株式会社ベイカレント・コンサルティングのロゴ写真

株式会社ベイカレント・コンサルティング

  • 3.4
  • 口コミ投稿数(645件)
  • ES・体験記(21件)

ベイカレント・コンサルティングの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

3件中3件表示
男性 18卒 | 一橋大学 | 男性
Q. あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。 600文字以下
A. A.
私のコンサルタントのイメージは、「クライアントに真摯に向き合い、課題解決に導くプロフェッショナル」である。コンサルタントは、クライアント自身が気づいていなかった課題を見つけ出すことや、課題解決策を提案し実行をサポートする。これを実現するために、1)クライアントの目指す未来像を知ること。2)客観的立場でクライアントの現状を正確に把握すること。以上の2点を確実に実行することで、初めてクライアントに対し価値を提供することができると考える。 また、コンサルタントに必要なものは以下の3つが挙げられると思う。1)クライアントのために行動する情熱、2)論理的思考・説明能力、3)体力・精神力。クライアントが求めるものや、将来のあるべき姿を考えるには、クライアントと徹底的に密着したマインドが必要である。そのためにクライアントのために行動する情熱は欠かせない。その一方で、クライアントの課題の洗い出しから、課題解決策の提示・実行までを価値のあるものにするためには、クライアントから離れた客観的立場から、論理的な提案を行うことが必要である。そのため論理的思考・説明能力が求められる。これら2点を両立するのは簡単なことではない。そこで、厳しい状況であっても、肉体的にも精神的にもめげずに最終的にはクライアントに対して価値を提供することができるコンサルタントであるためには、体力・精神力が必要であると考える。 続きを読む
Q. あなたが最終的に入社する企業を選択する場合、最も重要視することはどのようなことですか。その理由も含めて説明してください。 600 文字以下
A. A.
私が入社する企業を選択するとき最も重要視するものは、一言で言うと「人」である。具体的には、以下の2つである。1)優秀な人がいること、2)個性的な社員が多いこと。優秀な人が周囲にいると自分の中で目標設定が具体的にできモチベーションも維持しやすくなるため、自己の成長につながり、クライアントにもより高い価値を提供できるようになる。また個性あふれる職場で各社員がチームとして協力することで、予想もつかなかったような大きな成果を出すことができると考えている。こうした私の考えは、高校時代所属していたサッカー部の経験に由来している。私の所属していたサッカー部は、チームとしてはあまり強くないもののメンバーの中には元々住んでいた地域の選抜に選ばれているようなメンバーも多く、スキルの高く個性的な部員が集まっていた。私は初めはCチームだったが、負けず嫌いな性格を発揮し周囲の優秀な選手たちから技術を盗んだりときには直接アドバイスを求めるなどして成長し、3年生の春からはAチームでレギュラーになることができた。レギュラー獲得後は、元々人をまとめることが好きだったため、大会で結果を残すためにキャプテンと協力して個性的な部員をまとめようと考えた。そこで私は部員全員でのミーティングを提案することで、部の目標を具体的に設定し、部員の目的意識の統一に成功。その結果、過去5年間で最高の県ベスト8という結果を残した。 続きを読む
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学業面で力を入れたこと
A. A.
ゼミの班における「資産運用の観点から分析した生命保険会社」の研究だ。私は班のリーダーとして、論文発表の全国大会での賞の獲得を目指した。モチベーションが一定ではない班員との共通点を見つけることを通し、班全員で団結することができた。結果として、賞を獲得することは叶わなかったものの、チームで1つのことを目指す充実感を味わうことができた。 続きを読む
Q. 学業面以外で力を入れたこと
A. A.
準体育会アメフト部の早慶戦において勝利を目指したことだ。5年間負け続けていた相手に勝利するには攻撃面の変化が不可欠であった。そこで、8年間守備専門の選手であった私が攻撃のリーダーのポジションに挑戦することで攻撃面の改善を試みた。その結果、チームに変化をもたらすことができ、6年ぶりとなる勝利を実現することができた。 続きを読む
Q. 志望動機
A. A.
貴社が若く、伸びている会社であることや、貴社の「20代でプロとなり、30代で人を束ねて、経営に携わる」というフレーズに強く惹かれたからです。私には「将来、日本の航空会社の経営に関わる」という夢があります。これを叶えるには、経営面で若いうちから経験を積み、成長することが不可欠だと考えています。貴社は、上記のことができる一番のフィールドだと確信しています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 16卒 | 早稲田大学 |
Q. 学業で力を入れた事
A. A.
私が学業で力を入れたことは、ゼミです。ゼミでは、癌や生活習慣病などの日常生活の中で発生する疾患について学習しています。その中で、私は「人体におけるヘルニアの病理と医療」というテーマで卒業研究をしています。この研究をしようと考えた理由は、私がスポーツをしており、ヘルニアは選手生命に深く関係する疾患であるため、予防法や治療法、リハビリ法を理解し、選手生命を伸ばしたいと考えたためです。 続きを読む
Q. 学業以外で力を入れていること
A. A.
私が学生生活において力を注いでいることは部活動です。私は体育会ゴルフ部に所属しており、レギュラー獲得の為に日々様々な練習を行っています。その中で私はランニングを重点的に練習しています。その理由は、下半身とメンタルの弱さが私の弱点であると分析したからです。いち早くレギュラーとの差を埋めるために、無駄な時間を削り密度の濃い練習をする必要があります。学業と部活を両立するためにも効率の良い練習が不可欠です。この練習を行った結果、入部から2年ほどでベストスコアを72まで更新することが出来ました。 続きを読む
Q. 趣味、特技、資格
A. A.
【資格】漢字検定2・数学検定準2級・歴史検定2級・普通自動車免許。 【趣味】ゴルフ 【特技】ゴルフ、ランニング。ゴルフのベストスコアは72。 続きを読む
Q. 補足
A. A.
私がゴルフ部に入部した時のベストスコアは105でした。しかし、現在のベストスコアは72となり。33打も更新することが出来ました。ここまで更新できた理由は、毎日休みなく練習を行ってきたからであり、持続して物事に取り組むことが出来る自分の長所を活かすことが出来た結果だと考えています。貴社のどの様な仕事に対しても長所を活かし、仕事をしたいと考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
3件中3件表示