就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
鹿島建設株式会社のロゴ写真

鹿島建設株式会社

  • 3.5
  • 口コミ投稿数(489件)
  • ES・体験記(54件)

鹿島建設の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

36件中1〜20件表示
男性 22卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. 志望動機
A. A. 私は、街の高い付加価値を創出し、より多くの人々の生活や感情に喜びを与えたい。私のアルバイト先は、再開発された地域にあり、研修で過去の街の様子を学ぶ機会があった。そこから、再開発が現在の人々の流れや活動、感情に大きな豊かさを与えていることを実感し、街づくりに興味を持...
Q. 自己PR
A. A. 私の強みは、課題解決のために仲間を巻き込む力である。これは、カフェのアルバイトリーダーとして、スタッフの接客力を強化した経験で発揮された。私は、スタッフ達がコーヒー豆に関する商品知識不足が原因で、豆の購入を促す接客ができていないことを課題として考えた。そこで、まず...
男性 22卒 | 明治大学 | 女性
Q. ①志望動機をご記入ください。500文字以下
A. A. 「日本の高度な技術力を世界に発信して、これからの日本社会を支えていきたい」という想いがある為です。これまで世界18カ国を訪れ、日本の利便性、製品の質の高さ、文化の魅力を再認識し、帰属意識が高まったことからこの思いを持ちました。社会貢献度の高いインフラ業界の中でも、...
Q. ②学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たものをご記入ください。 500文字以下
A. A. 百人程が所属するイベント開催組織の役員として「各人が忌憚なく発言できる環境づくり」を目標に、組織運営の改善に取り組みました。当時、一部委員のみで活動が決定・実行され、「委員の活動への参加意欲が低下し、開催イベントも前例を踏襲しただけの内容で不評」でした。私は停滞感...

22卒 本選考ES

事務系総合職
男性 22卒 | 中央大学 | 女性
Q. 志望動機をご記入ください。
A. A. 私は、高校・大学時代に部活動のマネージャーを務め、チーム全員で一丸となって「勝利」に向け常に大きな目標を持ち活動してきました。この経験から、社内外の多くの方々と関わり、その大きな組織の中で、社会的貢献性の高いものをつくるために、自分の役割を見つけて仕事を成し遂げて...
Q. 学生時代に最も打ち込んだことと、それによって得たものを教えてください。
A. A. 私は所属する軟式野球サークルで、マネージャーとして大会の応援人数を拡大する活動に尽力しました。このサークルには約70人が在籍していましたが、大会に参加する際、約20人の出場選手以外、応援メンバーとなるサークル員がほとんど集まらないという課題がありました。私は、普段...
男性 22卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 研究内容(200)
A. A. 私は所属するゼミで、数値シミュレーションを専攻している。これは「数理モデルを使って、自然現象や社会現象をコンピュータ上で模擬実験する」という分野だ。その過程では数理モデルに含まれる煩雑な方程式を解く必要がある。そのためゼミ1年目は基礎として数値解析を学び、複雑な方...
Q. 学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たものをご記入ください(500)
A. A. 映像授業の塾でチューターをしていた時に、受講ペースを向上させた事だ。 私の校舎では高2の受講ペースが全国100校舎中95位だった。そこで私が対策チームを結成し、受講ペース2倍を目標に取り組んだ。チーム会議とスタッフからのヒアリングの結果、受講が進まない原因を生徒...
Q. 志望動機(500)
A. A. 私は大規模なものづくりに魅力を感じ、ゼネコンを志望している。きっかけは中学・高校時代の文化祭だ。私はクラスごとに出店する模擬店の中で、装飾作りの責任者を毎年務めて、製作に力を入れていた。チームが一丸となって製作をする中で、完成した時や徐々に完成する様子を実感した時...
閉じる 質問と回答をもっと見る

22卒 本選考ES

総合職(施工管理)
男性 22卒 | 東京理科大学 | 男性
Q. 現在の研究内容を入力してください。(卒業論文・修士論文の内容等)(200字)
A. A. 熊本地震において建物の下敷きになるなどして亡くなった直接死者数は約○○名でした。一方、地震後避難中の体調悪化などによって亡くなった関連死者数は約○○○名でした。これより建物の機能停止等の及ぼす影響がとても大きいことがわかります。そこで関連死者数を減らすことに焦点を...
Q. 高校時代の部活動・同好会における活動内容・役割を具体的に入力してください。(100字) (成績・記録等があればあわせて入力)
A. A. 3年生のときに部長を務めていました。 そして3年の春に行われたあすなろテニス大会においてダブルスで優勝しました。 また夏には団体戦において目標だった県大会出場を果たしました。
Q. 志望動機をご記入ください。(600字)
A. A. 私の夢は自分が施工管理を行った建築物が多くの人々の生活を豊かにすること、そしてそれを次の世代に遺すことです。 数あるゼネコンの中でも、貴社は業界のリーディングカンパニーでありながら「進取の精神」のもと時代の変化に合わせて新たな事業に積極的に挑戦する企業であること...
Q. 自己PRをご記入ください。(600字)
A. A. 私の強みは継続力です。 日々継続的に努力できることが私の強みの一つであると思います。 私は大学受験の際、現役では第一志望だった○○○○大学に合格することができず浪人することを決めました。 「実力主義」という校風のもと留年率の高い○○大で全力で学ぶことでこそ大...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

構造設計職
男性 21卒 | 日本大学大学院 | 男性
Q. 卒論・修論・研究課題
A. A. 根切り空間と既存の仮設部材を効率的に利用することを目的とし,H形鋼を高力ボルトにより重ね接合した重ね梁を山留め材に応用する研究を行っています。現状は重ね梁の規定,資料や鋼構造の分野における知見が少ないため,重ね梁の構造性能を実験により検証しました。実験結果から摩擦...
Q. 長所・特徴(自覚している性格)
A. A. 私は目標を見定めて計画的に行動する力があります。この強みを生かし私は4人で行った卒業研究のチームをまとめてきました。私は締め切りまでのプロセスを考え,実験や研究の日程調整だけでなく,メンバーの役割分担を適切に行い,100ページ超に及ぶ卒業研究の冊子を期限の2週間前...
Q. 志望動機
A. A. 私は貴社の協力精神と高い技術力に魅力を感じました。私は構造力学を勉強していく上で構造的に日々の暮らしを守れるような建築を設計したいと考え構造設計を志望しました。日本は地震が多いため災害から身を守るための場所は安全な日常を手にする上で必須ですが,そのためには高い技術...
Q. 入社後の希望業務 構造設計
A. A. 私は建築設計の授業において実現性に重きを置いて設計しており,建物のバランスや力の 流れ方などを考えていました。そのため,構造学に初めから興味があり,将来は技術研究部門の方と協力しながら,専門技術を生かした建築を構造の専門家として設計したいと考えています。
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 志望動機500字
A. A. 私は、世の中に大きな影響を与え、目標を持って挑戦できる環境で働きたいと考えています。高校三年生まで8年間続けた軟式野球では、多くの仲間と切磋琢磨し、勝利という一つの目標を達成した時に楽しさ・やりがいを感じていました。この経験から、特に建設業において、竣工という大き...
Q. 学生時代に最も力を入れてきたこと、それによって得たもの500字
A. A. 自転車旅サークルにおいて、旅の行程を計画し実行する企画者として皆が最後まで無事に旅ができるように努力したことです。一年次、私が初めて企画した際は、落車による怪我や体調不良が原因で5人中2人の離脱者を出してしまいました。企画者としての責任と対策の甘さを反省し、三年次...
Q. 現在の研究内容(卒業論文・修士内容)200字
A. A. 毎回のゼミで扱うテーマが異なるため、商法を幅広く学んでいます。私が担当したテーマでは、高価品特則という荷送人が高価な物品を送る時に求められるルールや、名板貸という会社名等の自己の商号を使用して営業することを他人に認めた際の責任がどうなるかということ等を学びました。...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 慶應義塾大学 | 女性
Q. 研究内容
A. A. 専攻は経営やイノベーションである。イノベーションの中には企業規模によって、意味合いが異なるものがある。例えば大企業にとってはリスクが大きいものとしてみなされるものも、新規参入企業にとってはマーケットにおいて上位へ移動させる可能性を孕むのである。その見解に差が出るの...
Q. 志望動機
A. A. 二つある。一つ目は、たった一つの建設が何万人もの生活に大きな影響を与え、変化させるという建設業界のスケールの大きさや圧倒的な社会貢献性に心惹かれたからである。その中でも貴社は、「進取の精神」に表されるような野心を持ち、常に先を見越した新たなビジネスを展開し、建設業...
Q. がくちかとそれによって得たもの
A. A. それはマネージャーとして日本一に貢献することである。私が所属しているラクロス部は、大学から始めた素人集団でありながらも経験者と同じ土俵で戦い、リーグ優勝を目指している。私達は選手と立場は異なるが、同じ夢を追っている。だからこそ私は、広報やフィジカルに関する自身の役...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A. 私は「仲間と共に事を成し遂げ、世界に新たな価値を創造する」という軸で就職活動をした結果、建設業界を志望した。 この軸を形成したのは大学時に行なっていた男子チアリーディングの演技を制作した時だ。メンバーの演技への目的意識の差異から演技を完成に持っていくのは困難であ...
Q. 学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たもの
A. A. 全国の男子チアリーディングチームによる史上初の総勢100名演技の企画製作に挑戦した。 以前より、チームは組織内で受け継がれている演技を行う事により、新しい挑戦がなく成長が止まっていると感じていた。 ライバルの存在が私の成長には最も効果的であり、チームの発展には...

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 学習院大学 | 女性
Q. 高校時代の部活動・同好会における活動内容・役割を具体的に入力してください。 (成績・記録等があればあわせて入力)
A. A. 会計を務めました。部の正式な会計ルールがないまま引き継がれ、帳簿残高と現金残高の不一致、現金受払台帳の記載が粗雑で欠席者の把握が困難などの問題が生じたため制度作りを一から行い業務の標準化に導きました。
Q. 大学時代の部活動・サークルにおける活動内容・役割を具体的に入力してください。 (成績・記録等があればあわせて入力)
A. A. 月1回撮影会・年3回展示会を行いました。組織のために自分ができることを常に考え行動するため、展示会の準備や片付けなど人手が必要なときは積極的に参加し、サポート側に回りました。
Q. 志望動機をご記入ください。
A. A. 私には「人々の暮らしを根底から支える仕事に携わり、社会の活性化に貢献したい」という夢があります。 建設業は「ものづくり」を通して安心・安全で快適な社会の実現に貢献できます。更に街の姿を大きく変えられるダイナミックさは他業界にはない醍醐味です。 私は学生時代を通...
Q. 学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たものをご記入ください。
A. A. 最も力を入れてきたことは「○○期間の○○でのアルバイト」です。それによって「相手に寄り添いながら粘り強く対応する力」を得ました。仕事内容は、提出書類の整理・データ入力などの内勤事務、○○会場に出て受付案内・○○を作成する際のパソコン操作補助に携わり、年齢や職業、性...
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

建築設計職
男性 20卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 入社希望度
A. A.
第一候補 続きを読む
Q. 会社を選ぶ基準
A. A.
普段の職場の雰囲気はもろんですが、他部門の方々や現場の方々とのチームワークの状態について、特に重要だと考えています。 続きを読む
Q. アピールポイント
A. A.
人々の交流する場や建築が、まちづくり、そしてまちの活性化に最も重要だと考えています。しかし、「設計者は、建築の利用者と間接的に関わることが多い」と感じています。そこで、人々と直接触れ合うことで、人々の暮らしとより親身になった発想が得られるのではと思い、東北風土マラソン&フェスティバル(2016.4.23-24)にボランティアとして参加しました。ボランティアではおにぎりを作り、1000人を超えるランナーに配りました。そのおにぎりは、インターンでお世話になった設計事務所の方々と考案した「オリニギリ」でつくったものです。「オリニギリ」とは、「様々な形のオニギリをつくるためにオリ目をつけた1枚の紙 オリガミ+オニギリ=オリ・ニギリ」のことです。この活動が認められ、2016年9月30日 地域・コミュニティづくり/社会貢献活動 部門のグッドデザイン賞を頂きました。知らない者同士が、共に走り、食べ、称えあう。それだけで会話のきっかけとなり、コミュニティが広がっていく瞬間を何度も体験しました。この経験を通して、人々の交流する場がいかに大切か実感し、建築を使う人の生き生きとした活動を生み出す理念を持つ貴社で、人々の生活を豊かにする空間を提案したいと考えています 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 志望動機をご記入ください。 500文字以下
A. A.
街の・人々の”心の拠り所”となる建物の「営業」を行いたい。私は、土木科の教員である父の存在がきっかけとなり建設業に興味を持った。インフラメンテナンスの研究に取り組む父を間近で見てきた中で、インフラの社会貢献性の高さを身を以て知った。そしてその中でも、生活に深く根ざし、人々の幸福に寄与できる”建物”に魅力を感じた。更に、地元岡山での中四国最大級の商業施設の建設により、そこに行けば必ず誰かに会える、街の”心の拠り所”となる空間が創出された。そういった建物づくりに営業として携わりたい。私は、国会議員事務所での長期インターンや塾講師バイトにおいて、自身の手法次第で、組織の目的達成や生徒の成績向上に貢献できたことにやりがいを感じた。この経験から、自身の手法次第で成果を上げられる営業に強い魅力を感じている。お客様のニーズに的確に応える為に重要となる、社内の技術者の能力を最大限に引き出す営業の役割は、自身の強みである「調整力」が存分に発揮できると考える。建物という、世界でたった一つのモノづくりを行う単品生産の営業は、業界トップの技術力と熱い信念を抱く社員の方で溢れる貴社でこそ携わりたい。 続きを読む
Q. 学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たものをご記入ください。 500文字以下
A. A.
「学生チームの一大プロジェクト〜in 衆院選2017〜」 長期国会議員事務所インターンの中で携わった衆院選での経験を述べる。5人から成る学生チームのリーダーを務めていた私にとって、メンバーを纏め上げることは困難を極めた。30人を超える選挙関係者が在籍する事務所において、私達学生チームにはこれといった役割が与えられなかった。更に、そういった限られた仕事の中でさえ学生間での仕事の奪い合いが横行し、体力的に厳しい力仕事を一部の人間だけが負担する事態が発生した。リーダーを務めていた私は、根本的解決を図るため、仕事の”見える化”を考案した。これまで不明瞭だった各々の仕事量を可視化し、一部の人間だけの負担にならないよう徹底した。そして、仕事の奪い合いを生まないためにも学生の強みを生かせる施策の必要性を強く感じた。そこで、議員が若者からの知名度が低いという課題に対し、SNS選挙戦略を始動させた。結果として、若年層から300のいいねを獲得し、微力ながらも代議士の当選に貢献できた。物事の本質を捉えた行動を取ること、リーダーとして「一人一人が活躍できる環境づくり」を行うことの大切さをこの経験から学んだ。 続きを読む
男性 20卒 | 東京理科大学 | 男性
Q. 学生時代に行った最大のチャレンジは何ですか?
A. A.
私が学生時代に行った最大のチャレンジは、250人のバドミントンサークルの○○を務め参加率向上に取り組んだことです。例年経験者から初心者まで幅広く入部しますが、練習人数は少なく毎日同じメンバーでした。現状の打開をすべく、仲間との話し合いで原因を考えました。話し合いでは意見の対立も起きましたが、私が議論を先導し、まずは根本的な問題を考えました。その結果「互いの関りが希薄でバドミントンの楽しさを伝えきれてない」ことが問題であるとわかり、初心者でも馴染みやすい環境づくりを行いました。具体的には、イベントを増やし交流を深め、人に話しかけることを心掛けました。人との付き合い・繋がりを大切にした結果、参加度も増え合宿では200人を超える人が参加してくれました。 今までは「誰かがやるから大丈夫」と思ってやってこなかったことをそれぞれが責任を持って運営に取り組み、「皆でサークルをつくる体制」を築いた結果だと感じています。 続きを読む
Q. 取り扱っている研究など教えてください。
A. A.
建築学中でも環境工学、設備設計に関係する。熱や光を取り扱っています。エネさルギー効率を最優先に考えエネルギー消費や室内外環境の実態を踏まえながら、実測し窓周りの日射遮蔽や昼光利用に関する研究に取り組み、その研究成果に基づいた熱と光の最適制御システムや自然光利用型照明制御システムの活用方法を考えています。また内だけでなく外からも多くの影響を受けるので建築外皮としてあるべき姿を研究しています。 続きを読む
Q. 志望動機は何ですか。
A. A.
私が貴社へ志望した理由は、幅広い規模の建造物を扱っているとともに日本の伝統芸能を象徴する歌舞伎座を改修し、未来に伝統文化を残こすプロジェクトがあるなど未来に続く執着に惹かれました。この職業は未来へ続くだけでなく残る仕事だと思います。その挑戦し続ける姿勢の中で働きたいと思いました。 また、独自の技術を抱え技術開発に力を入れている会社でありエンジニアとしての知識を生かして設備の最適化を図ることで、環境と人と建物の共存に取り組んでいきたいと考え、御社を志望しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私は中学生のときに行われた○○において、苦労して制作した作品が県で入賞し、達成感を得た経験から、「ものづくりの手触りを実感したい」と考える。ゼネコンの営業であれば、お客様のニーズの収集から始まり、ニーズに応えることで受注し、実際の現場にも足を運ぶため、一つの建物の建設に対して一貫して関わることができる。そのため、ゼネコンの営業ならば、私も、ものづくりの手触り感を得ることができると考える。ゼネコンの中でも貴社は「より現場とお客様を大切に考えている」と感じている。貴社は独立採算制を採用しており、現場第一だと感じる。営業でお客様との信頼関係を構築するためには、まず現場の知識や経験を十分に身につける必要があると考えるため、現場を重要視している貴社で現場を学びたい。また、貴社の社員の方は、「お客様自身が誇れるように業務に取り組んでいる」とおっしゃっていた。貴社の営業社員の方だけがお客様視点でお話ししてくださったため、貴社でなら、お客様第一の営業に取り組めると考えた。 続きを読む
Q. 学生時代に最も力を入れてきたこととそれによって得たもの
A. A.
私は大学〇年から、○○を扱う企業で長期のインターンを行っている。大学卒業後、「お客様目線の営業」を行うために学生の内から営業の経験を積みたいと考え、参画している。そこで○○という前例のない課題に、学生6名のチームで取り組んだ。インターン生に任されたのは、提案資料の作成だった。手探り状態で検討していく中で、お客様側に納得いただける提案資料を作成するために、私がチームリーダーとして以下の工夫を提案し、チームとして実行に移した。 ・お客様のニーズを知るために、お客様にヒアリングを実施 ・チームで協議したことをお客様に共有し、お客様のニーズに適しているかを確認 上記の行動をもとに、チームとしてお客様のご要望を満たした提案資料を作成することができたと考えた。実際に私がお客様のもとに出向き、提案を行ったところ、お褒めの言葉を頂けた。以上の経験から、営業を行う上で、お客様の立場や生活状況などをきちんと把握し、自分と置き換えて考えなければ、お客様のニーズを完全に応えることは不可能だと理解した。 続きを読む
男性 20卒 | 芝浦工業大学大学院 | 男性
Q. 現在の研究内容
A. A.
私は現在、『地域新電力による公共施設の再生可能エネルギー利用促進に関する研究』を行っています。再生可能エネルギー比率の高い電力を供給できることは、地域の低炭素化に貢献することができます。また、供給先である公共施設には30分単位の電力消費量を把握することのできるスマートメーターが設置されており、電力需要特性を分析することで各建物の省エネルギー化に活かすことの出来る研究となっています。 続きを読む
Q. 志望動機
A. A.
私は貴社の現場監督として、規模の大きな建物を目に見えるカタチとして残し、次世代に繋いでいくものづくりがしたいです。貴社は超高層ビルである霞が関ビルや技術研究所の建設をはじめとする「日本初」という実績が多く、建設業界のリーディングカンパニーとして活躍されていると感じています。そんな高い技術力を持つ貴社で無二の建物を作り上げることは自分の誇りになると考えています。また、会社説明会や現場見学会に参加させていただいた際に、時間が過ぎても質問に親身に対応してくださり、業務においてもお客様だけでなく、仲間も大切にする姿勢が伺えました。技術力だけでなく仲間のことも大切に考えられる鹿島であるからこそ、常に先駆者でありつつ社会の信頼を獲得してきたのだと感じました。そこで私も皆様の一員となってお仕事をしていきたいと強く感じ、貴社を志望します。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
私の長所は周りを引っ張っていく力だと思います。高校時代、バドミントン部に所属し部長を務めた際、県大会出場を目標に掲げました。部員数は20名と多く、そのため全員の練習意欲にばらつきや、意見の食い違いが見られ、初めて部長をした自分には苦戦することが多く、悩んだ時期もありました。そこで1人1人の意見を述べてもらう必要があると考えました。そして、どうしたら練習意欲が上がるのかを話し合い、全員の意見が尊重されるよう心がけました。意見がぶつかった時には全員で話し合いをする場を設けました。また、後輩には自分が行動し、お手本となって伝えられるよう努力してきました。その結果、部員たちの練習に取り組む姿勢に変化が見られ、部全体の雰囲気と技術が向上していきました。そして、目標であった県大会出場も達成することができました。貴社の業務では、異なる立場の関係者と協力して仕事する機会が多いので、周りの人達を引っ張っていくことで貴社に貢献したいと考えております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私はニーズに合わせ唯一無二のものづくりができ、社会貢献性が高い点に惹かれ建設業を志望した。また建設業は、人々の生活を守り、豊かにするという使命があると考える。そのうえでダムや高層ビルといった巨大な建設物として具現化するため、この上ないやりがいを感じられると考えた。 赤坂Kタワーが有している高度な安全性、快適性、機能性など「超高層の鹿島」に対する誇りの高さや貴社が関わったドバイメトロプロジェクトにより車移動が主流だったドバイに電車移動という新しい文化を生み出した点に魅力を感じた。建設業の先駆者として新しいことに積極的に取り組む貴社なら、スケールが大きく、社会貢献性の高い建造物に携わることができ、次世代に新しい文化として残せる仕事を行えると考える。  エンジニアとして今まで培ってきたチームワーク力や行動力を活かし、国内外問わず貴社の建設物の良さを世界の多くの人に伝えていきたいと考えている。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
私は物事に取り組む際の姿勢を大事にしている。私は高校まで野球をしていた。小中学校では主将を務め、練習への取り組み姿勢でチームを引っ張ってきた。高校ではレギュラーに定着できず苦しい時期もあったが、自分にできる最低限のことは行おうと考え、率先して毎日自主練習を行い努力する姿で周囲のやる気を高め、目的達成に向け一丸となるチームの雰囲気作りに貢献できた。また、大学ではラクロス部に所属していたが、大会目前に全治半年以上の怪我をしてしまい挫折を味わった。しかし、支えてくれる仲間やトレーナー、チームに対しプレーで貢献できないため、リハビリに取り組む姿勢や後輩への指導など、チームに対して私ができることを精一杯取り組んだ。 私はスポーツを通じ、どんな立場の人でも組織全体の状況を考え、ひたむきに行動することで組織に必要な一員となれることを学ぶことができたので、貴社でも何事にもひたむきに取り組むことで貴社に貢献したいと考えている。 続きを読む
男性 19卒 | 電気通信大学大学院 | 男性
Q. 志望動機
A. A.
私は貴社で生活に直結したインフラのような大きく複雑なプロジェクトに機械系における複合的な知識が必要になる業種,機電系で高層ビルや大型のダムの建築方法などによって,多くの人の生活の質の向上に関わりたく志望しました. 現在,手術中の危険度を術者に伝えるシステムを開発しています.医療分野の研究に関わることで,より多くの世代の人々のQOLの向上には一体どうやって関われるか考えました.そこで,多くの巨大なインフラ開発に携わってきた鹿島建設の実績と技術力の高さと世の中に与える影響力に魅力を感じ,貴社で機械工学を通して自己成長したいと思います. 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
私の実家は金型を作る町工場で,小学生の頃に父から工作機械の使い方や加工について習い,ものづくりに興味を持つようになりました.大学では知能機械工学を専攻し,模型サークルに所属しています.模型コンテストで1位を取ったことがあります.リューター等のハンディな工具を扱うこともできます.また,3DCADを用いて研究室の実験装置を設計・製作しています.現在の研究テーマは,手術中の患者に対して器具が与える危険度の検知システム開発を行っていますが,ものづくりに対する妥協しない思いは父から授かったと思います. また,現在の研究では手術中に使用する器具の危険度検知を行うシステムの開発を行っており,もともと機械工学の勉強をしていましたが,新たなことに挑戦できるような興味の幅広さも持ち合わせています. 続きを読む
男性 18卒 | 横浜国立大学 | 女性
Q. 志望動機
A. A.
まちづくりを通して日本や東京の魅力を世界に発信していきたいから。私はこれまで国内や4か国、海外を訪れる中で一番その都市をイメージづけるのは街の雰囲気だと感じました。この経験から東京という都市の魅力を多くの人に知ってもらうため単に建物だけでなく道行く人々も含めた、総合的な街づくりを行いたいと考えています。貴社は虎の門での開発において土地取得から完成まで36年という長期間かけており、関係者の方との関係構築にも重点を置いています。また企画から施工までを一社内で行えるため、より連携を強め一貫した方針で街づくりを進められると考えています。以上の2点から貴社であればそれぞれの地域にあった開発の形を追求できると考え、志望しています。 続きを読む

18卒 本選考ES

総合事務職
男性 18卒 | 高崎経済大学 | 男性
Q. 現在の研究内容を入力してください。
A. A.
重回帰分析によって公示地価価格を形成する要素の分析に挑戦しています。ステップワイズ法という変数(要因)を増減していき、その前後の分析結果の有意性を比較することで、もっともな分析結果を得られる統計手法を使い、公示地価価格を構成する上での大きな要因を明らかにしていきたいです。加えて、地理空間情報データを使い、地図上に統計情報を描画することで結果の視覚化を目指しています。 続きを読む
Q. 志望動機をご記入ください。
A. A.
私が建設業に興味を持った理由は以下の2点です。第1に、唯一無二のものづくりに貢献できる点です。事務職ではありますが、会社ごと独自に発展させた豊富な技術力と熱意を持った建設業者の方々をサポートし、快適な現場づくりに関われる現場事務の仕事に魅力を感じました。第2に、建設物により新しい文化を生み出せる点です。貴社が施工に関わったドバイメトロは車による移動が常識的だったドバイにおいて、電車による移動という新しい文化を生み出しました。この高い社会貢献性に感銘を受け、次の世代に新しい文化として残っていくような仕事に携わりたいと思いました。以上の2点が建設業に興味を持った理由です。貴社を志望した理由は、社風への共感です。貴社はスーパーゼネコンの中でも品質と技術に高い誇りをもっている企業です。私もアルバイト先にて勤怠管理の仕事を任されたときは精度の高いシフトを作りたいという思いから統計学に興味を持ち、学生時代は統計学のゼミに入り修学に邁進してきました。この経験は貴社の社風に通じるものがあります。仕事では質に妥協せずに最善を尽くすことによって、共に柱を積み上げていく一員として尽力します。 続きを読む
Q. 学生時代に最も力を入れてきた事とそれによって得たものをご記入ください。
A. A.
アルバイト先の品出しチームの円滑な運営に注力してきました。私はスーパーでアルバイトをしているのですが、入社した当初は社員の業務の多忙さから非効率的な勤務計画になっており、在庫があるのに売場に商品を陳列しきれない「欠品」という状態が続いていました。それを私は本社から提示される特売日や各曜日などから導き出される客数予測を活用する事で現実に適したシフトを作成しました。また、日々のワークスケジュールの作成では各メンバーの特長に適応するように作り上げて、働きやすい環境になるように尽力をしてきました。その結果、半年後には欠品率を30%ほど削減することに成功し、売り上げのアップに貢献することができました。加えて、職務や人間関係のことについて相談されたときは相手の立場に立ち誠実に向きあったために、結果として定年退職者以外の退職者がいない職場環境を作ることができました。この経験を通し、私はチームで仕事を完遂する喜びとやりがいを学ぶことができました。仕事ではコミュニケーションを綿密に取り、現場の仲間や近隣住民の方から信頼されるような現場事務を目指します。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 九州大学 | 女性
Q. 大学時代のサークルにおける活動内容・役割は何ですか(100字)
A. A.
10年あまり続く、他大学と共同のボランティアサークルでは、週に1度、小学校を訪問し、子どもたちと一緒に遊んだり、勉強を教えたり、子どもたちと遊ぶイベントをリーダーとして企画したりしていました。 続きを読む
Q. 志望動機は何ですか(500字以内)
A. A.
私は、顧客一人一人の願いに応え、世界で一つしかないオリジナリティー溢れるものをつくっていく「オーダーメイド」の仕事や、人々が毎日を快適に楽しく過ごせるような、明るい「まちづくり」の仕事がしたいと考えています。明治時代から常に建設業界のトップとして先頭を切ってきた実績と、企画だけではなく、建設や事業化までプロデュースすることができるような高い技術力・総合力をもった貴社こそが、この私の目標に合致していると強く感じました。また大学では、生徒がディスカッションや演習を行いやすいように、可動式の丸いテーブルや小型のホワイトボードを取り入れるなど、児童生徒の成長という観点から見た学校の教育デザインを考え提案してきました。この経験を活かして、常に建物を使用する人の立場に立った開発事業計画やものづくりに関する計画に携わり、人々を魅了するようなものづくりを実現していくためのサポートを通して、その地域の活性化に貢献していきたいです。そして、貴社の建物のように、人々から長く愛され、次世代に繋いでいけるようなものづくりに携わることで、人々の「安全・安心」や「楽しみ・笑顔」をつくっていきたいと思い志望しました。 続きを読む
Q. 学生時代最も力を入れたことと、それによって得たものは何ですか(500字以内)
A. A.
ボランティアサークルの活動に最も打ち込みました。特に熱心に取り組んだのが、イベントの企画です。クリスマスやひな祭り等のイベントを一から企画し実行するのですが、何か月も前から、何をするのか、何が必要なのかなどを話し合ったり、小学校の先生と打ち合わせをしたり、失敗や危険がないよう何度もシミュレーションを行ったりしました。企画の際、いいアイデアが出なかったり、イベントのシミュレーションが失敗したりと苦しむこともありました。しかし、子どもたちにとって一生心に残るようなイベントにするために、みんなで先輩に働きかけてアドバイスをいただいたり、他大学のメンバーとも積極的に交流をはかって、「他に良いアイデアはないか」「この方法のデメリットはないか」と何度も話し合いを重ねたりして企画を進めていきました。これらの行動により、イベント本番では、子どもたちの笑顔を見たり、「楽しかった」という言葉を聞いたりして大成功を実感することができました。この経験から、メンバーと協力することで、様々な立場に立った意見やアイデアを出すことにより、より良いものをつくることが出来るという協力することの大切さを学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
36件中1〜20件表示