株式会社オリックスのロゴ写真

株式会社オリックス

  • 0.0
  • 口コミ投稿数(9件)
  • ES・体験記(2件)

オリックスの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

2件中2件表示
男性 17卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私は人を支える仕事がしたいと思い貴社を志望しました。中学時代2度の骨折と骨折による手術で右腕が使えなかった時,周りの人に支えられた経験から今度は誰かを支えたいと思うようになった。ただ人を支える仕事って世の中にたくさんある。その中でもリース業界はリース業界はどんなものでもリースでき,無限の可能性がある分,様々な人を支えていけると感じました。その中でも貴社は事業の広さに魅力を感じました。リース事業以外にも銀行事業、海外事業また生命保険事業など様々な角度から人を支えることができそうだと感じました。 続きを読む
Q. 希望する具体的な会社名
A. A.
第一志望 会社名 オリックス株式会社 .第二志望 会社名 りそな 第三志望 会社名 三菱UFJ信託 続きを読む
Q. 業界志望状況
A. A.
業界志望状況 第1希望 : その他金融 第2希望 : 生保・損保 第3希望 : 銀行・証券 続きを読む
Q. インターンシップ経験について
A. A.
インターンシップ経験社数 3社 .インターン参加社名1 三井住友海上保険株式会社 .インターンシップ実施期間1 2015年08月31日 ~ 2015年09月04日 .インターンシップ内容1 営業体験など .インターン参加社名2 三菱オートリース株式会社 .インターンシップ実施期間2 2016年02月16日 ~ 2016年02月17日 .インターンシップ内容2 財務諸表についてのワークなど .インターン参加社名3 株式会社香川銀行 .インターンシップ実施期間3 2016年02月09日 ~ 2016年02月10日 .インターンシップ内容3 会社についての質問会 続きを読む
Q. 周囲を巻き込んだ経験
A. A.
私はバレーボールサークルの活動で周囲を巻き込みました。私のサークルはキャンパスの移転に伴い,15人いたメンバーが10人にまで減少しました。バレーボールは12人制であるため,試合もできない状態でした。そこで私は以前サークルに所属していて途中でやめてしまったメンバー2人をサークルに呼び戻そうと考えました。初めのうちはなかなか話を聞いてくれませんでしたが私の粘り強さを生かし何度も何度もサークルに戻らないかと誘ううちにいつしかサークルに2人とも戻ってきてくれました。結果,12人揃いサークル存続の危機を回避できました 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. オリックスに興味を持った理由、出来事などがあれば教えて下さい。(300)
A. A.
私が貴社に興味を持った出来事は、学内セミナーでお話しを伺ったことです。私は、神戸で生まれ育ち、幼いころから貴社の球団の名前は常に身近なものでしたが、どういった業務をされているのかは全く存じ上げておりませんでした。先日のセミナーで貴社のお話しを伺い、多岐に渡る業務と独自性のある事業展開、事業規模と社会的意義に素晴らしさを感じました。それに加え、貴社開催のセミナーに参加させて頂いた際に、若手社員の方に質問をさせて頂いた際に、非常にざっくばらんにお話ししていただけて、誇りを持ってお仕事をされていると感じられたからです。上記の内容から私は貴社に興味を持ちました。 続きを読む
Q. ご自身の思う自分の強みや長所を教えて下さい。(300)
A. A.
私の強みは、好奇心の強さと人付き合いの上手さです。私の持論は、自分の中の考え方や常識、価値観というのは非常に小さなもので、知らないところに飛び込んで新しく知り合った方とお話しすることこそが自分を成長させるというものです。大学に入学してから、この考えが非常に強くなり、紹介無しで他大学のサークルに所属したり、小売業でアルバイトをする中で、新しくお会いした方とコミュニケーションを上手く取る技術を身に付けることができました。そういった新しい環境に飛び込むことを続けていたことで、自分に新たな感性を与えることができたと考えています。この2点こそが、私の強みです。 続きを読む
Q. 今までの経験のなかで、主体的に行動し周囲を巻き込み成し遂げた一番の経験・エピソードを教えて下さい。(400)
A. A.
私が、周囲を巻き込んで成し遂げたことは、小売業のアルバイト先の立て直しです。私は、アルバイトという立場でしたが店舗の売上を伸ばすために、宣伝やお客様の趣向を分析する等、全力で取り組みました。私は、鞄や嗜好品などの販売業務を行っていましたが、比較的高価な商品を取り扱っていたことや立地の関係から、店の認知度は低く、売り上げは芳しくありませんでした。そこで、私はコストがかからずに、また、影響力が大きいという理由でSNSに着目し、店長に許可を頂いて運用することにしました。営業外の時間でも注目度の高い投稿を分析し、お客様が何の情報を欲しがっているのかを考え、毎日根気強く投稿を行った結果、SNS運用を始めて3カ月経過してからは、新規のお客様を毎月20名以上獲得することに成功しました。この結果が本社の方の耳に入り、今では全店にSNSでの宣伝をするようにとのお話がありました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
2件中2件表示