株式会社ブリヂストンのロゴ写真

株式会社ブリヂストン

  • 3.3
  • 口コミ投稿数(1011件)
  • ES・体験記(94件)

ブリヂストンの本選考のエントリーシート

本選考の通過エントリーシート

57件中1〜20件表示

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 明治大学 | 男性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A. 社会人基礎力を育て上げたことです。具体的には、個別指導塾の講師を通して、生徒の勉強に対するモチベーションの低さを改善し、進んで学習に取り組む力を向上させることに力を入れました。はじめ、生徒の大半は、部活動の疲労から集中力が欠けていたことから、担当する授業を真面目に...
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A. 戦前の日本とシアトルの関係性を現地に行って明らかにしたことです。私は幼少期に平和教育を受けたことをきっかけに、なぜ人は戦争をするのだろうという疑問を持ち、進んで歴史の勉強を行っていました。大学に入ってからもその知的好奇心は変わらなく、太平洋戦争前の日本とアメリカの...
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。
A. A. 日々あらたにして、また日々あらたなり。
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。
A. A. 「あらゆる面で断トツを目標にチャレンジし続け、トップクラスの品質保証がされている製品でグローバルに人々のあらゆるライフをサポートしている企業」というイメージを持っています。上記イメージの中で共感した貴社の方向性は2つあります。1つ目は、妥協を許さないで断トツを目標...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 立命館大学 | 男性
Q. 1,大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。 500文字以下
A. A. 私はフルマラソン完走のため練習に注力しました。私の短所は物事の継続が苦手であることと認識しています。そんな自分を克服し変えたい思いから、練習の継続が不可欠であるフルマラソン完走を手段として選択しました。42.195キロを制限時間内で走り切るために必要な体力・スピー...
Q. 2,大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。 500文字以下
A. A. 私は目標を設定し確実に達成する力があります。私の演奏によって人々に感動と思い出を届けたい思いから、人前で演奏することを目標に大学入学後、未経験のJAZZピアノを始めました。公演会に出演するためピアノ研究会に入部し、ピアノ教室にも入会しました。プロに教わるのが上達へ...
Q. 3,ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。 10文字以下
A. A. 素直温厚好奇心旺盛人
Q. 4,当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。 500文字以下
A. A. 私は貴社を''タイヤ''という一見地味であるが、人々の普遍的生活を支えるため、安全性確保に命をかけて新技術の開発に取り組む。世界ーという現状に満足せず最高の品質を追求し、常に挑戦し続ける企業であると認識しています。貴社は高い技術力を持ち、航空機用タイヤや鉱山車両用...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 法政大学 | 男性
Q. 当社に対するイメージを教えてください
A. A. 私が貴社に対して二つのイメージを抱いています。一つは、お客様や社会に対して価値を提供するためにタイヤに限らず様々な分野で質の高いサービスや製品を創造する会社であるというイメージです。もう一つは、いかなる時も更に上を目指している会社であるというイメージです。 一つ目...
Q. 学生時代頑張ったことを教えてください
A. A. カフェのアルバイトで、店舗の取り組み等で決まるカスタマーサービス評価でエリア内1位を取るための施策に取り組んだことです。私が働く店舗の評価は、業務のルーティン化・他店舗との差別化という2点の原因から同エリア内15店舗中下位5店舗でした。私は、より質の高いサービスを...
男性 21卒 | 立命館大学 | 男性
Q. Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。(500)
A. A. 餃子店の人手不足解決に貢献したことです。私は人手不足に悩む餃子店で働いており、研修生が即座に辞める現状でした。ある研修生から相談を受け、人手不足の原因を解明するため、研修生数名にヒアリングを行った結果、研修期間の不透明さや時給の低さに悩んでいることがわかりました。...
Q. Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。(500)
A. A. 私が学生時代2番目に力をいれたことは、コールセンター会社の目標を達成したことです。私は口下手や滑舌を良くすることと敬語の言葉遣いなどのマナーを身に付けることを目標に、大手電子決済会社での受電業務のアルバイトを始めました。この担当部署では電話を受けてから記録を残すま...
Q. Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。(10)
A. A. プラスを生む行動力
Q. Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。(500)
A. A. 貴社に対してのイメージは2つあり、1つはタイヤ市場において世界No.1を獲得しながらも挑戦心に溢れている企業であること。2つ目は、社員一人ひとりが挑戦できる環境が整っていることです。その中でも貴社の「最高の品質で社会に貢献」という使命と私のビジョンが一致していると...
閉じる 質問と回答をもっと見る

21卒 本選考ES

事務系総合職
男性 21卒 | 横浜国立大学 | 男性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。 500文字以下
A. A. 準硬式野球部で投手に挑戦し、投手陣の練習意識を向上させたことです。三年時に投手に初挑戦し、自身の成長だけでなく、投手陣全体での成長ができるように行動しました。自身の成長に関しては、練習や試合の際に動画を撮り、客観的に分析する中で、投球動作と変化球に課題があると考え...
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。 500文字以下
A. A. アルバイトをしていた宅配寿司店舗の売り上げ改善に寄与したことです。当初、私が勤める店舗では売上が昨年と比較して5%減少しているという課題がありました。自身の体験から、お客様に届く工程でお寿司の形が崩れていることが売上を減少させていると考えました。創業者の「商品では...
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。 10文字以下
A. A. 好奇心旺盛
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。 500文字以下
A. A. 私は貴社に対し二つのイメージを持ちました。一つ目は、断トツのNo.1を実現するために新たな分野、技術に挑戦してきたことです。空気を使わないタイヤを開発するなど、既存の商品に満足せず、今なお挑戦し続けています。自身が部活動で新しいポジションに挑戦したことによって、投...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 21卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマの概要を記述ください。(400字以内)
A. A. コンビニやスーパーなどに設置されている開放型冷蔵ショーケースの省エネルギー化に向けた温度制御方法について研究しています。冷蔵ショーケースの消費電力は店舗全体の約3割を占めトップであり、さらにそのうち約7割が、冷凍機によるエアカーテンの侵入熱冷却に使われています。こ...
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
A. A. ○○サークルの幹部としての活動
Q. あなたが取り組んだことについて、記述してください。(400字以内)
A. A. 90人規模の○○サークルで、目標としていたリーグ昇格に大きく貢献したことです。私は○○という新しいスポーツに挑戦し、初心者から1番手にまで成長しました。さらに成長過程で培ったノウハウをサークル幹部内で共有し、部員への指導に還元して、チームのリーグ昇格に大きく貢献し...
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?(150字以内)
A. A. 疑問点を残さないように心掛けています。研究において、課題解決方法を検討するにあたり、疑問点があるままでは研究の全体像を把握することができず、説得力のある先進的な研究とはなりません。疑問点が出るたびに、すぐに調べる、また教授や先輩に納得するまで聞くことにより、研究を...
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。 500文字以下
A. A.
所属団体で幹部の相互理解向上へ努めた経験です。私は、学内に30以上存在する学生団体を統括し学生間の活発な交流を目指す組織の幹部を務めました。幹部には各役職がありますが、私は総務を担当し目の前の仕事へ全力で取り組むことを意識して活動していました。しかし、ある日幹部の一人から「どんな活動をしているか分からない」と伝えられ私は衝撃を受けました。そこで初めて、組織として幹部間の活動内容が共有できておらず一体感を持った活動ができていない状況が発生していることに気づきました。そこで幹部全員が一つのチームとして動いている認識を持つことが必要だと感じ、週1回の会議を提案し活動報告や達成事項の共有を行うことにしました。授業や部活動でどうしても毎週出席できない人がいることを踏まえ、会議では議事録を作成し欠席者でも全体の動きを共有できるよう配慮しました。会議を続ける中で意見発信の機会が増えた結果、相互理解が深まり全員で本音を語り合える環境が醸成されました。この経験から、自分の想いや取り組みを進んで発信する姿勢の大切さと課題を把握し解決に向け行動することの必要性を学びました。 続きを読む
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。 500文字以下
A. A.
個別塾講師アルバイトで生徒の気持ちへ寄り添う授業を行うことへ力を注ぎました。塾では1対1での授業が採用されており、私は大学1年時から現在に至るまで小学生から高校生を含む約10人の生徒を毎年担当しました。当初は生徒の学力向上を最重要課題と考え、少しでも多くの授業時間を勉強へ割くよう意識した授業を行っていました。しかし授業を重ねても生徒との距離感が中々縮まらずに成績が伸び悩み、方針を変え生徒に寄り添った授業を行う必要性に気づきました。その為にまず生徒の個性や価値観を理解することが大切だと考え、相手の気持ちへの理解を深める為に、生徒が抱える悩みを聞く時間を授業前に5分間設けました。すると生徒の多くは学校生活や将来に対する悩みや不安から、そもそも勉強へ集中する余裕すら持てていないと気づき、授業を通じてその不安を解消することを決めました。そこで授業中に細かな会話を行い相手に共感する姿勢を続けることで、生徒が安心して勉強へ取り組める環境の整備に取り組みました。その結果、担当生徒全員の集中力向上と成績アップへ貢献できました。この経験から、相手のニーズを捉え柔軟に行動を変化させる重要性を学びました 続きを読む
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。 10文字以下
A. A.
変化を楽しむ探検家 続きを読む
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。 500文字以下
A. A.
高い技術力を磨きながら世界を舞台に事業を拡大しているグローバル企業であるイメージを持っています。その中で私が重視している「世界と繋がりながら多様な経験を積みたい」という軸に一致した為、応募を決めました。私は将来目指す社会人像として「社内外問わず周囲の人々から絶対の信頼を得たい」という想いを持っています。その為に日本国内のみならず世界を舞台に仕事を行い幅広い人々と触れ合うことで、様々な経験を積み決断力と変化への対応力を身に着けたいと考えています。私が尊敬するアルバイト先の先輩は誰からも信頼を置かれる人ですが、その一番の理由はいざという時に相談したくなる決断力と柔軟な考え方を持っている点にあると考えています。そこで私も世界各地で数多くの人々や文化への理解を高めながら多彩な経験を積み決断力と幅広い視野を身に着けることで、重要な局面で周囲から絶対の信頼を得られる社会人になりたい想いが強いです。貴社は航空機タイヤなどの世界で数社しか持たない高い技術力を誇り、世界150か国以上で事業を展開しています。貴社で働くことで14万人以上の人々と協働しながら自らの想いを達成できると考えこの度志望しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

技術系総合職
男性 20卒 | 千葉大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマの概要を記述ください。
A. A.
私はカテーテル等の医療機器への応用に向けた電気活性高分子(EAP)アクチュエータの作製を行っています。アクチュエータとは電気などのエネルギーを与えて動作するものです。EAPアクチュエータは両端に電極膜、中央に電解質膜の3層からなり、キャパシタのような構造をとっています。両電極に電圧を印加することで、電解質膜中の陽イオンと陰イオンが両電極に分かれ、両イオンの体積差からEAPアクチュエータは動作します。EAPアクチュエータは生物のような柔らかい動作が実現可能な一方で、複雑な体内を巡るカテーテルへ応用するためには、どのような角度でも曲がり、かつ進んでいかなければならず、そのためには変位量向上が課題です。そこで私は変位量が電極膜の比表面積に依存する点に注目し、電極膜を従来の鋳型により成膜するキャストシートからナノファイバーシートにすることで比表面積を増大させ、変位量向上を目指しています。 続きを読む
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?
A. A.
学部生の時に取り組んだ、体育会準硬式野球部の活動です。 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記4点を盛り込んで記述してください。 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、それをどのように乗り越えたか 4.その経験を経てあなた自身がどのように変わり、その学びを今後どのように活かしていきたいか
A. A.
大学時代に野球部の活動に注力したのは、高校時代の野球部での活動においてチームの勝利に貢献できず不完全燃焼の思いがあったからです。私たちは部活動でリーグ優勝、上位リーグ昇格といった最終目標を掲げ練習していました。しかし、目標を漠然と思うだけで、日々の練習に対する意識が甘く、優勝争いどころかリーグ最下位、降格という屈辱的な経験をしました。この原因をチーム内で話し合って考えた時、短期・中期的目標を立てていなかったことに気づきました。そこで中期目標を「弱みである打撃力の向上や犠打等の小技を利用した戦術の強化」とし、さらに短期目標をチーム内で共有してから毎回練習を始めました。また投手の私はリーグ戦データを分析し、打者や走者との間合いの工夫、および新球種の必要性を感じました。そのため個人でも目標を定め、実戦練習で多くの打者、走者と対戦し、また新球種の習得に励みました。これらの結果降格からわずか一期でリーグ昇格かつ優勝争いに加わり、本学過去10年間で最高成績を残しました。さらに私個人はリーグで最多勝を挙げ、チーム、個人ともに成長することが出来ました。以上の経験から段階的に目標を定め、その達成のため常に考えて行動することが大切だと学びました。貴社というチームにおいても「常に断トツを目指す」という目標を達成するために、まずは、所属部署で目の前の課題を一つ一つ解決することで貴社の発展に貢献したいです。 続きを読む
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?
A. A.
実験の所要時間や実験結果とその理由を予想することです。時間を予想することで空き時間の事務作業の予定も同時に決まり、また結果とその理由を予想することで、予想外の現象が起こった時にどこで考え方を誤ったかを見つけやすくなるからです。これらを意識することでスピード感をもち効率的に仕事が出来ると考えています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 20卒 | 京都大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマの概要を記述ください。
A. A.
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?
A. A.
4年生で引退するまで在籍した体育会水泳部としての活動。 続きを読む
Q. 上記の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?
A. A.
全国大会に出場すること。近畿大会で優勝すること。 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記4点を盛り込んで記述してください。 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、それをどのように乗り越えたか 4.その経験を経てあなた自身がどのように変わり、その学びを今後どのように活かしていきたいか
A. A.
私は幼いころからずっと水泳を続けてきました。自分が最も本気になれるのは水泳をやっている時であり、チームに所属し真剣に取り組むことができるのは大学の体育会水泳部が最後であると思ったため、自分の水泳人生の集大成として、大きな目標を立てて取り組むこととしました。日々練習を続けていたものの、ある時大会に出ても記録が全く伸びない事態に陥ってしまいました。練習を頑張っても筋トレをしても中々改善されることはなく、つらい状況が続きましたが、そこで腐ってしまっては、目標はおろか中途半端で水泳人生を終えてしまうことにもなりかねなかったため、その時に思い切って泳ぎへの取り組み方を大きく転換しました。つまりがむしゃらに練習し体を鍛えるのではなく、水中での手足の動きを研究しトライ&エラーを行う、「考える泳ぎ」の実践を目指しました。それまで以上に水中での自らの手足、更には体全体の挙動を意識して練習をしたり、動画を撮影してもらったりチームメイトの動画をよく研究したりなど、考えられ得るあらゆる方策を試しました。大きな方針転換であったため、当初すぐには結果は出ませんでしたが日々自らの泳ぎが洗練されていく実感があったため自分を信じ続けた結果大きく記録を伸ばし、目標を達成することができました。ずっと続けてきた方法が必ずしも正義ではなく、時には大きな方針転換を行うこともその後の大成功につながるのだということを学びました。 続きを読む
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?
A. A.
私は実験の中で得られたデータを一次元的にとらえるのではなく、多方面からとらえながら他のデータ等と結びつけることが重要であると考えます。自身の研究では、計算値のみまたは実験値のみを見ていただけでは到底見つけ出せない相関関係を、それら組み合わせることで発見できないかを常に考えて比較検討を行っています。 続きを読む
Q. あなたが理想とする「10年後の自分」を、ブリヂストンと関連付けて記述してください。
A. A.
今後の十年間ではオープンイノベーション等の異分野共同で行われる仕事がますます多くなり、御社も世界シェアNo1を多く持つからこそ他社から必要とされるケースが増えると思います。そんな中で私は御社で多様な職種を経験させていただき、多様な視点で物事をとらえ、そのような仕事に積極的にかかわりたいと思っています。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 上智大学 | 男性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
私は、お客様とスタッフの半数を外国人が占める、○○○○○○に二年間勤めている。そこで、全てのスタッフが満足して働ける環境作りを意識して行動してきた。私は、所属フロアの50人を取りまとめる役割を任されている。その上で、20人の外国人スタッフへのクレームの多さと早期離職率の高さが課題となっており、その改善に向け二つの対策を講じた。一つ目に、早期離職率を下げる為、スタッフ仲の向上を図り、親睦会を催してスタッフ間の距離を縮めた。始めた当初は出席率が低かったが、個別に参加を呼びかけ、徐々に参加率を上げることに成功した。二つ目に、クレーム数低減には、サービスの質の向上が必要と考え、その実現に向けて、スタッフが満足できる業務環境の整備を試みた。当初、独断で考えた施策を行うも、かえって状況は悪化してしまった。そこで、入念にスタッフの話を聞き、調べた傾向を踏まえ、同一作業が短時間になる様なシフトを作成した。これらを一年間続けた結果、早期退職率が三割低下、クレームが四割減少した。この経験から、バックグラウンドの異なる人を正しく理解し巻き込んでいく術と、目的意識を持って取り組むことの重要性を学んだ。 続きを読む
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
私は、大学生活を通して、「将来的に海外で働く」という夢の実現に向けて行動してきた。幼馴染の父親が海外出張を頻繁に行っており、海外で働くその姿に幼い頃から憧れを抱いてきた。そのため、大学選びにおいては国際色の強い○○大学に進学し、一年間の交換留学を計画して尽力した。しかし、父が病に倒れて経済的余裕がなくなり、留学を諦めざるを得なくなった。その後、夢を夢として終わらせたくないという想いのもと、二つの事を行った。一つ目に、アルバイトで捻出した費用で短期留学を行った。そこで、夢や目標を明確に掲げ、その達成の為に本気で励む外国人と触れ合い、自分の行う行動が持つ意味を考え、次に取る行動を取捨選択する俯瞰的な思考が身についた。二つ目に、日常的に様々なバックグラウンドを持った人と触れ合う事を目的に、○○○○○○○でアルバイトを始めた。そこでの日々の業務で、課題を見つけ出し、周りを巻きこみながら解決していく術を学んだ。そして、現在は、夢の実現に向けた最後の段階として、海外で働く経験を得る為、就職活動後の海外インターンシップを画策している。 続きを読む
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。
A. A.
運動が苦手な体育会系 続きを読む
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。
A. A.
私は、貴社に対し、「断トツを目指してチームで挑戦を続け、製品を通じて世界中の人の生活を支え続けるグローバル企業」というイメージを持っている。そして、これらのイメージで私が共感した貴社の志向は二つある。一点目は、貴社の製品を通して、世界中の人の生活を根底から支えられる点だ。アルバイト経験から、自社製品を通じて多くの人の生活を支える事に大きな意義を感じた。貴社の製品は日常生活に広く根差し、幅広く世界を支え得るものである。そうした製品を通じて、多くの人々とその未来に影響を与え、貢献したい。二点目は、貴社にチームで協力して困難な仕事に取り組む環境がある点だ。所属した○○○○サークルで、チームで日々切磋琢磨した結果、全国大会出場という目標を達成できた。この時の喜びと達成感はこの上ない物で、このやりがいを、仕事を行う上でも継続したいと思っている。皆で協力して一つのチームを創り上げる風土の貴社で、大規模なプロジェクトにチームで挑み、乗り越えていきたい。そうして、多くの事に挑みながら成長し、最終的に海外駐在を行い、拠点立ち上げに携わる事で、貴社の販路拡大にも寄与しつつ、広く社会の発展に貢献したい。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る

20卒 本選考ES

事務系総合職
男性 20卒 | 大阪大学 | 女性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
留学での授業内のグループプレゼンテーションです。現地学生2人とチームを組んだのですが、私1人が留学生ということで英語の面に不安があり、チームにとってマイナスの存在になってしまうではないかという思いがありました。しかし、私はその困難と思える状況にしっかりと向き合い、何か自分もチームに貢献するという強い気持ちを持ち取り組みました。具体的に取り組んだこととして、不安であった英語は、チームでプレゼンの練習をする時間を増やしてもらい、積極的に助言を得ました。個人でも、何回も納得行くまで練習し、着実に自信を付けました。そして、ミーティングの前には、人一倍下調べを行い、積極的に自分の意見を取り入れてもらい、プレゼンを完成させました。その結果、発表の際も持っている力を最大限に発揮でき、また、チームで協力して取り組めていたことが評価されクラスで一番の成績を収めることができました。この経験を経て、自分が困難だと思うことに向き合い、それを乗り越えようと努力する姿を見せれば、周りも巻き込み、チームにとっても良い影響を与えられるということを学びました。 続きを読む
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
オープニングスタッフとして働き始めた地元のカフェでのアルバイトです。オープンしたばかりでしっかりとしたマニュアルができていない中で、忙しい時間帯にどのようにすれば円滑に店を回せるかということが課題となっていました。その中で、私はアルバイト経験の少ない低学年の学生スタッフが指示待ち状態になっていることが原因の一つだと気が付きました。そのため、積極的にそのようなスタッフに指示をし、効率よく店を回せるように努めました。お互いが気持ちよく働ける職場にしたかったため、決して上から物を言うのではなく、忙しい時でも丁寧な言葉で指示をするということを意識しました。また、他のスタッフが何か困っている様子であれば、自ら声掛けをして一緒に問題を解決することに努めました。このように、周りを見て自分のするべきことがしっかりと判断できているということが評価されて、学生スタッフをまとめるリーダーを任せてもらうようになりました。アルバイトという立場でも、より良い店づくりに貢献できていることにやりがいを感じています。 続きを読む
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。
A. A.
計画性が高い 続きを読む
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。
A. A.
タイヤ事業で、世界シェアNO.1を築きながらも現状に満足せず、真のグローバル企業として更なる高みを目指し続けて、チャレンジングな姿勢を貫いているイメージです。私は留学を経て、日本製品の品質の良さが高く評価されて、世界中の人々から信頼されているということを実感しました。そのため、世界中の人々に日本が誇る製品を届け、少しでも生活に豊かにすることに貢献したいという想いが生まれました。グローバルに事業を展開し技術力の高さから、多大な信頼を得ている貴社では、私のそのような想いを実現し、チャレンジできる環境があると思い志望しました。貴社では、「最高の品質で社会に貢献する」ことを掲げ、「現地現物」を重んじて、世界中のお客様のニーズや環境に合った製品を開発・提供し続けています。そのような技術力の高さだけでなく、お客様に寄り添った形でビジネス展開をする姿勢にも共感し、留学で培った語学力や異文化への柔軟性を活かして「ダントツ」を目指す挑戦に貢献したいと考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | 慶應義塾大学 | 男性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。500文字以下
A. A.
映像授業を扱う塾の生徒数を増やすための取り組みです。私のアルバイト先である塾は、母体の塾が経営転換を発表したのをきっかけに、塾に通う生徒数が減少し、新規生徒獲得に苦労しておりました。私はチーフチューターとして、この問題を解決すべく行動しました。まずは他のチューターに声がけし、会議を開き現状と解決策を探ったところ、体験に来られる方に映像授業の良さを伝えきることができず、他塾に入塾される方が多いという結論に至りました。そこで映像授業の強み、 ・受講場所や時間、期間を自由に決められる ・必要な講座のみ受講ができるという、費用対効果 以上の2点を前面に押し出す資料を作り、説明時に用いました。また、体験生の情報共有を徹底し、科目別・志望校別で最適な講座を面談の上で提案するようにしたところ、生徒さんの映像授業と私達チューターへの信頼が増していく手応えを感じるようになりました。この取り組みで体験者に対する入会者の割合が系列の塾13校舎中1位になり、受験生が12名から23名に増えました。私はこの経験から、感じたことに対してチームで、動くことの難しさと、それを乗り越え課題を解決できるという自信を得ました。 続きを読む
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。500文字以下
A. A.
 全国の秘境散歩とその情報発信です。私は全国を歩くのが好きで、現地の方に声をかけて人の温かさや、冒険をしてその地域独自の歴史的背景などを感じながら楽しんでおります。様々な場所に足を運び、自分が訪れた素晴らしい場所をより多くの方に知ってもらいたい、と思うようになりました。しかしマイナーな良いところに焦点があまり当てられていない、という現状を問題視しました。そこで、私が実際に足を運んで得た情報や感じたことを元に、周知されていない良いところの情報発信を開始しました。最初はツイッターで紹介をしておりましたが、それだけでは見る人が限定されてしまうため、0からプログラミングを始め、紹介サイトを立ち上げました。その際、知りたい情報・見たい場所を画像付きの目次から簡単に選べるように配慮しました。また、大学生が書いた紀行文は少なく、若いからこそ感じた事を載せた本は情報発信の武器になると考え、紀行文を執筆し販売しました。これらの取組でHPは5700アクセスを頂き、ツイッターのフォロワーは3万を超えました。全国の皆様にその土地の魅力を紹介し、こんなところがあったのか、と反応を頂けることが一番の嬉しさです。 続きを読む
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。(10)
A. A.
努力積立コツコツ人間 続きを読む
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。500文字以下
A. A.
 貴社は「質・量ともに断トツを目指し、そのための挑戦を惜しまず、真のグローバル企業として人々の生活を支えている」イメージを持っております。それは、高い技術を要する航空機や鉱山車両用タイヤも含めた高性能タイヤの開発・製造をされており、世界トップシェアを誇ってもなお、更に質の高い製品を世に提供するため、社員の方全員が挑戦し続けているためです。私は学生時代の経験から、多くの方に価値を提供することに喜びを見出しております。そのため、貴社が真のグローバル企業として、最高の品質で世界中に貢献されていることに感銘を受けております。また、社員の皆様が「世界に誇れる断トツの商品を、自信を持って世界に送り届けたい」という強い想いを持っておられるとインターンシップや座談会を通して感じました。一つの商材へのこだわりを追求されている姿勢は、私の「一つのことに対してとことん向き合う」とマッチしていると考えます。今後は自動車の増加とともに、履き替えタイヤの需要が多くなると見込まれ、タイヤ市場はさらに大きく成長するでしょう。そのタイヤ市場をこれからも牽引していく貴社で、私も挑戦をし続けたいと考え、応募致しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 19卒 | お茶の水女子大学 | 女性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
国際ボランティアサークルでの活動で、リーダーとしてサークル運営に取り組んだことです。特に、メンバー一人一人に目を向け、全員がやりがいを感じられる主体的な活動環境を作る、ということを目標にしていました。このきっかけは、ある時、同時に3人が退部してしまったことでした。リーダーとして、一方的に運営してしまっていたことに問題があると考え、まずは一人一人と話し合う機会を設け、それぞれが活動に求めるニーズと、現状に抱いている不満を探りました。そこで、活動に対する知識不足や、主体的な活動を行う場がない、ということが共通課題だと気付きました。また、それぞれが抱いている想いも知ることができました。そこで、「勉強会」と称する会を月1回開催するようにしました。活動の知識共有や模擬コンテンツを行うだけでなく、毎月交代でメンバーが企画・運営するという方法をとり、ヒアリングを元に役割分担をしたことで、各々が自らの強みを生かしながら、主体的に活動できる環境を作りました。結果、それ以後の1年間、退部者を0人にすることができました。ここから、常に一対一の視点を心がけながら、相手と積極的に関わることの重要性を学びました。 続きを読む
男性 19卒 | 東京理科大学大学院 | 男性
Q. 現在取り組んでいる研究テーマ名をご記入ください。 まだテーマが決まっていない場合は、「未定」と入力してください。
A. A.
光触媒を用いた硫化水素の分解及び水素生成 続きを読む
Q. 研究テーマの概要を記述ください。(400字以内)
A. A.
石油プラントや地熱発電所で発生する硫化水素は、高濃度の場合人体に有害な影響をもたらすため、その低濃度化が必要になります。現在一般的に行われている熱や強塩基を用いた処理法はコストや環境負荷が大きいため、この処理を安価でクリーンに行う方法として「光触媒を用いて硫化水素を分解、無害化しさらに水素を生成させる技術」が注目されています。太陽光をエネルギー源とすることで硫化水素の処理に必要なコストは大幅に削減され、さらに硫化水素から水素を産み出すことができれば新エネルギーの創出も可能です。本研究では、実用化を念頭に安全・安価な材料のもと光触媒を合成し、その性能向上を目指しています。これまでの研究から、多孔質構造を有する物質の内部に光触媒を形成することで、光触媒活性が向上し最大14倍水素生成量が増加することを見出しました。そして現在は、光触媒材料に変化を加えてさらなる性能向上を目指し研究を行っています。 続きを読む
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
A. A.
体育会水泳部の主将として、日々の練習計画の作成や練習の進行を行い、チームを牽引しました。 続きを読む
Q. 上記の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
A. A.
〇〇大会において前年度を超える成績をチームとして残すこと 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記4点を盛り込んで記述してください。(600字以内) 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、それをどのように乗り越えたか 4.その経験を経てあなた自身がどのように変わり、その学びを今後どのように活かしていきたいか
A. A.
〇〇大会において年々成績を向上させ成長を続ける水泳部で、さらなる変革の当事者となり強い水泳部を作りたいと考え主将を務めました。主将の役割は日々の練習計画の作成や練習の進行を通して、チームをレベルアップさせることでした。しかし、私の所属する水泳部は施設の関係上限られた回数しか練習ができないにも関わらず、各部員のレベルに見合わないような練習があり効率が悪く、またそれにより部員のモチベーションも低下していたことが課題でした。主将として練習計画を作成することになった私は、効率的な練習を行うため毎練習後に部員から練習の内容や強度に関するフィードバックを貰い、それを次回の練習計画に活かしました。また、練習ごとに部員が持ち回りで記事を書くブログを開設し、部員が練習に対する意見や水泳に対する考え方を共有しやすい環境を作りました。そして、チーム全体の士気向上のためには私が模範となって水泳に真剣に取り組むべきだと考え、自主練習や他大学の練習参加などそれまで週3回だった自身の練習を週8回まで増やし結果を出し続けました。その結果、以前に比べ練習は活気に溢れ部員同士が互いに刺激し合う環境が出来上がり、〇〇大会での創部以来最高の成績を得ることができました。私はこの経験から自身の行動力で周囲を良い方向へと巻き込めるようになり、今後もチームとして課題に取り組む際には積極的に周りを巻き込み行動したいと考えています。 続きを読む
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?(150字以内)
A. A.
研究はなるべく一人で考え込まずに研究室内で常に議論を交わし様々なことを試しました。研究から得たことはどんな方にも臆せず質問する度胸です。これまで自分ひとりで何かを成し遂げようとすることが多かったのですが、学会などでお会いする専門家の方など多くの方に質問をすることで結果を出すことができました。 続きを読む
Q. あなたが理想とする「10年後の自分」を、ブリヂストンと関連付けて記述してください。(150字以内)
A. A.
私は貴社に入社してからは様々な部署で多様な知識や技能を蓄えていきたいです。そして10年後には、それまで培ってきたものを活かして次世代のタイヤ開発プロジェクトに中心メンバーとして携わり、世界を相手に高品質なタイヤ開発に奔走している姿を理想と考えます。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 18卒 | 首都大学東京 | 男性
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にとマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。 1文字以上500文字以下
A. A.
世界において圧倒的なブランド力を有するグローバル企業 私は仕事を通じて、大きく、かつ永続する影響を社会に与えたいと考えている。そこで、世界でブランド力を有し、ビジネスを展開している貴社で働きたい。なぜなら、ブランドは技術や製品とは異なりライフサイクルがなく、永久に価値を持つものであると考えているからだ。入社後は、なるべく様々な部門の業務に携わりたい。強固なブランド力の源泉は何なのかを、現場に立つことで感じ取り、学びたい。ブリヂストンというブランドの価値とは何なのか、また社会、消費者にどのような影響を与えているのかを誰よりも深く理解することが当面の目標である。将来的には、マーケティングの業務に携わりたい。ブリヂストンブランドをさらに世界中に広めるだけではなく、未来永劫続くブランドへとするべく尽力したい。私の、周囲を注意深く観察し、比較して理解する特性を生かし、特定の地域ではどんな製品を投入しどのように価値を伝えるのが適切であるのか、を考え抜き実行したい。 続きを読む

18卒 本選考ES

事務系総合職
男性 18卒 | 京都大学 | 男性
Q. 大学または大学院在籍中に一番力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
大学時代に最も力を入れて取り組んだのは、学園祭の実行委員としての仕事です。大学時代では学園祭の実行委員会に入り、ステージ担当を務めました。 2回生の時にはステージ統括を務め、約40団体にのぼる出演団体のサポートを行いました。その中で、ステージのタイムテーブルをいかにステージが円滑に進み、かつ盛り上がるかを考えながら立てたりしました。また、委員会内外との調整も行いました。内部では物品や警備の担当と調整を行ったり、外部ではステージ担当の代表として音響や照明の業者の方と連携を取って調整を行ったり、出演団体の方とどのような流れで行うのかということを面談で話し合ったりしました。準備段階においては、出演団体のキャンセルや、逆に申請期限を過ぎてから出演させてほしいといった申し出などもあり、その対応に追われることもありましたが、丁寧で迅速な対応を心がけることで乗り越えることが出来ました。その結果として、学園祭の本番には特に大きなトラブルもなく、円滑にステージを進めることが出来、非常に盛り上がるステージを創り上げることが出来ました。 続きを読む
Q. 大学または大学院在籍中に二番目に力を入れて取り組んだことについて、具体的なエピソードを挙げて、記載してください。
A. A.
私が大学時代に二番目に力を入れたのはインターネット家庭教師のアルバイト、特に動画作成のプロジェクトです。私はインターネットで学生の質問に対応するという教育のアルバイトをしており、拠点の運営スタッフを務めているのですが、社員の方から、「通常の質問対応とは別に、会員アプリに公開する動画を作ってほしい」と頼まれ、そのリーダーとなりました。まずチームのメンバーを決めるところから始まり、適した動画を作ることが出来る人をメンバーとして組み込みました。その後、進捗管理表を作り、進捗状況をメンバー全員が見ることが出来るようにしました。メンバーも全員アルバイトで、各々の予定もあり作成が進まないという時期もありましたが、社員の方と交渉し、チームメンバーが柔軟にシフトに入ることを可能にし、少し空いた時間に来てもらい動画を作ってもらうようにしました。そういった工夫をすることで、締切までに動画作成が完了し、現在では多くの生徒に動画を見てもらっています。それを通じ、納期があるプロジェクトにおいて進捗を管理し滞りなく、高いクオリティのものを作る難しさや、関係する人と密に連絡を取ることの大切さを感じました。 続きを読む
Q. ご自身の性格を踏まえて、一言で自分自身を表現してください。
A. A.
常に前向き 続きを読む
Q. 当社に対してどのようなイメージを持っていますか。また、当社のどのような部分があなたの志向にとマッチして、今回の応募に至りましたか。その理由と併せてご記載ください。
A. A.
 貴社に対して、タイヤ業界において盤石の地位を築き、自動車など様々な業界を支え、グローバルに展開するリーディングカンパニーというイメージを抱いております。また、私が貴社を志望する理由としては、貴社が持つ非常に高い技術を活かして様々な業界に必要とされる商品を生み出して提供し、社会貢献をしたいと考えたからです。私は大学時代に学園祭の実行委員会に所属し、それを通じて、「支える」ということにやりがいを感じ、そのような仕事をしたいと考えました。その中で、社会に不可欠なタイヤ業界で世界シェアNo.1を誇り、世界中に製品を提供し、様々な分野を支えている貴社に魅力を感じました。また、大学のゼミで学ぶ中で、イノベーションを起こすためには、顧客のニーズを徹底的に観察して把握し、それを満たす商品を生み出さなければならないと実感しました。貴社の企業理念の中に「新取独創」や「現物現場」という言葉があり、実際に現場を見てニーズを掴み、それを満たすこれまでにない製品を生み出そうという社風を感じ、世界No.1のポジションにいる現在でもそれに満足せず、更に良い製品を生み出そうとする貴社の考えに感銘を受け、貴社を志望しました。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 東海大学 | 男性
Q. ① あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
A. A.
私は自動車部の主将として、部を大会で勝てるチームに育成することに力を入れて取り組みました。 続きを読む
Q. ①の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
A. A.
関東大会、全日本大会において、団体3位以内に入賞するという目標を立てました。 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記の4点を盛り込んだ内容で記述してください。(600字以内) 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか 4.その経験を経てあなたの行動がどのように変わったか、また、その学びを今後どのように活かしていくのか ※力を入れて取り組んだことが最終的に成功/失敗したか、での評価はしません。
A. A.
私は主将として、廃部寸前の状態から再建させた部が今後ずっと継続し続けることができる状態を作らなければならないと思いました。そこで、大会で勝つことで得られる感動や喜びを原動力として部が将来にわたって存続しつづけられる状態を生み出すことができると考え、部を大会で勝てるチームに育成しようと決意しました。しかし、部員の大半は1年生かつ、モータースポーツ初心者でした。そこから大会で勝つためには、部員の運転技術力の向上と共に私自身の運転技術力を上げる必要があると感じました。そこで、大人の方々が参加する練習会へ出向き、その場の大人の方々に積極的に話しかけて技術を教えて頂いたり、自分の走行動画と技術力のある方の走行動画を撮り、比較しながら私自身の走行の分析をすることで自らの技術力を向上させました。そうして得た技術を部員にフィードバックすることで、部員の技術力向上に貢献しました。時にはスランプに苦しまされたり、部員が練習を拒むようになったりしました。しかし、目標や練習の意義をもう一度自分自身に言い聞かせたり、部員と確認・共有をすることで、モチベーションを保ちました。私はこの経験から、自らが行動し他者に働きかけることで目標達成を目指す姿勢を持つようになりました。私は今後、この自ら行動し他者に働きかける姿勢を生かし、御社が世界で一番必要とされる企業になることに貢献したいと考えております。 続きを読む
Q. あなたにとって当社はどんな会社ですか? そのイメージの中で、どの部分があなたの志向とマッチして、今回の応募に至りましたか? そう感じられた理由とともにご記入ください。 (100字~200字程度)
A. A.
御社は、ORタイヤを生産されていますが、生産し販売することに留まらず、タイヤの脱着作業やタイヤ修理などのサービスにも力を入れられています。このことから、御社は他社が行わないことを行うチャレンジ精神と企業理念に対して確実に実行されている姿勢を持たれています。一方私も常に困難なことにもチャレンジし、目標実現に向けてひたむきに行動してきましたので、御社には私の活躍できるフィールドがあると確信しました。 続きを読む
Q. 「あなたが最も得意とすること、または、最も自信があることは何ですか? 一言で記述してください。 (10字以内)
A. A.
やり遂げる精神 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 早稲田大学大学院 | 男性
Q. 研究テーマ  1文字以上40文字以下
A. A.
新しい材料を用いた太陽電池の作製と評価 続きを読む
Q. 具体的な内容について記入ください。 1文字以上400文字以下
A. A.
現在、実用化されているエネルギーとして火力発電や原子力発電が発電効率の面から広く利用されている。しかし火力発電は環境汚染物質の使用による地球温暖化への懸念があり、原子力発電は放射性物質の使用により廃棄物が汚染されるといった問題がある。これらの問題を将来的に解決していく手法のひとつとして、環境汚染物質や放射性物質を使用しない自然エネルギーを利用した太陽光発電が期待されている。そのなかでも世界では化合物半導体太陽電池という種類が広く普及している。しかし毒性の高い物質を使用しているため日本での製造はされていない。そこでその物質を用いず代わりの材料を用いることで新種の太陽電池の作製・評価を繰り返して高性能な太陽電池を作製できる条件の探査を行っている。 続きを読む
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
A. A.
寮の体育祭で行われる騎馬戦 続きを読む
Q. その内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
A. A.
寮対抗の騎馬戦で、自分のチームが優勝するように奮闘した。 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記の4点を盛り込んだ内容で記述してください。(600字以内) 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか 4.その経験を経てあなたの行動がどのように変わったか、 また、その学びを今後どのように活かしていくのか ※力を入れて取り組んだことが最終的に成功/失敗したか、での評価はしません。
A. A.
私は、学籍・出身地・国籍も異なる在籍約400人の学生寮に住んでいた。学生寮は4つの棟に分かれていて、数多くの行事がある。中でも最大の行事は各棟の威信をかけた体育祭である。体育祭は1ヶ月以上かけて17種目をこなし卒業生、関係者までが観戦にくる分プレッシャーも相当かかった。17種目のうちの一つである「騎馬戦」優勝のために私は奮闘した。具体的に①寮生と「騎馬戦優勝」という目標意識の共有、②寮生の基礎体力の向上③各個人が力を100%発揮できるような役割を与える、の三点である。各寮生のポテンシャルをあげるために日頃から様々なトレーニングを行った。そして、チームが勝つために各寮生に適している役割を与えることでチーム全体の力を高めた。このなかで多種多様な寮生が在籍しているため、意見が食い違うことも多々あった。そのような場合は自分自身の意見を述べ、相手の考えを真摯に汲み取ることを意識していた。意見がまとまるのに時間がかかったため、相手の部屋を訪れ根気よく話し合っていた。それでも意見が通じない場合は、自分の意見が間違っているか・相手の意見が間違っている可能性があると思い、いったん考えを振り返って第三者の目線で物事を捉えるように心がけていた。この経験を通して私自身、限られた期限のなかで、民族・文化も違う国籍を超えたメンバーと一つの目標に向かってまとめる能力が身に付いたと自負している。 続きを読む
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?(150字以内)
A. A.
周囲と相談しながら作業をする・期日を守る、の2点を心がけている。研究は一人で行わずグループで作業することが大半なので、疑問やわからないことがあれば必ず周囲に相談している。また期日を守らないと自分自身だけではなく、グルール全体に迷惑をかけてしまうので余裕を持った行動を取るように気を付けている。 続きを読む
Q. 10年後の自分の理想とする姿を、ブリヂストンと関連付けて記述してください。(150字以内)
A. A.
様々なバックグラウンドを持つ人と働きたい・モノづくりに関わっていたい。ブリヂストンという民族・文化も違う国籍を超えたメンバーと一つの目標に向かってすすむことができる環境ならそれが可能だと考えている。そして将来的には生産技術で活躍することで、安定した品質の商品を世界中に供給できるように働きたいと思う。 続きを読む
Q. 語学・保有資格について入力してください。
A. A.
TOEIC 800点 普通自動車免許 柔道初段 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 東京工業大学大学院 | 男性
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
A. A.
学部時代の4年間所属していた野球部での活動です。 続きを読む
Q. 【設問1】の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
A. A.
チームの成績向上並びにリーグ戦優勝 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記の4点を盛り込んだ内容で記述してください。(600字以内) 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか 4.その経験を経てあなたの行動がどのように変わったか、 また、その学びを今後どのように活かしていくのか
A. A.
硬式野球部において、同地域のリーグ戦で優勝を成し遂げたことです。私が入部した初年度は勝率が三割台と振るわず、優勝争いに加わることはほぼありませんでした。理系大学ゆえに練習時間が短いことが低迷の要因と考え、授業の空き時間を利用して積極的に個人練習に取り組むよう働きかけました。一週間毎に各々がこなしたメニューをミーティングで報告し、チームメイト全員で共有することにしました。部員数が少ないからこそ、競争意識を高められるシステムが必要であると考えたためです。当初は個々のモチベーションも高く、順調にノルマをこなすことができましたが、学業との両立が難しく、個人練習に充てる時間を捻出するのが困難になる部員も増え、チーム内で対立が起こりました。その中でも私は、「戦うのは対戦相手、日々の忙しさが敵ではない」と主張し続け、大会まで何とか貫き通しました。結果として、全体練習の大半を実践的なメニューに充てることができるようになり、効率的なレベルアップに繋がりました。接戦を勝ち抜ける実力が備わり、2年時の後半辺りから優勝争いに加わることができました。個人としても結果を残せるようになり、後に個人表彰もいただくことができました。この経験から、周囲を巻き込んで目標に近づく際、チーム内で目的意識を共有して日々の行動に反映させることの大切さを学びました。 続きを読む
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?(150字以内)
A. A.
実験する際の初期条件の確認です。私の研究は微細構造や薄膜積層などナノスケールでデバイスを作製する機会が多く、具体的には温度や湿度、気圧などによって電気的特性が左右されるため、普段から実験前には気に掛けるよう心掛けています。 続きを読む
Q. 10年後の自分の理想とする姿を、ブリヂストンと関連付けて記述してください。(150字以内)
A. A.
業務を幅広く経験する中でコアとなる技術を身につけ、製品に新たな価値を提供し、産業を一新するような影響力を与えられる技術者になりたいです。中でも、主力製品であるタイヤの製品設計や、量産の工程を担当する商品開発に携わりたいです。「世の中のあたりまえ」を作り、世界中の人々の役に立ちたいと考えております。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
男性 17卒 | 東北大学大学院 | 男性
Q. 研究概要 400字
A. A.
HCVのIRESと呼ばれる部位に結合する小分子探索法の構築を行っています。近年、HCV RNAの5’末端に存在するIRESに小分子が結合することで、構造変化が起こり、翻訳が阻害されることが注目されています。しかし、既存の結合性小分子は少数であり、新規小分子探索とその方法の構築が急務となっています。私はチアゾールオレンジ(TO)という蛍光性小分子を指示薬とした、簡便かつ安価な蛍光スクリーニング法の開発を行いました。その方法は、TOとIRESの結合による蛍光応答を利用します。候補化合物がIRES結合性小分子ならば、TOを追い出すことで蛍光が消光し、間接的に候補化合物がIRES結合性か否かを評価することができます。まず、TOとRNAとの相互作用解析を行い、指示薬として合格であることを確認しました。実際のスクリーニングでは、9600個の候補化合物から35個のヒット化合物を得ることに成功しました。 続きを読む
Q. あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことは何ですか?(50字以内)
A. A.
所属していた英語部の英語演劇活動の枠を超え、劇団を立ち上げ、公演を行ったこと。 続きを読む
Q. 上記の内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか?(50字以内)
A. A.
途中で投げ出さず、公演を成功させる。 続きを読む
Q. あなたが取り組んだことについて、下記の4点を盛り込んだ内容で記述してください。(600字以内) 1.なぜそれに力をいれたのか 2.具体的にどのようなことを行ったのか 3.どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか 4.その経験を経てあなたの行動がどのように変わったか、 また、その学びを今後どのように活かしていくのか ※力を入れて取り組んだことが最終的に成功/失敗したか、での評価はしません。
A. A.
部での活動は全て無料で行っていました。そんな中、お金を取れるだけの技術も能力もあると感じると同時に、自分たちの力を試したいという気持ちもこみ上げてきました。そこで大学院修士1年のとき、自分の大学だけでなく他の大学の後輩を誘って劇団を立ち上げ、公演することにしました。私は座長という立場で脚本、演出、役者を努めました。苦労した点は2つ。①やること全て未経験だったこと。音響、照明のつり込み図、フライヤーの作成、チケットの販売など、経験のないことばかりでした。そこで自分が時間的にできないことは、後輩に仕事を振り分けました。そうすることで負担を減らし、全体を統括しながら舞台作りを進めていくことができました。②役者の予定管理。複数の大学から人を集めていたため、役者全員が集まって稽古ができる日はまずありませんでした。そこで、役者の予定を1ヶ月前に集め、それに合わせた稽古予定を組み立てました。参加できる役者で稽古できるシーンを前もって決めることで、効率よく稽古を進めることができました。制作や役者と何度も話し合いながら、舞台を完成させ、公演は無事成功、最終的に200人もの観客を動員することができました。この経験から、「自分の限界を知り、できない仕事は振り分る」、「予定管理をしっかりとする」ことを心がけるようになりました。これからも以上の経験を活かして、組織の中でリーダとして働いていきたいと思います。 続きを読む
Q. あなたが研究や実習を行う際に、いつも心がけていることは何ですか?(150字以内)
A. A.
①実験ノートに行ったことをしっかり書き込む。後で見返したときに、その時自分がどういう操作をしていのか、わからなくならないようにするため。②実験がうまく行かなかったとき、原因はどこにあるのかを考える。大抵の場合、溶液条件1つでうまくいかないことが多いので、虱潰しに条件を変えて検討するようにしている。 続きを読む
Q. 10年後の自分の理想とする姿を、ブリヂストンと関連付けて記述してください。(150字以内)
A. A.
絶えず物事が変化していく世の中で、シェアNo.1を保ち続けるためには、「変えてはいけないもの」と「変えていかなければならないもの」をしっかり見極めることが大切だと思います。伝統や、歴史を守ることも大切だと思いますが、そんな中で変化を求められときは、恐れずチャレンジできる人間でありたいと思います。 続きを読む
閉じる 質問と回答をもっと見る
57件中1〜20件表示