キヤノン株式会社のロゴ写真

キヤノン株式会社

  • 3.1
  • 口コミ投稿数(2228件)
  • ES・体験記(142件)

キヤノンの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

73件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

総務・人事
男性 21卒 | 名古屋大学 | 女性
Q. 設問1.あなたが学生生活で最も力を入れて取り組んだことを2つ教えてください。 (1)学業について あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。 その内容について、20文字以内で簡単に記載してください。
A. A. 先進的教育を行う教育機関についての研究
Q. 上記のその研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。 (その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど) (400文字以内)
A. A. 〇〇をテーマに、国内や諸外国の先進的な教育を行う教育機関についての研究を行っています。ゼミでは、韓国に研修に行き現地の小中学校の視察をするとともに、○○大学の学生と教育についてのディスカッションを行い、相互の教育の現状や課題について学びました。また、大学の講義では...
Q. (2)学業以外について 学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難に どのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、 そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。 (2)も学業について記載する場合は(1)とは別の内容を記載してください。 (400文)
A. A. 私は、学内の○○のリーダーに立候補し、充実した活動を行いました。部活には、練習が非効率的であり、技術指導が全体に行き届いていないという欠点がありました。そこで、他のリーダーと話し合い練習を効率的に行う方法を模索し、リーダー自ら休憩時間中に他の部員に技術指導を行いま...
Q. 設問2.今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか? (300文字以内)
A. A. 貴社のネットワークカメラシステムの事業の展開に貢献し、社会に新しい価値観の提供を行いたいと考えています。取り巻く環境が変容する中で、社会のニーズを正確に把握することが求められています。ネットワークカメラシステムを活用し、様々な問題への解決策を講じ人々の暮らしの安全...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 中央大学 | 男性
Q. あなたが学生生活で最も力を入れて取り組んだことを2つ教えてください。 (1つ目)あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。
A. A. その内容について、20文字以内で簡単に記載してください。 ゼミのフィールドワークを通した地域理解。 上記のその研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。(その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど)、(400文字以内)...
Q. (2つ目)学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難にどのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。 (2)も学業について記載する場合は(1)とは別の内容を記載してください。(400文字以内)
A. A. 総合案内所のアルバイトに注力し、最終的には苦情を賛辞に変化させるまでになった。当初の私では、楽しむために来ている人を残念な想いで帰らせてしまう。私の使命感・責任感は満たされず、その高い期待・信頼に応えてみせたい想いがあった。 現場ではなくわざわざこちらに来るほど...
Q. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか?300文字以内
A. A. 私は日本が誇るものづくりの存在感を取り戻したい。広報と事業企画で貢献したい。 第一に現在もコモディティ化によって、先進国では差別化のためにサービス化に乗り出すメーカーが増えるだろう。そこに日本のきめ細やかなアフターサービス等は強みとなりうる。その魅力を伝える重要...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

技術系総合職
男性 21卒 | 関西学院大学大学院 | 男性
Q. 10年後の世界はどのようになっていると考えますか。それを踏まえ、 キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか? (できる限り具体的な根拠を示しながら記載してください。) (600文字以内)
A. A. AIやIoT技術が急速に発達し、様々な自動化が進むことで人々の生活がより便利になっていると考えられます。しかし、生産者は新技術の搭載を急ぐが故に、10年後活躍する製品のデザイン性や環境への配慮を欠いてしまうことが懸念されます。そこで、貴社のイメージング技術を車載材...
Q. 学生時代に力を注いで挑戦したこと(していること)を教えてください。 (その挑戦において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。学業もしくは学業以外でも可)(400文字以内)
A. A. カフェのアルバイトで、課題解決を通して自分を磨き続ける向上心を養い、強みにしました。初めて課題を感じたのがお客様の「お勧めは何ですか」というご質問でした。当時の私は適切な応対ができず、不甲斐ない思いをしました。これを機に、今後は私自身がお店で扱う商品に自信を持ち、...
Q. 部活・サークル活動などがあればお書きください。(全角40文字以内)
A. A. バレーボールサークルに所属し、セッターと副代表を経験しました。(31words)
Q. その他活動(アルバイト、ボランティアなど) (40文字以内)
A. A. テーマパークスタッフのアルバイトを約4年、カフェでバリスタのアルバイトを約2年半(40words)
Q. 卒論について1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A. 巻貝化石の化学分析をテーマに研究して参りました。本研究を選択した理由は2点あります。1.幼い頃から化石が好きで、化石を始めとするロマンのある研究をしたく思ったため。2.化石の化学分析はまだまだ開拓の余地がある分野であり、新しい発見を期待したため。本研究への取り組み...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 立命館大学大学院 | 男性
Q. 10年後の世界はどのようになっていると考えますか。それを踏まえ、キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?
A. A. 現在、スマートハウスや自動車のようにIoTやAIが普及し「ITデバイス化」し、異業種が参入するなど人工知能の利活用は本格的な活発化時代へ突入しています。この状況から、10年後の世界は人工知能の能力が人間に近づき、かつ産業のボーダレス化が進んでいると私は考えます。こ...
Q. 学生時代に力を注いで挑戦したこと(していること)を教えてください。
A. A. 語学力の向上です。私は将来、世界を相手に活躍する技術者になる事を掲げています。それには英語力が不可欠と考え、大学入学時にTOEIC730点突破を掲げました。しかし当初は、苦手なうえにリスニングが経験不足のため、何度受けても実力は伸びませんでした。それでも、「一度立...
男性 21卒 | 神戸市外国語大学 | 女性
Q. あなたが学生生活で最も力を入れて取り組んだことを2つ教えてください。 (1)学業について あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。
A. A. 模擬国連世界大会への参加
Q. 上記のその研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。(その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど)
A. A. 専攻で学んでいる英語をツールとして世界問題を議論したいと思い参加した。公用語が英語である大会で、多くの学生が英語を母語とし、日本語が母語の私に対して高圧的だった。しかし、十分な事前準備によって、発言時に自信を持ち、言語力で敵わない部分を知識量でカバーした。大学受験...
Q. (2)学業以外について 学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難にどのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。(2)も学業について記載する場合は(1)とは別の内容を記載してください。
A. A. 大学受験で合格点に点数が及ばず、目標としていた学部入学が出来なかった事だ。結果として2部(夜間)に入学した。親や友達から2部という肩書きもあり、大学決定時にマイナスなことを言われ、自分の決断が正しかったのか不安になることもあった。それでも入学を決めた理由の一つに模...
Q. 今後も産業・経済・社会など、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか?
A. A. 私の強みである行動力と最後までやり抜く強い意志を生かしたグローバル人材になる事だ。アルバイトで外国人のお客様に日本文化を共有する際、ただスクリプトにあることを伝えるだけではなく、どのような伝え方が効果的か、お客様が求めている情報はこれで正しいのかを常に考え続けてい...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 関西学院大学 | 男性
Q. 設問1. あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。 その内容について、20文字以内で簡単に記載してください。
A. A. 京都市菊浜学区におけるまちづくりの研究
Q. (1)上記のその研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。(その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど)(400文字以内)
A. A. 十数年前まで遊郭として栄えた一方で、ここ数年で宿泊施設の増加等、急激な変化が起こる京都市菊浜学区に焦点を当てた研究を行う。当地区の内部変化とまちづくりを解き明かすことを目的とした。 私は貧困地区の現状に問題意識を持ち、高齢化が大きな課題にある一方で、地元祭りの開...
Q. (2)学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難に どのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、 そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。 ※(2)も学業について記載する場合は(1)とは別の内容を記載してください。(400文字以内)
A. A. 参加者不足が顕著な所属団体を仲間と人気団体へと飛躍させた経験である。米大学への留学先で、発足より携わった日本語・文化を現地大学生に発信するボランティア団体において、活動開始から一ヶ月が経過しても参加者が二人しか集まらないという課題を抱えていた。そこで課題の原因を追...
Q. 設問2. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか?
A. A. 「日本のモノを発信する中で、世界に豊かさをもたらす男」という理想像を実現したい。 上記した留学経験から、日本を発信することに喜びと誇りを獲得。中でも、高い技術力から、大きな説得力を持つ日本のモノづくりを世界に発信することで、上記の姿を目指すと決めた。 貴社はハ...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。 (その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど) (400文字以内)
A. A.
私は将来社会人となった際に備え、広い視野で社会を理論的に捉える力を養いたいと考え、インフラ分野に詳しい教授から指導を頂ける公共経済学ゼミを選びました。ゼミでは公的部門による介入が必要な市場を研究対象として、仮説を立てた後に実証分析を行います。私は「新駅開業と周辺地域再開発の経済効果」というテーマで論文執筆に注力しました。まず新駅開業は地価上昇等の社会的便益を数多く生み出す事業であるという仮説を立てて研究を始めました。そして港区や事業主へのヒアリングから現状分析を行った後、統計ソフトを用いて7000件にも及ぶ膨大なデータを分析しました。その際には計画立てた行動を意識し、やるべき事を締切日から逆算して分析を進めました。その結果、新駅開業は1兆円を超える便益を生み出す事業であると算出でき、仮説を立証できました。この活動を通じて、目標へ向け地道に粘り強く行動し続けることの大切さを学びました。 続きを読む
Q. 学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難に どのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、 そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。 (2)も学業について記載する場合は(1)とは別の内容を記載してください。 (400文字以内)
A. A.
所属団体で加入者数を前年度比2倍に増やした事です。私は大学組織の中で学生アルバイトを運営する役職を務めましたが、下級生が少なく今後の運営が不安定でした。OBと話す機会が多かった私は団体の歴史を次世代に引き継ぎたく、下級生の加入者増加を目標とし声掛けを始めました。しかし当初は自らの想いを推す余り中々効果が出ませんでした。そこで個々の考えを理解する為に、1年を通じて組織内の下級生100人以上の話を聞きました。すると地方出身学生の多くが友達作りに不安を持つ点に気づきました。私自身、出身高校が同じ学生が少なく不安を持つ中、このアルバイトを通じて学内の交友関係を広げられました。その為、相手に深く共感し下級生の不安を解消できるような勧誘を実現できました。その結果、1年間を通じて下級生を前年度比2倍の50人増加させる事ができました。この経験から、相手目線に立った行動を起こす大切さを学びました。 続きを読む
Q. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか? (300文字以内)
A. A.
最新のデジタル技術と伝統工芸の技を融合させることで、世界中の歴史や文化を広める貢献がしたいです。今後グローバル化で人々の暮らしは更に多様化し、各地毎の歴史や文化を尊重し合う必要性が増していくと思います。また、大学で地域ボランティアを行った経験から、多くの人々が地元地域への愛着を持ちそれが誇りや信念に強く通じている事を実感しました。世界へ目を広げた際も各地の歴史や文化の理解が人々を繋ぎ合わせる為には不可欠だと思います。貴社は長年培った高い技術力と幅広いグローバル展開で綴プロジェクトといった文化プロジェクトに取り組んでいます。私も貴社で働き、文化を広める事で世界中の豊かな暮らしに貢献したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 東京大学 | 男性
Q. あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。 その内容について、20文字以内で簡単に記載してください。
A. A.
判例分析を通した特許係争の研究 続きを読む
Q. 上記のその研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。(その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど)(400文字以内)
A. A.
私は、〇〇教授のゼミに所属し、知的財産法の判例分析を行いました。実際の係争事案における特許庁や裁判所での審理過程や判断基準等に関する研究を行いました。 Society5.0におけるビジネスモデルでは、オープン・イノベーションで異業種企業の事業提携や共同開発等が加速するため、戦略的な知的財産権の保護が益々重要になっており、この研究に取り組みました。 ゼミでは、知的財産の保護に関する基礎知識を身につけ、その後は知的財産権に関わる重要テーマに関する判例を、毎回2時間かけケーススタディを行いました。 ケーススタディの題材となった主な判例は、職務発明における発明者の権利範囲や、特許の請求項記載事項の解釈、先願特許の審決取消、特許無効等に関するものでした。 このゼミでの研究を通して、知的財産権侵害リスクへの法的対応や、戦略的な保護を行うための要件・法的手続等について学びを深めることができました。 続きを読む
Q. 学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難にどのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。(2)も学業について記載する場合は(1)とは別の内容を記載してください。(400文字以内)
A. A.
私は大学のクラブで、全員参画型の新入生勧誘プロセス改革に取り組みました。 従来の新入部員の勧誘は、個別説明が主体であり、情報発信力が弱く認知度も低いため、特に実力者の獲得が不十分でした。 私が新入部員勧誘活動のリーダーを務めたとき、活動内容の広報を対人説明から、SNSやWebを活用したネット型の情報発信へと刷新することを企画しました。当初は私の企画に対してメンバー全員の賛同を得ることができず、実現することが困難でした。私は参画に消極的なメンバーから個別に意見を聞き、学業との両立が可能な範囲で各人の得意な役割を整理し配分することで、彼らの懸念事項を払拭し理解を得ました。その結果、メンバー全員が一丸となって準備を進め、新入部員勧誘プロセスの改革を成し遂げることができました。私はこの経験から、メンバーの個別の課題の本質に向き合い、それを一つ一つ解決していくことで、チームを統率できることを学びました。 続きを読む
Q. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか? ◆(300文字以内)
A. A.
私は、人や社会に優しいスマートな未来を実現したいと思っています。 高齢化社会を迎え、医療費増加や医療従事者の過重労働等が社会問題となっています。 貴社の今後の事業の柱となる医療事業では、貴社の強みである画像解析技術にAIを活用して診断性能を高めることで、早期発見による医療費削減が可能となります。 また、診断結果やカルテ等、病院内の情報を一元管理・活用する、病院のスマート化により、医療現場の業務効率化や過重労働の軽減できます。こうした事業では、外部協業が増え、営業秘密や個人情報の保護等の法的対応が必要だと思います。 私は大学で学んだ法律の知識を活かし、貴社の法務部門として事業拡大に貢献したいと思います。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 明治大学 | 男性
Q. ゼミのその研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。 (その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど)(400文字以内)
A. A.
私はマーケティングという学問に対して、社会に出た際に役に立つ知識として熱心に向き合っています。同時にこの学問の魅力も同じものであると考えます。そして私は、社会人になってからより面白さが増す学問であると考えます。考え方は、マーケティングにおいて、真の顧客を把握する事が最も重要であるという基本姿勢を持っています。理由として、真の顧客を知る事が「製品コンセプト創造」、「情報優位性の獲得」、「戦略提案」において、根底にあるものだからです。製品コンセプト創造においては、真の顧客を知る事で、その真の顧客に合わせたコンセプトが決まります。情報優位性の獲得、戦略提案においては、知る事で情報量が増え、交渉優位性を獲得出来、さらなる提案が可能になります。このように、実際にビジネスマンとして働く際役立つ理論の研究をしています。このように私はマーケティングから、提案時の情報量の大切さを学びました。 続きを読む
Q. 学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難にどのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。
A. A.
私が一番困難した場面は、初参加のゼミ合宿において、ゼミ全体企画を任された事です。合宿運営の話し合いで、教授、先輩方のことをよく知らない私が、全体企画を任される事になりました。この全体企画の際に特に困難であった事は、参加者の年齢、個性が多種多様であり共通するニーズが見えなかった事です。この問題を乗り越えるために工夫した事は、全体としてではなく、まずは個人に焦点を当てた事です。個人に焦点を当てる事で、全体として共通するニーズが見えてきました。そして、共通するニーズなどの要因をもとに話し合いました。その結果、ビンゴ大会を開催することにし、その景品は多種多様に対応できるよう幅広いジャンルから選びました。また景品を渡す際、個人に合わせた景品を選ぶなどの工夫をし、全体企画を盛り上げました。この経験から私は、共通ニーズを読み取る事、用意周到な準備が、企画成功には重要であると学びました。 続きを読む
Q. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか?300
A. A.
私が貴社で成し遂げたい夢は、貴社のIMAGING技術を活かした新たな道を見つけ、それを世界に広めていく事です。私は貴社の説明会において、自由視点映像が開発されており実用化に向けて取り組んでいるとお話を伺い、とても衝撃を受けました。このような映像はゲームの世界でしか見た事がなく、現実に存在するとは思わなかったからです。この例から、貴社はIMAGINGにおいて最先端の技術を持っており、無限の可能性を秘めているように感じます。私はその一員として新たな道を見つけたいと考えます。そして同時に、こんな夢のような技術がある事を世界へ知らせたいと考えます。最終的には、世界中の皆が知る企業にしたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 青山学院大学 | 男性
Q. (1)あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。 (20文字以内) (2)その研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。 (その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど) (400文字以内)
A. A.
(1)数学の微分方程式、アクチュアリー数学 (2)微分方程式では、例えば、バネに付いたボールの振動などの物理現象を題材にします。そこから微分方程式を導き、解くことによって物体の動きを解析する事が出来ます。また、微分方程式には答えを出す事が不可能な式も多数存在します。しかし、その式も地道に解析していく事で法則性を発見する事が出来ます。その法則性から食物連鎖などの自然現象の分析に応用する事ができます。 アクチュアリー数学は研究室で取り組んでいる学問です。この学問は災害発生リスク、年間に発生する交通事故数などの未来の不測事態の推定を確率論の知識と数理計算を用いて行い、保険金や年金の資本金の計算をする学問です。これらの科目を勉強する事で、数学が実際に社会で役に立っている事、抽象的な中にも現実世界との結び付きがある事を実感する事が出来ました。かなり理解に時間がかかる学問も多いですが、実際に社会で活用されている点に魅力を感じながら日々勉強しています。 続きを読む
Q. 学業以外の課外活動において、困難だったこと、またその困難にどのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。(400字)
A. A.
塾のアルバイトでの話です。ある日、中学2年生の勉強が苦手であまり好きではない生徒達と対立しクラス全体の雰囲気が悪化してしまったことがありました。その後、私が一方的に説教のように話してしまった事を反省し、2つの事に取り組みました。1つ目は自分自身の授業の改善です。授業の後に講師達の前で授業練習を行い、指摘を受け、能力の向上に努めました。2つ目は生徒達との信頼関係構築のためのコミュニケーションです。授業内外で生徒達の様々な声に耳を傾け、わからない問題を一緒に考える事や、生徒との何気ない会話を大切にし、関係の改善を目指しました。その結果、生徒達から承認され「先生の授業が一番楽しかった」と言ってもらえた時は嬉しかったです。以上の経験から何度も挫折感を味わいましたが、失敗を恐れずに挑戦する事で成果を出せる事、相手と会話をすることによって信頼関係を作り出せる事を学びました。 続きを読む
Q. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか?(300字)
A. A.
私は社会の人々に新しい価値を提供し、幸福にしたいと考えています。そのため、貴社の「共生の実現」を目指して人々が幸せに暮らせる社会を創るという点に非常に共感しております。働き方改革が謳われている今、企業では業務の効率を上げ、生産性の高い働き方をしていくことが必要です。私は貴社のオフィス事業に携わり、複合機やクラウドなどを用いて1つでも多くの企業の生産性向上に貢献したいと考えています。また、これらの技術を活用して学校現場において長時間労働に悩まされている教職員の労働問題の解決を実現したいです。今までの経験から培った失敗を恐れずに挑戦する闘争心と継続力を活かして、共生の実現を目指したいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 筑波大学大学院 | 女性
Q. 10年後の世界はどのようになっていると考えますか。それを踏まえ、 キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか? (できる限り具体的な根拠を示しながら記載してください。)(600字以内)
A. A.
現在ではAIやIoTという言葉を普段耳にする機会が増えました。現に、2017年には囲碁AI(Alpha Go)が人類最強棋士に3連勝したり、スマホでドアの鍵を開閉できるスマートロック(Qrio)が普及していたりします。それらの技術の勢いは更に加速し、10年後には「現実世界における不特定多数の物事に対して、人間のように認識・判断する」存在が出現すると考えます。AI分野の権威であるRay Kurzweil氏も、2005年の自書『Singularity is Near』でそのような予測をしています。また、自動運転のためには「道路状況等の情報をリアルタイムで取得し、その情報からAIが次の動作を判断する」必要があるように、現実世界にAIを浸透させるにはIoT技術の存在が必要不可欠です。貴社ではそれら先端技術を活用し、イメージングによる「体験」の提供をされています。「体験」の例としては、書類のスキャニングにより「社外からも書類内容を検索できる」ことなどが挙げられます。以上を踏まえ私は、貴社でシステムソフトウェア開発やソリューション開発等に携わり、「新たな体験・価値」を提供していきたいと考えています。その体験の提供を通じて、少子高齢化などの社会課題解決に貢献したいです。また、貴社の研修制度(CIST)などを活用することで専門外の視点も取り入れ、1技術者としても成長していきたいと考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に力を注いで挑戦したこと(していること)を教えてください。 (その挑戦において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。学業もしくは学業以外でも可) (400文字以内)
A. A.
茶道部での活動に注力しました。私が新入部員の頃、部員の少なさと不明点の聞きづらさに問題を感じていました。成果発表として年に数回お茶会を開催していましたが、人手不足でお客様を待たせてしまう事がよくありました。しかし先輩に畏縮したために指示を貰いに行けず、忙しい姿を眺めているだけでした。その経験を踏まえ、私が部長になった時には後輩に同じ思いをさせないように施策を講じました。部員の少なさへのアプローチとしては、部活動のブログ更新により自分たちの活動を発信したり、新入生歓迎茶会の開催場所を新入生が立ち寄りやすい場所に変えたりしました。不明点の聞きづらさに対しては、私自身が部員の状況確認を常に行い、その場に合った助言をするように心掛けしました。その結果、新入部員数は例年の2倍となり、一人一人が責任を持ってお茶会に臨むようになりました。この経験から、問題解決のために行動を起こす重要性を学びました。 続きを読む
男性 20卒 | 上智大学 | 男性
Q. 10年後の世界はどのようになっていると考えますか。それを踏まえ、キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?(できる限り具体的な根拠を示しながら記載してください。)(600文字以内)
A. A.
現在、人工知能は本格的な実用化時代へ突入していますが、10年後の世界は人工知能が人間の能力に近づき、ハードウェア、ソフトウェアとも同等の知力と感情を持つようになると私は考えます。これに関して、同様の予測を2008年2月21日に、イギリスの人工知能の技術者であるRay Kurzweil氏が発表しています。一方、多くの貴社の製品にも人工知能の技術は使用されているとお聞きしたことから、10年後には現時点では想像できないほど高い能力を持つ製品を、世の中に送り出していることが予想されます。それらを踏まえ、私が貴社に入社したらソリューション開発や、システムソフトウェア開発等を通して貴社の製品開発に携わり、世の中に新しい価値を創造していきたいと考えています。10年前、私が小学生の時に思い描くこともできなかった現在を築き上げた方々は極めて偉大であり、先人たちのように今度は私たちが一丸となって、世界中を驚かせ、人類の新たな時代を創り出すことのできる「ものづくり」をしていきたいです。また、一人のエンジニアとして成長していきたいという意欲も強いため、進取の気性と、技術による差別化を目指す姿勢が深く浸透している貴社で、腕を磨いていきたいとも考えています。 続きを読む
Q. 学生時代に力を注いで挑戦したこと(していること)を教えてください。(その挑戦において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。学業もしくは学業以外でも可)(400文字以内)
A. A.
私は大学1年生の冬に、自ら中心となって中学校の同級生に声をかけ、野球チームを創設しました。しかし、創設当初はチーム力が乏しく、初めて出た大会は初戦コールド負けでした。我々は楽しくかつ勝てるチームが理想像であった為、私は試合で勝つためにチームのツイッターアカウントを作成し、SNSで練習試合の提案を行うようにしました。創設当初は他チームとの繋がりがなく、練習試合を組むことが難しかったのですが、SNSを利用することで連絡が取れるチーム数が劇的に増加し、公式戦の前に効果的に練習試合を組むことに成功しました。そして創設から1年半経った昨年の11月に、遂に市大会で優勝することができました。チーム運営がうまく進む確証もない中、文字通り0からのスタートで想像以上に苦労しました。しかし、一つの環境を作り上げ、何度失敗しても原因を分析し、成果を出した経験は、私に課題解決のプロセスを教えてくれました。 続きを読む
Q. 学生時代を通じて学んだ専門分野の中で、あなたが得意な、または興味のあるテーマを教えてください。 1.そのテーマの名称 2.テーマを選んだ理由 3.テーマを通じて得られた学びや気づき を踏まえて具体的に教えてください。テーマは卒論の内容でも結構です。(500文字以内)
A. A.
専門分野である「情報学」の中で、私が興味のあるテーマは、「社会情報」です。「社会情報」とは、情報を企業、組織、社会の基盤として捉え、その効率的な活用を図り、人と社会に有益な情報システムを構築することを目指すテーマです。何故このテーマを選んだかというと、私は大学でコンピュータや情報通信システムの基礎等を幅広く学んでおり、就職活動もメーカー業界やIT業界を中心に行っていたのですが、その際にITに秘められた圧倒的な成長性に魅力を感じ、時代の最先端でITに携わりながらキャリアを歩んでいきたいという想いが強まったからです。そして、テーマを通じて得られた学びや気付きは、「トライアンドエラー」の重要性です。以前、「社会情報」に関する大学の講義で、C言語やJavaを中心にプログラミングを演習する機会がありました。プログラミングで大切であるのは、まずはトライして、失敗したら原因を分析し、修正して成功するまでトライし続けることであると考えています。これは、私の信念である、「失敗を糧にする」ことに通ずるものがありました。貴社に入社できた際にも、失敗を恐れずに何事にも自ら進んで積極的に活動していきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 早稲田大学 | 女性
Q. あなたが学生生活で最も力を入れて取り組んだことを2つ教えてください。(1)学業について
A. A.
色彩認知科学のゼミで色彩に限らず、香り、デザイン、音楽など感性に関わるものへの 人間の認知や、心理変化について学んでいる。3年次は心理学から自然の中の色や絵画 の見方など幅広く学び、留学して欧州を回った際には多くの美術館を巡り実践的に活用 した。研究では12年間続けた新体操にフォーカスを充て、3年次では新体操の要素を音楽と色彩に絞り「音楽とPCCSトーン・色相の関係性」について研究した。今後は研究 を深めつつ、最終的には地元のクラブチームと共同で具体的に結果が新体操の音楽とレオタードの色に有用であるかを明らかにしたいと考えている。日本ではまだマイナース ポーツ故に学術的研究がされておらず、従来感覚的であった新体操の芸術面の指標とな る研究にしたいと考えている。 続きを読む
Q. あなたが学生生活で最も力を入れて取り組んだことを2つ教えてください。(2)学業以外について
A. A.
副代表を務めた国際ビジネスコンテスト(IBC)運営団体で膠着した3カ国の議論を 解決に導いた。日中韓の3支部協働で7泊8日合宿型IBCを開催している。開催に向 け3支部集結の会議をした際、東京IBC開催予定施設で宿泊予約が人数分できず、高額な施設への変更提案を中韓に受け入れてもらう必要性が出た。しかし各国の財務状況 により意見が合わず、議論が膠着し東京開催が危ぶまれた。私は開催日数を減らすなど の妥協点を探している議論を止め、本来の目的である「上質な国際協働体験の提供」を 意識すべきとの考えを伝え、解決策を洗い出し意見を調整した。各国6部署に分かれているが、具体的には渉外部に掛け合いIBC中の水や食事の協賛を得ることを検討し た。また、従来対面で実施していたフィードバックをオンラインで実施し部屋代を浮か せるなど参加者に影響が少ない点で費用削減を実現した。結果3カ国で同意が取れ、無 事IBCを実行できた。 続きを読む
Q. 今後も産業・経済・社会等、取り巻く環境が変容していくことを踏まえ、あなたがキヤノンで成 し遂げたい夢(実現したいこと)は何ですか?
A. A.
私は人々が欲を持って生活できる世界の実現のために、貴社のイメージング技術で世の 中に新しい価値を生み出し続けたい。24カ国に旅行・留学した経験から、貴社のカメ ラは国や地域関係なく人々に愛され製品の価値を与えていると実感した。そのため独自 性と信頼性を持ち、新しい可能性に挑戦を続ける貴社で可能だと考えている。具体的に は、ゼミでの学びから感性に関わる分野で実現したいため、カメラ・印刷関連の事業企 画で商品開発に携わりたい。今後社会はこれまで以上に変動し人々のニーズも多様化す る。その中で今も研究が進んでいる感性を含む人間の本質的な理解と、発展する新しい 技術を融合し、新しい価値想像に挑戦し続けたい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 東京理科大学大学院 | 男性
Q. キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?取り組みたい技術や分野を踏まえたうえで具体的に教えてください。 (ご自身の現在の専門分野と異なっていてもかまいません。)(500文字以内)
A. A.
私は貴社に入社して、インクジェットプリンターのインク材料開発に挑戦したいと考えています。貴社は複合機において世界でも高いシェアを誇り、インクジェットプリンターは世界二位のシェアを誇ると伺っています。ペーパーレス化が進む時代ではありますが、紙およびプリンティング技術は依然として私達の生活に無くてはならないものです。加えて、写真や広告を印刷する際にはこれまで以上に質の高い印刷技術が要求され、今後はより一層高品質で低消費電力な複合機の需要が高まると考えています。私は貴社がこれらを実現する高い技術をもつとと共に、全世界に製品を供給するグローバルな経営体制をとっている点に魅力を感じています。そこで私は貴社の一員として、これまで学業で培ってきた化学の知識と、部活動で培った継続して努力し続ける力、周りを巻き込む行動力を活かして世界一のインクジェットプリンターを開発し、全世界に広めていきたいと考え志望しています。 続きを読む
Q. 学生時代に力を注いで挑戦したこと(していること)を教えてください。 (その挑戦において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。学業もしくは学業以外でも可)(500文字以内)
A. A.
主将を務めた体育会水泳部での活動です。私が主将に就く際にチームの課題と考えたことは、一部の部員が目標を失い練習に身が入らず、全体の士気に影響を与えていることでした。私はその部員一人ひとりと話し合い、反発されることもありましたが「せっかく目標を持って入部したのだからもう一度頑張ろう」と説得し、彼らの目標を一緒に考えて再設定しました。また、結果を出すことがモチベーションを向上させる一番の良薬なので、主将として練習メニューを作成していた私は毎練習後に部員から練習の内容や強度についてのフィードバックを貰い、質の高い練習メニュー作りを目指しました。さらに、チーム全体の士気向上のためには私が模範となって水泳に真摯に取り組むべきだと考え、厳しい練習の時ほど大きな声を出し率先して練習に取り組む姿勢を貫きました。その結果、部員同士が切磋琢磨し成長できる環境が出来上がり、当初目標を見失っていた部員も含め全員の自己記録更新の達成と、創部以来最高の成績をチームとして納めることができました。私はこの経験で得た課題解決力と自身の行動力で周囲を良い方向へと巻き込む力を、社会人になっても活かしたいと考えています。 続きを読む
Q. 卒論 1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
私は卒業研究で「光触媒を用いた硫化水素の分解」に関する研究を行いました。地熱発電所等で発生する高濃度の硫化水素は、人体に有害でありその分解処理が必要です。現在の熱や強塩基による処理法はコストや環境負荷が大きく、これを安価でクリーンに行う方法として「光触媒を用いて硫化水素を分解、無害化しさらに水素を生成させる技術」が注目されています。太陽光をエネルギー源とすることで硫化水素の処理コストは大幅に削減され、さらに水素を生成できれば新エネルギーの創出が可能です。本研究では、水素生成を目指す上での前段階として硫化水素の分解実験を行いました。研究成果としては、硫化物光触媒が硫化水素の分解にある程度の活性があることを見出しました。本テーマは私が自ら新規テーマとして立ち上げたため、実験方法や研究の詳しい内容を研究室内で直ぐに解決できないことに大変苦労しました。そこで、学会や外部の研究室を訪問して、有識者に積極的に質問し、課題を一つずつ解決していきました。この経験から、目上の方に対しても臆せず質問していく度胸を身につけることができました。 続きを読む
Q. 修論 1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
修論での研究テーマは「光触媒を用いた硫黄系還元剤を含む水溶液中からの水素生成」です。卒論において硫化物光触媒が一定の硫化水素分解能を示したことから、さらなる発展的な研究として修論では反応系を変え、硫化水素を分解した際の水素生成量測定を行っています。これまでの研究から、多孔質構造を有する物質の内部に光触媒を形成することで、光触媒活性が向上し最大14倍水素生成量が増加することを見出しました。そして現在は、光触媒材料に変化を加えてさらなる性能向上を目指し研究を行っています。研究していく中での気づきは、視野を広げて物事を考える大切さです。光触媒の性能はg当たりの水素生成量で評価されるため、光触媒の活性を高めるために高活性な光触媒同士を複合するのが一般的ですが、あえて光触媒以外の多孔質材料に目を向けたことが性能向上に繋がりました。また苦労した点は、研究成果を論文にまとめる際に英語での論理的な文章の構成が必要だったことです。私は英語が得意ではありませんでしたが、研究成果を世界に向けて発表するには英語での論文投稿が必須であるため、何度も添削をしてもらいながら粘り強く論文を書き上げ、投稿に至りました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 法政大学 | 女性
Q. 大学のゼミでの研究について
A. A.
二年間のゼミでは『伊勢物語』、『宇治拾遺物語』、『とりかへばや物語』、『百人一首』といった作品を扱ってきました。『百人一首』では、特に十三番歌の「つくばねの峰より落つるみなの川こひぞつもりてふちとなりぬる」に着目しました。当歌は所載されている文献によって末尾が「ぬる」か「ける」かという違いがあり、これは五〇番歌「君がためおしからざりし命さへながくもがなとおもひぬるかな」の末尾にも言えることでした。そこで、完了の助動詞「ぬる」と過去の助動詞「ける」のちがい、また、そこから現在は卒論のテーマとして、『百人一首』の末尾異動から定家の撰歌意識を探っています。二年間のゼミを通して、作品の中から自分でテーマを見つけ、ゼミ生と質問し合い論を深めていく中で、他人の意見を傾聴する姿勢、自分で課題を設定し解決する力を育ててきた。 続きを読む
Q. 学生時代に最も力を入れて取り組んだこと
A. A.
私が学生時代に最も力を入れて取り組んだことは約ニ年間続けている塾講師のアルバイトです。私の所属する教室では新人講師の離職率と生徒の退会率の高さが問題視されていました。そこで講師の職場環境を整えることが顧客である生徒へのサービス向上につながると考え、問題解決のためにミーティングの企画・実施を行い、あいさつの徹底と今後もミーティングや忘年会、新年会などを行うことで講師間の会話の活性化を図ることを決めました。これらの取り組みの結果、教室全体の雰囲気が良くなり、離職率はほぼゼロへ、退会率も大きな改善が見られました。個人的にも今回周りの講師と協力してミーティングを実施することで、自分の気づかなかった視点での解決策が見え、一つのゴールにも様々なアプローチの方法があることを知りました。今では自分の経験に過信せず、周りとコミュニケーションを取ることで、自分の視座に捉われない柔軟な対応を心がけています。 続きを読む
Q. キヤノンで取り組みたいこと
A. A.
広報として製品のPR、CSR活動に取り組みたいです。私は大学時代に学生委員長として学科全体をまとめた経験から、一つの場所ではなく広く全体が見渡せる仕事に興味をもっていました。また私は未来の子どもたちのために仕事がしたいと考えています。「世界の繁栄と人類の幸福のために貢献する」という御社の経営理念の中でも私は特に、教育の繁栄と子どもたちの幸福のために御社での仕事を通して貢献していきたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

ファシリティ技術職
男性 18卒 | 埼玉大学大学院 | 女性
Q. ◆キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?取り組みたい技術や分野を踏まえたうえで具体的に教えてください。 (ご自身の現在の専門分野と異なっていてもかまいません。)(500文字以内)
A. A.
私は、キヤノンのファシリティ技術職に就き、さまざまなことに挑戦し、幅広い知識を身に着けたいです。私は新たな知識を獲得することに喜びを感じるため、その獲得を目指して、新しいことに積極的に挑戦することができます。さらに私は、人と関わることが好きであり、得意でもあります。そのため、「建設、設備、環境、法律などの幅広い分野の知識」と「社内外を問わない多くの人との関わり」が求められる貴社のファシリティ技術職であれば、私の「新たなことに挑戦しつづけようとする行動力」と「コミュニケーション能力」を活かせると考えました。また、私は人に信頼されることにも喜びを感じます。そのため、工場の建設の計画や、設備のメンテナンス、環境問題の改善といった幅広い業務の経験を積み、多くの人から信頼を獲得したいです。そして、その結果、一つの工場全体を統括するような人材になることで、貴社のものづくりを支える柱となり、より良い製品を生み出すことに貢献したいです。 続きを読む
Q. 学業以外で力を注いだことについて教えてください。(その活動において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。)(500文字以内)
A. A.
映画館でのアルバイトです。その中で私は「社員の方との信頼関係を構築し、新しい仕事を積極的に覚えること」に注力してきました。その理由は、(1)社員の方とアルバイトとの仕事量の差が大きく、仕事の分担を行うことで社員の方の負担を減らしたいと考えたため、(2)新しいことが出来るようになると自分が楽しいためです。しかし、社員の方が行っているような仕事をそう簡単にアルバイトに任せてはくれません。そこで私は、まず社員の方に自分を信頼してもらう必要があると考えました。そのため、今何かすべきか常に考え、社員の方の予想より一歩先の行動をとるよう心掛けました。また、ミスなどの悪い事実もすぐに報告しました。さらに、社員の方に積極的に話しかけてどのような仕事があるか教わり、その中で自分ができる仕事はないか考え提案しました。その結果、納品書管理や週ごとの売上報告、舞台挨拶の手伝いといった仕事を任せてもらえるようになり、社員の方の残業時間も減少しつつあります。この経験から、信頼関係を構築することの大変さと重要性を学ぶとともに、周りから頼られることの嬉しさや新しい仕事に挑戦する楽しさを再確認しました。 続きを読む
Q. 卒論について 1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
私は卒論のテーマとして、特異な発光挙動を示す金属錯体の研究を行ってきました。指導教授との相談によって目的錯体の骨格は決定しましたが、その研究目的に関しては自分で見出す必要があったため、苦労しました。研究目的を確立するため、関連論文を読んで知識を集め、地道に実験を行うことでデータを収集し、その中で何か興味深い性質はないか常に考えました。すると、ある溶媒Aを用いた場合、目的錯体の発光特性がわずかに変化していることに気づきました。そこで私は、その原因解明を目的としました。各種測定の結果から、溶媒Aが持つ特性に原因があると考え、論文や本を読み漁ることで、溶媒Aに関して徹底的に調べ上げました。すると、溶媒Aは光によって分解し、酸を生じるという知見を得ました。この知見をもとに、仮説を立て検証を行いました。その結果、目的錯体の発光特性の変化が酸に起因することを明らかにしました。この研究成果は、外部刺激(酸)を利用した発光色の変化という、これまで報告例の少なかった新たな分野を切り開くものであり、目的錯体は新規pHセンサーとしての応用が期待されます。 続きを読む
Q. 修論について 1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
私は修論のテーマとして、光誘起型酵素モデル錯体の光反応の研究を行っています。このテーマの選定理由は、発光性錯体の研究を行う中で、光を自ら発する錯体ではなく、光を利用する錯体の研究がしたいと考えるようになったためです。研究開始当初、私はある酵素の反応メカニズムの解明を目的とした基礎研究を行っていました。しかし、それを明らかにした論文が先に発表されてしまい、研究目的を失いました。そのとき私は、この困難を「目的物の新たな可能性を拓くチャンス」と前向きに捉えるよう心掛けました。そして、目的物の性質を徹底的に調べ上げ、その性質で何か課題を解決できないか考えました。その結果、反応副生成物に注目することで新規医薬材料としての応用の道を切り開きました。また、その応用研究を進める中で、ある予想外の実験結果が得られました。私は、予想と異なる実験結果が得られた時こそ新たな知見を得るチャンスだと考えています。したがって、その原因解明のため、いくつも仮説を立てそれを証明する実験を地道に繰り返しました。その結果、酵素の反応活性に関する知見を世界で初めて獲得しました。これは、学術的にも興味深い知見です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 総合研究大学院大学 | 男性
Q. キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?取り組みたい技術や分野を踏まえたうえで具体的に教えてください。(ご自身の現在の専門分野と異なっていてもかまいません。)
A. A.
私は貴社でMREALなどの開発に関わることで、産業分野からのニーズに応えられる技術者になりたいと考えています。貴社は産業分野においてもMREALやマシンビジョンなどの技術によって、生産の自動化・効率化に大きく貢献されていると感じています。 私は大学で、観測装置の性能向上こそが天文学の発展に重要だという思いから、赤外線カメラの装置開発を行ってきました。開発を通して光学系を設計し、組み立て、評価する流れを経験しており、これらのスキルを磨いて入社後は光学技術者として製品開発に関わりたいと考えています。産業分野では今後も自動化が進む中で、光学ではイメージングやセンシングの手段として画像認識や投影などの技術がより重要になってくると考えています。私は貴社でこれらの技術開発に関わることで、産業分野からのニーズに光学技術で応えられるような人になりたいです。 続きを読む
Q. 学業以外で力を注いだことについて教えてください。(その活動において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。)
A. A.
私が力を注いだ活動は、所属していたサークルで、大学祭の出店の運営リーダーとして収益改善に取り組んだことです。サークルでは大学祭で毎年カフェを出店していましたが、利益が殆どない状態でした。この課題に取り組むにあたり、初めに他サークルの販売価格などを調べ、利益率向上を見込んで新価格をサークル全体に提案しましたが、多くのサークル員からの反対を受けました。私は目標を全員で共有する必要があると考え、全体で「店にとって一番の成功とは何か」を議論する場を設けました。そこで「お客様の満足度こそ一番優先すべき」という結論に至ったため、私は満足度を維持すべく販売価格は変えずに、お客様をスムーズに案内するシステム作りに取り組みました。一方で利益率ではなく、来店者数の増加で利益を向上させるため、広報用にサークルのSNSアカウントの作成・運用、一眼カメラの写真を使用して宣伝ポスターの質の向上などを行い、結果として高い評価を維持しつつ利益を上げることに成功しました。この経験から、集団で活動するために目標を明確にすること、解決策を様々な切り口から考えることが重要だと学びました。 続きを読む
Q. 1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて卒業研究を具体的に教えてください。
A. A.
私は卒業研究において、赤外線カメラの「バッフル」と呼ばれる部分を設計、製作し、性能評価のための観測を行いました。バッフルとは観測する方向以外からくる光を遮断する部分で、ノイズを抑えるために重要な部分です。研究室では赤外線カメラを独自開発しており、私は装置の部品設計・製作・評価を一連して経験したいと考え、テーマとしてカメラのうち未完だったバッフル部分の製作に取り組みました。 設計にあたり、観測する方向の光を最大限に通し、それ以外の光を出来る限り遮断する最適な部品の大きさを検討することに苦労しました。対象以外の光が光学系に入る方向を推定して部品を設計していましたが、その中で観測の間は装置を冷却するため、部品の熱収縮によりバッフルの位置が変わるのではないかと新たに気づきました。そこで材料の熱膨張率から部品全体の収縮量を計算し、それを加味して部品配置を図面ソフトで設計し直しました。結果として製作した部品を組み込み、実際にカメラで性能評価のための観測を行うことで、設計通りの位置にバッフルを製作出来ていることを確認しました。 続きを読む
Q. 1.研究テーマ・分野 2.テーマの選定理由 3.これまでに成し得たこと 4.研究における独自性や新規性 5.研究過程での気づきや発見 6.苦労した点・改善点 などを踏まえて修士論文のテーマを具体的に教えてください。
A. A.
私は高分散分光器の開発に取り組んでいます。高分散分光とは光を色ごとに細かく分け、どの色をどの程度多く含むかを調べることを意味し、天文学では天体の性質を詳しく調べるために使われます。既存の分光器は効率が悪く、複数の部分を分光しようとすると高分散化できないという欠点がありましたが、新分光器では高分散化を実現しながらも、およそ10倍の効率を達成する見込みです。実現すれば革新的な分光器になるという魅力を強く感じ、このテーマとしました。 試作するにあたり、光学系に含まれる多数の鏡の傾きをそれぞれ1000分の1度の精度で調整する必要がありました。そこで光学系の具体的な扱い方を学ぶため、別の分光装置の立ち上げに携わりました。その中で、光学系の調整は全体を一度に考えるのではなく、光が装置に入って分光されるまでの道筋をたどりながら、部分ごとに区切って考えると調整しやすいことに気づきました。これを踏まえて現在は光学系を組み立てており、今後は目標の性能を達成するよう改良を重ねていく予定です。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

18卒 本選考ES

技術系(情報系)
男性 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?取り組みたい技術や分野を踏まえたうえで具体的に教えてください。
A. A.
私は、X線デジタル撮影装置を代表する医療機器の研究開発に携わり人々の健康に貢献がしたいと考えています。 現在私は、医療に関するタブレット端末向けアプリの研究開発に取り組んでいます。この研究は直接的に人々の健康に寄与できるものであることから非常にやりがいを感じ、社会に出てからも医療に携わりたいと考えました。また今日、日本や世界で高齢社会が急速に進む中、多くの高齢者の健康を維持する医療機器の発展が望まれます。 そこで、私は貴社のX線デジタル撮影装置の画像処理技術やその制御用PCで必要となるソフトウェアの開発、それに加えて私が研究を通して培ってきたスマートフォン・タブレット端末向けアプリの開発経験を活かして撮影画像を確認できるタブレット端末向けアプリの開発に取り組みたいと考えいます。 そのためにはまず、世界トップクラスの特許登録件数からわかるような貴社の高い技術力や貴社の技術者の方々から直々に技術を吸収し、その後それに応える成果を出したいです。また、近年貴社が買収した東芝メディカルシステムズの技術を融合させ新たな医療技術を創造し、社会に貢献したいです。 続きを読む
Q. 学業以外で力を注いだことについて教えてください。(その活動において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。)
A. A.
私は、私を含む日本人2人とフランス人留学生2人の4人でAR(拡張現実)を用いたスマホアプリの構想から実装、プレゼンテーションまで取り組みました。 私はアプリ開発の経験があったためチームの中で中核的な役割を担っていました。アプリ製作に取りかかり始めた頃は、お互いに言葉の壁を感じておりコミュニケーションを取ることに消極的であったため、なかなかアプリのアイディアがまとまりませんでした。しかし、アプリ製作は約2ヶ月と短期間であったため、私はこのままではいけないと考え、LINEを使用して文字ベースで会話を試みたり、紙にアプリの構想図を描いて積極的にアイディアを共有しました。その結果、アプリの構想はどんどん膨らみ、それぞれの役割も決まりました。また、これまでは私から留学生に連絡を取ってきましたが、次第に留学生側から連絡をくれるようになり、最終的に満足のいくアプリを作り上げることができました。 英語で上手く話せないことを恐れず、積極的にコミュニケーションを取ることに挑戦した結果、相手もちゃんとそれ応えてくれたことから、私は不安を恐れず積極的に挑戦すれば為せば成ることを学びました。 続きを読む
Q. 卒論について 1、研究テーマ・分野 2、テーマの選定理由 3、これまでに成し得たこと 4、研究における独自性や新規性 5、研究過程での気づきや発見 6、苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
私は、GPUを用いたWarshall-Floyd法の並列処理の研究を行いました。 近年、CPUの処理能力は停滞気味であるため、GPUの並列処理による高速化が期待されています。例えば、カーナビのルート検索で用いられる様な経路探索アルゴリズムもその例外ではなく、並列処理による高速化が期待されます。そこで私は、経路探索アルゴリズムであるWarshall-Floyd法をGPUで並列処理する研究に取り組みました。 GPUで並列処理を行うには、まず処理するデータをメインメモリからGPU側のメモリに転送する必要があります。ここでGPU側のメモリには、一長一短の特徴を持つメモリがいくつかあるため、データをどのメモリに保存すれば高いパフォーマンスが得られるか検証しました。また、データはある程度の大きさに分割されてから並列処理されます。この時、データの分割具合により処理速度が変化するため、適切なデータ分割が望まれますが、データ分割はデータの大きさや並列処理の内容に依存するため、絶対的な方法がないことを知り非常に苦労しました。試行錯誤の結果、私の実験環境では最大でCPUの約80倍の高速化に成功しました。 続きを読む
Q. 1、研究テーマ・分野 2、テーマの選定理由 3、これまでに成し得たこと 4、研究における独自性や新規性 5、研究過程での気づきや発見 6、苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。(500文字以内)
A. A.
私は、手の親指のリハビリを支援するタブレット端末向けアプリを研究開発しています。 手根管症候群と呼ばれる手の親指に痺れを引き起こす病気があり、これはものを掴む動作が困難になる等、日常生活に多大な影響を与えます。手根管症候群の完治には親指を積極的に動かすリハビリが必要ですが、この作業は単調であるため長続きしません。そこで、私はスマホ・タブレットアプリを開発していた経験を活かして、ゲーム感覚でリハビリを行うことで継続的なリハビリを支援するリハビリアプリの開発に取り組み始めました。 研究を進める過程で手根管症候群患者の多くは高齢者であることを知り、高齢者が親しみやすいモグラ叩きを元にしたリハビリゲームを開発し、アプリのユーザーインターフェースは簡潔明瞭なものを心がけて実装しています。また、これまで医師は患者がいつ、どの程度リハビリを行っているのか具体的に知る術がありませんでしたが、本アプリで収集したリハビリ記録をクラウド上に保存するこにより、医師は随時患者のリハビリ状況を確認できるようになり、患者の親指の動きをデジタルハンドモデルで復元することで遠隔で回復状況を診ることができます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 慶應義塾大学大学院 | 男性
Q. キヤノンに入社してやりたいこと、実現したいことは何ですか?取り組みたい技術や分野を踏まえたうえで具体的に教えてください。(ご自身の現在の専門分野と異なっていてもかまいません。)
A. A.
私は「人の暮らしをゆたかにするものづくりをしたい」と考えています。そのため、人の健康を予防から支えている診断機器を含む医療機器の設計開発を行いたいです。私は、医学部と共同研究をする中で医療業界には工学部の技術が求められていると感じたことから、設計や解析など工学的な知識や技術を活かすことで医療業界に貢献したいと考えるようになりました。また、現在、高齢化の影響で医療費や保険料の高騰が多くの国での社会的課題となっており、早期発見を推進する予防医学への期待が高まっています。そこで、私は予防医学において低侵襲を可能とする診断機器の開発を行い、患者への負担を減らしたいと考えております。さらに、医者のニーズにも合わせた機器開発を行うことで医療従事者をも支えて、患者と医者の両者に貢献したいです。これは、世界的シェアを誇る貴社のカメラ事業で培ったイメージング技術および精密技術があるからこそ実現可能な事業だと考えております。加えて、私が研究生活で培ってきた、専攻が異なる医療従事者と共同で研究を進める力や生体医工学の知識が活かせると考えており、医療と工学の分野をつなぐ架け橋となりたいです。 続きを読む
Q. 学業以外で力を注いだことについて教えてください。(その活動において、困難だったことや、その困難にどのようなアプローチで取り組んだか、またその経験から得られたことなどを具体的に記載してください。)
A. A.
私が最も頑張ったことは、連日満席の飲食店のアルバイトを4年間勤続したことです。私は働き始めてから2年でお店のリーダーを任されるようになりました。しかし、始めは人に指示を出すことに抵抗があり、従業員の管理が上手くできませんでした。また、任された仕事を自分が全て行おうという責任感から空回りしてしまい、お店を上手く回せていない状況でした。そこで、なんとかスムーズにお店を回したいと思い、自分に与えられた立場を改めて理解し、どう振る舞えば良いのかを常に意識するようにしました。リーダーは、予約の管理や席の配置、オーダーや従業員の管理といったお店全体の状況把握を第一に行わなければならないと気づき、年齢も国籍も異なる多様な従業員に個人の長所を活かした指示を出すように心掛けました。これにより、各々のやるべき事柄が明確となってスムーズな接客に繋がりました。結果として、お店の回転率が上がり一日20万円代後半に留まっていた売り上げが30万円を超えるようになりました。この経験から、複数の仕事を同時に管理することによる全体を把握する力、その中で自分の役割を自覚する力、また、人にあった指示を出す力が身に付きました。 続きを読む
Q. 卒論について 1、研究テーマ・分野 2、テーマの選定理由 3、これまでに成し得たこと 4、研究における独自性や新規性 5、研究過程での気づきや発見 6、苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。
A. A.
私の卒論では、細胞を培養することによる組織再生を目的とした培養デバイスの開発を行いました。機械工学科で学んだものづくりを医療分野に活かすことが出来ることに興味を抱き本研究に取り組みました。現在、人間の損傷した組織を体の外で細胞から作り上げるという再生医療に注目が集まっています。この生体外での組織再生には、細胞を生体内の環境にいかに近づけられるかが重要と考えられています。具体的には、我々の生体内の細胞周辺には、細胞の増殖などを促進させる生理活性物質という栄養素が存在しています。この生理活性物質の濃度や拡散性が生体内で細胞に大きな影響を与えて、組織再生が促進されると考えられていることから、私は生体外でも細胞に生理活性物質を拡散供給可能な培養デバイスの設計開発を行いました。既存の研究と異なり、生理活性物質を持続的に供給できることが本研究の特色です。本研究で最も苦労した点は、研究室配属時に皆無だった細胞培養技術や組織学の知識を一から学んだ点です。何でも新たな知識を身につけることが楽しいと思いながら勉強に励みました。そして、様々な分野の知識を組み合わせてこそ新たな創造が生まれると感じられました。 続きを読む
Q. 修論について 1、研究テーマ・分野 2、テーマの選定理由 3、これまでに成し得たこと 4、研究における独自性や新規性 5、研究過程での気づきや発見 6、苦労した点・改善点 などを踏まえて具体的に教えてください。
A. A.
修論では、卒論時に開発した培養デバイスの改良を行い、それを用いて細胞培養を行うことで生体外での毛髪再生を目指しています。現在、細胞を用いた生体外での毛髪再生はどの研究グループも成功しておらず、脱毛症は薬での治療が一般的です。しかし、薬での治療が不可能な脱毛症も存在しており、薬に頼らない毛髪再生はQOLの向上に重要な役割を果たすと考えて本研究に取り組みました。毛髪再生には細胞に添加する生理活性物質の濃度、拡散性が重要だと考えられていることから、生理活性物質の拡散供給量を制御可能である培養デバイスの開発を行っています。現在までに、開発したデバイスを用いて毛髪構造を模擬するように細胞培養した結果、毛髪を作り出す器官である毛包組織の生体外再生に成功しました。苦労した点は、培養デバイス開発の際に半年間何度改良しても物質の拡散制御が上手くできなかった点です。しかし、何か他の方法はないかと常に考え、一から設計し直すことで解決することができました。今までのやり方にこだわるのでなく、研究の本質を見つめ直して、必要ならば既存のものを一度壊してから新たに作り出すことも時には大切だと感じました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 学習院大学 | 女性
Q. 学業について。あなたの大学での研究テーマまたは特に力を入れている学問は何ですか。また、その研究テーマ、学問にどのように向き合っているか、具体的に記載してください。(その学問の魅力、取り組み事例、そこから得たことなど)
A. A.
所属する行政法ゼミでは「交通事故ゼロのまちづくり」をテーマに2万字の論文を書きました。他大学の教授に構想発表をしながら、行政機関と民間企業それぞれの交通事故防止策を考察しました。また自動運転車を取り巻く法的問題を検討しながら導入に向けた都市デザインを考え、必要とされる交通安全教育について発表しました。中間発表で教授から「掘り下げが甘く問題意識が伝わってこない」と指摘を受け、情報を鵜呑みにせず「なぜこうなるのか」と疑いを持つ姿勢が必要だと気付きました。課題の大小にかかわらず「自分はこうする」という私見を加えることを意識し最終報告した結果、教授から「論文のオリジナリティを評価したい」とフィードバックを受け、優評価をいただきました。この経験により当事者意識を持ちながら自分で問題や課題を見つけ、自力で参考資料を探し、既存の答えに頼るのではなく自分なりの見解や価値観をもつことの大切さを学びました。 続きを読む
Q. 学業以外について。その活動において、困難だったこと、またその困難にどのようなアプローチで挑み、どのように克服したか、そしてその経験から得たことを具体的に記載してください。
A. A.
部員80人の意識改革です。例年と比べ部員の陶芸の技術力が低く、学園祭で販売する陶器の販売目標を達成できないと認識していました。他大学と陶芸交流活動をする事で刺激を受け学内の活動を促そうと思い、合同で陶芸合宿やお茶会、展示会を開催しました。交流活動を行っても参加人数が少なかったため部員に聞き取り調査を行うと、「毎回同じ人と同じことをする、変化のない定例行事」と思われていた事がわかりました。部員が刺激を求めている事を知り2つに挑戦しました。1活動参加大学を増やした事2展示会で販売活動を行った事です。2ヶ月に1度交流機会を作った事で継続的に刺激を受け、作陶指導を頼む後輩が増えました。結果学園祭では、前年と比べ1.5倍増加の40万円を売り上げる事とができました。組織内の意識を上げるには先ず自分が先頭に立って実行する必要性と共に、黙って行動するだけでなく言葉によって周りを巻き込む力を身につけました。 続きを読む
Q. あなたがキヤノンで成し遂げたい夢(実現したいこと)を、第一希望職種を選択した理由を含めて記載してください。
A. A.
貴社は東芝子会社を買収し、乳がんの検査ができるマンモグラフィー装置を開発するなど医療分野に力を入れています。先進国の高齢化や新興国の経済成長でより必要とされる医療機器事業において、日本の医療機器市場での大幅な輸入超過を解決し、貴社が世界に大きな影響を与える日本の医療機器メーカーとして台頭することに貢献したいと思い志望致しました。新たな機器の実用化とIoTと融合した医療サービスを実現させたいです。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
73件中1〜20件表示