就活会議では、Internet Explorer11のサポートを終了いたします。今後はGoogle ChromeやMicrosoft Edgeをご利用ください。
株式会社アムコー・テクノロジー・ジャパンのロゴ写真

株式会社アムコー・テクノロジー・ジャパン

  • 2.7
  • 口コミ投稿数(140件)
  • ES・体験記(1件)

アムコー・テクノロジー・ジャパンの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

1件中1件表示
男性 18卒 | 東京農工大学大学院 | 男性
Q. 志望する理由
A. A.
私が貴社を志望する理由は、「自身の経験を活かせる事」と「技術の進化に最も身近に携われる事」の2つです。私の大学時代に行っていた研究は、現在注目を集めているナノカーボン系の半導体を用いた電子デバイスの作製でしたが、高機能化に複雑な機構を要するため、外部での最新の装置の使用を余儀なくされ、十分な実験が出来ずに当初の実験テーマを断念せざるをえないという悔しい思いをしました。この経験から、最先端の半導体デバイス作製装置の開発に携わる事で、新たな技術革新に携わりたいという気持ちが生まれました。貴社では、常に最先端の装置開発に取り組んでおり、自身の経験も活かせると考えています。 続きを読む
Q. 研究題目
A. A.
グラフェン電極を有する単分子膜デバイスの開発 分子の性質をエレクトロニクスへ応用した新たな電子デバイスである「単分子膜デバイスの開発」を行っている。単分子膜デバイスとは、分子膜の上下両端に電極を配置した構造を取り、分子サイズの微小デバイス作製や、分子自身の特性によりデバイスに多様な機能の付与が可能となる。本研究では、光透過率と電気伝導に優れたグラフェンを電極に用いた単分子膜デバイスを作製し、分子内の伝導特性の解明を行っている。 続きを読む
Q. 文化活動などの体験から得た物
A. A.
私は大学3年時にハワイで1ヶ月間の旅行業のアルバイトを行った。業務としてレンタカーの予約等を行い、その中で現地のアメリカ人との間で考え方の違いにより予約情報の紛失が生じた。しかし、相手の立場に立った対応として予約前日の確認を徹底した所、この問題に対処出来た。この経験から、世界で活躍する上で、相手文化の理解の必要性を学んだ。 続きを読む
Q. 自己PR
A. A.
周囲と協力して目標を達成する能力があると思います。私は、立ち上げから携わることで、研究についての理解を深めるため、新設の研究室を選びました。材料の作製条件や実験装置の使い方も分からない状況で、実験は想定したよりも困難でした。しかし、メンバー同士で議論する事で条件出しを行い、同品質の材料作製が可能になり、協力して目標を達成する能力を得ました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
1件中1件表示