グーグル合同会社のロゴ写真

グーグル合同会社

  • 4.5
  • 口コミ投稿数(594件)
  • ES・体験記(4件)

グーグル合同会社の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

2件中2件表示

18卒 本選考ES

Associate Account Strategist
男性 18卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. Google の求人に応募した理由を教えてください。
A. A.
Google’s Associate Account Strategist is a position that requires communication, management, creativity and presentation skills. These are the exact skills I acquired in college, where I pursued political science and theatre. In terms of communication skills, not only have I lived in the U.S. and China for a total of 9 years, where I interacted with people from various backgrounds, I was also constantly talking to and understanding people with different opinions in political science. For example, I studied at an American university in my junior year where I encountered students with strongly liberal views. The following year when I was chosen as a delegate of Japan in a research fellowship held in Washington D.C., however, I found myself in midst of highly conservative people who frequently referred to the U.S. as the “leader of the free world.” In terms of management skills, I interned at the U.S. embassy in Tokyo and at an international performing arts festival as a program manager, which required managing of 50 programs a year and 20 performing art pieces in 2 months, respectively. In terms of creativity and presentation skills, I have played lead roles 4 times in theatrical productions, including a performance where I won the Best Actress prize, and the deep involvement in theatre made me a confident and adept public speaker and a creator. There is no other position like an Associate Account Strategist where I can utilize all of my experience and skills I acquired in college to help make impact in the world. Additionally, I am especially attracted to this position because it shares the same kind of responsibility that I faced as a lead of theatrical productions. As the primary point of contact for clients, Associate Account Strategist is responsible for effectively conveying all the benefits of Google products and services that other employees have created. This is the same when you serve as a lead of theatrical productions. I was the communicator that connected the production and the audience, because no matter how the story the scriptwriter wrote was beautiful or how the lights, sounds, and sets that the backstage crew had worked on were spot-on, it ultimately depends on the actors to convey that to the audience. As big of a responsibility that is, it is simultaneously rewarding in the end. As an Associate Account Strategist, I aspire to be a great communicator of Google products and services as well. 続きを読む
Q. あなたのことが「一番」よく伝わるエピソードを教えてください。
A. A.
私の強みである「達成欲」と「積極性」を最もよく表すエピソードとして、史上最悪の5連敗中であった英語劇大会で主演女優賞を受賞し、「弱小」という評判を覆したことが挙げられます。当初、私の団体は他大学に合同稽古を申し入れても断られるほど軽視されていました。その中で主役に抜擢された私の最大の役割は、主演女優賞を獲得し、連敗脱却の突破口を開くことでした。その際、負け続けていた団体には勝てるだけの知識がなく、短期間で飛躍的に演技力を伸ばす糸口を見つけることが課題でした。まず私は、参加大学の現役生と卒業生に連絡を取り、10代から50代の方まで、合計50人以上と交流し、知識を蓄積しました。その中で特に協力的な卒業生の力を借り、5年間踏襲されてきた稽古様式を見直し、意図の不明確なエクササイズをより効果的なものに置き換え、稽古を刷新しました。稽古様式を斬新に変えることには大きな責任も伴い、長い間上達が見えない時には責任感に押し潰される想いでしたが、結果、主演女優賞だけでなく英語賞を受賞し、「弱小」の団体が「優勝」を果たすことができました。どんなに下にいても短期間でトップまで昇りつめる「達成欲」、そしてそれを可能にする「積極性」を存分に活用し、貴社でも一流のストラテジストとして活躍したいと考えています。 続きを読む
男性 19卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. Google の求人に応募した理由を教えてください。
A. A.
Googleでは、自分が仕事によって成し遂げたいことが可能であると考えるためです。私は仕事を通じて、個々人の選択肢がこれまでより広まる世界を実現したいと考えています。そのための手段として、広告の点からアプローチしていきたいです。というのも、広告によって様々な人に情報が届く。そして、その情報によって、受け取った人々の新たな可能性が拓けると考えるためです。入社から五年後には、広告事業のプロジェクトリーダーを任される存在になりたいです。そのためには、チームを率いて、メンバーと協働する能力と数多くの広告事業に携わる経験を積む必要があると考えます。そういった能力を培って、経験を積むには、多種多様な顧客に関われ、幅広い仕事が可能で、かつ、仕事に精通しているプロフェッショナルが多数いる環境が必要です。世界中でそのサービスが用いられているGoogleなら、その環境が揃っていると考え、Googleを志望します。 続きを読む
Q. あなたのことが「一番」よく伝わるエピソードを教えてください。
A. A.
とある大手損害保険会社の説明会に行った時の出来事です。その説明会では、服装が自由、という規定がありました。そのため、自分は私服で出かけました。ところが、95%以上の人がスーツで来ていました。それだけなら良かったのですが、内定者の二人が、こちらが私服であるのをみて、吹き出しました。それをひどい侮辱であると受け止めました。そこで、アンケートに「服装が自由であるというルールがあるにも拘らず、私服で来たら内定者に馬鹿にされました。非常に不愉快でした」と書きました。このように、納得できないことに遭遇した際、たとえ少数派であったとしても、声をあげて自分の意見を主張します。 続きを読む
2件中2件表示