株式会社安川電機のロゴ写真

株式会社安川電機

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(202件)
  • ES・体験記(34件)

安川電機の本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

17件中17件表示
男性 21卒 | 大分大学 | 男性
Q. 志望動機(400文字以内)
A. A. 【商品やサービスを通じて、豊かな生活に必要不可欠な存在になる】という夢を叶えるべく、志望した。「存在価値を高めたい」という努力の源泉のもと、「周りに役立っている」という感情を抱く時が一番幸せだと気付いた。その中で、人々の生活を支えるものづくりは貢献の実感を強く得ら...
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えて下さい。(600文字以内)
A. A. アルバイト先にてチーム協力体制を確立し、年間売上20%向上を果たしたことだ。私がリーダーとして働く中で、業務におけるミスや遅れが多発していた。例えば、混雑時に新規客の漏れや提供・対応の遅延が起きていた。その中で、お客様から業務効率の悪さを指摘された。現状として、ス...
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたのかを教えて下さい。(600文字以内)
A. A. ゼミの論文活動にて、チーム一丸となって、論文を作りあげたことだ。他大学との共同論文大会に向けて、テーマ選定から論文作成・発表まで一貫して行うものだった。6人チームのリーダーを担った私は、上手く皆を指揮できず、教員から「過去最悪の論文」と言われ、リーダーとしての責務...
Q. 学業で取り組んだ内容についてご記入下さい。 (理系の方は、研究テーマとその内容についてご記入下さい)(200文字以下)
A. A. 国際経済学である。このゼミでは、特定の学習テーマはなく、授業や新聞記事ワークを通して、国内外に散在する幅広い社会課題を客観的に見るスキルの習得を目指した。具体的には、「移民は受け入れるべきか」や「グローバル化は世界経済にとって望ましいのか」などの抽象的な題をゼミ生...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 上智大学 | 女性
Q. 志‌望‌動‌機‌を‌ご‌記‌入‌下‌さ‌い。‌
A. A. 貴社の製品や技術を通じて製造業の可能性を広げたいと考え、志望いたしました。 私は海外インターンシップにて、中国の現地工場で加工作業をしましたが、そこではあらゆる作業を手作業で進めており、自動化の余地が多く残されていました。自動化が進めば、従業員の方の業務レベルと...
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えて下さい。
A. A. 私は中国旅行の計画をするにあたって周囲を巻き込み、相場の約1/3である総額2.5万円の一人旅を成功させました。私は中国の海外インターンシップ参加をきっかけに、中国に強い関心を寄せるようになりました。それ以降中国のテクノロジーや文化に関して調べていくうちに、北京のシ...
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたのかを教えて下さい。
A. A. 大学生活で金銭的な困難に直面したことが、これまでで一番苦労したことです。 私は大学進学と同時に1人暮らしを開始しましたが、アルバイト代から生活費等を支払うと手元に残る金額はわずかで、周囲を羨ましく思うことばかりでした。学生生活に不満が募る一方だった私は現状から脱...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 早稲田大学 | 男性
Q. 志望動機400字
A. A. 私は、モノづくりを通じて、人々の暮らしを豊かにする仕事に携わりたいと考えています。貴社を志望する理由は二つあります。一つ目は、『YASUKAWA BUSIDO PROJECT』に衝撃を受けたからです。ロボットが人の動きを忠実に再現することに、モノづくりの素晴らしさ...
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたこと600字
A. A. 自転車旅サークルにおいて、旅の行程を計画し実行する企画者として皆が最後まで無事に旅ができるように努力したことです。二年次、私が初めて企画した際は、綿密な計画も立てず体調不良者を止められなかったことが一因となり、落車による怪我や肺炎が原因で5人中2人の離脱者を出して...
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたか600字
A. A. 大学3年生の時に、4年に1回フランスで開催されるPBP(パリブレストパリ)という1200kmを90時間以内に自転車で走破する過酷なロングライドを完走したことです。ただし、周りに詳しい人もおらず、全てが0からの挑戦でした。PBPに参加するには、国内で200・300・...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 志望動機をご記入下さい。 ※改行はしないようにご注意下さい 400文字以下
A. A. 私は貴社を通じて、モノづくりの発展を支えたいと考えています。自身が愛知県に育ち、自動車をはじめとする日本のモノづくりが世界に発信されるのを肌で感じてきました。この経験から特定の業界に限らず、広くモノづくりに携わりたいと考えました。貴社は工場自動化に不可欠な産業ロボ...
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えて下さい。 ※改行はしないようにご注意下さい 600文字以下
A. A. 準硬式野球部で投手に挑戦し、投手陣の練習意識を向上させたことです。三年時に投手に初挑戦し、自身の成長だけでなく、投手陣全体での成長ができるように行動しました。自身の成長に関しては、練習や試合の際に動画を撮り、客観的に分析する中で、投球動作と変化球に課題があると考え...
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたのかを教えて下さい。 ※改行はしないようにご注意下さい 600文字以下
A. A. 私は大学受験で、一番苦労しました。自身が三年生の七月まで、野球部を続けており、受験生としては遅いスタートとなりました。また、三人兄弟だった関係から、塾には行かずに自身の力でやりきることにしました。その際の困難としては、(1)他の受験生に比べて演習が足りていないこと...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 長岡技術科学大学大学院 | 男性
Q. 学業で取り組んだ内容についてご記入下さい。(200字)
A. A.
学業では主に研究に取り組んでおります。人口減少、IT技術の進歩といった背景から産業用ロボットの需要は増加傾向にあります。なかでも労働人口の減少は職人が活躍する日本にとって大きな課題です。そこで私は職人技をロボットで再現する際の要となる高速力制御について研究しています。本研究は研究会や国際学会においても評価されており、本技術を用いた世界シェア一位のロボットを開発することを目標に取り組んでいます。 続きを読む
Q. 趣味・特技についてご記入下さい。(50字)
A. A.
私の趣味は写真撮影です。主に風景を撮影しており、毎年大晦日には友人と登山し日の出を撮影しております。 続きを読む
Q. 志望動機をご記入下さい。(400字)
A. A.
私は自ら開発した技術によって新しい社会を創りたいと思い、志望しました。私は、産業用ロボットは労働人口の減少という課題に対する解決策であり、産業用ロボットによって製品の生産、さらに世界中の人々の生活を変えられると考えます。その中でも貴社はロボット制御の根幹を成すモータの高い制御技術を持ち、世界一・世界初を目指す貴社の目標に共感しました。そのため、貴社で自身の自ら課題を見つけ、解決に挑むチャレンジ精神を活かし、私の目標である新しい社会の創造を達成したいと考えました。また、学部4年次に4か月間の実務訓練を貴社の小倉の開研で行わせて頂いた際、社員の方々が頻繁に海外に出張に行かれるグローバルな環境や、自分の行いたい事が出来る自らが主体性を持った環境を知り、この様な環境で自身を成長させたいと思い、志望しました。 続きを読む
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えて下さい。(600字)
A. A.
私が一番苦労したことは高専ロボコンのロボット製作です。高専ロボコンとは、毎年変わるお題をクリアするロボットを作成し、他高専と競い合う競技大会の事です。私は3年生まで天文部の部長を務めていた為ロボコンには携わっておりませんでしたが、ロボコンのリーダーから誘われた為、部長を引き継ぎ回路班のリーダーを務める事になりました。回路班とはロボットのモータを制御する回路を作る班です。ロボコンプロジェクトで直面した大きな問題に設計指針と制御プログラムがありました。回路班は当初機械設計に関わりませんでした。その結果、完成した図面には非常に多くのモータが搭載されていました。無線操縦では制御出来るモータに上限があるため、現状では動かすことができません。よって私は一度機械設計のメンバーを集め、達成すべき目標は何かについて整理を行いながらロボットを再設計し、この問題を解決しました。次に問題となったのは制御プログラムです。当時私はプログラミングが出来ず、またチーム内にもプログラミングに長けた人材がいませんでした。そこで私は友人を介してその分野に長けた同級生を紹介してもらい、プログラムを教えて頂きました。結果、動作させるプログラムを作成する事が出来、ロボットを動かす事が出来ました。これらより、周囲との連携・調整によってチームを成功に導けるリーダーシップ力や異分野間での知識の融合・情報の共有の重要性を学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 学業で取り組んだ内容についてご記入下さい。(200字以内)
A. A.
サルコペニアという加齢に伴い著しい筋力低下がみられる状態ついて学んでいます。現在握力や手足の筋力量測定などからサルコペニアか判断する簡易な測定法が確立されており、医療現場や地域で用いられています。私はサルコペニア簡易測定法の研究を行っており、ゼミ活動でえられた高齢者の被験者データを用いて日常生活動作レベルの観点から関連性を検証し、食事や運動を含めたサルコペニア改善に向けた生活習慣を提案しています。 続きを読む
Q. 志望動機(400文字以下)
A. A.
貴社の製品を世に広めることで世界のよりよいモノづくりに貢献したいと考えたからです。私は10年間続けてきた野球部の時の経験から、モノの性能が違えば、パフォーマンス能力も大きく変わり、またデザインや使用感で気に入った商品は修理し、同じものを使い続けるなど、モノにこだわりがありました。私がそのモノを他のチームメートに広めることで、チームの勝利や周りに喜びや感動を与えることにもつながりました。深刻な人手不足を背景にAIやIOT活用が急速に進む世界の製造現場において、自動化を可能にする産業用ロボットを提供し製造現場の省人化に貢献する貴社に魅力を感じます。私の強みである自ら考え、周囲を巻き込みながら行動できる力をいかし、社内外のあらゆる人と協力しながら、貴社の製品を通じて世界各国の製造現場で抱える問題を解決し、社会の発展に貢献したいと考えます。 続きを読む
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えて下さい。(600字以下)
A. A.
1カ月間のアメリカ留学です。外国人が思う日本人のイメージを変えました。日本人はシャイで受け身だと思われており、実際周りを見ていても、日本人グループで固まっていて、また話しかけられることを待つ人が多い中、私は受身ではないことを見せ、そして周りの日本人学生にも刺激を与えることで、日本人はシャイで受け身であるという概念を覆したい思いがありました。英語力がないため通じず、違う英語表現で何度も言い直し、それでも通じなければ、携帯で検索して見せ、人とつながりたいという姿勢を示し続けることで相手の考えを知ろうとしました。自ら授業内外の現地学生のコミュニティにとび込み、カフェやドライブに行く約束をし、日本人が私1人だけよりも多くいたほうが存在感や影響力が大きいと思い、同じ大学の日本人学生も連れていき、常に自ら会話のきっかけをつくりだしていました。結果、現地の学生からは言語の壁がある中で、その壁を超えてつながろうとする強い思いが伝わってきて、それがよかったと言ってもらえました。また周りの日本人学生も徐々に話しかける機会をつくりだしていました。この経験を通して、積極的に行動し、周りを巻き込んでいくことで彼らも心をひらいてくれ距離を縮めることができたと感じます。 続きを読む
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたのかを教えて下さい。(600文字以下)
A. A.
プロ野球独立リーグのインターンシップでのスポンサー企業からの景品調達です。インターン生で試合中のイベント企画をし、私は景品調達を担当しました。地元のスポンサー企業の景品を試合中にPRするからこそ、その地域に根差した球団の経営理念である「地域社会に奉仕する」ことに貢献できると考えました。地域の魅力を広めたい思いをメールや電話で伝える難しさを感じました。商品PRについては観客の方の目に焼きつけたいと考え、バックスクリーンのスコアボードにスポンサー企業のキャッチコピーと写真をあわせて一面に掲示し、場内アナウンスも加える方法を考えました。それを実行するためには球場運営の方やアナウンスの方々の協力が必要でした。私の提案は実現可能かどうかまた周りのインターン生や社員の方の想いを反映させる必要があると考え、進捗状況を逐一報告し確認をとりながら、PR方法を練りました。メール文にはお米5㎏を提供していただくメリットについて試合中のどの時間、人、モノをどう使うのか、PRのキャッチコピーはどうするかなどPR方法についてスポンサー企業に丁寧かつ詳細に伝えました。電話交渉では試合中に貴社の商品をPRすることで貴社の知名度向上につながりますというメリットを先に伝え、その後イベントを通じて一緒に地域を盛り上げていきたいと熱意を込めてお話しました。結果景品を提供していただき、イベント企画の成功につながりました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 法政大学 | 男性
Q. 学業で取り組んだ内容についてご記入ください。
A. A.
私は台湾の政治や文化を研究するゼミに所属しており、特に○○というテーマで研究を行った。○○は台湾の指導者であるが、彼に対する評価は台湾社会で二分されている。台湾を発展させた指導者という肯定的な評価と、台湾の人々を見捨てた指導者という否定的な評価で分かれているのだ。その状況で、台湾政府が実施している政策によって、この2つの評価をめぐる争いが激化していると考察した。 続きを読む
Q. 趣味・特技についてご記入ください。
A. A.
趣味はラーメン巡りで、休日はラーメンの食べ歩きを行っている。特技は○○というスポーツだ。 続きを読む
Q. 志望動機をご記入ください。
A. A.
貴社を志望する理由は2点ある。1点目は、貴社のACサーボドライブやインバータ、産業用ロボット等の営業を通して、モノづくりを支えたいからだ。モノづくりを支えたいと考える背景には、中学生の時に行われた○○の経験がある。私が苦労して制作した作品が、県で入賞した。この受賞を契機に、私は社会に存在するモノは非常に苦労して製作されているのだと実感し、モノづくりを支えるために力を注ぎたいと考えた。2点目は、貴社の高い技術力をさらに世界に発信し、さらなる海外シェアの拡大に貢献したいからだ。私は台湾に訪れた際、現地の方から、日本人が造ったダムのおかげで生活が一変したと伺った経験から、日本の高い技術力を世界により発信していきたいと考える。貴社は、現地のお客様に寄り添う姿勢のもと、高い技術力を世界に発信している。私もお客様に寄り添い、シェア率の低い地域を中心に貴社の技術力を伝えていきたい。 続きを読む
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えてください。
A. A.
「長期インターンで前例のない課題を解決したこと」 私は大学2年から、○○のメーカー企業で長期のインターンを行っている。そこで私は、○○という前例のない課題において、お客様に提案を行う際に使用する資料の作成に注力した。初めての提案資料の作成だったため、手探り状態で資料の内容を検討する必要があった。○○していただくためには、お客様に満足していただける資料を作成しなければならないと考えた。そのために、まずはお客様からニーズを引き出すことにした。実際にお客様のもとに伺い、お客様にニーズのヒアリングを行った。伺ったニーズをもとに、私が考えたことをお客様に共有し、お客様のニーズとすり合わせを行った。その結果、お客様に満足していただくためには、○○によって生じる手間を減らし、お客様に寄り添っていることをアピールする資料を作成することが必要だと考えた。資料を作成する上で、社内の様々な部署に働きかけを行った。例えば、○○により怪我を負う危険性を回避し、お客様がその危険性を配慮する手間を減らすため、社内の技術部に働きかけ、○○などの整備を進めた。このように資料の作成を進め、お客様の手間を省くことができる資料を作成したことで、お客様からお褒めの言葉を頂戴した。そして、無事に○○していただけた。 続きを読む
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたのかを教えてください。
A. A.
「高校2年時に○○部を退部したが、辞めた以降も○○部を支え続けた」 私は小学4年生から高校1年生まで○○を続けた。約7年間続けたが、私は悩んだ末に高校2年に進級した際に○○部を退部した。その原因は、私の意見と監督の意見の対立だった。中高一貫校という理由から、中学の○○部員は高校の○○部にそのまま所属した。そのため、同じメンバーで高校でもプレイすることができた。この状況から、私は小学4年から続けてきたポジションで、高校のチームにおいても最大の価値を発揮できると考えた。しかし、監督から、体格差という理由でポジションの変更を強制された。1年間は変更したポジションでプレイを続けたが、自身がもつ最大の力を発揮できていないと実感した。私は、監督に対して、以前のポジションの方がチームに貢献できると主張したが、監督はポジションの変更を認めなかった。監督との意見の対立が続いたことにより、私は、部の雰囲気を損なうことや練習に支障をきたすことを危惧した。その結果、苦渋の決断を下し、私は○○部を退部した。しかし、私は○○部が掲げた目標を途中で諦めたくないと考えた。そこで、私は部員の相談に乗ることや、休日に部員の練習に付き合い助言することで、○○部に所属しない形で部員を支え、私も○○部の目標達成を追求した。7年間続けた○○を辞めた苦しい思いを、辞めた後も○○部を支えたことで乗り越えた。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 一橋大学 | 男性
Q. 志望動機をご記入ください。
A. A.
私の夢は「日本の産業基盤を支える」ことです。その上で、貴社を志望する理由は二つあります。一つ目は、貴社のモノづくりへのこだわりに感動したからです。恥ずかしながら私は就職活動を通して、貴社の名前を耳にしました。貴社のYouTubeチャンネルを初めて拝見したとき、私は驚愕いたしました。貴社の製品の技術力の高さに驚くと共に、「徹底的なモノづくりへのこだわり」に感動したからです。私は、さまざまな世界一・世界初の革新的な技術・製品の開発にこだわりつづける貴社のモノづくりを支えたいです。二つ目は、貴社が世界に与える影響力の大きさに魅力を感じるからです。貴社が持つ独自の技術から生み出される「インバータ」や「産業用ロボット」は、社会の様々な場所でその価値を発揮しています。貴社が100年以上に渡り培ってきた技術や知見を学ばせていただき、貴社の更なる発展に貢献することで、私の夢が叶えられると考えたので、貴社を志望いたします。 続きを読む
Q. これまでで周囲を巻き込んで成し遂げたことを1つ教えて下さい。
A. A.
私は大学1年の春に、新しくできたクラスのメンバーを巻き込んで「友情」と「12万円」を生み出しました。私の所属する中国語クラスでは、1年次の6月に、学園祭で模擬店を出すことになりました。当時は入学して間もない頃ということもあって、クラス内の融和がまだ進んでいませんでした。私は当初、みんなで模擬店の準備をすることで、クラスの親睦が深めると考えていました。しかし企画が進行するにつれ、メンバーの準備参加率が低下していきました。そのせいで、模擬店の準備も計画通りに進みませんでした。メンバーが準備をサボるようになった原因が、「目的意識のなさ」と「いまだに一部の学生がクラスに馴染めていない点」にあるということに、友人との会話の中で気付きました。そこで私は、クラス内で具体的な売上目標を掲げると共に、目標達成した場合の一人当たりの報酬を計算して伝えました。また、自らメンバーと積極的に会話をすることで、メンバー同士の架け橋になることを心掛けました。その結果、クラス内で目標を達成しようという雰囲気になり、メンバーの信頼関係が深まりました。実際に学園祭では目標を大きく上回る12万円の利益を出し、一人当たり4000円の報酬を生み出すことができました。その結果、学園祭に出店した30ある模擬店のなかで、最優秀店として表彰されました。しかし「12万円」よりも、この経験によって育まれた「友情」にこそ価値があると私は考えています。 続きを読む
Q. これまでで一番苦労したこと、それをいかに乗り越えたのかを教えて下さい。
A. A.
私が一番苦労したことは、学生時代、テーマパークでアルバイトをしていたときの経験です。「○○」に所属している私は、「○○」という小規模なショーの運営を担当しています。適切なショーの運営を行っていくには、「時間管理」が強く求められます。少しでもショーが遅れてしまうと、他のプログラムに影響を及ぼす恐れがあるからです。私は時間管理には十分気を使っているつもりでした。しかしある日、私の判断ミスにより、ショー予定時間を5分近くオーバーしてしまいました。幸い、他のプログラムに影響はなかったのですが、周りに多大なご迷惑をかけてしまいました。私は関係各位にお詫び申し上げると共に、このままではいけないと強く危機感を持って、具体的な再発防止策に取り組みました。自己分析や先輩に相談などをした結果、判断ミスは、「情報収集不足」が大きな原因だという結論に至りました。そこで私は、「常に情報収集を欠かさない」ことを意識するようにしました。具体的には、関係者と情報共有する時間をとるようにしたり、パーク内の混雑状況や天候情報を常に注視したりすることを心掛けました。その結果、判断ミスを格段に減らすことができました。また、情報収集への意識から、今まで見落としていた部分にも気が付けるようになりました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 同志社大学 | 男性
Q. 安川電機に入社後、実現したいこと
A. A.
私の夢は介護現場に革命を起こすことです。私は大学時代、介護施設でのボランティアに参加していました。その中で人手不足が深刻化する介護現場を目の当たりにしました。さらに現場で気づいたことは、要介護者にとっても「申し訳ない」「恥ずかしい」といった介護者に対する心理的負担があるということでした。このような経験から、人が行っていた介護をロボットが代替する必要性を強く感じるようになりました。介護ロボットの導入によって介護者の業務効率が向上すれば、人手不足の解消や人件費の削減につながり、より働きやすい職場へ変わることも期待できると考えています。貴社は2025年の主力事業領域の1つに医療・介護を選び、これまで培ってきたロボット技術を活用して屋内での移動および立ち座り動作を支援するための屋内移動アシスト装置を開発しました。さらなる開発や実用化に向けた改善に携わり、介護現場を変えたいと考えています。 続きを読む
Q. あなたの強み
A. A.
私の強みは「自らが主体となって他を巻き込む積極性」です。私はゼミ活動でのディベートに力を入れており、他大学とのゼミ対抗ディベート大会での優勝を目指して取り組みました。私のチームは経験者がおらず何から始めれば良いかわからない状態でした。そこでまず私はディベートの面白さをチーム全員で共有するためにディベート全国大会の動画を見てもらいました。次に、私のチームは議題に関する知識はもちろん、ディベート自体の知識もなかったので私はさらに他のゼミに働きかけて模擬試合を開催し、実践的な知識をつけていきました。これらの取り組みの結果、他大学とのゼミ対抗ディベート大会で24チームの中1位を取ることができました。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと1
A. A.
私は大学時代、地域貢献がしたいという想いから伝統産業活性化をテーマにした学生プロジェクトに参加していました。私は留学生向けの日本語教材制作プロジェクトを提案し、完成した教材を全国で使ってもらうことを目標にリーダーチームを引っ張りました。この中でメンバーのモチベーション低下という課題に対し、その原因を先の見えない不安と個々の役割理解不足と考え、進捗管理やコミュニケーションを通じて解決に導きました。そして、完成した教材は日本文化センターから最優秀賞という評価を受け、学内だけでなく日本全国の留学生に向けた使用が決定しました。この経験を通して、チームの課題を認識し、解消に導く力が身に付きました。 続きを読む
Q. 学生時代に力を入れて取り組んだこと2
A. A.
「ボランティアに取り組む大学生100人でのディスカッションイベント」を運営したことです。私は企画担当を務めました。最初の年は目標の半数にも満たない結果に終わり、私はより多くの人を巻き込むために参加者と共にイベントを作っていく意識を持って企画しようと考え以下のことに取り組みました。 1、具体的にディスカッションテーマをいくつか設定し、SNSのアンケート機能を利用して参加者に投票してもらう。 2、直接コミュニケーションを取る機会を設け、参加者の声を集める。 この結果目標であった100人を超えることができました。企画を自己満足で終わらせず、様々な人を巻き込み意見を取り入れていく必要性を学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 長崎大学 | 男性
Q. 学業についてお聞かせください。
A. A.
私は、意思決定論を研究するProject Based Learning(PBL)型ゼミに所属しています。4人1組のチームで、実際に存在する企業をクライアントとして迎えて研究し、企業戦略の意思決定プロセスの調査を行い、そこで実際に見つかった経営課題を解決していくという活動を行っています。私たちは長崎県内にある建築会社をクライアントとして経営課題を研究し、広報に関する経営課題の解決に携わりました。 続きを読む
Q. 安川電機に入社後、実現したいことをご記入下さい。
A. A.
私が貴社に入社した暁には、世界規模での省エネに貢献する、全社的な取り組みに参画していきたいです。具体的には、世界トップシェアを誇るインバータや電気駆動の新製品をを始めとした製品を用い、世界での省エネ化を推進していきたいです。貴社は、100年以上も続く企業であるにも関わらず、継続的なイノベーションを行える「技術立社」です。更に世界中に販売網を持つ、グローバル企業でもあります。エネルギー効率化を図るためにはインバータの技術は欠かせません。世界規模では今だ数%ほどしか普及していないインバータを普及させることは非常に大きな省エネ効果となり、それを可能にするのは貴社のトップレベルの技術力とシェアだと考えています。私は貴社で、これらを普及するための営業活動や、技術者をサポートすることで「YASUKAWA spirits」を受け継ぎ世界一を目指していきたいです。 続きを読む
Q. 自己PRをご記入下さい。
A. A.
私は様々なことに挑戦して、積極的に物事に取り組む「超」好奇心旺盛な人間です。ただ好奇心旺盛なだけではなく、私は取り組んだ物事に目標を設定して達成するまでやり遂げます。ただ中途半端に手を出すのではなく、しっかりとやり遂げる点から「超」と付けさせていただきました。中学校では海外の日本人学校で生徒会長を務め、日本人学校初の現地の中学校との交流行事を実現させました。同じく中学校で応援団長を務め、率いる組を優勝へと導きました。高校では動画編集である分野で日本を世界トップレベルまでに押し上げました。大学では実際の企業にコンサルタントを行い、新規顧客を獲得しています。これらの実績はすべて目標が設定されており、そして達成することができています。私は、チャレンジ精神もありながら、物事を遂行する課題達成の力も備えた「超」好奇心旺盛な人間なのです。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだことをご記入下さい。
A. A.
 私が学生時代に最も打ち込んだことはゼミの活動です。私のゼミは、4人1組のチームを組み、実際の企業を迎え、分析を通して経営課題を発見し、解決する活動を行なっています。 この活動では、企業、そしてチーム内部での連携に難しさを感じました。原因は各々がバラバラに動いていた為です。その状況にもどかしさを感じました。そこでまず、優先順位の整理を行いタスクを割り振りました。進捗の確認はクラウドによって共有し作業効率を向上させました。企業のPR方法に問題があることを発見し、その解決策としてHPをB to Cにより重きを置いた内容、見やすいスタイルへと変更しました。更に、築年数がある程度経過した高所得者層に絞り、フライヤーを配布しました。結果、HP訪問者数が約2倍、平均滞在時間は約5.5倍へと増加し、改善したHPより、戸建て建築での新規顧客を1世帯獲得しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 安川電機に入社後、実現したいことをご記入下さい。 (600文字以下)
A. A.
私は、貴社のものつくりの優れた技術で世の中に大きな影響を与え、人間とロボットが共存する豊かな世界を作りたいと考え、貴社を志望しました。貴社は、100年もの間、日本の技術を先導し、日本のものつくりの根底を支える、製造業のインフラとしての役割を担ってきました。また、モータからオートメーション、そしてメカトロニクスへと、時代の変化を捉え常に世の中のニーズを把握し、産業を支えてきたという点が、魅力的です。私は、特に世界シェアNo.1を占める産業用ロボットを日常生活においても導入し、日常の無駄を省き、日々の暮らしを支え、人間とロボットが共存する社会を実現することで、今までの「当たり前」を再定義したいです。このような考えに至るには、自営業の両親の存在があります。両親は年齢を重ねるにつれて、若い頃のように長時間あまり休憩を取らずに働くことが難しくなり、それに伴い働く時間が長くなっています。また父は無理が祟って仕事中に腰を痛めてしまうなど、健康にも影響が出ています。私は貴社のロボットを一般向けにも導入することで、両親、ひいては全世界の人々の負担を軽減したいです。私は、アルバイト経験で培ったお客様のニーズを掴む能力を活かし、急速に変化する時代とニーズを的確に捉え、自身が関わる製品が実際にあらゆる地域・場面で稼働し、人々の生活を支え、豊かな世界の原動力になるという誇りと喜びを感じたいです。 続きを読む
男性 18卒 | 東京理科大学大学院 | 男性
Q. 安川電機に入社後、実現したいことをご記入下さい。
A. A.
半導体ウエハハンドリングロボットの開発に携わりたいです。半導体は産業の米と言われるように現代社会に必要不可欠なものであり、今後成長が見込まれるAIやIoTなどの技術にも貢献できる点に魅力を感じました。シリコンウエハは半導体製造プロセスにおける最初の工程であり、その品質が最終製品の性能に大きな影響を与えます。私は貴社で次世代450 mmウエハ対応ロボットの開発を行いたいです。ウエハの大口径化や回路線幅の微細化に伴いウエハ搬送ロボットにはより高いクリーン度や動作精度が求められます。この課題の解決には一般産業用ロボット分野で培った貴社の高い技術力が必要だと思います。また貴社はロボットの開発だけでなく、IoTを活用した保守も行っており、生産性の向上により貢献できる点も魅力に感じました。私は大学の研究で培った真空技術を活かして、貴社でロボットの開発をしたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだことをご記入下さい。
A. A.
私はコンサートスタッフのアルバイトでスタッフの意識改革に取り組みました。私は会場の場外のアルバイトリーダーをしていました。場外は夏場の暑さなど体力的に厳しいことが多いため、人気のない部門でした。そのためスタッフの士気も低く、作業が時間内に終わらないという問題が発生していました。そこで私は休憩時間を増やすことでスタッフの士気を上げようと考えました。そのために以前は自分が担当している部門の人員で休憩を回していましたが私が各部門のリーダーと話し合いを行い、人員に余裕がある部門から応援をもらうことで、休憩を増やしました。その結果、スタッフの士気が上がり作業効率が上がっただけでなく、セクション間で情報をやり取りし、協力する機会が増えました。このアルバイトを通じて、部門の垣根を超えて1つのことに取り組むことの大切さを学びました。 続きを読む
男性 18卒 | 立命館アジア太平洋大学 | 女性
Q. 安川電機に入社後、実現したいことをご記入下さい。
A. A.
貴社の業務を通して人間とロボットが共生する社会を構築し、人々の生活をより便利・快適にしたい。理由としては貴社のモーションコントロール事業やロボット事業が環境問題の低減や産業の進展を支えていた事実を知り、非常に魅力的に感じたからである。また今後少子高齢化に伴い介護や医療の現場でもますますロボット事業の需要は高まるだろう。そこでまず日本での介護ロボット導入をサポートし、その成功例を世界にまで応用できるようにしたい。また貴社は、すでに3つの分野で世界ナンバーワンを達成されているが、さらなるダントツ1位を果たせるよう貢献したく思う。私はサークルやインターンの経験からITを利用したプロモーションを得意とし、また世界というフィールドで戦う貴社もITマーケティングは欠かせないものであると考える。情報企画部門から世界のYASUKAWAとして世界中の人に認知してもらえるようなPRを行いたい。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだことをご記入下さい。 ※取り組んだ概要だけではなく困難だった点、意思を貫いてやり遂げた点など具体的に お書き下さい
A. A.
大学時代は異文化交流とそれに伴う言語学習に打ち込んだ。国際系の大学に入学し たからには、国際交流を沢山することを目標にしていた。しかし入学当初、半数が 外国人の寮に入ったが、自信があった英語がほとんど通じず、自分は今まで何をし てきたのだろうと自己嫌悪に陥ることもあった。それでも毎晩外国人の友人と3時 間英語で話したり、夕食会を催したりするなどできる限り英語を話す時間を確保し た。3ヶ月経つころには耳が慣れ、単語ではなく文章でスムーズにやり取りできる ようになった。海外留学を決意した後は、目標点数を獲得するために、図書館や言 語自習室に毎日通い勉強した。勉強法も一つの動画を30回以上シャドーイングす るなど自分なりに工夫した。夏休みには1か月間フィリピンに留学し、マンツーマ ンで6時間毎日スピーキングを学んだ。以上から今自分に何が足りないのか見極 め、目標を決めて達成するマネジメントスキルを磨くことが出来た。 続きを読む

18卒 本選考ES

総合事務職
男性 18卒 | 高崎経済大学 | 男性
Q. 学業で取り組んだ内容についてご記入下さい。
A. A.
統計学の修学に注力してきました。理由は、アルバイト先でデータに関する業務に関わっていたためです。そのため統計知識を習得することによって、より一層の貢献ができると考えたのです。中でも日々の必要な人手に直結する入荷量の予測に関心を持ち、その分析が可能となる回帰分析を研究テーマとするゼミに入りました。また、熱意をもって修学したために歴代のゼミ生の中で一番早く統計検定2級の資格を得ることができました。 続きを読む
Q. 趣味・特技についてご記入下さい。
A. A.
特技は中判フィルムを使った写真撮影です。趣味はジョギングで日々健康に気を付けて生活をしています。 続きを読む
Q. 安川電機に入社後、実現したいことをご記入下さい。
A. A.
貴社に入社した際には、労働供給が不足している多様な産業の企業に対して、設備投資の営業をしていき、日本の産業の効率化の向上を実現していきたいです。私がロボット産業に興味を持った契機として、スーパーでのアルバイトの経験があります。スーパーにおいての仕事は多くの作業を人の手でやるために生産性の非効率さが挙げられます。しかし、就職活動を行っていくにつれて、様々な業界の企業研究を通して、小売業のみならず多くの産業で効率性の悪さを感じました。私はこの問題を貴社の技術によって解決をしていきたいと考えています。私はアルバイト先において勤怠管理の仕事を任された際には、より精度の高いシフトを作成するために統計学の修学に注力してまいりました。この経験を糧に貴社の技術を習得し、営業ではお客様のニーズに合った最適な技術提案をすることで信頼を築いていきます。 続きを読む
Q. 自己PRをご記入下さい。
A. A.
私の長所は「様々な問題に対して真摯に向き合う」ことです。アルバイト先のスーパーで品出しチームのマネジメントを社員に任されたときは入社して2カ月頃だったために、一部のメンバーから批判的な意見がありました。しかし私は誠実に仕事を続けることで結果的に信頼を得ることができました。加えて、マネジメントの業務を行う際にエクセルや統計学の知識が必要と判明すれば習得し実践することにより、勤怠管理やワークスケジュールの作成の完成度を地道上げていく事に成功しました。また、職務や人間関係のことについて同僚から相談されたときは相手の立場に立ち誠実に向き合ったために、結果として定年退職者以外の退職者がいない職場環境を作ることができました。仕事では学生時代に養ったコミュニケーション能力と統計リテラシーを武器にお客様のニーズを適確に掴み取り、最適な営業に挑戦していきます。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだことをご記入下さい。※取り組んだ概要だけではなく困難だった点、意思を貫いてやり遂げた点など具体的にお書き下さい
A. A.
アルバイト先の品出しチームの運営です。入社した当初は社員の多忙さから非効率的な勤務計画になっており、残業が続いている状況でした。また、勤怠の考え方が社員によって違うために異動の度に勤怠ルールが変更され、チームとして安定しなかった問題がありました。この課題を解決するために私は本社から提示される客数予測を活用する事で現実に適したシフトを作成しました。また、ワークスケジュールの作成では同僚の特長に適応するように作り上げ、働きやすい環境にしました。その結果、残業時間を削減することに成功したことに加えて、アルバイトがマネジメントする環境ができたため、社員に左右されない安定したチームを作ることができました。この活動をする上で困難だったのが新しい習慣を作ることです。しかし、チームの実情に関してはアルバイトの方が理解しているという信念からメンバーと密にコミュニケーションを取り、実現をすることができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 大学での研究内容を200字以内で書いてください。
A. A.
私は「非正規雇用労働者」に焦点を当てています。私は、ニュースで非正規と正規の処遇格差の現状を見た際に、なぜ労働環境に大きな差があることに疑問を持ち研究しようと思いました。研究を続けていくうちに、自分の夢やライフスタイルに合わせて労働時間に融通が利く非正規を自ら選んでいる労働者もいることを知りました。私は研究を通じて、一度の人生だからこそ既存概念に捉われない自分の考えを持つように心がけています。 続きを読む
Q. 当社で実現したいことを400字で書いてください。
A. A.
私は貴社で、新現地法人のパイオニアとなり、世界中のより多くの人に驚きと興奮を与えたいです。私は学生時代に、バックパッカーで世界各国を旅したり、アメリカに留学したりした際に、多くの外国人から「日本はいつも世界を驚かせてくれるよ。これからも驚かせてくれ。」と言われ、日本人として誇りを感じると共に、将来は世界に驚きを与える仕事に就きたいと考えました。貴社は3つの事業で世界一番であり、世界の中でも確固たる地位を築いており、営業を通して世界に驚きを与える仕事をできると思い魅力を感じています。またより多くの人に驚きを与えるためには、貴社の製品を知らない人・地域に知ってもらうためにPRすることが必要だと私は考えます。そのために積極的に世界各地の展示会に参加して、多くの人にPRしたいです。入社できた際には学生時代に海外で培った未知の世界に飛び込む力を活かして、世界に驚きと興奮を与えたいと考えています。 続きを読む
Q. 自己PRを400字で書いてください。
A. A.
私は、小さな努力を重ね目標を達成する人間です。一つのエピソードとしてTOEICを500点から815点にあげた経験があります。私は海外で働きたいと考えていますが、アメリカで6週間留学した際に自分の英語力の乏しさを悔しく思い、ビジネスレベルである800点の取得を目標にしました。バイトと授業でスケジュールが厳しい中、毎日1時間以上の勉強は欠かさず継続しました。毎日続けることは大変でしたが、目標を達成した時の大きな喜びをモチベーションにして勉強しました。直近のテストでは小さな努力が実を結び815点取得しました。この経験から、目標達成のためには高いモチベ―ジョンを維持することが重要だと学びました。現在はスピーキング・ライティング力を測る英検準1級を取得に励み、実用的な英語を身に付けられるように努力しています。私は貴社においても、高い目標にコツコツ粘り強く努力して、お客様にニーズ以上のものを提供し成果を上げたいです。 続きを読む
Q. 学生時代に打ち込んだことを400字で書いてください。
A. A.
それはサークル活動です。私は、昨年のケアンズ・フットサル大会で32チーム中ベスト8進出を目標に力を入れました。私のサークルでは先輩と後輩の間に距離があり、一体感がないことが課題でした。私は週一回の練習だけでは、一体感は向上しないと考え、普段接しにくい先輩と後輩を集めて交流できる機会を作っていました。メンバーがサークルに対して帰属意識を抱いてくれるように、バーベキューなどのイベントを企画していました。また練習後のミーティングでは後輩が違和感なく発言できるように、先輩にアドバイスをする制度を提案しました。後輩が積極的に発言することで、チームに一体感が生まれ、昨年10月のケアンズの大会では、ベスト8進出を実現できました。この経験から、目標達成のために集団の中で自分の役割を全うすることが重要だと学びました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 関西学院大学 | 女性
Q. 当社で実現したいことを教えてください(400)
A. A.
御社の業務を通して人間とロボットが共生する社会を構築し、人々の生活をより便利・快適にすることを実現したいです。理由としては御社のモーションコントロール事業やロボット事業が環境問題の低減や産業の進展を支えていた事実を知り、非常に魅力的に感じたからです。具体的には自動車や風力、省エネ技術に携わり、社会にソリューションを提供することで人々の生活をより良く過ごすことができるように貢献したいと考えています。職種としては一般職として総合職の方々を支えるような業務に携わりたいです。私は、これまでの経験から、最前線で戦うというよりも、後方でそういった人たちを支えるような役割に適性があると感じています。ですので私は、堅実に、かつ責任感を持って管理部門事務の役割を果たすことで会社を根底から支え、上記の目標を実現したいと思っています。 続きを読む
Q. 学生時代最も力を注いだことを教えてください(400)
A. A.
最も力を注いだ取り組みは日韓学生会議の運営です。これは日韓両国から約50名の参加者を募り、1週間寝食を共にしながらディスカッションや観光等に取り組むというものです。その準備段階では、2つの制約がありました。1点目は時間の制約です。少人数でスポンサーの獲得から施設の確保、料金の交渉、国内外での広報活動、ルート策定、下見まで行わねばなりませんでした。2点目は場所の制約です。実行委員の所属大学が神戸や大阪、名古屋、東京とバラバラだったため、一堂に会するのは月に1度のみでした。そういった状況の中で私が気付いたのは「自ら考え、行動すること」の重要性です。リーダーの指示を待っていては全く作業が進まないという状況下で、当事者意識を強く持ち、周囲と連携しながら作業を進め、最終的にはプログラムの成功に貢献できました。 続きを読む
Q. あなたの強みを教えてください(400)
A. A.
私の長所は「責任感の強さです。」それを表すエピソードを2つ上げたいと思います。1つ目は、中学・高校時代に皆勤賞をもらったことです。私は学生の仕事はしっかり学校に通って勉強することだと考えていました。ですので、学生としての責任を果たすため、しっかり体調管理を行い、6年間無遅刻・無欠席を継続しました。そして、学業面においても評定5のうち通年で4.9を取得しました。2つ目は飲食店でのアルバイトにおいての開店前の準備業務を2年間やり通したことです。店内の掃除や食材の搬入といった準備業務は必ず開店前に終わらせる必要があるため大きな責任を伴います。私はその業務を休まずに続ける中で、達成感を得ると同時に日々の積み重ねによって周囲からの信頼を得ることができました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

17卒 本選考ES

技術系総合職
男性 17卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 学業で取り組んだ内容についてご記入下さい。 (理系の方は、研究テーマとその内容についてご記入下さい) ※改行はしないようにご注意下さい 200文字以下
A. A.
私は、なるべく少ない計算量で電磁界解析を行う方法を研究しています。電磁界解析は近年の電子機器の開発で不可欠な工程ですが、微細な部品を解析する際には計算量が多く、時間がかかる課題があります。従来の解決策として、正確な結果が欲しい部分だけを細分化して計算する方法がありますが、精度や安定性に課題を抱えています。そこで、細分化の仕方を工夫することで、少ない計算量で精緻な電磁界解析の実現を目指しています。 続きを読む
Q. 安川電機に入社後、実現したいことをご記入下さい。 ※改行はしないようにご注意下さい 400文字以下
A. A.
私はICTを活用して日本の製造業の発展に貢献したいです。具体的には、MECHATROLINKを軸に、通信分野から安川版Industrie4.0の具現化に携わりたいです。これは貴社開発研究所のネットワーク技術課におけるインターンシップ参加経験に起因します。その際、製造業の在り方を大きく変えるIndustrie4.0の存在を知り、私はこの手でこの革命に貢献したいと考えるようになりました。同時に、この革命の実現には通信技術が不可欠だと学びました。貴社に入社後、あらゆる産業機器をシームレスにつなぐ通信技術を実現し革命に貢献したいです。また、電気電子工学科でハードウェアの基礎を学び、研究室でプログラミングのノウハウを培った私は、ハードウェアも分かるソフトウェアの専門家を目指しています。ものづくりの根幹を支える事業で世界1位を誇る貴社を舞台に、地元福岡に根ざしながら私のキャリアプランを実現したいです。 続きを読む
Q. 自己PRをご記入下さい。 ※改行はしないようにご注意下さい 400文字以下
A. A.
私は高い目標を設定してそのために尽力する気概を持ち、失敗を成功の糧にできる人間です。この強みが活かされた例として、一度不合格になった京都大学の入学試験への再挑戦が挙げられます。私はまず、不合格の原因を次の二点であると分析し、以下の手段を徹底して翌年の合格に繋げました。一点目に、応用問題ばかりに取り組み、基礎が不足していたと考えました。そこで基礎問題集の内容を隅々まで理解し、問題文を読んだ瞬間に解答プロセスが思いつくまで反復して解くことを心掛けました。二点目に、自習室で一人黙々と勉強しており、モチベーションの維持が困難であったため、効率が落ちていたと考えました。そのため定期的な友人との会話を意識し、模擬試験の結果を競い合うことで勉強への意欲を高めました。以上のような、向上心を持って目標を設定して取り組む姿勢や、失敗を無碍にせず次に活かす能力は、貴社に入社後、如何業務においても有用です。 続きを読む
Q. 学生時代に最も打ち込んだことをご記入下さい。 ※取り組んだ概要だけではなく困難だった点、意思を貫いてやり遂げた点など具体的にお書き下さい ※改行はしないようにご注意下さい 400文字以下
A. A.
私は所属するテニスサークルの会長職に就き、その運営に最も注力しました。具体的には練習での指揮やイベントの企画・運営に尽力しました。特に、困難に感じ積極的に取り組んだことは、幹部の意識改善です。幹部の遅刻・欠席が多く、これが原因で人が減り、活気減少に繋がる場面が目立ったからです。これを改善すべく、私は次の二点を行いました。一点目に、練習後毎回幹部を集め、反省点や今後の方針等を話し合う機会を設けました。幹部のサークルへの意識を高めるため、且つ幹部全員でサークルを作っていこうと考えたからです。二点目は、私が遅刻や欠席を一度もしないことです。これは会長が幹部の鑑であるべきだという信念が所以です。これらを意識的に継続した結果、遅刻や欠席は次第になくなり、練習やイベントの人数増加、ひいてはサークルの活気向上に繋がりました。この経験から、私は職務を全うできる責任感と集団をまとめる統率力を身につけました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
17件中17件表示