的な利益に繋がると考えたからです。 続きを読む
Q. ◆上記活動の内容 300文字以内
A. A.
改善レポートを提案する際、お客様の共通するニーズがわからないという困難がありました。そのために私は、何事もお客様の立場に立って考え、またお客様とのコミュニケーションを積極的にとる工夫をしました。その中で、注文したいときに注文出来ず、機会ロスが発生している事が問題だと見つけました。この問題に対して、スタッフと話し合う場を設け、そこで意見交換をしました。そこで出た意見を参考にし、全て一から相手の立場に立って考え続けました。その結果、注文方式をタッチパネル方式にするべきという提案をし、採用される事が出来ました。 続きを読む
Q. ◆上記活動の結果
A. A.
採用された結果、目標を上回り売上を前年度比1.3倍にする事が出来ました。実際にリピートしていただいくお客様が増えたように感じます。今後も、課題を探し続けそれに対する改善策を提案していきたいです。私はこの経験から、相手の立場に立つ事が課題解決の大きな一歩となることを学びました。御社においても、相手の立場に立って考えられる営業として、信頼を勝ち取っていきます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 同志社大学 | 女性
Q. 学生時代頑張ったこと テーマ:他の人と協力して取り組んだことについて
A. A.
新聞社の営業のアルバイトで、諦めずに自分と向き合い、周囲のサポートを獲得しながら新規開拓の成約率を最大40%にあげたこと。 続きを読む
Q. 上記活動の目標
A. A.
契約更新の通常業務の成績上位10%ほどが任せられる、難易度の高い新規開拓の成約率を20%以上に伸ばすこと。 続きを読む
Q. 上記活動の内容
A. A.
私は上記の目標を達成するために、まず新規開拓業務で活躍する先輩や社員に普段の営業の流れをヒアリングして自分と比較したり、自分の営業を客観視し直した。すると「形だけでなく心も動かして契約を取る」という通常業務で大切にしていた自分の軸に沿って行動できていなかったことに気が付いた。再度お客様の立場に立って考えてみると、新規開拓の場では通常業務に比べてお客様との最初の心の距離がより遠いため、人間関係構築がより重要だと認識した。そこで営業マン以前にまず人として向き合い、積極的に自己開示をして相手との共通項を見つけることで心の距離を縮め、砕けた会話で汲み取った相手のニーズを満たす形での契約に努めた。 続きを読む
Q. 上記活動の結果
A. A.
結果として5%だった新規開拓業務の成約率を最大40%にまで伸ばした。またこの業務を通して、なによりもまず人間関係を構築することが営業のはじめの1歩であると身を以て学んだ。そしてこのアルバイトで何千人ものあらゆる層の方と深く話すことで、勝手に抱く先入観の不毛さを痛感し、外見や肩書きに惑わされずまっすぐに相手の話に耳を傾けることのできる自分に変わることができた。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 九州大学大学院 | 男性
Q. あなたの長所、短所をそれぞれ一言で教えてください。
A. A.
長所は、自分に対して誰よりもストイックなところです。研究、部活において、納得いくまで没頭したり、先輩後輩、専門分野関わらず多くの人からアドバイスをもらい、自分なりに咀嚼したりすることで何事にもアプローチしました。 短所は、あらゆる可能性を考え、慎重になりすぎるため、物事を判断するのに時間がかかることです。スピード、丁寧さの比重は時と場合によるため、そこのメリハリを考えて行動するように心がけています。 続きを読む
Q. 職種選択(基礎研究) 上記で選択いただいた理由を簡単に入力してください。 100文字以下
A. A.
基礎研究を行なっていくなかで、見付け出した新たな知見が、実際に応用研究の基礎となり、社会に新たな貢献をしていく礎となることに、やりがいや誇りを感じたからです。開発の中でも基礎研究に注力したいです。 続きを読む
Q. 職種選択(営業技術) 上記で選択いただいた理由を簡単に入力してください。 100文字以下
A. A.
他分野の学会などで多くの発表を行った経験があり、全く知見がない人たちに自分の研究を世に広めていきました。専門知識を時には分かりやすく、時には掘り下げる力を活かしていきたいと思ったからです 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. これまでに最も力を入れて取り組んだことを教えて下さい。 30文字以下
A. A.
台北大学との研究発表において、リーダーを全うしたことである。 続きを読む
Q. これまでに最も力を入れた取り組みにおいて、目標としていたことを教えて下さい。 200文字以下
A. A.
私達のゼミは、文献研究のみではなく、プロジェクト単位で多面的な視点から理解を深めている。昨夏、専攻分野が共通する台北大学の学生と発表及び議論を英語で行った。普段のプロジェクトとは異なり、海外の学生と英語で意見交換を行うことは、知見を広げる良い機会だと認識し、発表の完成と議論の活性化を目標に本活動に取り組んだ。発表の完成には、全員の活躍が必要であると私は感じ、その基盤作りを意識してリーダーを務めた。(200) 続きを読む
Q. これまでに最も力を入れた取り組みの具体的な内容を教えて下さい。 300文字以下
A. A.
本活動では、「日本のCSRの特徴と課題」をテーマに研究を進めた。3本の海外文献から比較研究を行い、日本的特徴を見出そうと臨んだ。研究内容が膨大であった為、役割分担し準備を進めていたが、チーム全体としての方向性を見失う傾向があった。情報共有なしに、分担作業は機能しないことに気付き、目標を共有する必要性を、私は感じた。そこで、ミーティングを増やす提案を行うと共に、全員が発言できる環境作りに努めた。また、全体像を全員が把握することが重要だと考え、ドライブ上で議事録を作成した。徐々に一体感が高まり、全員が一つの目標に向かってやりがいを持って準備を進めた。満足のいく準備の上で当日を迎えることができた。 (299) 続きを読む
Q. 取り組みの結果を教えて下さい。 50文字以下
A. A.
当日のプレゼンの成功。さらに、その後の議論は活発なものとなり、合理的な結論を導き出すことができた。 続きを読む
Q. 旭硝子で興味のある仕事はありますか?自由にお書き下さい。 30文字以下
A. A.
営業・マーケティング 続きを読む
Q. 就職活動において、企業を選ぶ際に重視していることを教えて下さい。
A. A.
「業務内容に魅力がある」 「多様な人と関わりながら働くことができる」 「組織でビジネスに取り組むことができる」 「扱う商材に魅力がある」 「尊敬する上司が存在する」 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. あなたの研究テーマ名を教えてください。
A. A.
生理活性物質を供給可能な培養デバイスを用いた生体外での毛髪再生 続きを読む
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください。※修士・博士の方は現在の研究テーマ、学部の方は卒業テーマを、決まっていない場合はその旨を入力してください。
A. A.
生体外での毛髪再生を目指した研究を行っています。脱毛症にはいくつか種類がありますが中には医薬品で治療できない事例もあります。このような症状を持つ人が多いことから、毛髪再生は今後不可欠な技術だと考えられています。我々の研究室では、毛髪再生に必要な二種の細胞をゲルに包埋して三次元構造を構築する培養法により毛包組織の再生に成功しています。しかしながら、三次元培養体の内部にまで培養液成分を浸透できない問題があり未だ毛髪の再生には至っていません。そこで、細胞の増殖、分化に効果的な生理活性物質を持続的に三次元培養体の内部まで供給可能な培養デバイスの開発を行っております。さらに、開発したデバイスを用いて実際に細胞培養することにより生体外での毛髪再生を試みています。 続きを読む
Q. あなたの専攻や研究テーマのキーワードを教えてください。
A. A.
機械工学 細胞生物学 組織学 続きを読む
Q. 最も興味のある職種(第1,2希望)を選択してください。
A. A.
1.商品開発 2. 研究 続きを読む
Q. 上記で選択いただいた理由を簡単に入力してください。
A. A.
1.商品開発 若いうちから自分のアイデアを提案できる風土がある貴社の商品開発職を通して、多くの製品に関わっているガラスで「自分の思いを形にしたい」と考えて志望しています。 2. 研究 ガラスを通じることで様々な製品のものづくりに携わることができるからです。より機能的なガラスの開発を行うことで、日本のものづくりの可能性を引き出したいと考えています。 続きを読む
Q. あなたの長所、短所をそれぞれ一言で教えてください。
A. A.
長所は、複数のことを同時に要領よく行えることです。短所は、人の気持ちを考えすぎてしまい、自分の意見を発言できないときがあることです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 埼玉大学大学院 | 女性
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください。
A. A.
私は、酵素のモデル錯体を用いた新規治療薬の開発を目指して研究を行っています。酵素とは、生物が持つ金属錯体であり、ある物質を別の物質に変換する性質を示します。その1つとして、酸素と反応して一酸化炭素(CO)を生成する酵素があります。COは体内で抗がん活性を有するため、この酵素は新規抗がん剤として期待されます。一方で、COは高濃度では免疫不全を起こすことが知られています。したがって、この酵素を医薬材料として応用するためには、CO生成量の制御、すなわち、その反応活性の制御が求められます。そこで私は、酵素のモデル錯体を合成し、その反応活性の制御を目指しました。その結果、置換基を導入することにより、容易に反応活性を制御することに成功しました。また、この結果から考察を深めることで、酵素の分子骨格が反応活性に与えている影響を解明し、学術的にも興味深い知見を世界で初めて獲得しました。 続きを読む
Q. あなたの長所、短所をそれぞれ一言で教えてください。100文字以下
A. A.
私の長所は、目標達成のために主体的に行動するところです。これは、自ら方針を考え研究を進めてきたことで培われました。短所は、行動力があるぶん、計画性や慎重性に欠けるところです。 続きを読む

17卒 本選考ES

総合職 技術系
男性 17卒 | 北陸先端科学技術大学院大学大学院 | 男性
Q. あなたの研究テーマの概要を教えてください 400文字以下
A. A.
水と電気と光を用いた、効率的かつ環境に優しい水素製造法についての研究を行っています。 近年、水素エネルギー社会の到来が現実的なものとなり、さら水素の低コストおよび低環境負荷な製造方法が求められています。そこで私は光電気化学的水分解という手法に着目致しました。光電気化学的水分解では、本多-藤島効果により、0.5 Vまでの必要電圧の低下が報告されています。しかし実用化には更電圧低下が必要不可欠です。これらの背景を踏まえ本研究では、生物由来の原料を用いて合成したクルクミン由来ポリエステルを色素増感剤として用いた電極の開発を目指しております。これにより、酸化チタンだけでは吸収できなかった、可視光領域の光まで吸収出来るため、必要電圧低下とともに環境負荷の低減が期待されます。さらに酸化イリジウムを導入した電極の開発も行い、色素増感剤の大きな問題点である耐久性の向上も目指します。 続きを読む
Q. 最も興味のある職種(第1and2)を選択。上記で選択いただいた理由を簡単に入力100文字以下
A. A.
開発(研究) 新しい商品や技術の最前線であるから。そういった刺激的で日々成長できる環境で、世の中を変えるような画期的な商品を生み出し、社会に貢献したいと考えているから。 製品開発 持っている技術の利点を踏まえ、それに付加価値を導入し、世の中を変えたり、人の役にたてる商品を直接自分の手で生み出したり出来るという点に興味を持った。 続きを読む
Q. あなたの長所、短所をそれぞれ一言で教えてください。100文字以下
A. A.
短所は慎重すぎるところです。一方で長所も、その慎重さにあります。リスクを極力減らし、より確実性の高い方法を探ります。研究でも実験する前に情報収集を丹念に行い、ミスを防ぎ、まさかの事態に備えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
50件中1〜20件表示